観葉植物の植え替えを冬にやってはいけないワケ。適した時期とは

すくすくと育った観葉植物。何年も経つと大きくなったと成長を感じることでしょう。

我が家の観葉植物もここ数年で天井につきそうな勢いで育っています。

観葉植物の大きさに対して鉢が小さそうとそろそろ植え替えの時期を感じますが、植え替えはいつでも良いのかと思っていました。

実は植え替えに適した時期という期間がありました。

その時期と、冬に植え替えしてはいけない理由について紹介します。

鉢が小さいと感じることの他にも植え替えの時期を知る方法があります。

これから冬の季節を迎えるのなら観葉植物の植え替えは時期を待ちましょう。

植え替えの際に気を付けたいポイントや、手順についても確認しておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物を鉢カバーしている時の水やりの方法について

観葉植物を鉢カバーでおめかししている時の、正しい水やりの仕方について、ご紹介いたします。 ちな...

観葉植物の育てやすい種類。日陰でも大丈夫!家中に置いてOK

日当たりが良くないからと、観葉植物を置くことを諦めてはいませんか? 実は日陰でも元気に育ってくれる...

観葉植物「セローム」の植え替え方法と植え替え後のケアについて

観葉植物のセロームを植え替えするときにはどのように行えばいいのでしょうか? 元気のない観葉植物...

エアプランツの飾り方。壁に飾るだけでおしゃれな空間の完成

エアプランツをさり気なく飾るとスタイリッシュなインテリアになります。 開いたスペースに置くだけ...

観葉植物の水やりで冬の季節に注意したい事。回数や時間や温度

温かい時はあまり気にならなかった観葉植物の水やりも、冬の時期になり気温や室温が下がってくるとどうした...

観葉植物を癒やしのインテリアに。北欧インテリアに合うグリーン

北欧風のインテリアは女性を中心に人気ですよね。大人の女性にも取り入れやすく、シックな色合いの中に、鮮...

造花の観葉植物は100均がおすすめ!おしゃれアイデアを紹介

造花の観葉植物は100均でも種類が豊富で好みのものを手軽に選ぶことができます。 自分で少し手を加え...

観葉植物をおしゃれなインテリアに!室内に置く鉢選びのポイント

室内で育てる観葉植物は、その植物と鉢もお部屋のインテリアの一つになります。 お部屋の雰囲気をよりお...

パキラの植え替え時期の目安と植え替え方法・正しい管理方法

観葉植物のパキラは、植え替えをすることで大きく育てることができます。 パキラがどのような状態に...

アガベ・アテナータの挿し木の方法育て方を紹介します

インテリアとしても人気の観葉植物、アガベアテナータを挿し木するときにはどんなことに気をつけたらいいの...

ガジュマルの冬の過ごし方。屋外でも大丈夫な気温と保温と注意点

丈夫な観葉植物としても人気のガジュマルは、冬の季節は屋外で育てることが出来るのでしょうか? ガ...

エアプランツのおしゃれで可愛い飾り方!百均を使ったアイデア

土を使わなくても育てられるエアプランツは、おしゃれなインテリアとしても人気です。飾り方もいろいろな方...

観葉植物の育て方。水やり一つで左右される観葉植物の運命

観葉植物を枯れさせてしまう原因の一つに水やり問題があります。育て方に問題があるのでしょうか。 ...

サンスベリアスタッキーは偽物が多い?本物の見分け方について

観葉植物のサンスベリアのスタッキー!よく園芸店で見かける植物だと思っていましたが、実は本物ではないこ...

観葉植物の人気者達の紹介。玄関の日差しに合わせて置きましょう

観葉植物をリビングに飾るお家はありますが、玄関にも観葉植物があったら素敵ですね。 玄関に日差しは入...

スポンサーリンク

観葉植物の植え替え冬にしたら起こるリスクとは

育てている観葉植物は上手に育つと大きくなり、植え替えが必要になります。

植え替えの時期について

季節が「冬」の場合、植え替えをしても良い時期なのか、それとももう少し待った方が良いのか悩みますよね。
基本的に観葉植物の植え替えは、冬は避けた方が良いと思います。
理由としては、多くの観葉植物は冬が苦手で成長をお休みする時期ですので、植え替えは観葉植物に負担が生じてしまうからです。

好ましい植え替えの時期は、春または秋です。

寒い冬に行うよりも、春に桜が咲く頃に行う方が観葉植物に負担を掛けずに済むでしょう。仮に冬に植え替えをしてしまうと、観葉植物が枯れてしまう可能性があります。

そのため、植替えの時期は大切です。あなたの大切な観葉植物を枯れさせないようにしましょう。

観葉植物の植え替えに適した時期。冬は避けて

植え替えに好ましい時期は5-9月です。それ以外の時期ですと、観葉植物に負担がかかり枯れる可能性があります。

ですので、冬には観葉植物の植え替えをせずに、適した時期に行っていきましょう。

また、植え替えをする際には、それぞれの観葉植物に適した土を選ぶこと(ゴールデン培養土 観葉植物用など)、また、鉢のサイズも一回り大きなサイズを選ぶことが植え替えの際に失敗しないポイントになってきます。

季節だけではなく、土や鉢選びも観葉植物を元気に成長させるポイントとなってきます。気をつけて下さいね。

観葉植物の植え替えのサインとは

観葉植物の植え替えはどんな状態の時に行うべきか見ていきます。

  • 観葉植物を育てていて2年以上の時が経過している
  • 鉢と観葉植物のバランスが悪くなってきている
  • 水を与えても、すぐ土が乾燥してしまう
  • 鉢の底から根が出てきてしまっている
  • 観葉植物の下の葉が黄色くなってきている

上記のような状態が一つでもあなたの観葉植物に当てはまるのであれば、植え替えのサインである可能性があります。特に、2年以上経過している場合は、植え替えのサインである可能性が高いので、適切な時期に植え替えをしていきましょう。

観葉植物の植え替えの仕方

観葉植物の植え替えの仕方について紹介していきたいと思います。

  1. 植替えをする前は、水やりを1週間程控える
  2. 土が白っぽくなったら、観葉植物を鉢から抜き取る
  3. 観葉植物の根についている土をとる
  4. 根が傷んでいる場合は、その部分をハサミで切り落とす
  5. 葉も茂っているのなら、数枚取る
  6. 鉢にネットを敷いて、鉢底石を入れていきます
  7. 鉢底石の上に土を入れていきます
  8. 根を入れていきます。根の隙間に土を入れていきます。
  9. しっかりと土を入れて固定する
  10. 水をやる

上記の方法を参考にして観葉植物の植え替えをしていって下さい。

植え替えは冬にしない。その他の注意点について

植替えをするのなら、古い土は使用しない

使用済みの土ですが、本来のパワーがありません。その為、新しい土を必ず使用して下さい。

鉢のサイズも最適なものを

上記でも少し触れましたが、鉢のサイズは一回り大きなものを使用していきまよう。大きすぎてもダメなので、調度良いサイズ、一回りくらい大きなものを使用していきましょう。

肥料について

すぐに肥料を与えるのではなく、2周間から1ヶ月は様子をみてみましょう。この時期はさほど肥料の力を必要とする時期ではありませんので、肥料はなるべく控えましょう。「植替えをしているのだから肥料を与えよう」ではなく、適切な時期がきたら、与えましょう。