サンスベリアスタッキーに新芽が!植え替えや株分けについて

サンスベリアスタッキーという観葉植物をご存知ですか?葉がまっすぐにツンツンと育つ姿がとくちょうてきな観葉植物で、名前は知らなくても見たことがあるという方も多いと思います。

ここではそんなサンスベリアスタッキーの育て方、新芽がでたら株分けや植え替えが必要なのか?など気になる疑問についてお答えします。

またサンスベリアスタッキーは、新芽で本物かどうかを見極めることもできます。新芽が伸びてきたら、その点にも注意をして観察をしてみてください。新たな発見ができるかも知れませんよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【観葉植物モンステラ】風水のパワーを効果的にする飾り方

風水では、観葉植物は効果の高いものとされています。 中でもモンステラは特に風水の効果を期待できる植...

観葉植物は室内の日陰でも育つ、日陰が好きで育てやすいオススメ

観葉植物といえば、常に日光が当たっていないと育たないと思っていませんか? 観葉植物の中には日の光が...

フィカス・ウンベラータの剪定方法と注意点。挿し木の方法も

室内のインテリアグリーンとして人気の観葉植物、フィカス・ウンベラータ。 剪定しないで放っておくとぐ...

観葉植物の虫対策!土からコバエが発生した時の対策と予防方法

家に置いている観葉植物からコバエが発生すると、とても嫌な気持ちになりますよね。家の中をブンブン飛び回...

観葉植物をインテリアとしてリビングにセンス良く飾る方法

リビングに余計な物を置きたくないという方でも、観葉植物ならお部屋のインテリアになりますし、飾り方によ...

エアプランツの育て方。ウスネオイデスはおしゃれ女性に人気

エアプランツの中でも「ウスネオイデス」という種類は、葉っぱがふわふわしているのが魅力で素敵ですね。 ...

観葉植物のおしゃれな造花の飾り方や人気のタイプを紹介

観葉植物を置きたくても、忙しくてなかなかお世話をする時間が無いという人にオススメなのが、生ではなく造...

観葉植物のウンベラータに素敵なアクセント、曲がりをつける方法

観葉植物のウンベラータは、まっすぐと伸びているものもありますが、園芸店て並んでいるものは曲がりがある...

ガジュマルを育てよう。冬の水やりで注意することとは

ガジュマルは生命力の強い植物です。 春と夏、そして秋と冬の水やり方法を間違えなければ、のびのび...

観葉植物の鉢について。大型タイプの場合の鉢や鉢カバーの選び方

大型の観葉植物が室内にあるととてもインパクトがあり、素敵なインテリアにもなりますね。 存在感抜...

観葉植物を置いて風水の恋愛運を呼び込むおすすめな種類の紹介

観葉植物を置くと運気が上がるという話をよく聞きますが、風水を取り入れて運気をアップさせましょう。 ...

観葉植物の人気で育てやすい5選を紹介。その強さと育て方のコツ

観葉植物を置きたくてもうまく育てる自信が無い、すぐに枯らしてしまうのが心配という方にぴったりな育てや...

【ポトス】観葉植物の育て方!好む環境や水やり・基本の栽培方法

観葉植物の中でも人気が高いポトス。家に観葉植物を置きたいと考えている人の中には、ポトスを置くことを検...

パキラの冬のトラブル・葉が黄色くなる原因と対処法を解説

それまでは元気に育っていたのに、冬になってパキラの葉が黄色くなる症状に頭を悩ませている人もいるのでは...

ポトスタワーの作り方。植え替えのコツや支柱の上手な使い方

観葉植物のポトスは丈夫な植物で、室内のインテリアとしても人気です。成長が盛んで、どんどんと成長してい...

スポンサーリンク

サンスベリアスタッキーの新芽がでてきた場合の育て方

育てている観葉植物から新芽がでてきたら嬉しいものです。赤ちゃん誕生の話を聞くとなんとも和やかな気持ちになるものですが、それと同様に植物の赤ちゃんの誕生も微笑ましい気持ちになります。せっかくでてきた新芽は大事に育ててあげたいものです。

植物は温かくなる季節、日本でいうと春に芽吹き成長します。反対に秋から冬にかけては活動を低下させて休眠時期に入ります。植物にとって鉢の植え替えは手術を受けるように大変負担のかかる事柄です。そのため、これから休眠に入る時期に行うと元気を失い回復できない可能性が高くなります。春の休眠から覚めて元気になる時期に植え替えてあげるとしっかりと根付いて成長することができます。

もしサンスベリアスタッキーの植木鉢の中に新芽を見つけた場合には、季節が夏の終わりや秋冬の場合には植え替えをせずにそのままにしておきましょう。新芽がでて鉢が窮屈になってもそう簡単には枯れません。窮屈そうなので早く大きな鉢に植え替えてあげたくなりますが、植え替えによって受けるダメージの方が大きくなってしまいます。春になってから植え替えてあげましょう。

サンスベリアスタッキーの植え替えや基本的な育て方

サンスベリアスタッキーは置き場所だけ気を付けると、とても育てやすい植物です。

日当たりのよい場所を好むので、ある程度日の当たる明るい場所に置いてあげましょう。但し直射日光は熱すぎて葉がしおれたり傷む原因になります。直射日光が当たらない場所を選びましょう。
サンスベリアスタッキーは水をあげすぎると根腐れを起こしやすい植物です。水をあまり必要としないのです。そのために熱心に世話をしすぎて枯らしてしまう場合があります。目安は、土の表面が乾いたら水が下から浸み出るくらいあげると良いでしょう。鉢の受け皿に溜まった水は鉢底の空気を遮断してしまい根腐れの原因になるので捨てましょう。

冬は休眠期となり、水はあげなくても大丈夫です。

但し室内の乾燥具合にもよるので、心配な場合には1~2ヶ月に1回程度下に浸み出るくらいあげるとよいでしょう。
成長期となる5月から8月の間には毎月肥料をあげることをおすすめします。

実家では毎年春になると鉢を庭に設営した網の小屋の中に入れて外で過ごさせます。木で骨組みを作って網を張って作った植物専用の小屋です。この小屋は直射日光が当たらず風通しが良いので、中で過ごした植物達は秋に取り込むまでの間に驚くほど成長します。
秋も深まり霜が降りそうになる前に植物達を家の中に取り込みます。
冬の間は歓談の差が少ない廊下に植物達は並べられて過ごします。
植木鉢は大きくなるとかなり重たいのですが、両親は毎年春と秋に出したり入れたりと世話をしています。その成果があるようで実家の植物達は生き生きといつも元気です。私の家に持ってくると何故か元気を失ってしまうので、実家に持ち帰り療養させると再び元気を取り戻します。

サンスベリアスタッキーは新芽よりも花が咲いたら植え替えサイン

サンスベリアスタッキーは花が咲いたら植え替えるとよいと言われています。

花が咲くということは株がしっかりと成熟した状態になったということなので、鉢を植え替えてあげるとより大きく成長を促す事ができるのです。

但し、植え替えは花が咲いたから直ぐにではなく、植え替えに適した春に行いましょう。
咲き終わった花は根元から切り取りましょう。

サンスベリアスタッキーの株分けは新芽で行うのがおすすめ

サンスベリアスタッキーの株分けは新芽が出てきたら、その直近の春に株分けを行うことをおすすめします。

大きく成長してから株分けすると、根が成長してお互いに絡み合ってしまうので株分けをしたときとダメージが大きくなってしまいます。新芽のまだ根が短いうちに分けてあげると負担が少なくなります。
株分けの際には土ごと植木鉢から抜き取ります。植木鉢と土がくっついている場合にはシャベルなどで隙間を作って外します。土を丁寧に取り除いていき根を露出させます。根の状態をよく見て、それぞれの株の根が適量保たれるように考慮してはさみで切ります。
株と根が曲がっている場合には、生え際が土から真っ直ぐになるようにして植え付けましょう。

サンスベリアスタッキーではない?新芽でわかる本物

市場に出回っているサンスベリアスタッキーは、実は殆どが偽者です。

本物のサンスベリアスタッキーは一本ずつ独立して生えて2m程度にまで成長します。そうして成長が非常に遅いので、市場に流通させるのには向かない植物なのです。
そのためか、サンスベリアスタッキーに似た植物がサンスベリアスタッキーという名前で流通するようになりました。
そのため、偽者とは言え流通するサンスベリアスタッキーは90パーセント以上が偽者なので、それが本物になってしまっているとも言えるでしょう。

偽者がこのようにまかり通ってしまっているなんて不思議に思いますが、ここまで流通してしまうとそういうものだと諦めるしかありません。
信じていればそれが真実であるとも言えます。
自宅のサンスベリアスタッキーを「なんだ偽者か」と思わずに可愛がって育ててあげましょう。