観葉植物の植え替えのタイミングは?鉢の選び方や植え替え方法

観葉植物をお部屋のインテリアとして置いている人もいますよね。観葉植物を上手に育てるには、状態を見て鉢の植え替えをする必要があるります。

観葉植物を購入して時間が経つと、購入した時よりもサイズが大きくなって鉢が小さくなりますので、このようなときは植え替えをしてあげましょう。

ここでは、観葉植物の植え替えのタイミングや方法、注意点についてお伝えします。観葉植物を長持ちさせるには、栽培する人が管理をしてあげることが大切。

いつまでも元気な状態で育ててあげるためにも、これからご紹介する内容をチェックして鉢の植え替えをしてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物の種類で大型タイプのものと特徴をイメージ別で紹介

お気にいりのインテリアで揃えたリビングに、観葉植物があるといいですね。 大型の観葉植物を置くと...

観葉植物パキラの植え替え方法、手順や新しい鉢やタイミング

観葉植物の中でも人気が高いパキラは、大型サイズからテーブルや棚の上に飾ることが出来るサイズの物まで幅...

観葉植物の土でおすすめな専用タイプの土と配合の仕方について

室内に観葉植物を置く場合に気になるのが、土と土につく虫ではないでしょうka. 私も最初は何でも...

観葉植物の育て方。パキラの置き場所や水やりや元気に育てるコツ

観葉植物の中でもパキラは育てやすく、人気があります。 日が当たる場所を好みますが、あまり日が当...

観葉植物をおしゃれなインテリアに!室内に置く鉢選びのポイント

室内で育てる観葉植物は、その植物と鉢もお部屋のインテリアの一つになります。 お部屋の雰囲気をよりお...

観葉植物を室内で育てる時は『土』で育てることをおすすめします

観葉植物があると、室内の空気がスムーズに流れる気がしますよね? 緑が育つには『水』『日光』『風...

ガジュマルの挿し木の方法!詳しい手順と挿し木後の楽しみ方

観葉植物としても人気の高いガジュマル。挿し木という方法で増やすこともできます。ガジュマルを剪定して出...

観葉植物でおすすめは『パキラ』風水で運気をあげるなら

観葉植物でおすすめするのは『パキラ』です! どこにどのように置くかでアップする運気を変えること...

観葉植物を置いて風水の恋愛運を呼び込むおすすめな種類の紹介

観葉植物を置くと運気が上がるという話をよく聞きますが、風水を取り入れて運気をアップさせましょう。 ...

観葉植物で風水の結婚運を呼び込んでくれる種類と置き場所とは

観葉植物と風水の不思議な関係。観葉植物を置くことで様々な風水効果があるとされていますが、ここでは「結...

観葉植物のおしゃれな飾り方!リビングを素敵な癒やしの空間に

自宅のリビングに大型の観葉植物を置きたいと考えている人もいますよね。観葉植物の置き方次第では、リビン...

人工観葉植物と造花の人気の種類と選び方について解説します

観葉植物や鉢植えのお花を部屋に飾ってみたいと思っていても、手入れが面倒で手を出せない人も多いでしょう...

【観葉植物の育て方】ユッカの水やり、日当たり、肥料や植替え方法

観葉植物の中でも人気が高いのが「ユッカ(青年の木)」です。これから自宅に置こうと考えている人もいます...

観葉植物【モンステラ】の植え替え方法やポイントを紹介します

特徴的な葉っぱの観葉植物、モンステラが最近元気がないような…。そんなときは植え替えのタイミングかもし...

観葉植物の鉢カバーで陶器タイプを使う場合のメリットと注意点

観葉植物の鉢はどんなタイプをお使いですか? 鉢カバーを使うことでインテリア性がアップしたり、素...

スポンサーリンク

鉢が小さい?観葉植物の植え替えを判断するポイント

観葉植物を育てていると、ある時点で、鉢のサイズが小さくなった、植え替えの時期が来たのかな?と思う瞬間があります。観葉植物を育てている側としては、植え替えのサインのようなものをはっきりと判断する状況にあると思います。

観葉植物からどういったサインをもらったら、鉢が小さくなってきていて、植え替えのサインになっていくのか、ここで具体的なポイントをみていきたいと思います。

  • 鉢と観葉植物のバランスですが、観葉植物が大きくなってきている為、バランスがとれないように見える
  • 買ってから2年以上経過している
  • 成長して来ているせいか、鉢の底の穴から根がはみ出してきている状態
  • 水やりをちゃんとしているにも関わらず、水を上げをしても土に水が入っていかない

育てている観葉植物から上記のサインの内、一つでも兆候があるのなら、植え替えをするタイミングである可能性があります。観葉植物を購入して2年以上たっていて、根が成長していて鉢に入りきれなくなっていたり、窮屈に感じているなどが植え替えをする判断基準となっています。あなたの観葉植物がどういう状態にいるのか、よく観察して、上記の状態に少しでも当てはまるのであれば、植え替えを考えてみましょう。

観葉植物の植え替えをする時の鉢の選び方

観葉植物って鉢が小さくなってきて、植え替えが必要になる時期が来ると思います。そんな時期になると、植え替えをする際の「鉢」ですが、どんな鉢が良いのかな?と悩みだすと思います。

植え替えをする時ですが、どんな鉢がベストなのか、植え替えで鉢選びに失敗しない為にも一緒に学んでいきましょう。

鉢のサイズ

植え替えをする時ですが、成長する分を見込んで、少し大きなサイズ、一回り、二回り大きなサイズを選ぶと失敗しないと思います。また、それに似合った受け皿を用意するのも水やりをする時に便利になります。

鉢の重さ

鉢の重さって、何気に鉢を移動させなきゃいけない時もあるので、重要になってきます。あまり重いものを選ぶと、移動させる際に、家具や床を傷つけてしまう恐れがあります。その為、鉢の重さも考えて、鉢の材質にも注意して購入していきましょう。プラスチックであったり、合成樹脂素材の鉢は軽いので、移動するのも簡単になってきます。合成樹脂素材のものは安いものが多いので、経済的でオススメになってきます。

観葉植物の植え替えをする時の注意点

観葉植物をより成長させる為に、「植え替えの作業」が大切になってきますが、その植え替えの作業で失敗して、大切に育ててきた観葉植物を刈らせたくないって思います。

植え替えの作業で失敗をしたくない。では、具体的にどんな点を注意すれば良いのでしょうか。

●新しい土を使う

どうして古い土を使っちゃいけないの?という質問が来そうですが、その質問に対する答えは、「古い土には十分な栄養分が入ってない」ことが原因になっています。

十分な栄養が入っている、新しい土を使って、あなたの観葉植物を枯らせないようにしましょう。

●時期は冬は避ける

観葉植物にストレスがかかるのは、「冬」になります。冬が苦手なので、この時期はただでさえ観葉植物に負担がかかるのに、植え替えともなるともっとになりますよね。
観葉植物になるべく負担のかからない時期に植え替えをする為に、なるべく冬は避けましょう。

●適切なサイズの鉢を用意する

先程も少し触れましたが、少し大きなサイズの鉢を用意すると、次の段階までに観葉植物が成長することができます。鉢のサイズにも注意をしましょう。

観葉植物の植え替え方法

育てている観葉植物が植え替えの時期が来て、どんな点に注意して植え替えをしたら良いか、新しい土、適切な季節、適切な鉢のサイズがポイントであることがわかりました。

観葉植物の植え替えともなると、注意点だけではなく、「植え替えの方法」についても考慮しなくてはいけません。ここで、植え替えの正しい方法について触れていきたいと思います。

観葉植物の植え替えの時期

5月から9月がオススメの時期になります。

植え替えの手順

  1. 植え替えの前に、土は乾燥させる必要があります。水やりは1週間程控えてあげましょう。
  2. 鉢から苗を優しくとる。この際、土を全部とるのではなく、1/3位の量をとっていく
  3. 鉢ですが、鉢底の土を入れます。その際、鉢に穴が空いているのであれば、鉢底用のネットを敷いて、土などが落ちないようにしましょう。
  4. 苗を鉢の中心に置きます。土を入れていきます。
  5. 棒などで根の隙間にもしっかりと土が入るこむようにする
  6. 水やりをする

観葉植物の鉢を植え替えた後の管理方法

手元にある観葉植物ですが、「あれ?もしかしたら植え替えの時期かもしれない?」と観葉植物からサインを貰うことがあります。どうやったら観葉植物の植え替えに失敗しないようにすることができるのか、注意点を知りたいって思いますよね。

観葉植物の鉢の植え替えを成功させるには、植え替えをした後のケアも大切

どうしたら、植え替え後も大切に育ててきた観葉植物を枯らせずに済むのか、植え替え後の管理方法についてもここでしっかり学んでいきましょう。

植え替え後はあまり日光が当たらない場所に置いてあげる

観葉植物も植え替えをした後だと、根が土に馴染むのに時間がかかります。その為、育てる側としては、管理を慎重にしなくてはいけないのですが、その方法としては、あまり風が当たらない、そして明るい日陰においてあげましょう。

水やりも土が乾いたタイミングで与えてあげます。肥料は与えずにおきましょう。

観葉植物の植え替えに失敗しない為には、植え替えの時期、鉢のサイズ、適切な土が必要なことがわかったと思います。あなたが大切にしている観葉植物ですが、植え替えに失敗せずに、是非より成長させてあげて下さいね。