観葉植物モンステラを挿し木で増やす方法・メリットと管理方法

観葉植物のモンステラを育てている人の中には、挿し木をして増やそうと考えている人もいるのではないでしょうか。

実際に挿し木をしようと思っても、その知識がなければうまく管理をすることができないものです。

ここでは、モンステラを挿し木で増やす方法についてお伝えします。挿し木で増やすメリットや正しい管理方法についてもご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物を室内で育てる時の虫対策と虫が発生しにくい観葉植物

観葉植物を室内で育てるときのお悩みの一つに、観葉植物に発生してしまう「虫」があります。 家の中...

ひまわりの花粉の落とし方!家庭でできる方法や注意点を紹介

ひまわりの花粉がうっかり服についてしまったときは、落とし方に注意しなければなりません。 うっかり安...

観葉植物の鉢について。大型タイプの場合の鉢や鉢カバーの選び方

大型の観葉植物が室内にあるととてもインパクトがあり、素敵なインテリアにもなりますね。 存在感抜...

観葉植物で風水からみる寝室に置きたい物とその効果

観葉植物はインテリアや癒やしの効果だけではなく、風水を気にして飾ったり置いたりしている方もいます。 ...

よく育つ観葉植物のカポックに必要な剪定や挿し木についてご紹介

観葉植物のカポックは丈夫で育ちやすい植物として人気です。ぐんぐんと成長をするので、カポックを育てるに...

観葉植物は室内の日陰でも育つ、日陰が好きで育てやすいオススメ

観葉植物といえば、常に日光が当たっていないと育たないと思っていませんか? 観葉植物の中には日の光が...

ストレリチアとオーガスタの違いは?見分け方をご紹介

ストレリチアとオーガスタは見た目がそっくりで、どちらなのか見分けがつかず困ってしまいます。 し...

観葉植物をインテリアとしてリビングにセンス良く飾る方法

リビングに余計な物を置きたくないという方でも、観葉植物ならお部屋のインテリアになりますし、飾り方によ...

ガジュマルの挿し木の方法!詳しい手順と挿し木後の楽しみ方

観葉植物としても人気の高いガジュマル。挿し木という方法で増やすこともできます。ガジュマルを剪定して出...

観葉植物の育て方のポイント。幸せの木を育てる時に注意すること

「幸せの木」と呼ばれる観葉植物はインテリアとしても人気がありますが、新築祝いや開店祝いにも定番の贈り...

エアプランツの飾り方。流木に飾るやり方とオブジェの様な飾り方

エアプランツはどんな飾り方をしていますか? エアプランツを様々な飾り方で楽しむ人が増えています。 ...

観葉植物初心者でも育てやすい!狭い室内でも栽培可能な観葉植物

これから室内に観葉植物を置きたいと考えている人もいますよね。ですが、観葉植物を栽培した経験がなければ...

モンステラ・デリシオーサの育て方。元気に育てるポイント

観葉植物のモンステラは、お部屋のインテリアとしても人気の植物です。モンステラの仲間にもいろいろな種類...

観葉植物の水やり方法・旅行で1週間家を空ける時の水やり方法

1週間程度の旅行を計画したとき、自宅で観葉植物を育てている人は、その間の水やりをどうしたらいいのか悩...

観葉植物のパキラが枯れる原因は色々。それぞれの対処法とは

パキラとても丈夫で育てやすいので観葉植物の中でも人気があります。 贈り物としても喜ばれ、大切に...

スポンサーリンク

観葉植物モンステラは挿し木で増やそう!挿し木について

生命力の強い木は切り取った葉や枝を土に挿しておくと根が出てそのまま生長することができます。これを利用して植物を増やす事を挿し木と言います。

観葉植物の増やし方

  • 葉を使って増やす事を「葉挿し」
  • 茎を使って増やす事を「茎挿し」
  • 芽を使って増やす事は「挿し芽」
  • 根を使って増やすのは「根挿し」
土に挿すもの全般を「挿し穂」、挿し穂を挿す土を「挿し床」と呼びます。

モンステラを増やすには気根を利用するのが最適です。気根の付いた部分の茎を切り取り土に埋めておくだけで簡単に根付きます。
気根の生長は目覚しく、その生命力には驚かされます。

我が家のモンステラは元気にぐんぐんと生長していて気根もあちこちから伸びていました。気根は空中でもどんどんと延びて緑色から茶色に変化した長い気根が空中を彷徨っていました。

伸びて壁に接触してる気根もあったのですが、ある時気がつくと壁にめり込み始めていました。いくらモンステラが可愛くても家の壁に根を張って生長されるのは遠慮したいものです。

慌てて引き剥がしましたが、壁が少し窪んで跡が付いてしまいました。家の壁の中にまで根を張り生長する様子には空恐ろしさを感じ、とっても生命力が強い植物であることを実感しました。

観葉植物モンステラの挿し木の方法・挿し穂の作り方

モンステラの挿し穂を作ってみましょう。
モンステラは生長が早いので、どんどんと大きくなります。

大きくなりすぎて困る場合や葉が込み合ってきた時は剪定する

挿し穂は剪定して切り取った部分を利用すると親株の形は整い、切った部分が無駄にならずにとても効率的です。

親株のバランスを見て、不要な部分を茎から切り取ります

そのなかで気根の付いた部分を挿し木にしましょう。気根が出ている部分を気根の下の節で切ります。切る時にはできるだけ細胞を潰さないように良く切れるハサミを使用しましょう。挿し穂にする部分に葉が沢山ついている場合には1枚だけ残して切り落とします。

残した一枚も大きい場合には先から半分程度切り落とします。葉に栄養が行ってしまったり葉から蒸散すると発根するエネルギーが確保できなくなってしまいます。

気根が長すぎる場合には切っても大丈夫です。

モンステラを挿し木で増やす時の管理方法

挿し穂ができあがったら挿し床に挿します。挿し床に使用する土は市販されている観葉植物用の土か挿し木用の土を使用するとよいでしょう。

気根が全て隠れるように、気根と茎の形に土に穴を掘ります。そこに挿し穂を入れて土を被せます。

挿し木を成功させるには時期がとても重要

モンステラはジャングルで自生する植物で寒い気候は苦手です。そのため日本では冬の間には休眠状態になり、その間はほとんど生長しません。

休眠状態の間に挿し木をしてもまず成功しません

春から秋までの暖かい時期には元気良く生長するので、挿し木はその間に行うと成功する確率が高くなります。

特に5月から6月の間がおすすめです。

休眠が明けて温かくなり活動が活発になる時期で、冬になるまでの期間が長く確保できます。そうすると挿し木をして根付いてからある程度生長できるので、冬の休眠前にしっかりと体力をつけておくことができるのです。

真夏の暑さはモンステラにとっても負担となり、暑さで腐ってしまう危険性が高くなるので8月は避けた方がよいでしょう。

8月に行うよりは9月になってから行うことをおすすめします。

挿し木後のお手入れ

明るい日陰に置き、風が当たらないように注意しましょう。また、水は土の表面が乾くまではあげないようにします。水をあげすぎると挿し穂が腐ってしまいます。

モンステラを挿し木で増やすことにはメリットもある

両親は植物が大好きなので、様々な観葉植物を育てています。そうすると剪定したり株分けした植物がどんどんと増えるので、私はその増えた鉢をもらってきます。
そのため観葉植物を自分で購入した事はありません。

しかし、モンステラは両親は栽培していませんでした。私はモンステラの大きな切れ込みのある葉に一目惚れして手に入れたいと考えたのですが、いざ購入しようと思うと以外と高いものです。
栽培している人から増えたものをもらう有り難味を実感しました。

剪定した茎を土に挿しておくだけで増やすことができるます。

土や鉢代だけで増やすことができます。また、生長してく様子を見るのは楽しいものです。

挿し木に大きくなったモンステラを剪定した茎を使用すると、挿し木のために泣く泣く切り取るのではなく、不要な部分を切り取り捨ててしまうものを生かしてあげることができます。これは大変なメリットであると言えるでしょう。

モンステラは生長が早く2年程度で鉢の中で根がぎゅうぎゅう詰めになってしまいます。そうなるとひとつ大きな鉢へ植え替える必要がありますが、大きくしたくない場合には剪定したり株分けをして小さくしてまた同じ鉢に植えることができます。

長期間モンステラを管理していて切った部分を無駄にしたくないと思うと、嬉しくも悲しくもどんどんと増えていく事でしょう。

観葉植物モンステラを元気に育てよう!好む飼育環境

モンステラはジャングルに自生するので暑さに強いのですが、ジャングルでは木々が生い茂っているので以外と日光が当たらないものです。

モンステラは直射日光には弱く木陰が調度良い置き場所

部屋の中に置く場合には、日の良く当たる窓際を避けた方がよいでしょう。しかし、日があたら無すぎるとヒョロヒョロになってしまうので、日のよく入る室内で窓際を避けた場所が最適です。

風通し

悪いと虫が付き易くなるのですが、風が常に当たっていると乾燥したり葉が擦れて傷んでしまいます。冷房や暖房の風が当たる場所は避けて置きましょう。

土の表面が乾いたらあげるようにします。冬場は休眠しているので乾いてから4日程度経過してからあげるなど水をあげる回数を減らしましょう。

肥料

春から秋までの生長期に与えます。冬場は5度以下になると枯れてしまうので、温度管理には気をつけましょう。