観葉植物「セローム」の植え替え方法と植え替え後のケアについて

観葉植物のセロームを植え替えするときにはどのように行えばいいのでしょうか?

元気のない観葉植物を見ると、すぐにでも植え替えをしたくなりますが植え替えに適している時期があるので、できるだけその時期に行うようにしましょう。

部屋に合わせて大きく育てたい、鉢と葉のバランスが悪くなってきたなど植え替えをするときのタイミングやコツを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物の水やりの頻度に決まりは無い。水やりのタイミングとは

観葉植物を枯らしてしまうことの原因に水やりがあります。 友人宅の観葉植物はよく枯れているので聞...

観葉植物の土に虫わかないようにする方法!土の選び方と対処法

観葉植物の土から虫がわきてしまうことがあります。家の中に虫がいると、快適な生活ができませんよね。 ...

観葉植物のポニーテールの植え替え方法と育て方について

観葉植物のポニーテールはどんなタイミングで植え替えをしたらいいのでしょうか? 鉢にサイズが合っ...

パキラの編み込みが枯れるのはなぜ?枯れる原因と対処法

観葉植物のパキラの中には、茎が編み込みされているおしゃれなパキラもありますが、気付くと根が枯れること...

観葉植物のパキラの育て方とは?基本的な置き場所や水のあげ方

室内で育てやすい観葉植物のパキラ、どんなお部屋の雰囲気にも合わせやすいので候補のひとつにしている人は...

観葉植物を室内に。大型の人気タイプと大きくなっても安心な種類

室内に大型の観葉植物を置くだけで、ちょっとした癒やしの空間を感じることができます。 大型の観葉...

観葉植物を室内で飾る場合は鉢選びも重要。インテリアに合った鉢

観葉植物が室内にあると、おしゃれだったり癒やしの空間になりますね。 またインテリアにマッチした...

観葉植物パキラの植え替え方法、手順や新しい鉢やタイミング

観葉植物の中でも人気が高いパキラは、大型サイズからテーブルや棚の上に飾ることが出来るサイズの物まで幅...

観葉植物ウンベラータに元気がない原因・虫や病気の対策を紹介

自宅で育てている観葉植物のウンベラータに元気がない・枯れてきたなどのトラブルが起きた時は、虫や病気が...

観葉植物のガジュマルにつきやすい虫と駆除・予防方法を解説

観葉植物のガジュマルは、初心者でも育てやすく、インテリアとしても人気の高い観葉植物です。 虫が...

観葉植物の育て方のポイント。幸せの木を育てる時に注意すること

「幸せの木」と呼ばれる観葉植物はインテリアとしても人気がありますが、新築祝いや開店祝いにも定番の贈り...

観葉植物の虫対策!土からコバエが発生した時の対策と予防方法

家に置いている観葉植物からコバエが発生すると、とても嫌な気持ちになりますよね。家の中をブンブン飛び回...

観葉植物の水やりに基本の道具と留守中でも困らないアイテム

観葉植物を育てるのにまず必要なものは、水やりに使う道具ですよね。 ジョウロはあるから大丈夫と思...

観葉植物をインテリアとしてリビングにセンス良く飾る方法

リビングに余計な物を置きたくないという方でも、観葉植物ならお部屋のインテリアになりますし、飾り方によ...

観葉植物の育て方の基本。ドラセナに注意したいのは温度管理

「幸福の木」という別名を持つ観葉植物・ドラセナ。 丈夫で育てやすいので初心者の方にもおすすめで...

スポンサーリンク

観葉植物のセロームは根がはみ出したら植え替え時期

セロームはぐんぐん成長する植物で、1年~2年ほどで植え替えが必要になる植物です。
鉢底から根が見えているなら、それは根詰まりを起こしている証拠です。
ひと回り大きな鉢に植え替えてあげましょう。

とはいえ、もしも気づいたのが冬であれば、暖かくなるまで見守ってあげた方が良いかもしれません。

セロームは冬の期間は休眠期

活動がゆるやかなので、この時期に植え替えをすると新しい土に根がなかなか馴染めずに最悪の場合枯れてしまうこともあるからです。

少し暖かくなるのを待って、5~6月に行うと良いでしょう

この時期はセロームの植え替え適期と言われています。

とはいえ、他の時期では失敗してしまうと言うことではありません。
セロームの活動が活発な時期であれば、問題なく育ってくれますよ。

ただし、根を切り過ぎると株が弱りやすい植物なので、その点は十分注意して植え替えを行いましょう。

休眠期セロームはほどんど活動していないので、植え替えは控えましょう。

もし鉢底から根が見えても、可能であれば適期まで待つ方がおすすめです。

観葉植物のセロームの植え替えをするときに必要なら株分けをしましょう

セロームが不調で植え替えをする時、もしも子株ができているなら、株分けしてみるのもおすすめです。

株分けすると新たにセロームを1株育てることができますし、元の株にも栄養が行き渡るので元気を取り戻す手助けとなるでしょう。

株分けするときは子株を手で取り分けるだけ

もしも根が絡まっているときには、消毒したナイフやハサミを使って切り分けて、切り口をしっかりと乾燥させましょう。
日陰で丸1日ほど乾燥させればOKです。

乾燥後は植え替えと同じ容量で、新しい鉢に植えてあげましょう。

観葉植物のセロームを植え替えた後の育て方

セロームを植え替えた後の育て方が気になると思いますが、特別変わるわけではありません。
基本的なセロームの育て方と同じです。

水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えて、日当たりの良い場所で育てましょう。

注意したいのは「日当たり=直射日光」ではないと言うこと

直射日光では日差しが強すぎて葉焼けなどのトラブルが発生していますので注意してくださいね。
ベストはレースのカーテン越しくらいの日差しです。
屋外で育てる場合には、特に置き場所に注意して、必要であれば遮光ネットなどを用意しましょう。

ただし、寒い季節になってくるとお水をあまり必要としなくなります。
目安は気温が10度を下回る頃です。
この時期には水やりの回数を減らしましょう。

土の表面が乾いてから3日ほど空けて水やりを行うようにします。
さらに寒くなり冬になったら1週間ほど空けるようにします。

水やりの間隔は長くしますが、1回に与える水の量は変えずに、鉢底から流れ出るくらい与えるようにしてくださいね。
また、水やり間隔が長すぎてセロームに元気が内容であれば、間隔を少し縮めて調整しましょう。

観葉植物のセロームは植え替えのほかに剪定も必要

セロームは緑の大きな葉がエキゾチックですよね。
しかし、古くなってしまうと自慢の葉も見栄えが悪くなってしまいます。
そうなったときには、剪定作業を行いましょう。

剪定作業は見栄えが良くなるだけでなく、風通しも良くなる

セロームが元気に育つ上でも大事な作業です。

剪定に適しているのは、成長期にあたる春~秋

冬場は避けてくださいね。

清潔な剪定ハサミを用意して、古くなった葉の付け根部分からカットします。
この時樹液が出てくるので注意してくださいね。

セロームの樹液にはシュウ酸カルシウムが含まれていて、皮膚に付くとただれてしまうことがあるのです。
そのため、ゴム手袋などで保護することをおすすめします。

観葉植物のセロームを大きくする方法

せっかく育てているのだから、大きく育って欲しい。
そう思っている方も多いのではありませんか?

毎日のように状態をチェックして管理していると、愛着が湧いてきますから、大きく育って欲しいというのは親心に近いですよね。

セロームが大きく育つためのポイントは「根」

植え替えするとわかりますが、セロームの根はとても立派ですよね。
根がしっかりと育てば、必然的に株も大きく育ちますよ。

根を元気に育てるためには、土が重要

固い土では根が育ちにくいのは想像つきますよね?

長く植え替えせずにいると、カチカチに鳴ってしまいますから、定期的に植え替えを行いましょう。

セロームは水はけの良い土を好むので、観葉植物用の用土に赤玉土や鹿沼土を混ぜてつかうのがおすすめです。

もうひとつポイントになるのは肥料

成長期にあたる春~秋にかけては、観葉植物用の肥料を与えましょう。
液体肥料であれば、2週に1回くらいを目安にします。
冬は成長が緩やかになるため、栄養過多となってしまうので肥料は与えません。

セロームの成長期に当たる春~秋にしっかりと栄養、水、光を与えることで、元気に大きく育ってくれますよ。