観葉植物の水やり過ぎは根腐れの原因に!早めにできる対処法

観葉植物を初めて育てるという方は、水枯れを心配して、土が乾く前に水やりをしてしまうという方も多いと思います。
水やりは元気な観葉植物を育てる上で基本のお世話です。

しかし、水やり過ぎになると根腐れという状態になってしまうことがあります。
根腐れの症状や対処法についてご紹介します。

水やりは適したタイミングで適した量を与えることが大切です。
知っているようで知らない水やりの基本をおさらいしてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物の育て方のポイント。幸せの木を育てる時に注意すること

「幸せの木」と呼ばれる観葉植物はインテリアとしても人気がありますが、新築祝いや開店祝いにも定番の贈り...

モンステラの株分け方法!実際の手順と注意点・育て方を解説

インテリアとしても人気の高い観葉植物のモンステラは、株分けをすることで増やすことができます。ですが、...

室内の植木の土にカビが発生!原因と対処法を知って上手に栽培

室内で育てている植木の土にカビが発生してしまうと、そのカビをそのまま放置しても良いのか、それとも取り...

ホヤを増やして楽しもう!植物の増やし方とホヤの管理方法

植物のホヤを育てている人の中には、ホヤを増やして楽しみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。...

観葉植物の虫の正体は?白いコナカイガラムシの駆除・予防方法

観葉植物を見ると、白い綿のような虫を発見!それは、「コナカイガラムシ」という害虫の可能性があります。...

観葉植物と風水の関係。リビングに置きたい種類とその効果とは

観葉植物との関係も深い「風水」は気になりますね。 リビングに置きたい観葉植物。せっかく置くなら...

観葉植物「幸福の木」の葉が茶色になる原因と正しい対処法

プレゼントとしてもらった観葉植物の幸福の木(マッサンゲアナ)。比較的育てやすいと聞いたものの、葉が茶...

エアプランツの飾り方。トイレに飾る時の注意点と工夫について

トイレのインテリアに観葉植物をあしらってみませんか? 殺風景なトイレは、お掃除がしやすく清潔感...

フィカス・アルテシマの育て方、枯れずにイキイキ育てる方法

観葉植物のフィカス・アルテシマをインテリアとして置く場合、育て方を間違えてしまうと葉が全て落ちて丸裸...

観葉植物は室内の日陰でも育つ、日陰が好きで育てやすいオススメ

観葉植物といえば、常に日光が当たっていないと育たないと思っていませんか? 観葉植物の中には日の光が...

ストックの花の切り戻し方法と育てる上での注意点について解説

秋まき一年草として知られるストック。たくさん花が咲いて枯れてしまうとさみしく感じてしまいますが、切り...

観葉植物のポニーテールの植え替え方法と育て方について

観葉植物のポニーテールはどんなタイミングで植え替えをしたらいいのでしょうか? 鉢にサイズが合っ...

エアプランツの育て方。ウスネオイデスはおしゃれ女性に人気

エアプランツの中でも「ウスネオイデス」という種類は、葉っぱがふわふわしているのが魅力で素敵ですね。 ...

パキラの編み込みが枯れるのはなぜ?枯れる原因と対処法

観葉植物のパキラの中には、茎が編み込みされているおしゃれなパキラもありますが、気付くと根が枯れること...

エアプランツのおしゃれで可愛い飾り方!百均を使ったアイデア

土を使わなくても育てられるエアプランツは、おしゃれなインテリアとしても人気です。飾り方もいろいろな方...

スポンサーリンク

観葉植物の水やり過ぎが気になる時の対処

観葉植物を実際に育てている人にとって、ドラマとか雑誌でみて「観葉植物を育ててみよう」と思っていた時と違って、「水やり」が思ってる以上に面倒というか、「これだけあげると逆に根が腐っちゃうの?」って感じる瞬間もあると思います。

自分では「この位の頻度で水やりをしてれば」と思っても、水やり過ぎで、観葉植物が枯れてしまう。そんな時ですが、どんな対処をしたら良いのか、ここで気になる対処をみていきたいと思います。

まず、観葉植物を枯らさない程度に水やりをする必要がありますよね。でも、それがどんなタイミングで水やりをしたら良いのか。そのタイミングが微妙だと思います。

その質問に対する答え、観葉植物に水をやるタイミングですが、外の天気が良い時に、外で十分に与えて、1時間ほど水を切って、鉢底から水が出なくなったら屋内に戻すと良いと思います。

ここでのポイントは、ちゃんと水切りをすることです。水が根にありすぎると、根が腐ってしまいます。根が腐ってしまうと、観葉植物はどうしても枯れてしまいますし、病気にもかかりやすくなってしまいます。

また、水やりをする時の水の量に関してですが、鉢底かの穴から水がもれる位の量を与えて下さい。理由は、土全体に水分を与える為です。

観葉植物の水やりの基本。乾いた土の見分け方

観葉植物を育てていて、水やり過ぎの時の対処ですが、水切りをすること、また、土全体に水分を与える必要があることについて上記では触れてきました。

あなたが大切にしている観葉植物ですが、水やり過ぎで枯らせたくないですよね。その為にも、ここでは、観葉植物の水やりの基本について学んでいきたいと思います。乾いた土の見分け方についてもみていきましょう。

観葉植物の水やりですが、「土が乾いてから与える」のが基本になっています。

でも、初心者にとっては、「どの程度で土が乾いているのかどうかわかるの?」って疑問に思いますよね。

実際、土の表面が乾いていても、土の中は湿気がありますから、その状態で水を与えてしまうと、根が腐る恐れが出てきます。

では、どのタイミングが正しいタイミングなのか。その答えとなるのが、土の色になります。

土の色が白っぽい茶色になったら、乾燥しているサインになります。

水やりをしたとしても、まだ白っぽい茶色になっているとしたら、それはまだ水が十分に足りていない印になります。ただ、ここで注意したいのは、エアコンなど、環境で乾燥しやすい状態になっていますので、本当に土の中が乾燥しているかどうかは、割り箸を土の中に指して確かめてみましょう。空気が乾燥している状態だと、土の表面は乾いていても、土の中はまだ湿っている状態にあります。

観葉植物に水やり過ぎは根腐れの原因に!根腐れの症状とは

観葉植物の水やりすぎに気をつけるには、土の色に気をつけると良いことが上記の説明で理解ができたと思います。

何度か触れてきてはいますが、観葉植物に水をやりすぎると、根が腐ってしまう原因になってしまいます。ここでは、根腐れの症状がどんな症状なのかをみていきたいと思います。

根腐れというのは、一種の病気の一つになってきます。そして、その根腐れというのがどんな症状かといいますと、根の当たりから嫌な匂いが滞っていたり、植物に元気がなかったり、枝や葉っぱの色が変わる、茎などが柔らかくなることがあげられます。

この根腐れですが、やはり、水をやりすぎたり、観葉植物を置いている環境が悪かったり、栄養剤を入れすぎたりしていることが原因として考えられています。

そのため、水やりや栄養剤を必要以上に与えてしまうと、返って観葉植物にとっては病気になりやすい状況を作り出してしまうんですね。その為、水やりと栄養剤の量に関しては、やりすぎないよう、配慮が必要になってきます。

プラスの要素として、観葉植物が元気になるには、日光も大切になってきます。あなたの手元にある観葉植物が日光で生き生きとなる観葉植物えしたら、日向につれていって、元気の元になるものを、十分に元気を与えてあげて下さいね。

水やり過ぎで根腐れを起こしてしまった時の対処法

水やりであったり、栄養剤をやりすぎてしまうと、観葉植物を枯らす原因になってしまうこと、また、どういった状態になると観葉植物が病気であるのかについて先程は触れてきました。

観葉植物を飼っていると、気をつけているつもりでも、水やりすぎで根腐れを起こしてしまう時もありますよね。そういった場合ですが、どんな対処法をしていけば良いのか、解決策をここで提案していきたいと思います。

そんな時ですが、植え替えをして、苗の状態を整える必要があります。その時ですが、変に肥料を与えないで下さい。肥料焼けをする恐れがあります。

観葉植物に水やり過ぎの対処法

  • 根についた土を落とす。
  • 色が変わった根をハサミで切る
  • 葉、茎、根、とバランスを整えながら切っていく
  • 土を植物が好む状態にする
  • 水はやらずに、日蔭で新しい芽が出るのを待つ

水のやりすぎはやはり根腐れを引き落としてしまいますから、水の量には十分気をつけましょう。また、土で水はけを調整することもできます。植物の状況に合わせて、混ぜる土に関しても考慮してみましょう。

季節でいうと、春から秋のような、「成長期」ですと、まだ復活する可能性があります。逆に冬のような休まなくてはいけない時期に根腐れともなると、致命的になってしまうので、休息しなくてはいけない時期の水やりや肥料の量に関しては、やりすぎないように気をつけましょう。

根腐れ防止に効果的なもの

観葉植物を育てていると、水やり過ぎで根を腐らせてしまうのが、悩みになっていきますよね。でも、実際に枯らせてしまった場合ですが、どう対応したら良いのか、その対応方法について上記では把握してきました。

観葉植物を枯らせる原因である根腐れですが、防止することはできるのでしょうか。また、できるとしたら、どんなものが考えられるのでしょうか。

  • 悪い土はなるべく使わない
  • 観葉植物が好む土を使う
  • 水やりの回数、風通しの良さに注意する
  • 防止剤を使う(珪酸塩白土、ゼオライト)
  • 水やりや肥料の与えすぎに注意する

防止剤についてですが、土の質を向上させ、根腐れをさせないようにします。土の質を改善させたい場合には利用することもオススメします。

ただ、根腐れの原因ともなるのは、やはり水のやりすぎであったり、肥料のやりすぎにあります。あなたの観葉植物を日々十分観察し、異変に気づいたら、すぐ対処して行きましょう。

後は、対処法としては、腐った根はハサミなどで切ること、葉っぱや茎も適度に切る必要があります。

それぞれの観葉植物に合った土や肥料を使うことも観葉植物を枯らせない為に必要な知識になってきますよね。