観葉植物にわくコバエは土が原因。コバエの駆除方法と対策とは

部屋の中をコバエが飛んでいるのを見かけた時はショックですね。

どこから発生しているのかと思ったら、観葉植物のまわりを数匹飛んでいることがあります。

観葉植物の土にコバエがわいてしまったようです。私も一度水をやりすぎてそのままの状態にしていた時に、2~3匹飛んでいたことがあります。

この嫌なコバエが発生するのはどうしてなのでしょうか。まずはその原因からみていきましょう。
さらにコバエにはいくつか種類があるようです。

コバエを退治する方法、土を入れ替えるなどの薬剤を使わないやり方、植物用の薬剤を使う方法などを紹介します。

またコバエが発生しないための注意点もチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【観葉植物の育て方】モンステラの基本的な栽培方法を解説

自宅でモンステラを育てたいと考えている人もいますよね。観葉植物は育て方を知って上手に育てることで、初...

観葉植物を置きたい。おしゃれで小さいタイプでおすすめを紹介

おしゃれな観葉植物を置きたいけれどあまりスペースをとりたくないという方。 ちょっとの隙間におしゃれ...

ホヤを増やして楽しもう!植物の増やし方とホヤの管理方法

植物のホヤを育てている人の中には、ホヤを増やして楽しみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。...

観葉植物を鉢カバーしている時の水やりの方法について

観葉植物を鉢カバーでおめかししている時の、正しい水やりの仕方について、ご紹介いたします。 ちな...

観葉植物のガジュマルにつきやすい虫と駆除・予防方法を解説

観葉植物のガジュマルは、初心者でも育てやすく、インテリアとしても人気の高い観葉植物です。 虫が...

観葉植物の育て方【ゴムの木】生命力の代名詞を育てよう

観葉植物の育て方について。 生命力の代名詞『ゴムの木』をあなたの部屋に迎えてみませんか? ...

観葉植物ユッカの植え替えが必要なタイミングと植え替え方法

観葉植物のユッカは成長が盛んな植物です。今の鉢のままでは窮屈で、元気に育てなくなってしまいそうな時に...

フィカス・ウンベラータの剪定方法と注意点。挿し木の方法も

室内のインテリアグリーンとして人気の観葉植物、フィカス・ウンベラータ。 剪定しないで放っておくとぐ...

観葉植物【カポック】の挿し木のポイントと育て方について

観葉植物のカポックを増やしたいときには挿し木がおすすめですが、この挿し木をするときにはどんなことに気...

エアプランツの育て方を確認。枯れる原因と対処法があります

エアプランツは育てやすいといいますが、実際はどうなのでしょうか。 気がついたら枯らしてしまった...

室内の植木の土にカビが発生!原因と対処法を知って上手に栽培

室内で育てている植木の土にカビが発生してしまうと、そのカビをそのまま放置しても良いのか、それとも取り...

観葉植物の植え替えのタイミングは?鉢の選び方や植え替え方法

観葉植物をお部屋のインテリアとして置いている人もいますよね。観葉植物を上手に育てるには、状態を見て鉢...

ベンジャミンの観葉植物の剪定方法や注意点、枯れた場合の対処法

観葉植物の中でも人気が高いベンジャミンですが、ベンジャミンは剪定をすることで美しさを保つことができま...

観葉植物をインテリアに。大型でもリビングに適した種類とは

観葉植物で大型のものと言えば、一般的には150センチ以上のものを指します。 大型の観葉植物で代...

観葉植物を置いて風水の恋愛運を呼び込むおすすめな種類の紹介

観葉植物を置くと運気が上がるという話をよく聞きますが、風水を取り入れて運気をアップさせましょう。 ...

スポンサーリンク

観葉植物のコバエがつくのは土の状態に問題あり

観葉植物を育てていると、コバエや虫が発生するのが悩みになってくると思います。目の保養になったり、お部屋を生き生きとさせてくれるのが観葉植物です。
ですがそこからコバエや虫が発生したら、折角の雰囲気も台無しになってしまいますよね。

どうして、観葉植物からコバエが発生してしまうのでしょう。

コバエの原因は「土」にある

原因は「土」にありますが、その中でもコバエが発生する状況を作ってしまうには、幾つかの条件があります。

  • 土の通気性が悪い
  • 肥料に有機用土であったり、コバエの餌になるようなものを使用している
  • 水が受け皿に溜まってしまっているとコバエは発生しやすい

上記のような状態が、「コバエを発生しやすい状況を作り出す環境」になってしまっています。

コバエが発生するような環境、餌になるようなものが土に存在しているんですね。コバエを発生させないようにするには、使用する肥料など無機質にしましょう。

また、受け皿の水もコバエの餌になってしまうので水を残さないことです。
大きな観葉植物でしたら、スポンジなどで受け皿にある水を吸収して、水を拭き取ることも対策の一つになってきます。

観葉植物の土にわくコバエには種類がある

家の観葉植物からコバエが発生してしまうと、目障りに感じますね。よくよくそのコバエを見てみると、なんだか一種類だけではなく様々な種類のコバエがいるような気にもなってきます。

コバエにはも種類がある

コバエはキッチンで見かけたり、お風呂場でも見かけたりすることがあると思いますが、観葉植物から発生するコバエは、「キノコバエ」と「チョウバエ」という種類のコバエになってきます。

キノコバエ

外見は細くて黒い、細長い害虫です。大体の場合ですが、観葉植物から発生するのは、キノコバエなようです。餌とするのは、土の中の有機物で、そこへ卵を産みます。

チョウバエ

動きがそれほど早い訳ではなく、体にも丸みがあり、羽が蝶のようなコバエです。チョウバエは水を餌にして、卵を産みます。

観葉植物の土にわくコバエの駆除方法

趣味で楽しむために観葉植物を育てていても、コバエなどの害虫が発生する事は悩みの種となりますね。

観葉植物から湧き出てくるコバエの駆除にお薦めの、アイディアを紹介したいと思います。

コバエに殺虫剤を使う

手っ取り早い方法は殺虫剤になってきますが、この方法で効き目があるのは、成長したコバエであり、卵や幼虫には効かないのが難点になってきます。

とりあえずは成長した虫、コバエをやっつけたい駆除したい、そう感じている方は殺虫剤の利用をオススメします。

観葉植物への水やりの方法を変える

お水も虫が発生する材料になってしまいます。元々観葉植物は水のやりすぎで根腐れを起こしやすいこともありますので、「もしかしたら、常に土が湿ってる状態が続いているかも」と感じているのなら、少し水やりの頻度を変えてみるのも虫が発生しない対策になってきます。

観葉植物を風通しの良い所に移動させる

コバエの数がそれほど多くないのでしたら、これでも効果は期待できます。土の状況を改善する効果があります。ただ、あまり日光が強すぎる場所に移動させると、葉っぱに悪影響ですので、場所には注意して下さい。

観葉植物のまわりを飛ぶコバエの退治方法は色々

観葉植物が手元にあると悩みになってくるのが、害虫の発生です。主に発生するコバエの退治方法は様々です。その様々な退治方法をここで紹介していくので、実際に実践してあなたを困らせているコバエを一刻も早く退治していきましょう。

様々な対処方法があるけれど、薬はなるべく使いたくない、薬を使わずにコバエを退治していく方法を知りたいと思っている人もいると思います。
そんな方には、を使ってコバエを退治する方法がお薦めです。

竹酢液や木酢液を10倍ほどに薄めて、コバエが発生する場所にスプレーすると良いようです。

また、観葉植物にコバエの発生率が高いと感じ場合は、観葉植物に害がない殺虫剤で対処するのも有りです。その際は必ず「植物用」を購入するようにしましょう。

観葉植物にコバエがつかないように出来る事と飛んでいるコバエには

観葉植物を家で育てていても、コバエが出てしまうと、折角の楽しみが台無しになってしまいますよね。

観葉植物にコバエがつかないようにできる事と飛んでいるコバエにはどういう対処法があるのか、みていきたいと思います。

コバエを退治する方法の一つとして使用されるのが、「ハエ取り棒」

このハエ取り棒は、飛んでいるコバエをキャッチするのに役立つので、観葉植物の周りにコバエが飛んでいるのが気になる!という方にはオススメになります。

実際、ハエとり棒を使って飛んでいるコバエの数が減ったという報告が上がっているようですので、土を変えたり受け皿の水も気をつけているけど、飛んでいるコバエに悩んでいる人にはハエとり棒がオススメです。

これまでの内容で、観葉植物からの虫の発生を防ぐには、土を変えること、また虫が発生しない環境を作る事が大切だと理解して頂けたと思います。虫が発生するには、湿った状態や餌となるようなものが土に含まれていることも原因になってきます。その原因を取り除いて、観葉植物から虫が発生しないようにしていきましょう。