観葉植物ウンベラータに元気がない原因・虫や病気の対策を紹介

自宅で育てている観葉植物のウンベラータに元気がない・枯れてきたなどのトラブルが起きた時は、虫や病気が原因になっている可能性があります。

ウンベラータにつきやすい虫やかかりやすい病気について知って、しっかりと対策を行いましょう。

また、ウンベラータを虫や病気から守る方法についてもご紹介します。こちらも併せて参考にして、ウンベラータの元気を取り戻しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物にわくコバエは土が原因。コバエの駆除方法と対策とは

部屋の中をコバエが飛んでいるのを見かけた時はショックですね。 どこから発生しているのかと思った...

ひまわりの花粉の落とし方!家庭でできる方法や注意点を紹介

ひまわりの花粉がうっかり服についてしまったときは、落とし方に注意しなければなりません。 うっかり安...

フィカス・アルテシマの育て方、枯れずにイキイキ育てる方法

観葉植物のフィカス・アルテシマをインテリアとして置く場合、育て方を間違えてしまうと葉が全て落ちて丸裸...

観葉植物で風水の結婚運を呼び込んでくれる種類と置き場所とは

観葉植物と風水の不思議な関係。観葉植物を置くことで様々な風水効果があるとされていますが、ここでは「結...

観葉植物の土に虫わかないようにする方法!土の選び方と対処法

観葉植物の土から虫がわきてしまうことがあります。家の中に虫がいると、快適な生活ができませんよね。 ...

ストレリチアとオーガスタの違いは?見分け方をご紹介

ストレリチアとオーガスタは見た目がそっくりで、どちらなのか見分けがつかず困ってしまいます。 し...

観葉植物の人気で育てやすい5選を紹介。その強さと育て方のコツ

観葉植物を置きたくてもうまく育てる自信が無い、すぐに枯らしてしまうのが心配という方にぴったりな育てや...

観葉植物の水やりに基本の道具と留守中でも困らないアイテム

観葉植物を育てるのにまず必要なものは、水やりに使う道具ですよね。 ジョウロはあるから大丈夫と思...

観葉植物は風水的におすすめ!トイレの観葉植物で運気アップ

自宅のトイレに観葉植物を置きたいと考えている人もいますよね。でも。トイレに観葉植物を置くことが風水的...

ユッカは人気の観葉植物!育て方と管理のポイントを解説

ユッカは観葉植物の中でも人気の高い植物です。実際に家で育てている人もいるのではないでしょうか。 ...

ポトスの植え替え時期はいつがいい?ポトスの育て方について

ポトスを植え替えするのに適している時期はいつなのでしょうか? 観葉植物を植え替えは鉢が小さくな...

観葉植物の育て方。水やり一つで左右される観葉植物の運命

観葉植物を枯れさせてしまう原因の一つに水やり問題があります。育て方に問題があるのでしょうか。 ...

観葉植物を室内で育てる時は『土』で育てることをおすすめします

観葉植物があると、室内の空気がスムーズに流れる気がしますよね? 緑が育つには『水』『日光』『風...

観葉植物のモンステラを植え替えするポイントについてご紹介

観葉植物の中で人気のあるもののひとつにモンステラがあります。 見た目におしゃれなだけではなく、育て...

観葉植物「セローム」の植え替え方法と植え替え後のケアについて

観葉植物のセロームを植え替えするときにはどのように行えばいいのでしょうか? 元気のない観葉植物...

スポンサーリンク

観葉植物のウンベラータにつきやすい虫の種類

まるで葉がハートの形のようなウンベラータは、人気が高い観葉植物の一つです。
見た目だけではなく、育てやすさも人気のポイントとなっていますが、そんなウンベラータも虫や病気が原因となって元気をなくしてしまうことがあります。ウンベラータに元気がない理由がわかれば、きちんと対処することが出来ます。
ウンベラータを守るためにも、元気がなくなってしまう原因について理解しておきましょう。

まずは、ウンベラータをはじめとする観葉植物につきやすい虫を紹介していきます。

アブラムシ

アブラムシは観葉植物につきやすい虫の一つです。

春になると新芽の樹液を吸い、成長を妨げるなどの被害を与えます。
非常に繁殖能力が高く、群れになって存在しているので、植物に対しても群れになって被害を与えます。

アブラムシはウイルスを運ぶこともあるので、直接与える被害だけにとどまりません。

ハダニ

葉の裏に存在するので気付きにくいかもしれませんが、樹液を吸って葉を枯らしてしまいます。

ハダニも繁殖能力が高いので、あっという間にその数を増やします。

寄生する範囲も広いので、被害が大きくなりやすいということも注意です。

カイガラムシ

年間を通して寄生する可能性のあるカイガラムシは、葉に限らず枝や茎にも寄生します。

成長に被害を与え葉を枯らしてしまうことや、すす病を誘発し二次被害を与える危険性もあります。

観葉植物に虫が発生!ウンベラータに虫がついたといきの状況別の対処法

ウンベラータに虫が発生していたら、その状況に応じた対処をしなければなりません。何の虫が発生しているかまで理解出来ていなくても、発生している量に合わせて対処をしましょう。

ウンベラータに発生している虫が、そこまで大量ではない場合。

虫が寄生して何らかの異常が見られる部位は、残念ですが切り取って下さい。
穴が開いていたり、変色などの被害がある葉も全て取り除きます。

虫を駆除しても、一度被害を受けた部分は元には戻りません。

被害が拡大しないためにも、被害を受けてしまった部分は確実に切り取る必要があります。

被害部分を取り除いたら、再び被害が出ないためにも日々のウンベラータの状態をチェックしてあげましょう。

ウンベラータに虫が大量に発生してしまった場合。

被害のある部位を切り取るだけでは対処出来ません。
ウンベラータをまるごと殺菌する必要があります。葉や茎を殺菌することはもちろん、土も殺菌して下さい。

その後問題がなければ正しい対処が出来たということですが、殺菌しても元気がない場合はその後育つ可能性は非常に低いです。
残念ですが、このウンベラータとはお別れすることになります。

ウンベラータとお別れしないためにも、大量に虫が発生する前に気付けるように状態をこまめに見てあげましょう。

観葉植物の虫対策・ウンベラータを虫から守る予防方法

ウンベラータに被害が加わることはもちろん防ぎたいですし、虫を見つけることも非常に不快ですよね。
出来れば見たくはありません。そのためにも、日頃から虫の発生を予防しておきましょう。

ウンベラータを虫から守るために、まずは毎日様子をチェックすることです。

毎日の様子を見ていれば、少し虫が発生した時点で気付くことが出来ます。
少量の虫なら対処の方法も難しくはありませんし、ウンベラータの枝や葉を多く切り取る必要もありません。

害虫から守るためにも、ウンベラータが伸び伸び育つためにも日光浴は大切です。

観葉植物は日光を浴びないと栄養を上手に吸収することが出来なくなったりして、本来の姿で成長することが出来なくなってしまいます。

しかも害虫によっては高温多湿の環境を好む個体もいます。
このような害虫にとっては、日陰で育てられているジメジメとしたウンベラータは最高の環境になってしまい、みるみる増殖してしまいます。適度な日光浴で害虫から守ってあげましょう。

観葉植物のウンベラータが白くなったときはうどんこ病の可能性も

観葉植物の葉が白くなっているところを見たことがありますか。害虫が発生しているのとは違って、それほど問題を抱えているようには見えていないかもしれません。
観葉植物にそれほど詳しくない方なら、そういう品種だと思うかもしれません。
一見重大な状況に見えませんが、観葉植物の葉が白くなっていたらそれはうどんこ病という病気に感染していて、すぐに対処する必要のある状態です。

葉が白く見えているのは、観葉植物にカビが発生しているためです。
カビをそのままにしておけばさらに繁殖と増殖を繰り返し、みるみるウンベラータの葉全体を覆い始めます。

カビに葉の表面を覆われたウンベラータは、まさに酸欠状態です。
苦しさを訴えることは出来ませんが、とても苦しいです。

カビのせいで光合成が出来ず、十分な栄養や水分を吸収することが出来ていません。

葉の全体にうどんこ病が広がっていればすぐに異変に気付くことが出来ますが、最初から範囲が広いわけではありません。

一箇所でも白い斑点が見えたら、うどんこ病が拡大する可能性が高いので、発見したら早めに対処してあげることがウンベラータを救うための得策です。

ウンベラータがうどんこ病になったときの対処法

では、ウンベラータがうどんこ病になってしまったときの対処法を見てみましょう。

初期のうどんこ病なら、水で薄めた酢や重曹を吹きかけると自然に消滅します。

一週間に一度のペースで吹きかけると効果があります。

この方法で良くなってくれれば初期のうどんこ病ということですが、なかなか改善が見られない場合はうどんこ病になっている部分を切り取ることになります。

そのままにしていると、健康な茎や葉にまでカビが広がってしまうので、かわいそうですが仕方のない対処です。

観葉植物を育てる以上、完全に虫を予防することは難しいです。
ウンベラータだけではなく、どの観葉植物にも発生する可能性はあります。

虫が発生する可能性があるからこそ、そのことを頭に入れた育て方をすることが求められます。

観葉植物は人間のように、病気になっても声を挙げて助けを求めることが出来ません。
虫や病気を未然に防ぎ、発生した場合は初期の段階で気付いてあげることで守ってあげましょう。