観葉植物の植え替えを冬にやってはいけないワケ。適した時期とは

すくすくと育った観葉植物。何年も経つと大きくなったと成長を感じることでしょう。

我が家の観葉植物もここ数年で天井につきそうな勢いで育っています。

観葉植物の大きさに対して鉢が小さそうとそろそろ植え替えの時期を感じますが、植え替えはいつでも良いのかと思っていました。

実は植え替えに適した時期という期間がありました。

その時期と、冬に植え替えしてはいけない理由について紹介します。

鉢が小さいと感じることの他にも植え替えの時期を知る方法があります。

これから冬の季節を迎えるのなら観葉植物の植え替えは時期を待ちましょう。

植え替えの際に気を付けたいポイントや、手順についても確認しておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物が植え替え後に元気ない時の原因と対処法とその後のケア

観葉植物の植え替え後に「元気ないな」と感じていませんか。 植え替えをした後に観葉植物の元気がな...

観葉植物の育て方【サンスベリア】枯れる原因と対処法を解説

育てている観葉植物のサンスベリアが枯れる事に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。 サ...

観葉植物のフェイクをおしゃれに!部屋に置く時のポイント

観葉植物を置きたいけれど、お世話が大変なのはちょっと・・以前観葉植物を育てていたけれど枯らしてしまっ...

フィカス・ウンベラータの剪定方法と注意点。挿し木の方法も

室内のインテリアグリーンとして人気の観葉植物、フィカス・ウンベラータ。 剪定しないで放っておくとぐ...

観葉植物の水やりで冬の季節に注意したい事。回数や時間や温度

温かい時はあまり気にならなかった観葉植物の水やりも、冬の時期になり気温や室温が下がってくるとどうした...

ポトスタワーの作り方。植え替えのコツや支柱の上手な使い方

観葉植物のポトスは丈夫な植物で、室内のインテリアとしても人気です。成長が盛んで、どんどんと成長してい...

観葉植物ユッカの植え替えが必要なタイミングと植え替え方法

観葉植物のユッカは成長が盛んな植物です。今の鉢のままでは窮屈で、元気に育てなくなってしまいそうな時に...

観葉植物と風水の関係。リビングに置きたい種類とその効果とは

観葉植物との関係も深い「風水」は気になりますね。 リビングに置きたい観葉植物。せっかく置くなら...

観葉植物の水やりに基本の道具と留守中でも困らないアイテム

観葉植物を育てるのにまず必要なものは、水やりに使う道具ですよね。 ジョウロはあるから大丈夫と思...

ストレリチアとオーガスタの違いは?見分け方をご紹介

ストレリチアとオーガスタは見た目がそっくりで、どちらなのか見分けがつかず困ってしまいます。 し...

観葉植物の育て方。水やり一つで左右される観葉植物の運命

観葉植物を枯れさせてしまう原因の一つに水やり問題があります。育て方に問題があるのでしょうか。 ...

ガジュマルの根が白いことや白い物の正体と対処法を紹介

幹の部分や根っこの部分に特徴があるガジュマルですが、育てやすいこともあり人気の観葉植物でもあります。...

【ポトス】観葉植物の育て方!好む環境や水やり・基本の栽培方法

観葉植物の中でも人気が高いポトス。家に観葉植物を置きたいと考えている人の中には、ポトスを置くことを検...

ポトスの育て方【冬越し】気をつけたいポイントや注意点を紹介

ポトスの育て方は簡単なので初心者でもおすすめな観葉植物です。冬でもポイントを抑えることができれば室内...

ガジュマルの挿し木の方法!詳しい手順と挿し木後の楽しみ方

観葉植物としても人気の高いガジュマル。挿し木という方法で増やすこともできます。ガジュマルを剪定して出...

スポンサーリンク

観葉植物の植え替え冬にしたら起こるリスクとは

育てている観葉植物は上手に育つと大きくなり、植え替えが必要になります。

植え替えの時期について

季節が「冬」の場合、植え替えをしても良い時期なのか、それとももう少し待った方が良いのか悩みますよね。
基本的に観葉植物の植え替えは、冬は避けた方が良いと思います。
理由としては、多くの観葉植物は冬が苦手で成長をお休みする時期ですので、植え替えは観葉植物に負担が生じてしまうからです。

好ましい植え替えの時期は、春または秋です。

寒い冬に行うよりも、春に桜が咲く頃に行う方が観葉植物に負担を掛けずに済むでしょう。仮に冬に植え替えをしてしまうと、観葉植物が枯れてしまう可能性があります。

そのため、植替えの時期は大切です。あなたの大切な観葉植物を枯れさせないようにしましょう。

観葉植物の植え替えに適した時期。冬は避けて

植え替えに好ましい時期は5-9月です。それ以外の時期ですと、観葉植物に負担がかかり枯れる可能性があります。

ですので、冬には観葉植物の植え替えをせずに、適した時期に行っていきましょう。

また、植え替えをする際には、それぞれの観葉植物に適した土を選ぶこと(ゴールデン培養土 観葉植物用など)、また、鉢のサイズも一回り大きなサイズを選ぶことが植え替えの際に失敗しないポイントになってきます。

季節だけではなく、土や鉢選びも観葉植物を元気に成長させるポイントとなってきます。気をつけて下さいね。

観葉植物の植え替えのサインとは

観葉植物の植え替えはどんな状態の時に行うべきか見ていきます。

  • 観葉植物を育てていて2年以上の時が経過している
  • 鉢と観葉植物のバランスが悪くなってきている
  • 水を与えても、すぐ土が乾燥してしまう
  • 鉢の底から根が出てきてしまっている
  • 観葉植物の下の葉が黄色くなってきている

上記のような状態が一つでもあなたの観葉植物に当てはまるのであれば、植え替えのサインである可能性があります。特に、2年以上経過している場合は、植え替えのサインである可能性が高いので、適切な時期に植え替えをしていきましょう。

観葉植物の植え替えの仕方

観葉植物の植え替えの仕方について紹介していきたいと思います。

  1. 植替えをする前は、水やりを1週間程控える
  2. 土が白っぽくなったら、観葉植物を鉢から抜き取る
  3. 観葉植物の根についている土をとる
  4. 根が傷んでいる場合は、その部分をハサミで切り落とす
  5. 葉も茂っているのなら、数枚取る
  6. 鉢にネットを敷いて、鉢底石を入れていきます
  7. 鉢底石の上に土を入れていきます
  8. 根を入れていきます。根の隙間に土を入れていきます。
  9. しっかりと土を入れて固定する
  10. 水をやる

上記の方法を参考にして観葉植物の植え替えをしていって下さい。

植え替えは冬にしない。その他の注意点について

植替えをするのなら、古い土は使用しない

使用済みの土ですが、本来のパワーがありません。その為、新しい土を必ず使用して下さい。

鉢のサイズも最適なものを

上記でも少し触れましたが、鉢のサイズは一回り大きなものを使用していきまよう。大きすぎてもダメなので、調度良いサイズ、一回りくらい大きなものを使用していきましょう。

肥料について

すぐに肥料を与えるのではなく、2周間から1ヶ月は様子をみてみましょう。この時期はさほど肥料の力を必要とする時期ではありませんので、肥料はなるべく控えましょう。「植替えをしているのだから肥料を与えよう」ではなく、適切な時期がきたら、与えましょう。