観葉植物の入った鉢が穴なしの場合の育て方。水やりや鉢カバー

買ったばかりの観葉植物は、黒や緑色のプラスチックの簡単な容器に入っています。
そのまま売られている場合や、水漏れしないように穴なしの鉢に入って販売されている場合があります。
ギフトの場合などはかわいい鉢に入っているのも見かけますね。

観葉植物を育てた経験があまりない場合は、このままでいいの?と悩んでしまうことでしょう。

穴なしの鉢と穴ありの鉢の違いについて紹介します。
穴なしの鉢で育てる場合に心配なのが水やりの問題です。

鉢の下に残った水はどうなる?どうしたらいい?などの疑問にお答えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物の育て方の基本、幸福の木を元気に育てる環境の作り方

幸福の木という観葉植物がありますが、見た目の通り原産は熱帯地域の植物です。 ドラセナ属に分類されま...

観葉植物で風水からみる寝室に置きたい物とその効果

観葉植物はインテリアや癒やしの効果だけではなく、風水を気にして飾ったり置いたりしている方もいます。 ...

失敗しないユッカ(観葉植物) の剪定方法と挿し木の仕方について

観葉植物のユッカは青年の木とも呼ばれ、育てやすいという特徴から、おうちのインテリアとして室内に置いて...

観葉植物ドラセナを挿し木で増やす方法と失敗しないためのコツ

観葉植物のドラセナは鮮やかな葉の色がきれいな人気の植物です。今、育てているドラセナを増やしてみたいと...

観葉植物の水やり過ぎは根腐れの原因に!早めにできる対処法

観葉植物を初めて育てるという方は、水枯れを心配して、土が乾く前に水やりをしてしまうという方も多いと思...

ガジュマルの挿し木の方法!詳しい手順と挿し木後の楽しみ方

観葉植物としても人気の高いガジュマル。挿し木という方法で増やすこともできます。ガジュマルを剪定して出...

フィカス・アルテシマの育て方、枯れずにイキイキ育てる方法

観葉植物のフィカス・アルテシマをインテリアとして置く場合、育て方を間違えてしまうと葉が全て落ちて丸裸...

庭のフェニックス、観葉植物が枯れる理由と越冬方法について

庭に観葉植物のフェニックスをシンボルツリーとして、植えている方を見かけます。青々と葉を広げ南国の雰囲...

観葉植物をインテリアとしてリビングにセンス良く飾る方法

リビングに余計な物を置きたくないという方でも、観葉植物ならお部屋のインテリアになりますし、飾り方によ...

ベンジャミンの観葉植物の剪定方法や注意点、枯れた場合の対処法

観葉植物の中でも人気が高いベンジャミンですが、ベンジャミンは剪定をすることで美しさを保つことができま...

ストレリチアとオーガスタの違いは?見分け方をご紹介

ストレリチアとオーガスタは見た目がそっくりで、どちらなのか見分けがつかず困ってしまいます。 し...

観葉植物を置いて風水運を玄関から呼び込もう。おすすめを紹介

風水のことを考えて観葉植物を飾る方も多いと思います。 リビングに飾るだけではなく、風水を意識し...

観葉植物パキラの剪定のやり方とわかりやすいタイミングについて

初心者さんでも育てるのが簡単といわれている観葉植物のパキラ。 すくすくと成長が早いので、枝が伸...

ストックの花の切り戻し方法と育てる上での注意点について解説

秋まき一年草として知られるストック。たくさん花が咲いて枯れてしまうとさみしく感じてしまいますが、切り...

観葉植物を置きたいけれどフェイクと本物のどちらかで悩んだら

部屋の中にグリーンがあるとオシャレだし落ち着きを感じますね。 観葉植物を置きたくてもお手入れが...

スポンサーリンク

観葉植物を穴なしの鉢で育てことはできる?

観葉植物を貰ったりしても、鉢に穴がない時もあると思います。折角頂いた観葉植物や手元にある観葉植物の鉢に穴がないとなると、どう使うべきか疑問に思いますよね。

鉢に穴がない観葉植物を、そのまま育てることができるのか、その質問に答えていきたいと思います。

鉢に穴がないタイプの鉢は、鉢カバーとして使います。

そして、穴のない鉢でも観葉植物は育つかという質問ですが、穴は根が呼吸したリ、水を排出する上でも、重要な働きをしています。その為、観葉植物を成長させたいのであれば、鉢には穴が空いていることが条件となってきます。

鉢に穴のない容器で観葉植物を育てるともなると、ハイドロカルチャーという底穴が空いていない容器を使用することができます。どうしても観葉植物を穴なしの容器で育てたいのでありましたが、ハイドロカルチャーを利用してみてはいかがでしょうか。

観葉植物を穴なしの鉢で育てる場合の水やりの方法

手元の観葉植物に穴なしの鉢がある場合ですが、水やりの方法をみていきたいと思います。

あなたの手元にある観葉植物ですが、鉢に穴が空いてない場合でも水やりをする事は可能になってきます。

ですがその場合に関しても、鉢に入っている苗を一度取り出して水場などで水をあげ、そして鉢に戻すという方法をとった方が良いと思います。

上記のような方法をとって、1年間位は穴がない鉢で苗を育てることは可能になります。水やりをする度に、苗を鉢から取り出さなくてはいけない手間はありますが、引き続き観葉植物を育てていくことは可能です。

また、どのくらいの水の量を観葉植物に与えなくてはいけないかというと、土から水があふれるまで十分に与えていきます。そして、余分な水分は捨てていきます。いつも土がジメジメしている状態ですが、観葉植物にとっても負担になってしまい、枯れてしまう原因になってしまいます。日頃から少量の水を与えるのはやめて、あくまでも土が乾いている状態の時に、底穴から水が流れ出る程度の水を上げていきましょう。

鉢に穴なしの鉢カバーに入った観葉植物は屋内向け

観葉植物が家にあったとしても、鉢に穴がないと、「これって育てられるのかな?」と不安に思ってしまうこともあると思います。

そういった状態の観葉植物ですが、屋内向けで育てることができる観葉植物になってきます。

穴がない鉢のメリット

観葉植物が枯れた時に差し替えの手間が簡単になってきます。

また、長期的に家を離れる時は鉢に入った鉢カバーを使用していると、水を溜めておき観葉植物が枯れさせないといったことができます。

持ち運びが楽になることも鉢カバーのメリットになっています。移動させる時の、手間が省けますよね。

ただ、常時水を溜めて置くことはやはり根腐れの問題が出てきてしまいます。ですので、水やりをする度に水の量について、配慮が必要になってきます。また、観葉植物へのストレスも気にしなくていけないので、メリットもありますがデメリットもあります。

観葉植物は買ったままの状態でも良い?オシャレな鉢にしてみませんか

観葉植物を購入するとそのままの状態にしておいて、放って置かれる方もいると思います。そのような状態でも良いかもしれませんが、もっとオシャレにするにはオシャレな鉢にいれるのもオススメになってきます。

「そのままの状態にしておいても大丈夫なんでしょ?」と思いますが、実はそうでもありません。観葉植物も生きているものですから、そのままにしておくことはせずに、オシャレな鉢に入れ替えてあげて、その観葉植物が持つ飾りといいますか、本来持っている自然の力を引き出してあげると良いと思います。また、鉢に植え替えをすると、成長しやすくなりますので観葉植物を成長させてあげたい時は、鉢に植え替えてあげた方が良いと思います。

それぞれの観葉植物に合う鉢が存在します。その鉢を選んで移し替えてあげることも、観葉植物を管理する上で大切なことになってくると思います。

お店にいけばあなたの観葉植物であったり、家具に合う鉢は色々ありますから、その中からベストなものを選んでよりお部屋をオシャレにしてあげると良いと思います。

折角手元にある観葉植物、本来の生き生きさをめいいっぱい発揮してもらう為にも、鉢に入れ替えてあげましょう。

観葉植物にオススメな鉢カバーを紹介します

観葉植物を穴なしの鉢を利用しても、とりあえずは育成が可能であること、また、ハイドロカルチャーという方法で育ててみたり、オシャレな鉢に移し替えてあげることもそれぞれの鉢が持っている生き生きさをより引き出せることがわかりました。

そんな鉢カバーですが、オススメなものがあります。オススメなものを紹介していきますので、どんなものがあなたの観葉植物にマッチしていくのか、ぜひ考慮してみて下さい。

  • 陶器製
    陶器製の鉢カバーですが、良い点は大抵はどんなインテリアにも合うので、自分が持っている観葉植物にどんな鉢カバーが合うのかどうかわからない、そう感じる人には、陶器製がオススメになってきます。色んな種類の陶器製の鉢カバーがあるので、選択肢も沢山あります。
    陶器製のメリットは、耐水性に優れています。ただ、デメリットも存在していて、根腐れをしやすいので、水やりの際には、根腐れをしないように注意して下さい。
  • 樹脂製
    特徴としては、陶器製同様、バリエーションが豊富な所にあります。軽いので、色んな所に運べるのもメリットですよね。値段も安いので、気軽に始められる鉢カバーになってきます。
    樹脂製も根腐れしやすいので、水やりの際は、溜まった水を排除することが大切になってきます。