モンステラ・デリシオーサの育て方。元気に育てるポイント

観葉植物のモンステラは、お部屋のインテリアとしても人気の植物です。モンステラの仲間にもいろいろな種類がありますが、その中の一つ、モンステラ・デリシオーサはどのように育てれば良いのでしょうか?
そこで、モンステラ・デリシオーサの育て方についてご紹介します。置き場所の注意点や水やりのポイント、肥料の与え方などについて基本のお世話の方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物のパキラが持つ風水の力とは。置く場所は効果に合わせて

家の中に観葉植物があるとお部屋全体が明るくなった感じがしますね。 その他にも期待してしまうのが...

パキラが根腐れをしてしまったときの対処方法について

パキラの根腐れはどのような対処をしたらいいのでしょうか? パキラの根腐れの原因、根腐れの進み具...

ガジュマルは冬の管理を間違えると枯れることも!正しい管理方法

はじめてガジュマルを育てる人に注意していただきたいことの一つに、冬の管理の仕方があります。管理方法を...

観葉植物ユッカの植え替えが必要なタイミングと植え替え方法

観葉植物のユッカは成長が盛んな植物です。今の鉢のままでは窮屈で、元気に育てなくなってしまいそうな時に...

【観葉植物の育て方】ユッカの水やり、日当たり、肥料や植替え方法

観葉植物の中でも人気が高いのが「ユッカ(青年の木)」です。これから自宅に置こうと考えている人もいます...

観葉植物を初めて育てる方におすすめの種類と育て方の基本

初めて観葉植物を育てるという場合には、どのような種類が育てやすいのか、その品種の見極めが大切です。育...

観葉植物を室内で飾る場合は鉢選びも重要。インテリアに合った鉢

観葉植物が室内にあると、おしゃれだったり癒やしの空間になりますね。 またインテリアにマッチした...

ストックの花の切り戻し方法と育てる上での注意点について解説

秋まき一年草として知られるストック。たくさん花が咲いて枯れてしまうとさみしく感じてしまいますが、切り...

観葉植物の育て方の基本。ドラセナに注意したいのは温度管理

「幸福の木」という別名を持つ観葉植物・ドラセナ。 丈夫で育てやすいので初心者の方にもおすすめで...

観葉植物をプレゼントする時は迷惑にならないものを選ぼう

お祝いや贈り物として観葉植物をプレゼントする時は、相手の迷惑にならないものを選ぶのがポイントです。 ...

観葉植物の土に虫わかないようにする方法!土の選び方と対処法

観葉植物の土から虫がわきてしまうことがあります。家の中に虫がいると、快適な生活ができませんよね。 ...

エアプランツの育て方を確認。枯れる原因と対処法があります

エアプランツは育てやすいといいますが、実際はどうなのでしょうか。 気がついたら枯らしてしまった...

リビングに緑豊かな観葉植物を!大型の植物を選ぶ場合の注意点

インテリアの雑誌などで大型の観葉植物が置かれているリビングを見ると、素敵だと思う人も多いでしょう。 ...

観葉植物ガジュマルの育て方。季節に合わせたお世話のポイント

ガジュマルは太く、ぷっくりとした幹が特徴の観葉植物です。その可愛らしい姿が人気で、自分の家でも育てて...

観葉植物ドラセナを挿し木で増やす方法と失敗しないためのコツ

観葉植物のドラセナは鮮やかな葉の色がきれいな人気の植物です。今、育てているドラセナを増やしてみたいと...

スポンサーリンク

モンステラ・デリシオーサの育て方、置き場所の注意点

モンステラ・デリシオーサは熱帯の植物なので温かく日当たりの良い場所を好みます。

しかし直射日光は苦手なので、明るい室内で窓際を避けて置くとよいでしょう。
部屋のスペースや配置の関係で窓際に置く場合には、日差しが強すぎると感じる時間帯には簾をかけたりして日差しをやわらげてあげましょう。

しかし、時間帯によって日差しを気にして世話をするのは手間でもあります。そんな場合には外で避暑小屋を作りその中に入れておくことをおすすめします。
モンステラが入るようにポールを四隅に立てて園芸用のネットをかけて端を土中に埋めてネットを固定します。この中に入れておくと水をあげなくてもよいし、日差しも調度よく緩和されるので夏の間は世話いらずです。寒くなってきたら部屋の中に入れてあげましょう。

モンステラ・デリシオーサは寒さにも強いのですが、気温が5度を下回ると枯れてしまう場合があります。

冬の間は常に気温が5度以上ある場所に置きましょう。
冷房や暖房の風が当たり続けると葉が乾燥したり、葉同士がこすれて痛んでしまいます。常に風が当たるような場所は避けて置きましょう。

モンステラ・デリシオーサの育て方で気をつけたい季節に合わせた水やりの仕方

モンステラ・デリシオーサは暑い地域に自生する植物なので日本の寒い冬の間は休眠します。

温かい夏の間に元気よく生長します。
元気に生長している間は水を沢山必要としますが、休眠している間には必要な水の量は減ります。そのため、季節に合わせてあげる水の量を調節する必要性があります。

  • 夏の間は土の表面が乾いたら水をあげます。水をあげる時には鉢の底から浸み出るくらいたっぷりとかけます。浸み出て鉢受けに溜まった水は、鉢内から水が出てこなくなったのを確認して捨てます。鉢受けに水が溜まった状態だと鉢内の土も湿った状態になり、鉢底から空気も入らなくなります。その状態が長く続くと根が腐って枯れてしまいます。
  • 冬の間は寒いので夏のように生長しません。そのため吸う水の量が減ります。それにあわせて与える水の量を減らす必要があります。

どの程度与えたらよいのかは置き場所の気温や湿度によって異なります。気温が10度程度の場合には土の表面が乾燥してカラカラになった状態が4日程度続いてからかけてあげましょう。気温が低いほどカラカラになった状態を長く保ち、気温が高くなるほどカラカラ状態を短縮します。また、空気が乾燥していると葉が乾燥しすぎて枯れたり虫が発生する場合があります。霧吹きで葉の表と裏全体に水をかけてあげましょう。霧吹きで水をかける分には根が腐る事はないので、これは頻繁に行っても大丈夫です。

モンステラ・デリシオーサの肥料の与え方

肥料はモンステラ・デリシオーサが元気に生長している期間に与えます。

休眠している間に与えても吸収しないので不要であるばかりか、肥料焼けを起こして枯れてしまう場合があります。
また、肥料の与えすぎにも注意が必要です。肥料が濃すぎたり多すぎるとやはり肥料焼けを起こしてしまいます。与える肥料の説明をよく読んで、分量を守って与えましょう。液体の肥料と固形の肥料がありますが、どちらをあげても大丈夫です。

モンステラ・デリシオーサの育て方で覚えておきたい病害虫対策

日頃から葉の表と裏側を見て、異変が起きていないかを確認していると病気や虫が付いた時に早期発見できます。
病気や害虫は早く対処すると重症化させることなく解決することができます。

モンステラがかかりやすい特別な病気はありませんが、付きやすい害虫はあります。

外に置いている場合にはナメクジやワラジムシに食害される場合があります。地面に直接置くと登って来やすく、鉢の底から入り込む場合もあります。植え替える時に鉢の底にネットを敷いておくと鉢底からの侵入を防ぐことができます。また、ガーデニング台などの上に置くと虫が登って来づらくなります。
葉が乾燥していたり風通しが悪いと葉に虫が付きやすくなります。「ハダニ」という細かい虫や「アブラムシ」、白い綿が付いた「カイガラムシ」などが付く事が多いです。
薬剤で駆除することもできますが、数や範囲が狭い場合には濡らしたティッシュで拭き取るとよいでしょう。カイガラムシは取れづらいので割り箸などでつまんで取り除くとよいでしょう。

葉が込み合っていると風通しが悪くなり虫が付きやすくなります。剪定してすっきりとさせましょう。

モンステラ・デリシオーサの剪定のやり方

生長して葉が増えてくると根はより多くの水と栄養を吸い上げなければなりません。そうなると根に負担がかかり、生長が鈍化してしまいます。また、葉が込み合うと虫も発生しやすくなります。葉が増えたら剪定をしてあげましょう。

モンステラ・デリシオーサは生命力の強い植物なのでかなり大胆に剪定をしても枯れる事はありません。

しかし、剪定する時期を誤ると枯らしてしまう場合があります。

剪定は5月から9月までの間に行うようにしましょう。この期間ならば生長期にあたるので、切られたダメージに負けずに回復できます。

剪定した葉を挿し木にして増やす事ができます。

挿し木はモンステラ・デリシオーサがこれからぐんぐんと生長するという5月から6月頃に行うと最も成功率が高くなります。

切った葉の茎の部分を斜めに切り、観葉植物用や挿し木用の土に挿します。

切れ味のよいハサミを使用して細胞を潰さない事が大切です。
挿し木をした鉢にはたっぷりと水をかけて、強い日差しと風の当たらない場所に置いておきます。一ヶ月程度経過してしっかりと根付いてたら通常の管理場所に置いてもよいでしょう。