観葉植物のフェイクで人気の種類と飾り方と効果を発揮する大きさ

リビングなどの空間にグリーンがあると落ち着きますし、おしゃれ感も味わえますね。

ですが観葉植物は水やりや植え替えなどの作業が大変だし、育てる知識もないと思うのは私だけでは無いはずです。

以前は人工の観葉植物や造花を飾ったこともありますが、最近インテリアコーナーなどでよく見かけるのがフェイクの観葉植物の光触媒というもの。

フェイクとは思えない、本物かとつい触ってしまうくらいの見栄えですが驚きの効果があるといいます。
まずはその数々の効果について紹介します。

そんなフェイクの観葉植物で人気の種類や、壁掛けタイプや吊るすタイプなど飾り方もご覧ください。

せっかくの効果を出すためにも置く場所のスペースを考えると良さそうです。
選び方も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物の土でおすすめな専用タイプの土と配合の仕方について

室内に観葉植物を置く場合に気になるのが、土と土につく虫ではないでしょうka. 私も最初は何でも...

観葉植物をプレゼントする時は迷惑にならないものを選ぼう

お祝いや贈り物として観葉植物をプレゼントする時は、相手の迷惑にならないものを選ぶのがポイントです。 ...

観葉植物の水やりが心配な旅行中。この方法で旅行中も安心

観葉植物を飾ったり色々なところに置いたりするのが好きな方は、何鉢も観葉植物があると思いますが、心配な...

アガベ・アテナータの挿し木の方法育て方を紹介します

インテリアとしても人気の観葉植物、アガベアテナータを挿し木するときにはどんなことに気をつけたらいいの...

観葉植物の水やりの頻度に決まりは無い。水やりのタイミングとは

観葉植物を枯らしてしまうことの原因に水やりがあります。 友人宅の観葉植物はよく枯れているので聞...

ストレリチアとオーガスタの違いは?見分け方をご紹介

ストレリチアとオーガスタは見た目がそっくりで、どちらなのか見分けがつかず困ってしまいます。 し...

【観葉植物の育て方】ユッカの水やり、日当たり、肥料や植替え方法

観葉植物の中でも人気が高いのが「ユッカ(青年の木)」です。これから自宅に置こうと考えている人もいます...

観葉植物の水やりに基本の道具と留守中でも困らないアイテム

観葉植物を育てるのにまず必要なものは、水やりに使う道具ですよね。 ジョウロはあるから大丈夫と思...

ひまわりの花粉の落とし方!家庭でできる方法や注意点を紹介

ひまわりの花粉がうっかり服についてしまったときは、落とし方に注意しなければなりません。 うっかり安...

エアプランツの飾り方。トイレに飾る時の注意点と工夫について

トイレのインテリアに観葉植物をあしらってみませんか? 殺風景なトイレは、お掃除がしやすく清潔感...

観葉植物の植え替え方法!鉢の大きさと植え替えて順・注意点

観葉植物を育てているとき、鉢を大きくして植え替えを行う必要があります。ですが、度のタイミングで植え替...

観葉植物の室内での冬越しのポイント。温度や保温や水の管理

観葉植物のほとんどは温かい気候の植物なので、寒さにあまり強くはありません。 夏の時期と同じ育て方で...

観葉植物を室内で飾る場合は鉢選びも重要。インテリアに合った鉢

観葉植物が室内にあると、おしゃれだったり癒やしの空間になりますね。 またインテリアにマッチした...

観葉植物パキラの剪定のやり方とわかりやすいタイミングについて

初心者さんでも育てるのが簡単といわれている観葉植物のパキラ。 すくすくと成長が早いので、枝が伸...

観葉植物のフェイクには消臭効果がある物も。その効果とは

部屋にグリーンを置きたいと思っても世話が大変だったり、育て方がよくわからないという方に人気なのがフェ...

スポンサーリンク

観葉植物のフェイクが人気なワケとその効果

巷ではフェイクの観葉植物が人気になってきていると耳にしますが、なぜ本物の観葉植物とは違って、フェイクの観葉植物が人気となってきているのか、その訳と効果について、ここで探ってみたいと思います。

フェイクの観葉植物は本物の観葉植物の機能を追加したもの、付加したものが存在します。

その本物の機能が追加されているものが光触媒観葉植物とよばれるものなので、太陽など、光を発生しているものにふれると、化学反応を起こします。

中でも、光に当たると、空気の中にある有害なものを分解する機能のある光触媒観葉植物もあります。

そんな空気中にある有害分質を分解することができる光触媒観葉植物ですが、具体的などんな空気中にある有害な部室を分解しだすかというと、ウイルス、ペットがタバコの匂い、また、カビに対しても働くようです。まるで本物の観葉植物と同じような働きを光触媒観葉植物もしてくれるんですね。

日常生活の中で、私達が気にしている嫌な匂いに働いてくれることがわかりますよね。

フェイクの観葉植物でも、こんな風にして空気を綺麗にしてくれる機能が追加されてきています。

本物の観葉植物を飼うことに比べたらだいぶ手間が省ける、プラス、私達の生活の中の環境も整えてくれますね。

だからこそ、人工の観葉植物も本物の観葉植物に負けず劣らずに人気が出てきているのだと思います。

本物みたいなフェイクの観葉植物で人気の種類を紹介

フェイクの観葉植物が人気な理由はフェイクの観葉植物であっても、空気中にある有害なものを分解してくれる、空気清浄機のような機能が追加されていることも、その人気の要因なのではないか、そんな点について説明してきました。

そんなフェイクの観葉植物ですが、どんなものが人気でオススメになってくるのか、ここでは、人気の種類を紹介していきたいと思います。購入の際に参考にしてみて下さい。

  • パキラ背丈も高く、部屋の雰囲気も南国のような雰囲気に変えてくれそうなパキラ色んな場所にも置かれているパキラです。フェイクでも人気ですが、本物のパキラも人気なようです。
  • ユッカ医療機関で人気をしめているユッカ。お祝い用としても利用されているようです。色んな場所で活躍してくれそうですね。
  • ウンベラータ葉っぱがハート型なのが特徴です。本物のウンバレータですが、冬に弱い為、人工の観葉植物が人気になってきたようです。
  • ベンジャミン葉っぱが沢山あり、見ているだけで元気にさせてくれそうなベンジャミンです。色んな場所でインテリアとして使われています。本物と区別がつかない位、人工の観葉植物もリアルさを出しています。

フェイクの観葉植物の飾り方は色々。人気のタイプや飾り方

フェイクの観葉植物の中でも、どんな種類のものが人気を保っているのか、上記では、4つのフェイク観葉植物を紹介してきました。

そんな空気中の有害分質を分解してくれて、インテリアとしても一役買ってくれるフェイクの観葉植物ですが、飾り方は様々になってきます。そこで、どんなタイプが人気であり、どんな飾り方が良いのか、ここで紹介していきたいと思います。

飾り方で人気が高いのは、ハンギングボールタイプ、壁掛けタイプ、寄せ植えタイプ人気になってきます。

それぞれについて簡単に説明していきます。あなたの部屋にはどの飾り方がマッチするでしょうか。

  • ハンギングボールタイプ:天井からオシャレな紐を使ってフェイクの観葉植物を飾るタイプになります。単純に部屋の隅に観葉植物を置くのもよいですが、天井から吊るすのも、また部屋に良い雰囲気を与えていきます。
  • 壁掛けタイプ:壁に台を作ってその上に置いてもよいですし、壁にピタっとフッ付けることができる鉢のようなものを購入して壁に飾ってもまた部屋の雰囲気が変わります。
  • 寄せ植えタイプ:一つの鉢に複数のフェイクの観葉植物を植えてみましょう。背の小さいものと大きいものを混ぜて植えてみるのも良いコンビネーションになります。色も違うものを寄せ集めてみると、また違った雰囲気を醸し出すインテリアになってきますよね。

フェイクの観葉植物が人気なのはお手入れが簡単なところ

フェイクの観葉植物ですが、人気の飾り方について、3つのタイプを上記では紹介してきました。

本物の観葉植物と違って、フェイクの観葉植物が人気なのは、お手入れの頻度が低いこともあると思います。フェイクの観葉植物はそれほどお手入れが必要ではないので、簡単で生活の中でも負担にはあまりならない、そんな点が人気になっているのだと思います。

そんなフェイクの観葉植物ですが、少しはお世話をしてあげる必要があります。具体的にどんなお世話になるかというと、葉っぱにホコリがついた場合は、乾いた布で拭いたり、また、先程紹介した、光触媒の効果を保ちたいのであれば、それ用のスプレーを吹き付けてあげると、効果を保つことができます。

また、フェイクの観葉植物であっても、葉っぱを広げてホコリをとったり、清潔感を保つ必要があります。大きい葉であれば、茎の部分をしっかり持って、大きい葉がしっかりたつように整えてあげることも必要になってきます。それは、細長い葉でも一緒になってきます。下から順々に葉が伸びている方向に、細長い葉の形の方向を整えてあげましょう。小さい葉の場合も、葉が整っていないな、と感じたらその部分を整えて、全体のバランスをみていきましょう。

上記のようなことがフェイクの観葉植物のお手入れになってきます。でも、本物の観葉植物を育てるともなると、やっぱりフェイクの方が手間はかからないことがわかりますよね。

観葉植物を置く時は、サイズにあわせて選んで

フェイクの観葉植物は本物の観葉植物と違って、ホコリがあったら葉っぱを乾いた布で拭いて上げることであったり、光触媒の効果をキープするスプレーを年に1回ほどスプレーしてあげる、そんな簡単なお手入れしか必要ではないことについて上記では触れてきました。

「じゃ、フェイクの観葉植物を早速買ってみよう」そんな風に思われるかもしれませんが、購入の前に少し考えて欲しいことがあります。

フェイクの観葉植物を購入する時には、サイズを選ぶ必要が出てきます。

トイレのように狭い空間であれば、背丈は20センチくらいのもの、また、部屋に置くとしても、3畳で50センチくらいのサイズが調度よくなってきます。6畳であれば、100-120センチのもの、リビングなどより広い場所になると、170センチと考えれば良いと思います。

あなたが置きたい場所のサイズに応じて、適切なサイズのフェイクの観葉植物を購入してくださいね。

また、葉っぱの枚数が多ければ多いほど、空気の正常化の効果が高いことも事実です。

その為、「葉っぱが多い方がいいかな」と思うと思います。ですが、その分葉っぱを綺麗にしなくてはいけないデメリットも存在しますし、細かな葉は掃除が少し大変になると思います。購入の際は、そのサイズ、葉っぱの枚数、掃除の点をよく考慮した上で購入されると良いと思います。

フェイクの観葉植物ともなると、本当の観葉植物からみたらそれ程お手入れの必要はないと思いますが、葉にホコリがないかどうかチェックして、あるのなら拭き取るというような、お掃除の面も考慮する必要が出てきますから、自分に合う観葉植物はどんなものが良いのかじっくり考えて選ぶようにしてみてくださいね。