ストレリチアとオーガスタの違いは?見分け方をご紹介

ストレリチアとオーガスタは見た目がそっくりで、どちらなのか見分けがつかず困ってしまいます。

しかし成長した時の大きさになどに違いがあり、間違って購入してお家で育てていると、大きくなりすぎて困ってしまうかも知れません。

ここではストレチアとオーガスタの違い、見分け方についてご紹介をいたします。購入する際の確認方法として、お役立てください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

エアプランツの育て方。冬の時期、室内で育てる時のポイント

エアプランツは土がいらないので、育てるのは意外と簡単です。 ですが心配なのは気温が下がってしまう冬...

ベンジャミンの観葉植物の剪定方法や注意点、枯れた場合の対処法

観葉植物の中でも人気が高いベンジャミンですが、ベンジャミンは剪定をすることで美しさを保つことができま...

観葉植物の土にわいてしまった虫対策のやり方と防止方法

観葉植物の周りを小さな虫が飛んでいるのをみたことはありませんか? 残念ながら観葉植物の土に虫がわい...

観葉植物ウンベラータに元気がない原因・虫や病気の対策を紹介

自宅で育てている観葉植物のウンベラータに元気がない・枯れてきたなどのトラブルが起きた時は、虫や病気が...

観葉植物をインテリアとしてリビングにセンス良く飾る方法

リビングに余計な物を置きたくないという方でも、観葉植物ならお部屋のインテリアになりますし、飾り方によ...

観葉植物で人気のモンステラの花言葉と飾りたい場所を紹介

花には花言葉がありますが、観葉植物にも花言葉があります。 観葉植物を置く場合に花言葉を調べて飾って...

観葉植物を置いて風水運を玄関から呼び込もう。おすすめを紹介

風水のことを考えて観葉植物を飾る方も多いと思います。 リビングに飾るだけではなく、風水を意識し...

観葉植物【造花 】をインテリアとして置くときのポイント

部屋に観葉植物を起きたいけれど、お世話や虫が出るのは嫌という人におすすめなのが造花の観葉植物です。 ...

観葉植物の水やりの頻度に決まりは無い。水やりのタイミングとは

観葉植物を枯らしてしまうことの原因に水やりがあります。 友人宅の観葉植物はよく枯れているので聞...

観葉植物ガジュマルの育て方。季節に合わせたお世話のポイント

ガジュマルは太く、ぷっくりとした幹が特徴の観葉植物です。その可愛らしい姿が人気で、自分の家でも育てて...

観葉植物にわいたコバエを駆除する方法は色々。やり方と予防法も

観葉植物は土が入っているので、知らず知らずのうちにコバエがわいてしまうことがあります。 せっか...

観葉植物のフェイクには消臭効果がある物も。その効果とは

部屋にグリーンを置きたいと思っても世話が大変だったり、育て方がよくわからないという方に人気なのがフェ...

ガジュマルの根が白いことや白い物の正体と対処法を紹介

幹の部分や根っこの部分に特徴があるガジュマルですが、育てやすいこともあり人気の観葉植物でもあります。...

観葉植物を置きたい。おしゃれで小さいタイプでおすすめを紹介

おしゃれな観葉植物を置きたいけれどあまりスペースをとりたくないという方。 ちょっとの隙間におしゃれ...

モンステラの株分け方法!実際の手順と注意点・育て方を解説

インテリアとしても人気の高い観葉植物のモンステラは、株分けをすることで増やすことができます。ですが、...

スポンサーリンク

見た目がそっくりなストレリチアとオーガスタの違い

ストレリチアとオーガスタは葉の外見がそっくりでパッと見ではどちらか判別できない方は多いでしょう。

どちらも同じ種類の植物でただストレリチアと呼んでいるものは正式にはストレリチア・レギネ、オーガスタはストレリチア・オーガスタです。

呼び名がレギネとオーガスタになればより分かり易いのに…と個人的に思います。

葉っぱの違い

葉はオーガスタの方が幅が広く長く全体の大きさが大きいです。ストレリチアの方がほっそりとして小さめです。そのため見た感じではオーガスタは大きい葉が重力に負けてバサバサと葉が広がっているのですが、ストレリチアは葉が小さい分重力に負けずに上に向いてシュッと直立しています。

花の色の違い

花が咲いたときにはその差が歴然と分かります。オーガスタの花は白くて細く尖った花びらが何枚も集合して直立しています。ストレリチアの花は濃いオレンジや黄色、中には赤いものもあり、オーガスタよりは幅が太くて尖った花びらが何枚も直立しています。

ストレリチアとオーガスタの違いは成長にも現れます

ストレリチアは上手に管理すると毎年花を咲かせますが、オーガスタは株が大きく成熟してから出ないと花を咲かせません。

そのため、オーガスタを育てていても花を見たことがないという方は非常に多いです。オーガスタは葉を楽しむ観葉植物として流通しています。
ストレリチアの花は濃いオレンジ色が非常に美しく、花びらの形が鳥が翼を広げて羽ばたいているように見えると言われています。その姿は極楽鳥のように見えるととても人気があります。切花でも販売されていることがありますがとても高価な花です。

ストレリチアとオーガスタの決定的な違いは花にあるので、成長して花が咲く頃になるとはっきりと分かります。

どちらにするか迷ったらストレリチアとオーガスタの成長の違いをポイントに

ストレリチアとオーガスタは葉の見た目が似ているのでどちらにしようかと迷う、もしくはどちらでもよいと思われる方もいるかもしれません。

置き場所のスペースに合う方を選ぶ

オーガスタの方が葉が大きくて周囲に広がり、高さも高く成長します。
ストレリチアはオーガスタよりも葉が小さくて重みで広がる事がない分全体がコンパクトにまとまります。

置き場所が広く葉のボリュームが欲しい場合にはオーガスタがおすすめですが、置き場所があまり広くない場合や場所を取りたくない場合にはストレリチアをおすすめします。

更にこれが一番の違いでしょう。花を見たいかどうかです。ストレリチアの特徴のある美しい花を見たい場合にはストレリチアを選ぶしかありません。反対に葉が立派でさえあれば花はどうでもよいという場合にはオーガスタを選ぶとよいでしょう。

ストレリチアかオーガスタかわからないときは別名を参考に

ストレリチアとオーガスタの花はとても特徴がある形をしているので、世界中から広く注目を浴びています。

花を鳥に見立てて付けられた名前

ストレリチア バード・オブ・パラダイス(天国の鳥) 花の形や色から極楽鳥に見立てられているのです。
オーガスタ ホワイトバード・オブ・パラダイス(天国の白い鳥) 大きくて真っ白い花の形が白い鳥に見立てられています。

販売時の商品説明などで別名が表示されている場合もあります。

ストレリチアの花は濃いオレンジ色

見ているととても明るい気分になり元気が出る色です。そうして形が日本である私が見るとツルのように気高くしなやかな印象を受けます。大型の非常にシルエットの美しい鳥に見えるのは確かです。一度目にすると惚れ込んでしまう人は多いでしょう。

オーガスタの花は白く白鳥のようなイメージ

花びらが細い分より繊細なイメージを受けます。こちらはそうそうお目にかかることができないので、それを咲かせてみようという夢を持って育てるのも面白いでしょう。
好みに合わせて選んで育ててみましょう。

ストレリチアアルバも見た目がそっくり

植物は同じ種で多くの種類があるものが多いのですが、ストレリチアも例外ではありません。非常に多くの種類があり見た目が似ているものが多くあります。

オーガスタの希少種ストレリチア・アルバ

ストレリチア・アルバは花の色も白色でオーガスタと非常によく似ています。比較するとオーガスタよりも若干小さく花の咲き方に違いがあります。オーガスタは茎から花の土台が複数出て咲きますが、ストレリチア・アルバは一箇所からはひとつしか葉なの土台が出てきません。

また、葉の土台の色が違います。オーガスタは緑色に赤紫色が混ざりますが、ストレリチア・アルバは全体が緑色をしています。

ストレリチア・アルバは原生地での生息域が非常に狭く、市場では殆ど流通しない希少種なのです。

希少種となると手に入れたくなるのが人の情ですが、多く流通しているものは栽培も簡単で観葉植物に適しているものです。ただでさえ咲きづらい花が、オーガスタよりも更に少ない数しか付かないので、もし両方が同量流通していたら多くの人がオーガスタを選ぶのではないかと思われます。ただ、小振りであるのは場所を取りたくない場合には利点となりますね。