ストックの花の切り戻し方法と育てる上での注意点について解説

秋まき一年草として知られるストック。たくさん花が咲いて枯れてしまうとさみしく感じてしまいますが、切り戻しを行うことでまた花を咲かせることができるので挑戦してみませんか。

今回は、ストックの花の切り戻しの方法について説明します。すべての花が咲いた後で切り戻しを行いましょう。

また、ストックの花は切り花としても人気なので、花を切り戻した後は花瓶に入れたり、フラワーアレンジメントにしても楽しめるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物は風水的におすすめ!トイレの観葉植物で運気アップ

自宅のトイレに観葉植物を置きたいと考えている人もいますよね。でも。トイレに観葉植物を置くことが風水的...

パキラの植え替え時期の目安と植え替え方法・正しい管理方法

観葉植物のパキラは、植え替えをすることで大きく育てることができます。 パキラがどのような状態に...

観葉植物【ポトス】植え替え方法とコツ・植え替え後の管理を解説

家のインテリアとして人気の高い観葉植物が「ポトス」です。ポトスは初心者でも育てることが簡単で、インテ...

観葉植物の土でおすすめな専用タイプの土と配合の仕方について

室内に観葉植物を置く場合に気になるのが、土と土につく虫ではないでしょうka. 私も最初は何でも...

観葉植物のおしゃれな飾り方!リビングを素敵な癒やしの空間に

自宅のリビングに大型の観葉植物を置きたいと考えている人もいますよね。観葉植物の置き方次第では、リビン...

ガジュマルの冬の過ごし方。屋外でも大丈夫な気温と保温と注意点

丈夫な観葉植物としても人気のガジュマルは、冬の季節は屋外で育てることが出来るのでしょうか? ガ...

観葉植物で風水からみる寝室に置きたい物とその効果

観葉植物はインテリアや癒やしの効果だけではなく、風水を気にして飾ったり置いたりしている方もいます。 ...

観葉植物のパキラの育て方とは?基本的な置き場所や水のあげ方

室内で育てやすい観葉植物のパキラ、どんなお部屋の雰囲気にも合わせやすいので候補のひとつにしている人は...

ガジュマルを育てよう。冬の水やりで注意することとは

ガジュマルは生命力の強い植物です。 春と夏、そして秋と冬の水やり方法を間違えなければ、のびのび...

フィカス・ウンベラータの剪定方法と注意点。挿し木の方法も

室内のインテリアグリーンとして人気の観葉植物、フィカス・ウンベラータ。 剪定しないで放っておくとぐ...

フィカス・プミラの育て方とは?育ちやすい環境や特徴について

可愛いグリーンのフィカスプミラの育て方は難しいのでしょうか? 室内でも庭でも育てることのできる...

観葉植物の水やり過ぎは根腐れの原因に!早めにできる対処法

観葉植物を初めて育てるという方は、水枯れを心配して、土が乾く前に水やりをしてしまうという方も多いと思...

観葉植物の虫対策!土からコバエが発生した時の対策と予防方法

家に置いている観葉植物からコバエが発生すると、とても嫌な気持ちになりますよね。家の中をブンブン飛び回...

シマトネリコは花が迷惑?常緑樹だからと放っておいてはダメ

シマトネリコの花が落ちて近所に迷惑をかけてしまっているのでは…?掃除をしてはいるけれど、風の強い日や...

エアプランツの育て方。ウスネオイデスはおしゃれ女性に人気

エアプランツの中でも「ウスネオイデス」という種類は、葉っぱがふわふわしているのが魅力で素敵ですね。 ...

スポンサーリンク

ストックの花の切り戻しの方法について説明します

ストックの花が満開になると非常に華やかで見ているだけで心が明るくなります。しかし、満開が過ぎてしなびたり枯れた花が目に付くようになると見ている方まで寂しくなってきます。枯れたりしなびた花だけを取り除いて最後まで花を楽しむのも良いのですが、思い切って花の咲いている茎を根元から切って切り戻しを行ってみるのもよいでしょう。そうするとまた新しいつぼみができて花が咲きます。切り取った花の部分は花瓶に挿したりして飾って楽しむことができます。
美しく咲いている花を切ってしまうのは気がひけるものですが、切花にして飾ることができるうえにまた切った部分には花が再生することを考えると一石二鳥であるとも言えるでしょう。

ストックは一年草なのでその株はワンシーズンしか楽しむことができません。

出来る限り有効に花を咲かせて長く楽しみたいものです。

ストックの切り戻しをするのに良いタイミングは、満開を過ぎて枯れたりしおれた花が1割程度になってきた頃です。

茎の根元近くで葉をある程度残して切ります。茎の生え際から切ってしまうとわき芽が出てこないので、葉をいくらか残して切るようにしましょう。

切り戻しをした後のストックに再び花が咲く時期について

切り戻しをしてから新しいわき芽が出てつぼみを付けて花が咲くまでは、おおよそ2ヶ月程度かかります。そのため、ストックの株自体が終わりに近づいている時期にはもう切り戻しをしない方がよいでしょう。地域によって差はありますが春頃までの間行うことをおすすめします。

八重ではないストックの場合には枯れた後に種を収穫して来シーズン用に栽培することができます。9月から11月までの間に種を撒くとよいでしょう。

ストックの育て方の注意点と害虫予防

ストックは日当たりを好む植物なので、日当たりの良い場所に植えてあげましょう。

鉢植えにして室内に置く場合には日当たりの良い窓辺に置くとよいでしょう。ただし、あまりに強い日光が当たり続けると葉焼けを起こしたりして弱ってしまう場合があるので、様子を見て移動させたり直射日光を遮ってあげましょう。日当たりが悪いと貧弱に育ち花もよく咲きません。室内の中程よりは窓に近い位置に置きましょう。
土が古かったり毎年同じ場所に植えていると株全体が枯れる「立ち枯れ病」を発症してしまう場合があります。外に植える場合には毎年場所を変えるか新しい土を入れて土壌を改善してあげましょう。鉢植えにする場合には新しい土を買って使用するか、黒くて栄養のよい庭土を使用しましょう。根腐れを起こさないように水はけの良い土を使用し、鉢底石を入れましょう。根腐れ防止用の三角錐の形をした網状の製品があるので、鉢底石の変わりにこれを使用すと植え替えや後片付けの手間が軽減されます。
ストックにはアブラムシが付き易いです。どんどん増えるので早期に発見でき数が少ないうちはつまんで取り除くとよいでしょう。数が多い場合には水圧で吹き飛ばすか、薬剤を散布しましょう。最近では人やペットなどには有害ではない薬剤が販売されているので、他の生物への害が心配な場合にはそのような薬剤を選ぶと良いでしょう。

冬はストックの花を寒さから守りましょう

ストックを種から育てるには、秋に種を撒くので越冬をさせなければなりません。鉢植えの場合は室内に入れたり霜の当たらない軒下などに置きましょう。
庭で育てる場合には藁や園芸用の防寒ネットなどを被せて寒さで枯れてしまわないように守ってあげましょう。
常時寒くはないけれど寒波が来る時などはダンボールで覆うのも有効です。

切り戻したストックの花はフラワーアレンジメントにも適しています

ストックは切花としても人気がある花です。そのため株の余命がまだまだ長く新しい花を咲かせることができるうちは切り戻しをどんどん行い、切った花をフラワーアレンジメントに活用することをおすすめします。
フラワーアレンジメントを作るようなセンスは無いわ…と思われる方も多いかもしれませんが、ポイントを抑えると初心者でもそれなりに素敵に仕上げることができます。作品展に出品するわけではないので気軽にチャレンジしてみましょう。

フラワーアレンジメントではガーベラなど1輪の花から茎が一本伸びている花をマスフラワーと呼びます。カスミソウのように茎に花が沢山付いた花をフィラフラワー、そしてストックのように長い1本花をラインフラワーと呼びます。
ラインフラワーを中央、もしくは後部に配置しマスフラワーをメインとして前部や側面、その周囲をフィラフラワーで埋めます。
フラワーアレンジメントは好みなので自分が好きなように配置して作ってみましょう。
部屋の中にお花があると視界に入るたびに気持ちが華やかになります。生活の中に潤いを与えてくれるありがたい存在であると感じます。

花には花言葉がありますが、ストックのそれはいかにも美しいお花らしいものです。
「終わりが無く続く美しさ」「愛情の結びつき」です。美しいストックを飾り、その花言葉に癒されて過ごしたいものです。是非とも秋に種を撒いて、越冬が難しい場合には春に苗を購入して育ててみましょう。