観葉植物の水やりをする時間はいつが正解?水やりの方法とは

観葉植物の水やりの時間は毎日同じ時間にしたほうがいいのでしょうか?
季節によって温度や湿度が大きく違うのに、水やりの時間を変えないままでいると根腐れを起こしてしまったり、水が足りていないという状態になってしまうことがあるようです。

では、水やりをするのに適している時間とはいつなのでしょうか。
また、なんとなく水をあげているけれど本当にこの量で足りているのか不安…。という人はぜひこの方法で水やりの量が合っているか確認してみましょう。

季節によって水をあげる時間は違いますが、水やりを忘れてしまってカラカラな状態なときにはすぐに水をあげましょう。
緊急なときには、バケツなどを使い鉢の半分くらいまで水につけてあげるのもおすすめですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

モンステラ・デリシオーサの育て方。元気に育てるポイント

観葉植物のモンステラは、お部屋のインテリアとしても人気の植物です。モンステラの仲間にもいろいろな種類...

パキラの編み込みが枯れるのはなぜ?枯れる原因と対処法

観葉植物のパキラの中には、茎が編み込みされているおしゃれなパキラもありますが、気付くと根が枯れること...

観葉植物の育て方のポイント。幸せの木を育てる時に注意すること

「幸せの木」と呼ばれる観葉植物はインテリアとしても人気がありますが、新築祝いや開店祝いにも定番の贈り...

【ポトス】観葉植物の育て方!好む環境や水やり・基本の栽培方法

観葉植物の中でも人気が高いポトス。家に観葉植物を置きたいと考えている人の中には、ポトスを置くことを検...

観葉植物のウンベラータに素敵なアクセント、曲がりをつける方法

観葉植物のウンベラータは、まっすぐと伸びているものもありますが、園芸店て並んでいるものは曲がりがある...

観葉植物の植え替え方法!鉢の大きさと植え替えて順・注意点

観葉植物を育てているとき、鉢を大きくして植え替えを行う必要があります。ですが、度のタイミングで植え替...

観葉植物のフェイクで人気の種類と飾り方と効果を発揮する大きさ

リビングなどの空間にグリーンがあると落ち着きますし、おしゃれ感も味わえますね。 ですが観葉植物...

ガジュマルの根が白いことや白い物の正体と対処法を紹介

幹の部分や根っこの部分に特徴があるガジュマルですが、育てやすいこともあり人気の観葉植物でもあります。...

観葉植物の植え替え方法・ハイドロボールのメリットとデメリット

観葉植物の土の臭いや発生する虫に頭を悩ませている人もいますよね。そのようなお悩みは、観葉植物を土から...

観葉植物の育てやすい種類。日陰でも大丈夫!家中に置いてOK

日当たりが良くないからと、観葉植物を置くことを諦めてはいませんか? 実は日陰でも元気に育ってくれる...

ガジュマルの冬の過ごし方。屋外でも大丈夫な気温と保温と注意点

丈夫な観葉植物としても人気のガジュマルは、冬の季節は屋外で育てることが出来るのでしょうか? ガ...

観葉植物ガジュマルの植え替え目安と方法・植え替え後の管理方法

観葉植物のガジュマルを元気に長く育てるには、適切なタイミングと時期に植え替えをする必要があります。ガ...

可愛い葉が特徴のユーカリポポラス!失敗しない挿し木方法とは

ユーカリポポラスは可愛いハート型の葉が特徴的です。その可愛らしさに魅せられて、お家でインテリアとして...

パキラの植え替え時期の目安と植え替え方法・正しい管理方法

観葉植物のパキラは、植え替えをすることで大きく育てることができます。 パキラがどのような状態に...

観葉植物で風水の結婚運を呼び込んでくれる種類と置き場所とは

観葉植物と風水の不思議な関係。観葉植物を置くことで様々な風水効果があるとされていますが、ここでは「結...

スポンサーリンク

観葉植物の水やり時間は季節によって違います

観葉植物を育てていると、水やりの時間について気になってくると思います。
大切に育てている観葉植物を枯らしたくない。

枯れてしまうと、お部屋の雰囲気も台無しになってしまいますよね。
その観葉植物の水やりの時間ですが、季節によって違ってきます。
その為ここでは、季節ごとにいつ頃水やりをしていったら良いのか、紹介していきたいと思います。

  • 夏の場合
    夕方と夜がオススメで夏は乾燥するので、すぐお水を上げたくなりますが、その気持を抑えて、夕方か夜にお水をあげて下さい。
  • 冬の場合
    午前中か日中など、おひさまが出ている時間帯にお水やりをして下さい。冬の場合は太陽がある時間が適しています。

観葉植物の水やりをする時間は毎日ではない?水やりのタイミング

観葉植物を育てているともなるとネックになるのが、水やりの時間。
上記では、夏と冬ではいつ水やりをしたら良いのか、そのタイミングについて紹介してきました。

その観葉植物の水やりの時間ですが、毎日する必要はありません。「え?それじゃいつやれば良いの?」という質問がきそうですが、ここでは、具体的にいつ水やりをしたら良いのか、そのタイミングについて紹介していきたいと思います。

「土が乾いたら水やりをする」これが基本の考えになりますが、それでも、水のやりすぎになる可能性があります。

具体的に、「いつ土が乾いたのがわかるのか?」そこが鍵となってくると思います。

  • 土が白っぽい茶色になるのが、そのサインになる
  • 水やりをしたあとに、土が黒っぽくなった時ですがその時水分や蒸発して黒の色が茶色になり、白になるのでしたら、また水やりをする
  • エアコンがついていて表面は乾いていても、中はまだ湿気がある。その時には割り箸などで土の状態を確認する
  • 葉っぱの状態で水やりをするべきかどうか確認する

観葉植物の水をあげる時間はどのくらい?水の量について

観葉植物を育てていると、水やりのタイミングが微妙ですよね。
上記ではどういったタイミングで観葉植物に水やりをしたら良いのか、そのサインのようなもの、注意するべき点について詳細に説明してきました。

その観葉植物の水をあげる時間ですが、どのくらいなのでしょうか。また、水の量についてもここで説明していきたいと思います。

  • 頻繁にはやりすぎない
    実は、観葉植物が枯れてしまう最大の原因は、水をやりすぎていることにあります。ですので、水やりですが、あまりやりすぎないことが鍵となってきます。
  • 水の量について
    室内であれば、受け皿に水が少したまる量、そして、その水を捨てると良いです。
    受け皿に水が溜まっている状態だと、根が腐ってしまうので、受け皿には水がないように気をつけましょう。

観葉植物の水やりができないときの対処方法

観葉植物の水をあげる頻度、量について上記では簡単に説明してきました。

場合によっては、観葉植物に水やりができない時もありますよね。そんな時ですが、どんな対処方法が考えられるでしょうか。

旅行中であったり、入院であったり、観葉植物から手を離さなくていけない時ってありますよね。そんな時ですが、土が乾かないように、工夫する必要があります。

どうやって工夫したら良いのでしょうか。

  • お風呂場に置く
    湿度が高いお風呂に置いておくと、2-3日だけなら持ちます。ただ、日光も関係してくるので、暗い場所は避けましょう。
  • 水をたっぷり上げておく
    期間が3-4日ともなると、出かける前に水をたっぷりやっておけば問題はありません。家を3-4日離れる時は、暫く土が湿っている状態を作っておきましょう。

観葉植物が元気になる葉水(はみず)とは

旅行にでかけたり、入院などで家を離れる時、あなたが大切にしている観葉植物をどうやってキープしていくことができるのか、上記ではその方法を2点紹介してきました。

あなたが大切に育てている観葉植物には、いつも元気でいて欲しいですよね。
その為には、「葉水」というものがオススメになってきます。

葉水とは?観葉植物にとっての効果

  • 葉水:霧吹きスプレーで葉や茎に水をかけることを意味します。
    葉水を行うことで、観葉植物が生き生きした状態になってきます。また、病害虫防止であったり、湿度調整にも関連してきます。
    この葉水という行為ですが、できれば毎日していきましょう。圧式の霧吹きスプレーというものを利用すると、楽に葉水をすることができます。
    また、霧吹きをすることで観葉植物に力がみなぎってきます。あなたの観葉植物に何か元気がないかな?と感じるのなら、是非試してみて下さい。
    葉水と同様、霧吹きもオススメになります。冬の時期の霧吹きには、観葉植物にストレスを与えないように、ぬるま湯を使うと良いようです。
    葉水と霧吹き、あなたの観葉植物に元気な要素を取り入れるために、是非両方試してみて下さいね。