観葉植物「幸福の木」の葉が茶色になる原因と正しい対処法

プレゼントとしてもらった観葉植物の幸福の木(マッサンゲアナ)。比較的育てやすいと聞いたものの、葉が茶色になって枯れそうになるとどう対処していいのかわからなくなってしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、観葉植物「幸福の木」の葉が茶色になった場合に考えられる原因と対処法について説明します。まず、原因について考えてみましょう。幸福の木は太陽の光が大好きで寒さに弱い性質を持っています。置き場所は問題ありませんか。

また、大きくなってくると花が咲くこともあります。しかし、花が咲いた場合は栄養を奪われないようにするために切り落とす必要があります。育てる上での注意点についても説明しますので、参考にして下さい。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物【カポック】の挿し木のポイントと育て方について

観葉植物のカポックを増やしたいときには挿し木がおすすめですが、この挿し木をするときにはどんなことに気...

モンステラの気根が出てきたら挿し木に挑戦してみましょう

モンステラを増やしたいのであれば、気根が出てきたときが挿し木のタイミングとなります。 生命力の...

鉢の受け皿が必要な場合といらない場合について。選び方も紹介

観葉植物などの鉢を飾る場合には受け皿は必要なのでしょうか。 観葉植物の鉢植えを購入したり、インテリ...

観葉植物でおすすめは『パキラ』風水で運気をあげるなら

観葉植物でおすすめするのは『パキラ』です! どこにどのように置くかでアップする運気を変えること...

観葉植物のフェイクでも風水の効果を期待できる飾り方

観葉植物は風水上では効果があると言われるアイテムです。しかし、植物はすぐに枯らしてしまうという方もい...

観葉植物の土にカビが生えても慌てない。この対処法で解決

ふと見ると観葉植物の土にカビが生えている!とてもショックなことですが実はよくある光景なのです。 ...

可愛い葉が特徴のユーカリポポラス!失敗しない挿し木方法とは

ユーカリポポラスは可愛いハート型の葉が特徴的です。その可愛らしさに魅せられて、お家でインテリアとして...

シマトネリコは花が迷惑?常緑樹だからと放っておいてはダメ

シマトネリコの花が落ちて近所に迷惑をかけてしまっているのでは…?掃除をしてはいるけれど、風の強い日や...

観葉植物の育てやすい種類。日陰でも大丈夫!家中に置いてOK

日当たりが良くないからと、観葉植物を置くことを諦めてはいませんか? 実は日陰でも元気に育ってくれる...

観葉植物ウンベラータに元気がない原因・虫や病気の対策を紹介

自宅で育てている観葉植物のウンベラータに元気がない・枯れてきたなどのトラブルが起きた時は、虫や病気が...

観葉植物を室内に置きたい!虫がつかない観葉植物をご紹介

室内で観葉植物を育てている場合に、気になるのが観葉植物につく小さな虫ですね。 気を付けていても...

観葉植物の育て方のポイント。幸せの木を育てる時に注意すること

「幸せの木」と呼ばれる観葉植物はインテリアとしても人気がありますが、新築祝いや開店祝いにも定番の贈り...

観葉植物の育て方【サンスベリア】枯れる原因と対処法を解説

育てている観葉植物のサンスベリアが枯れる事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。 サ...

ひまわりの花粉の落とし方!家庭でできる方法や注意点を紹介

ひまわりの花粉がうっかり服についてしまったときは、落とし方に注意しなければなりません。 うっかり安...

観葉植物にわくコバエは土が原因。コバエの駆除方法と対策とは

部屋の中をコバエが飛んでいるのを見かけた時はショックですね。 どこから発生しているのかと思った...

スポンサーリンク

観葉植物「幸福の木」の葉が茶色になる原因について

幸福の木の葉が茶色になると、まるでこれから幸福でなくなってしまう暗示かのように思えて、本当に焦ってしまいますよね。
私の家で育てている幸福の木も、葉が茶色になることが度々あり、そのたびに元気がなくなった幸福の木に向かって主人が「何が幸福の木だ!」なんていう言葉を浴びせるものですから、聞いている私もソワソワします。

幸福の木の葉が茶色になる原因

  • 日光不足
  • 直射日光
  • 水分過多
  • 乾燥
  • 根詰まり
  • 室温
  • 病害虫

など様々なので、まずは幸福の木の葉が茶色くなってしまった原因を一つひとつ確かめていく必要があります。

  • 日光不足と直射日光の見分けは、葉の変色具合で見極め、全体的に茶色くなっている場合には日光不足、部分的に葉焼けを起こしている状態の時には直射日光による葉焼けを疑いましょう。
  • 水分過多の場合には、根腐れを起こしている可能性も高いため、鉢の周りから臭いがすることがあり、逆に乾燥している場合には、葉がカラカラと枯れるように変色します。
    土にカビが生えていたり、葉の裏に虫がついている場合には病害虫が原因で葉が茶色くなっている可能性もありますので、早急に対処しましょう。
  • 根詰まりを起こしているかどうかは、水やりで簡単に見極めることができ、水の吸い込みが悪かったり、鉢の底から根がはみ出しているときには確実に根詰まりが原因だと言えます。
  • 暑すぎたり寒すぎたりする室内での管理も、幸福の木には向きません。
    暑すぎる場合には、水不足や湿気によるカビの発生なども木になりますし、寒すぎると幸福の木が枯れてしまいますので、室温管理にも注意が必要になりますよ。

観葉植物「幸福の木」の葉が茶色になった場合の対処法

幸福の木の葉が茶色になってしまった場合には、その原因に合った対処法を

  • 日光不足が疑われる幸福の木は、枯れてしまった部分の葉を切り落とし、それで回復が望めないのであれば、枝に飛び出した成長点(新芽が出そうな位置)の上で枝ごと剪定して切り戻しを行ってから日光が差し込む場所に移しましょう。
  • 直射日光で葉焼けを起こした幸福の木は、放っておくと株全体まで枯れていってしまうので、茶色くなった葉をすぐに切り取って直射日光が当たらないカーテン越しの窓辺などの明るい日陰に移します。
  • 根腐れや根詰まりを起こしている幸福の木は、不必要な根を切り落としてから、新しい清潔な鉢に植え替えを行うことで再生します。
  • 幸福の木は、冬の寒い時期でも5度以上の室温が必要になるので、夏場窓際に置いていた幸福の木は、冬場は低温を避けるためにも部屋の中央に鉢を移し、温度管理を徹底しましょう。暑すぎたり、乾燥しすぎたりする場合には、風通しの良い場所で適度な水やりを行い、幸福の木を高温と乾燥から守ることで、元気に成長します。
  • 害虫やカビが発生した場合には、まずは害虫の駆除を行う必要がありますので、殺虫剤などを利用して害虫を駆除してから、カビが生えている場合には清潔な土に植え替えを行って、お手入れしてください。

観葉植物「幸福の木の葉が茶色にならないための冬の過ごし方

私の家の幸福の木が弱ってしまう原因は、「冬の寒さ」によるもののことが多く、私の住んでいる北海道にはよくありがちな「越冬温度不足」が問題です。幸福の木は元々熱帯地域の植物なので、寒さに弱いのは当たり前なのですが、寒い冬の時期でも5度以上、できれば10度近い室温が必要で、夜に暖房を切ってしまうと、この室温はなかなか私の住んでいる地域では持続が難しいです。

そのため、冬になるまでにしっかりと鉢全体に根を張り巡らせた丈夫で強い木に成長させることと、冬の室温管理に注意することが大切で、凍傷にかからないように、夜はできるだけ温かい部屋で、少なめの水やりで管理するのがポイントになります。

窓際、玄関などの冷え込みやすい場所では、入り込むひんやりとした空気で幸福の木が凍傷にかかりやすく、凍傷になると先の方から葉が茶色くなっていきますので、鉢の置き場所には特に注意しましょう。

観葉植物「幸福の木」に花が咲いた場合の注意点

私はまだ2回しか見たことがないのですが、幸福の木は「花」を咲かせることがあります。
葉の先端から花茎を伸ばして、白い花を連ねるように数個咲かせるのですが、花が咲いた時には、鑑賞用として花を残すよりも、早いうちにカットしてしまった方が、幸福の木のためになる、と言えます。
なかなか花を咲かせることがない幸福の木ですから、せっかく咲いた花を切り落としてしまうのは勿体無い気がするのですが、花を残しておくことによって栄養が花ばかりにとられてしまい、これが原因で幸福の気の葉が茶色くなってしまうこともありますので、1日2日眺めて記念撮影をしたら、花茎の付け根から切り落としてしまいましょう。
まだ、幸福の木の花を見たことがないという方も多いと思いますが、木がある程度の大きさにならないと花がつかないので、「見てみたい」という方は植替えを繰り返しながら木を大きく育ててみてくださいね。

観葉植物「幸福の木」が大きく育ったら、植え替えも必要です

幸福の木の植え替えは、「根詰まり」のタイミングで行うのがベストです。

最初に紹介したとおり、水の吸い込みが悪くなったり、鉢の底から根が飛び出していたりするときには根詰まりが起きている証拠なので、できれば根詰まりを完全に起こす前に、兆候が見られたタイミングで植え替えを行いたいものです。

幸福の木は、生育期の5~9月のタイミングで植え替えを行うのがおすすめで、新しい鉢は、今使っている鉢よりも3cm大きい1号サイズアップした鉢に植え替えを行うのが一般的です。

新しい鉢に土を入れて植え替えの用意をしたら、古い鉢から取り出した幸福の木の根を手やピンセットでほぐし、腐った根や元気のない根をハサミでカットしてから、植え付けましょう。

植え替え後はたっぷり水やりをし、根が土に馴染むのを待ちましょう。