観葉植物のフェイクをおしゃれに!部屋に置く時のポイント

観葉植物を置きたいけれど、お世話が大変なのはちょっと・・以前観葉植物を育てていたけれど枯らしてしまった人におすすめなのがフェイクグリーンです。

手間がかからなくおしゃれなフェイクグリーンはどのように部屋に置いたらインテリアとして部屋に馴染むのでしょうか?

観葉植物を置きたいと思って買ってはみたものの、思っていたより大きい、小さいなどで自分のイメージしていたものと違うとならないためには置き場所や観葉植物の大きさなどを確認することが大切のようです。ちょっとしたことで統一感のある明るい部屋にすることができますよ。

観葉植物を置くときのコポイントやコツ、大きめの観葉植物、小さめの観葉植物で人気のものなどを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物の育て方。水やり一つで左右される観葉植物の運命

観葉植物を枯れさせてしまう原因の一つに水やり問題があります。育て方に問題があるのでしょうか。 ...

ポトスの植え替え時期はいつがいい?ポトスの育て方について

ポトスを植え替えするのに適している時期はいつなのでしょうか? 観葉植物を植え替えは鉢が小さくな...

ポトスの育て方【冬越し】気をつけたいポイントや注意点を紹介

ポトスの育て方は簡単なので初心者でもおすすめな観葉植物です。冬でもポイントを抑えることができれば室内...

ストックの花の切り戻し方法と育てる上での注意点について解説

秋まき一年草として知られるストック。たくさん花が咲いて枯れてしまうとさみしく感じてしまいますが、切り...

観葉植物の水やりに基本の道具と留守中でも困らないアイテム

観葉植物を育てるのにまず必要なものは、水やりに使う道具ですよね。 ジョウロはあるから大丈夫と思...

ガジュマルの冬の過ごし方。屋外でも大丈夫な気温と保温と注意点

丈夫な観葉植物としても人気のガジュマルは、冬の季節は屋外で育てることが出来るのでしょうか? ガ...

ガジュマルが枯れる。復活させる方法を枯れる原因別で紹介

観葉植物の中でもガジュマルは丈夫な方とされていますが、お世話の仕方によっては残念ながら枯れてしまうこ...

可愛い葉が特徴のユーカリポポラス!失敗しない挿し木方法とは

ユーカリポポラスは可愛いハート型の葉が特徴的です。その可愛らしさに魅せられて、お家でインテリアとして...

エアプランツの育て方。冬の時期、室内で育てる時のポイント

エアプランツは土がいらないので、育てるのは意外と簡単です。 ですが心配なのは気温が下がってしまう冬...

観葉植物ガジュマルの植え替え目安と方法・植え替え後の管理方法

観葉植物のガジュマルを元気に長く育てるには、適切なタイミングと時期に植え替えをする必要があります。ガ...

観葉植物の水やりを夜にしてはいけない季節とその理由やコツ

観葉植物に欠かせない水やりですが、簡単そうにみえて実は水やりにもコツはあるのです。 水をあげ過...

人工観葉植物と造花の人気の種類と選び方について解説します

観葉植物や鉢植えのお花を部屋に飾ってみたいと思っていても、手入れが面倒で手を出せない人も多いでしょう...

観葉植物を置いて風水の恋愛運を呼び込むおすすめな種類の紹介

観葉植物を置くと運気が上がるという話をよく聞きますが、風水を取り入れて運気をアップさせましょう。 ...

観葉植物は風水的におすすめ!トイレの観葉植物で運気アップ

自宅のトイレに観葉植物を置きたいと考えている人もいますよね。でも。トイレに観葉植物を置くことが風水的...

室内の植木の土にカビが発生!原因と対処法を知って上手に栽培

室内で育てている植木の土にカビが発生してしまうと、そのカビをそのまま放置しても良いのか、それとも取り...

スポンサーリンク

フェイクの観葉植物をおしゃれに飾りたいなら

フェイクの観葉植物は、その植物の特徴に合わせて置き場所などを考える必要がないのが良い点です。日当たりや寒さなどを気にすることなく、なんとなくここにグリーンが欲しいと思った場所に気軽に飾ることができます。置いてみてちょっと違うなと感じたり、邪魔になった時は置き場所を変えることが簡単ですし、また、移動することでお部屋の模様替え効果もあり雰囲気を変えることができて楽しめるのもフェイクならではです。

大きめのフェイク観葉植物をおしゃれに飾る場合は、室内の開いているスペースか部屋の隅に置くことです。

部屋の中の不自然な空白を観葉植物が埋めてくれ、自然を感じられるグリーンがさりげなく視界に入るので癒し効果もありそうです。

小さめの観葉植物なら、棚の上やテーブルの端っこがオススメです。

小さめなら気軽に移動させることができますので、その日の気分で置き場所を変えてみるのもいいでしょう。
飾るときはシンメトリーに配置することで、バランスが良くなります。人は左右対称のシンメトリーを本能的に好む性質があるようなので、シンメトリーに飾ることで気持ちが安定するのかもしれません。観葉植物を飾ってみて、なんとなくしっくりこないと感じたときは、もうひとつ買い足してシンメトリーになるように置いてみてください。

シンメトリーに2つも置くほどスペースが無いと思っても、意外と場所は作り出せます。例えば、パソコンを置いているデスクです。小さめの植物を選んで、パソコンの両端に置くことでシンメトリーに飾ることができます。

フェイクの観葉植物も組み合わせでおしゃれに変身

フェイクの観葉植物なら、成長して大きくなってしまうこともありませんし、水やりで濡れることも考える必要はありませんので、鉢や鉢カバーなども気軽に楽しむことができます。

観葉植物の鉢を違うデザインや素材のものに変えるだけでも雰囲気が変わってきます。お気に入りのマグカップに入れてみたり、オシャレな外国製の缶などに入れて、お部屋のインテリアに合わせるのも良いでしょう。何種類かを用意して変えることで、雰囲気も変わります。また、クリスマスの時期には小さめのライトなどと一緒に飾ってツリーのように楽しむこともできます。

鉢や鉢カバーを選ぶポイントは、お部屋のインテリアと合わせることです。観葉植物の鉢と入っても、インテリアと統一感がないと浮いた感じになってしまいます。
観葉植物自体にも、スタイリッシュなものやナチュラル感のあるものなど、観葉植物自体が持っている雰囲気があります。お部屋に合わせて上手に選ぶこともポイントです。

例えば、ナチュラルはインテリアなら鉢も素焼きにものに、シンプルモダンなインテリアなら白やこげ茶の陶器の物にすると良いでしょう。スタイリッシュな部屋の場合は、鉢も色味を抑えてシンプルに黒やシルバーなどにしてテイストを合わせます。籐の鉢カバーを使うとアジアンテイストになったりリゾート感も出すことができます。

フェイク観葉植物をおしゃれに飾るポイント

リビングにはシンボルツリーとして大きめの観葉植物がオススメです。家族が集まる家の中心であり、家の中でも広めなので置くスペースもあります。フェイクだと日当たりを気にする必要がないので、日陰になってしまう部屋の隅っこでも置くことができますし、大きいので隅でも存在感は十分にあります。

キッチンでは邪魔にならないように小さめの観葉植物が良いです。キッチンは調理道具などで飾るスペースが少ない上に、調理の邪魔になることも考えられますので、小ぶりのものがオススメです。壁などから吊して飾るハンギングタイプのものも良いでしょう。フェイク観葉植物の中には消臭作用があるものもありますので、飾る以外にもキッチンには最適かと思います。
フェイク観葉植物は虫がついたり土で周りを汚す心配がいらないので、衛生面でも安心できます。トイレや浴室のような湿った場所でも気にせずに飾ることができます。

寝室ならサイドテーブルに飾ったり、部屋の開いているスペースに置いても良いでしょう。鉢カバーをベッドカバーなどと色味を合わることでインテリアにも馴染みます。鉢の観葉植物もいいですが、ドライフラワーもオススメです。リゾートをイメージさせるような観葉植物なら、気分も変わってリラックス効果も期待できそうです。

玄関は来客など人の出入りも多い場所です。広めのスペースがある場合は、印象的な大きめのものを置いても素敵ですし、それほどスペースが無い場合は下駄箱や窓際に置く小さめのものを飾るのも良いと思います。観葉植物の中には横に広がらず縦長のものもありますので、そういうものを選ぶのもコツです。住む人のインテリアの好みを象徴するような、印象的なものを選ぶのをオススメします。

リビングに飾りたいおしゃれな観葉植物のフェイクを紹介

リビングに飾るフェイク観葉植物はやはり大きめのものが人気があります。

オススメは「パキラ」や「モンステラ」です。どちらも大きめの葉でインパクトがあり、エキゾチックな雰囲気を感じさせます。

また、平和の象徴と言われているオリーブの木もリビングにオススメです。シンプルだけれどもナチュラルな雰囲気もありますので、どんなインテリアにもマッチする木です。同じくベンジャミンもインテリアを選ばずに、素敵に飾ることができます。

本物を置くにはちょっと難しいような木もオススメしたいところです。ヤシの木は置くだけで南国風に変わります。フェイクは成長して大きくなることがないところも利点なので、大きく育つような木や剪定や手入れが常に必要な木でも、気軽に取り入れられるところも魅力です。

フェイクとはいっても完成度がとても高いので、本物を置きたいのだけれど手入れが大変だからフェイクで我慢しようと考えている人でも、全く気にならないと思います。

小さいフェイクの観葉植物もおしゃれです

小さめのフェイク観葉植物を飾るのなら、置くためのスペースの心配があまりないので、いくつか並べて飾ったり、上から吊るしてみたり、雑貨と合わせてみたりと、飾り方をいろいろ楽しんでみてください。置き場所を変えるだけで、ちょっとした模様替えのような感じも味わえます。

小さめのフェイク観葉植物ならおしゃれな飾り方で楽しむのをオススメします。

シックなお部屋やインダストリアル系のお部屋なら、サボテンを棚の上にちょこんと飾ったり、エアプランツを吊るして飾るのも雰囲気が合うと思います。多肉系も馴染むでしょう。

ナチュラルなインテリアにはシュガーバインがオススメです。シュガーバインの葉は花の形をしていて可愛らしく、ツル科なので垂れ下がって広がったっ茎や葉が自然な感じを出すことができます。また、オリーブの木はナチュラルなインテリアによく似合いますが、本物だと大きく成長してしまい難しいところですが、フェイクなら小さいまま飾ることができます。

トピアリーボールもオススメです。トピアリーボールは丸く造形した海外の盆栽のようなものです。葉の部分がまんまるで、幹がすっと細く伸び、とてもかわいらしい外観です。
何種類かのフェイク観葉植物をいくつもまとめて置いても素敵です。パソコンのデスクの上やトイレ、キッチンなど、フェイクなら場所を選ばずに飾ることができます。グリーンがちょっと視界に入るたけで、癒し効果もありますよね。
リビングには大きめの観葉植物を置き、小さめのものはスペースが限られる部屋や玄関、キッチンになどに飾って、いろいろ楽しんでみてください。