モンステラの気根が枯れる原因と対処方法を紹介します

葉っぱに特徴のあり存在感のある観葉植物のモンステラですが気根が枯れるのはどんなことが原因なのでしょうか?モンステラの元気がないときには、こんなこともチェックしてあげましょう。

モンステラの気根を伸ばすつもりがないときは切ってしまってもいいのでしょうか。

モンステラの気根の育て方、伸ばす方法、誘導の方法や切り方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物にわいたコバエを駆除する方法は色々。やり方と予防法も

観葉植物は土が入っているので、知らず知らずのうちにコバエがわいてしまうことがあります。 せっか...

観葉植物を置きたいけれどフェイクと本物のどちらかで悩んだら

部屋の中にグリーンがあるとオシャレだし落ち着きを感じますね。 観葉植物を置きたくてもお手入れが...

観葉植物を初めて育てる方におすすめの種類と育て方の基本

初めて観葉植物を育てるという場合には、どのような種類が育てやすいのか、その品種の見極めが大切です。育...

パキラが根腐れした時の復活方法・植え替え手順と予防法を解説

育てているパキラに元気がなくなり、異変が見られるようになった場合、根腐れしてしまった可能性があります...

観葉植物のフェイクで人気の種類と飾り方と効果を発揮する大きさ

リビングなどの空間にグリーンがあると落ち着きますし、おしゃれ感も味わえますね。 ですが観葉植物...

ガジュマルの根が白いことや白い物の正体と対処法を紹介

幹の部分や根っこの部分に特徴があるガジュマルですが、育てやすいこともあり人気の観葉植物でもあります。...

観葉植物でおすすめは『パキラ』風水で運気をあげるなら

観葉植物でおすすめするのは『パキラ』です! どこにどのように置くかでアップする運気を変えること...

【ポトス】観葉植物の育て方!好む環境や水やり・基本の栽培方法

観葉植物の中でも人気が高いポトス。家に観葉植物を置きたいと考えている人の中には、ポトスを置くことを検...

観葉植物ユッカの植え替えが必要なタイミングと植え替え方法

観葉植物のユッカは成長が盛んな植物です。今の鉢のままでは窮屈で、元気に育てなくなってしまいそうな時に...

観葉植物の土でおすすめな専用タイプの土と配合の仕方について

室内に観葉植物を置く場合に気になるのが、土と土につく虫ではないでしょうka. 私も最初は何でも...

エアプランツの飾り方。壁に飾るだけでおしゃれな空間の完成

エアプランツをさり気なく飾るとスタイリッシュなインテリアになります。 開いたスペースに置くだけ...

観葉植物ガジュマルの育て方。季節に合わせたお世話のポイント

ガジュマルは太く、ぷっくりとした幹が特徴の観葉植物です。その可愛らしい姿が人気で、自分の家でも育てて...

よく育つ観葉植物のカポックに必要な剪定や挿し木についてご紹介

観葉植物のカポックは丈夫で育ちやすい植物として人気です。ぐんぐんと成長をするので、カポックを育てるに...

観葉植物でオシャレなリビングを演出。印象的な葉の観葉植物を

観葉植物って、いろいろな種類がありますよね? どんな種類の観葉植物を、リビングのインテリアとして飾...

観葉植物の人気で育てやすい5選を紹介。その強さと育て方のコツ

観葉植物を置きたくてもうまく育てる自信が無い、すぐに枯らしてしまうのが心配という方にぴったりな育てや...

スポンサーリンク

モンステラの気根が枯れるのは乾燥が原因

モンステラを育てていると気根が枯れてしまうことがあります。
気根のない観葉植物しか育てた事がないと、原因がわからなくて不安になるかもしれません。

気根は空気や空気中の水分を吸収するためにあるもの

つまり、モンステラは湿度の高い空気を好むということです。

モンステラが湿度を好むのは熱帯雨林に自生している植物だからです。
環境に合わせて植物は進化してきたのですから、自生地に近い環境を好むのは当たり前ですよね。

日本ではそこまで湿度はありません。
特に室内の場合にはエアコンや暖房などを使って空気が乾燥していることも多いですよね。
湿度が少なくて乾燥していると、空気中の水分を吸収できずに気根が枯れてしまいます。

土が乾いているのであれば、乾燥が原因の確率はかなり高いでしょう。

気根を乾燥から防ぐコツ

土への水やりではなく葉水が重要になります。

葉水は霧吹きを使って葉に直接水を吹きかける方法なので、必然的に湿度も上がります。空気中の水分を吸収する気根にとっては、これが重要なポイントになります。

こまめに行って、湿度を上手に管理してあげましょう。

モンステラが枯れるのは何が原因?日光と栄養について

モンステラの気根が枯れる時、他にも葉などに症状が出る場合があります。
モンステラの調子が悪くなってしまう原因は、湿度だけではありません。光や栄養、水も必要ですし、適温であることも重要ですよね。

モンステラの好む「光」

植物は光を好むというイメージがあるので、ついつい日当たりのとても良い場所で育てたくなりますが、実際のところ直射日光を好む植物はそう多くはありません。
特に熱帯雨林原産のモンステラは大木に気根を絡めて成長するような植物ですから、木漏れ日のような環境を好むのです。

モンステラは明るい日陰や半日陰の場所がベストです。

日当たりが良すぎると葉焼けなどを起こして調子が悪くなったりしてしまいます。

また急な変化は植物も得意ではありません。
今まで日陰で過ごしていて少し明るい場所にと思うなら、短時間から始めて徐々になれさせる配慮も必要です。

モンステラが「栄養」が原因で調子が悪くなる場合

たいていは与えすぎが原因です。
可愛がるのは結構ですが、何事もほどほどがベストです。
肥料の与えすぎはモンステラの根を痛める原因になったり、割れ目のない葉になったりします。

肥料を与えた後に、葉に異変が起こるなら与えすぎが原因です。

ただし、栄養不足でもモンステラは不調になりますよ。
基本的には少ない肥料で育ちますが、大きく育ってくるとその分栄養も必要になります。

寒さが原因の不調

熱帯育ちのモンステラは暖かい場所を好む傾向がありますから、日本の寒い地域の気候では耐えきれないことがあるのです。
モンステラを枯らさないためには5度以上をキープできる場所で育てるようにしましょう。

モンステラの気根は枯れる前に埋めてあげましょう

モンステラを育てる楽しみの1つが気根だと言う方も多いですよね。

気根を伸ばした野性的なフォルムは、モンステラの魅力の1つ

気根は乾燥などによって枯れてしまうことがありますが、そうなってしまうと見た目は半減ですよね。
気根が枯れる前に土へ誘導してあげましょう。

モンステラは蔓性の植物

上へと成長するのではなく、横へ広がるように成長するのが本来の姿なのです。
気根は成長した大きな葉っぱを支えるためのもの。
大木に巻きつけたりもしますが、地中へ伸ばして柱となって支えたりしているのです。

バランスを見ながら支柱を使って土へと誘導してあげるのがおすすめ

土まで到達すると、土の中の根と同じ役割をはたして、重たい体を支えてくれるのでしっかりとした立ち姿で育てることができます。

誘導する時のコツ

気根はいろいろな太さで伸びてきますが、太い気根が長くなってから誘導しようとすると、ポキっと折れてしまうこともあるのです。
折れてしまっても枯れてしまうことはないので安心してくださいね。

細い気根であれば比較的誘導しやすいのですが、太い気根は無理やり方向を変えるようなことはせず、短いうちから誘導を始めるのがおすすめです。

モンステラの気根が出るようにする方法と育て方

モンステラの気根は放っておいても勝手に生えてくるものですが、あまり生えてこない思われている方もいらっしゃると思います。

原生林を思わせる野性的なフォルムに育てたいと思っているなら、たくさん生えて欲しいですよね。

気根を育てるコツ

気根には空気中の水分を吸収する役目があるので、吸い取る水分がなくては育ちにくくなってしまいます。

重要になるのが湿度

乾燥しやすい季節には、普段よりも葉水をこまめに行うなどして、できるだけ乾燥しないようにしましょう。
ただし、土への水やりを増やすのはNGです。湿度だけでなく根腐れも招いてしまいます。

気根を育てなたいなら、気根が生えてくる茎も丈夫に太く育てた方が良いですよね。
植物は徒長するとどうしても細く長くなってしまいますから、適度に日光にあてて育てるようにしましょう。
もしもすでに徒長してしまっているなら、切り戻して育て直すことも可能です。

切り戻しは成長期の前半がおすすめ

この時期はもともと生命力の強いモンステラが、更に活動的になっている時期です。
切り戻してしばらくすると新芽が生えてきますよ。

活動の緩やかな時期に切り戻すと、調子を崩してしまうこともあるので注意してくださいね。

モンステラの気根が伸びすぎたときや必要ないときの対処方法

モンステラの気根を伸ばして地中へと誘導すると、モンステラを大きく野性的な姿に仕立てることができます。
しかし、気根はあまり好きではないと言う方も中にはいらっしゃいますよね。

モンステラのエキゾチックな葉をスタイリッシュに楽しみたかったり、大きくしたくない場合には、思い切ってカットしてしまってもほとんど問題はありません。

気根は空気や空気中の水分を吸収したり、余分な水分を吐き出したりしていますが、これはあくまでも土の中の根の補助的な役割です。
根がしっかりとしていれば問題無く、枯れてしまうことはほとんどありませんよ。
ただし、バンラスは取りにくくなるので注意してくださいね。

気根などをカットすると樹液が出てくることがありますが、これにふれるとかぶれなどを起こすことがあるので、直接触れないように注意しましょう。
手袋などの着用がおすすめです。
また、ペットやお子様などが口に入れることのないような配慮も必要です。