パキラの編み込みが枯れるのはなぜ?枯れる原因と対処法

観葉植物のパキラの中には、茎が編み込みされているおしゃれなパキラもありますが、気付くと根が枯れることがあります。

ではなぜ枯れてしまうのでしょうか。
パキラの編み込みが枯れる原因や対処法についてご紹介いたします。

また、自分で編み込みに挑戦したい方に向けて、アレンジ方法や育て方についての説明もありますのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物をインテリアに!大型で室内に置く初心者向きの観葉植物

室内のインテリアとして、大型の観葉植物を置きたいと考えている人もいますよね。 ですが、今まで観葉植...

アガベ・アテナータの挿し木の方法育て方を紹介します

インテリアとしても人気の観葉植物、アガベアテナータを挿し木するときにはどんなことに気をつけたらいいの...

観葉植物を室内で育てる時は『土』で育てることをおすすめします

観葉植物があると、室内の空気がスムーズに流れる気がしますよね? 緑が育つには『水』『日光』『風...

観葉植物の育て方のポイント。幸せの木を育てる時に注意すること

「幸せの木」と呼ばれる観葉植物はインテリアとしても人気がありますが、新築祝いや開店祝いにも定番の贈り...

観葉植物ウンベラータの育て方。水やりのポイントや剪定のコツ

種類の多い観葉植物の中でも、ハート型の葉っぱが人気のウンベラータ。自宅で育てる方も多いですが、その姿...

観葉植物【造花 】をインテリアとして置くときのポイント

部屋に観葉植物を起きたいけれど、お世話や虫が出るのは嫌という人におすすめなのが造花の観葉植物です。 ...

観葉植物を置きたい。おしゃれで小さいタイプでおすすめを紹介

おしゃれな観葉植物を置きたいけれどあまりスペースをとりたくないという方。 ちょっとの隙間におしゃれ...

庭のフェニックス、観葉植物が枯れる理由と越冬方法について

庭に観葉植物のフェニックスをシンボルツリーとして、植えている方を見かけます。青々と葉を広げ南国の雰囲...

観葉植物は室内の日陰でも育つ、日陰が好きで育てやすいオススメ

観葉植物といえば、常に日光が当たっていないと育たないと思っていませんか? 観葉植物の中には日の光が...

観葉植物【カポック】の挿し木のポイントと育て方について

観葉植物のカポックを増やしたいときには挿し木がおすすめですが、この挿し木をするときにはどんなことに気...

観葉植物を置いて風水の恋愛運を呼び込むおすすめな種類の紹介

観葉植物を置くと運気が上がるという話をよく聞きますが、風水を取り入れて運気をアップさせましょう。 ...

【観葉植物】風水から見るキッチンに置くと効果的な植物

風水から見た観葉植物は、幸運を引き寄せるものと言われます。キッチンに観葉植物を置きたいという場合には...

ユーカリ・ポポラスの基本の育て方。枯らさないためのコツ

ユーカリ・ポポラスは可愛らしい葉が印象的な植物で、室内の観葉植物としても、屋外のシンボルツリーとして...

エアプランツの育て方。ウスネオイデスはおしゃれ女性に人気

エアプランツの中でも「ウスネオイデス」という種類は、葉っぱがふわふわしているのが魅力で素敵ですね。 ...

観葉植物の植え替えのタイミングは?鉢の選び方や植え替え方法

観葉植物をお部屋のインテリアとして置いている人もいますよね。観葉植物を上手に育てるには、状態を見て鉢...

スポンサーリンク

編み込みされたパキラが枯れる主な原因は編み込みによるストレス

パキラは基本的にはまっすぐと育つ木です。

編み込みをされているパキラは若木の頃に人間の手によって編み込まれたもの

まっすぐ育つものを人間が力を加えて編み込んだのですから、多少は不具合が出てしまいます。

編み込みをされた何本かの幹が絡み合って一本になっている状態ですが、パキラはそのような状態でもぐんぐんと成長します。

成長によって一本一本が大きく太くなり、次第にお互いを締め付けるようになります。そうするとパキラはストレスを感じたり、本体に負担もかかるようになります。
よって、枯れてしまう木も出てくるのです。

枯れてしまった時の対処法

一本の木が枯れてしまってもあせらずにそのまま枯れた部分を取り除き見守りましょう。

パキラは生命力の強い木ですので一部分が枯れても、他が元気であればまた新芽が出てどんどん大きくなります。

切り取った部分がまだ生きていれば挿し木にする事で新たな株になりますので、とにかく傷んでしまった部分や枯れてしまった部分は取り除いてそのまま様子を見ましょう。

根が水分を吸収できず根腐れしてしまうのも、パキラの編み込みの根が枯れる原因

パキラに元気がないので様子を見たら、幹が変色していたり、根の部分が枯れてしまっているようなことがあります。

パキラに元気が無くてなんだか葉もしおれている、パキラから悪臭がするというような時には根腐れが考えられます。
触ると幹が柔らかくなっている時は根腐れが大分進行しているサインですので早急に対処しましょう。

パキラの根腐れの原因は主に水のあげすぎ

水をたくさんあげすぎると、土は常に湿って水分を蓄えている状態になります。
その状態がずっと続くと、次第に土の中の酸素が不足して酸欠状態になります。
すると根が窒息して傷み始めます。
これを根腐れと言い、根腐れが起こってしまうと根から必要な栄養や水分が吸収できなくなってしまいますので植物が弱ってしまいます。

根腐れを防止するためには、水はやりすぎないという事が大切

鉢の土が完全に乾いてから水をたっぷりあげる、毎日の水やりは植物を傷めてしまうという事を頭に入れて水の量を調節してあげるようにしましょう。

編み込みされたパキラの根が枯れる場合の対処法

根腐れを起こしてしまったパキラを助ける方法は、まず乾燥させるという事ですが、根腐れの進行具合によって対処法が異なります。

パキラ根腐れの症状

初期

パキラから悪臭がするくらいの頃はまだ根腐れは初期です。
この時はまだ回復の余地がたっぷりあります。
受け皿にたまった水はすぐに捨てて、直射日光は避けた日当たりと風通しの良い所にパキラを移動させて土を乾かす事で快方に向かいます。

中期

パキラにちゃんと水をあげているのに葉に元気がない、しおれている、変色しているというような時は根腐れは中期症状です。
この時もまだ初期症状と同じ方法をとる事で回復する見込みがありますが、ダメだったら挿し木をしましょう。
根腐れして傷んでしまった部分は思い切って取り除き、新しい土に挿して育てます。

末期

パキラに元気がなく、幹にカビのようなものが付いていたり、触感がぶよぶよとしていて木の幹の触感ではない時には末期の根腐れです。
残念ですがこうなってしまうと乾燥させても元には戻りません。
まだ元気な枝などが残っていれば、その部分を切り取って挿し木にしましょう。

自分で編み込みするには?パキラのアレンジ方法とポイント

パキラの編み込みを見つめていると、こんな硬い木をどのように編んだのか気になりませんか。
自分でパキラを編み込みするには、どの段階で編み込めばいいのかというと、硬い木は編むことはできませんので、パキラの茎が柔らかい苗の状態で編むと編み込みを自分でも作る事ができます。

挿し木をしたパキラや小さいパキラを何本か入手する事ができたら、茎が柔らかいうちに編み込みましょう。

ですがあまりにも小さなパキラですと数回しか編み込めませんのである程度の長さが必要です。

80㎝前後の長さがあると編み込みやすいです。
パキラは編み込む前に根元から切り落とし、枝や葉などがあれば取り除き、一本の棒のようにします。

それから三つ編みに編んだり、二本にねじったりしてアレンジをします。
編み込む時にはこの後もパキラが成長する事を考えて、ゆるめに編みましょう。
好きな形に編むことができたらほどけないように紐で縛り、また鉢に植え付けて育てます。

成長に合わせてねじっていくことで立派な編み込みのパキラになります。

パキラをいつまでも美しく。パキラの正しい育て方

パキラを元気に育てるためには、水と日光と栄養のバランスが非常に大切です。
どれか一つが多すぎても少なすぎてもパキラは傷んでしまう事がありますので、正しい育て方を頭に入れて、パキラのある生活を楽しみましょう。

パキラを育てる環境

パキラの原産地を考えるとなんとなく理解する事ができるのではないでしょうか。

パキラは熱帯地区が原産の植物、苦手

人が生活できるくらいの気温の場所で育てましょう。
水は、根腐れを起こさないように少し乾燥気味で育てて、土が完全に乾いていたらたっぷりの水をあげるようにします。

それから、日光はあまり当たらなくても育つには育ちますが、できれば真夏の強い直射日光は避けた日当たりのいい場所に置いてあげると更によく育ちます。

パキラは生命力が強く、環境が良いとぐんぐんと大きくなりますので、株が大きくなったら一回り大きい鉢に植え替えます。
植え替えの季節は温かい5月から6月頃に植えるとパキラはますます成長します。

パキラと一緒に生活をするとパキラは話しませんが次第に愛着が湧きます。
可愛いからと過剰に水や栄養を与えすぎてしまうと、逆効果になりますのでほどよくお世話をしながらパキラを育てましょう。