観葉植物【造花 】をインテリアとして置くときのポイント

部屋に観葉植物を起きたいけれど、お世話や虫が出るのは嫌という人におすすめなのが造花の観葉植物です。

本物と間違えてしまうくらいクオリティの高い造花の観葉植物がある中、どのように部屋に置いたらインテリアとして映えるのでしょうか。

造花の観葉植物をおくときには、空間のすき間を活かしこのような場所に置くといいでしょう。部屋のインテイリアと合わせる時のポイントやコツを紹介します。ただ、やみくもに置くのではなくオシャレなぽ部屋にはこんな法則があったんですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ガジュマルが枯れる。復活させる方法を枯れる原因別で紹介

観葉植物の中でもガジュマルは丈夫な方とされていますが、お世話の仕方によっては残念ながら枯れてしまうこ...

【観葉植物モンステラ】風水のパワーを効果的にする飾り方

風水では、観葉植物は効果の高いものとされています。 中でもモンステラは特に風水の効果を期待できる植...

サンスベリアスタッキーに新芽が!植え替えや株分けについて

サンスベリアスタッキーという観葉植物をご存知ですか?葉がまっすぐにツンツンと育つ姿がとくちょうてきな...

観葉植物の植え替えのタイミングは?鉢の選び方や植え替え方法

観葉植物をお部屋のインテリアとして置いている人もいますよね。観葉植物を上手に育てるには、状態を見て鉢...

観葉植物を初めて育てる方におすすめの種類と育て方の基本

初めて観葉植物を育てるという場合には、どのような種類が育てやすいのか、その品種の見極めが大切です。育...

観葉植物の鉢カバーで陶器タイプを使う場合のメリットと注意点

観葉植物の鉢はどんなタイプをお使いですか? 鉢カバーを使うことでインテリア性がアップしたり、素...

ガジュマルの根が白いことや白い物の正体と対処法を紹介

幹の部分や根っこの部分に特徴があるガジュマルですが、育てやすいこともあり人気の観葉植物でもあります。...

観葉植物の種類で大型タイプのものと特徴をイメージ別で紹介

お気にいりのインテリアで揃えたリビングに、観葉植物があるといいですね。 大型の観葉植物を置くと...

観葉植物を育てよう。手軽でおすすめ。初心者さんでも安心です

植物には光合成が必要だと習ったことはあるでしょう。 やはり観葉植物は育てるのが難しいと思ってしまい...

観葉植物のガジュマルにつきやすい虫と駆除・予防方法を解説

観葉植物のガジュマルは、初心者でも育てやすく、インテリアとしても人気の高い観葉植物です。 虫が...

観葉植物ユッカの植え替えが必要なタイミングと植え替え方法

観葉植物のユッカは成長が盛んな植物です。今の鉢のままでは窮屈で、元気に育てなくなってしまいそうな時に...

観葉植物をプレゼントする時は迷惑にならないものを選ぼう

お祝いや贈り物として観葉植物をプレゼントする時は、相手の迷惑にならないものを選ぶのがポイントです。 ...

ドラセナが花をつけたらなぜ切るの?花を切る理由とお手入れ方法

幸福の木という別名が有名な観葉植物のドラセナ。数年育てていると花を咲かせることがあります。 な...

観葉植物の水やり方法・旅行で1週間家を空ける時の水やり方法

1週間程度の旅行を計画したとき、自宅で観葉植物を育てている人は、その間の水やりをどうしたらいいのか悩...

観葉植物をインテリアとしてリビングにセンス良く飾る方法

リビングに余計な物を置きたくないという方でも、観葉植物ならお部屋のインテリアになりますし、飾り方によ...

スポンサーリンク

造花の観葉植物をインテリアとして置くなら

部屋に観葉植物を置きたいけれど、手入れにそれ程時間もかけられないので、造花で部屋のインテリアにしたいと考えている女性の方も多く見られると思います。

でもどうせ造花の観葉食物をインテリアとして置くのであれば、インテリアらしく綺麗に置きたいと思いますよね。そこで、造花の観葉植物を部屋に綺麗に飾るコツを紹介していきたいと思います。

造花を飾るポイント

花器と雑貨のどう組み合わせていくかで、綺麗なインテリアが仕上がっていきます。まずは造花に合う花器を選びます。それに加えて、家に「これがあったら良いな」と思えるような雑貨系のアイテムを置くと、初めて造花を購入してインテリアを楽しみたい人にも部屋の雰囲気が変わる、良いコンビネーションになると思います。

部屋の置くタイプ、壁掛けタイプ、吊り下げるタイプとありますが、置き場がない時は壁掛けタイプの物がお勧めになります。インテリアとして人気なのは、吊り下げるタイプになります。あなたの用途に合わせて、選択していって下さいね。

造花の観葉植物をインテリアとして置く時の場所

造花の観葉植物ですが、インテリアとして楽しむ時、置く場所も関係してくると思います。そこで、どこに置くとよりインテリアとして味わうことができ、お部屋も美しくなっていくのか、場所についてみていきたいと思います。

  • 部屋の角
    部屋の角に物がないと、なんだか「寂しい」イメージを与えてしまいます。そこで造花の観葉植物を置いてあげると、「生き生き」としたイメージが部屋に残ります。
  • 窓と窓の間
    お部屋によっては窓が2つ以上あると思いますが、その窓と窓の間が空間だと今まで何もなかった空間が活気が満ち溢れてきます。
  • 壁に
    壁に何もないのでしたら、それはそれで寂しいものですよね。そんな空間に造花の観葉植物を置いてあげると、気持ちが落ち着いてきます。

造花の観葉植物をオシャレなインテリアとして飾りたいなら

造花の観葉植物のインテリアは、置く場所によって部屋に活気や生き生きした雰囲気を与えることができます。

造花の観葉植物は、オシャレなインテリアとして飾りたい、そうやって自分の部屋をもっと魅力あるものにしたい、そんな気持ちで造花の観葉植物の購入を考えている方もいると思います。

そんな方にお勧めなのが、部屋の対照的な場所に同じデザインの造花の観葉植物を置く事です。
「シンメトリー」を意識してみると、あなたの部屋に統一感が生まれて、オシャレなインテリアを楽しむことができます。

また、造花の観葉植物に鉢を購入する場合、もしくは既に持っている時は鉢カバーを使用することで、その部屋の雰囲気を変化させる事も出来ます。

可愛い鉢カバーも良いですが、茶色の鉢カバーはリゾートホテルのような雰囲気を醸し出すことができます。部屋の雰囲気に合う鉢カバーを見つけて見ましょう。

造花の観葉植物はインテリアに合わせやすい

造花の観葉植物ですが、「シンメトリー」に意識すること、また、造花につけるカバーなどでオシャレなインテリアを楽しむことができることを先程はみてきました。

造花の観葉食物ですが、インテリアには合わせやすいので、お部屋をよりオシャレにしたい、インテリアを楽しみたい方には造花の観葉植物はお勧めになってきます。

でも、造花の観葉食物にも様々な種類があると思います。大きなサイズ、小さなサイズがありますよね。サイズによって、置く場所を変えて、お部屋の雰囲気を変えていきましょう。

大きいサイズの観葉植物ですが、床において、それほど背丈がない観葉植物ですが、棚などに置きましょう。

観葉植物の背丈と置く場所を調整することで、部屋の中の「寂しさ」に生き生きさが増していきます。

小さな観葉植物ですが、あまり床などの低い位置に置いておくと、目に届きません。そういった、場合は、視線が届きやすい、化粧棚であったり、台の上に乗せるなどして、目に見える場所に置いていきましょう。

造花の観葉植物のメリット

観葉植物ともなると手間がかかるので、造花の観葉植物を置くことを考えている方々に、どんな場所がいいのか、参考になるアドバイスを何点か紹介してきました。

そんな造花の観葉植物ですが、メリットが存在します。どんなメリットが存在するのか、ここで少し一緒にみてみましょう。

  • 場所を選ぶ必要がない
    インテリアとして楽しむのであれば、本物の観葉植物ともなると、ある程度の場所が限定されてしまうと思います。ですが、造花の観葉植物ともなると、日光に当てる必要がなかったり、温度も関係してきません。そういう点では、造花の観葉植物は簡単に場所の移動もできますし、枯れることを気にする必要がなく、インテリアにもなり、部屋がおしゃれになってきます。
  • 虫の心配がない
    本物の観葉植物を育てるにも楽しみがありますが、ただ、虫を嫌う人にとっては、観葉植物の方が、余計な手間であったり、ストレスを軽減することができます。観葉植物ともなると、「余計なストレスがかからない」メリットがあります。
  • 土や水などで部屋が汚くならない
    本物の観葉植物ともなると、土や水などで管理する必要があるので、部屋や手がよく汚れますよね。その心配が造花の観葉植物だとなくなります。