観葉植物のおすすめ。おしゃれを演出してくれる植物と飾り方

おしゃれな空間作りに観葉植物は欠かせない存在。観葉植物があるだけでお部屋の雰囲気は変わます。

リビングやキッチンをおしゃれに飾るおすすめな観葉植物や、その飾り方について紹介します。

ツルが伸びる観葉植物は、そのツルの部分を這わせることでとてもおしゃれな空間になります。
テーブルや出窓に置きたい鉢植えもおしゃれに飾りましょう。

存在感抜群の大型の観葉植物は、一つあるだけでお部屋の雰囲気がグレードアップします。
それぞれの飾り方や、おすすめな観葉植物をご覧ください。これでおしゃれな空間の完成です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物の選び方!室内に置く初心者でも育てやすい観葉植物

これから観葉植物を購入しようか悩んでいる人に、初心者でも育てやすい室内に置く観葉植物についてご紹介し...

観葉植物のガジュマルにつきやすい虫と駆除・予防方法を解説

観葉植物のガジュマルは、初心者でも育てやすく、インテリアとしても人気の高い観葉植物です。 虫が...

サンスベリアスタッキーは偽物が多い?本物の見分け方について

観葉植物のサンスベリアのスタッキー!よく園芸店で見かける植物だと思っていましたが、実は本物ではないこ...

可愛い葉が特徴のユーカリポポラス!失敗しない挿し木方法とは

ユーカリポポラスは可愛いハート型の葉が特徴的です。その可愛らしさに魅せられて、お家でインテリアとして...

観葉植物に虫がわくのは土が原因の場合。土の問題を解決します

観葉植物に虫がわくことでお悩みではありませんか。 その嫌な虫は土が原因かもしれません。どんな土...

観葉植物をおしゃれなインテリアに!室内に置く鉢選びのポイント

室内で育てる観葉植物は、その植物と鉢もお部屋のインテリアの一つになります。 お部屋の雰囲気をよりお...

観葉植物の入った鉢が穴なしの場合の育て方。水やりや鉢カバー

買ったばかりの観葉植物は、黒や緑色のプラスチックの簡単な容器に入っています。 そのまま売られている...

観葉植物の水やり過ぎは根腐れの原因に!早めにできる対処法

観葉植物を初めて育てるという方は、水枯れを心配して、土が乾く前に水やりをしてしまうという方も多いと思...

鉢の受け皿が必要な場合といらない場合について。選び方も紹介

観葉植物などの鉢を飾る場合には受け皿は必要なのでしょうか。 観葉植物の鉢植えを購入したり、インテリ...

観葉植物にわくコバエは土が原因。コバエの駆除方法と対策とは

部屋の中をコバエが飛んでいるのを見かけた時はショックですね。 どこから発生しているのかと思った...

観葉植物につくコバエの発生原因についてと対処法も紹介

室内に観葉植物を置いている時に困ってしまうのが、コバエ問題ではないでしょうか。 いつの間にか発...

観葉植物の水やりをする時間はいつが正解?水やりの方法とは

観葉植物の水やりの時間は毎日同じ時間にしたほうがいいのでしょうか? 季節によって温度や湿度が大きく...

【観葉植物の育て方】ユッカの水やり、日当たり、肥料や植替え方法

観葉植物の中でも人気が高いのが「ユッカ(青年の木)」です。これから自宅に置こうと考えている人もいます...

観葉植物初心者でも育てやすい!狭い室内でも栽培可能な観葉植物

これから室内に観葉植物を置きたいと考えている人もいますよね。ですが、観葉植物を栽培した経験がなければ...

観葉植物を置いて風水運を玄関から呼び込もう。おすすめを紹介

風水のことを考えて観葉植物を飾る方も多いと思います。 リビングに飾るだけではなく、風水を意識し...

スポンサーリンク

ツルが伸びる観葉植物は、伸びたツルを飾るのがおしゃれでおすすめ

家に観葉植物があると、部屋の雰囲気って変わってきますよね。部屋がおしゃれにもなるので、自分の部屋や家族が集まる部屋をおしゃれにする為にも、観葉植物を部屋に飾ってみたい。そんな風に観葉植物を部屋をおしゃれにするアイテムとして考えている方も多く存在していると思います。

そんな部屋を飾るのにおしゃれな役割を果たす観葉植物ですが、観葉植物の中でも、伸びたツルを飾るのが、おしゃれをするにはお勧めになってきます。

3つの観葉植物を紹介していきます。

  • シュガーバイン
    横に伸びる観葉植物です。場所ですが、一輪挿しにして、キッチン、風呂場、リビングに置くのがお勧めになります。
  • ワイヤープランツ
    名前のごとく、細い茎に小さな葉っぱを沢山つける観葉植物です。ちょっとしたスペースのアクセントになってきます。
  • アイビー(ヘデラ)
    飾るだけでもオシャレになる観葉植物の代表になります。

鉢に入った姿がおしゃれなおすすめ観葉植物

観葉植物を使って部屋をおしゃれにしたい方の為、上記では3つのお勧めな観葉植物をみてきました。

観葉植物は観葉植物でも、鉢に入ったものを「おしゃれ」「かわいい」と感じる人もいますよね。

そうなると、どんな観葉植物がお勧めになってくるのか、ここでは、3つの観葉植物を紹介していきたいと思います。

  • モンステラ
    エキゾチックな雰囲気が人気です。丈夫でどこでも成長するのがまた一つの特徴と言えます。観葉植物の中でも、割と簡単に育てることができるので、お勧めになります。
  • サンスベリア・シリンドリカ
    他の観葉植物とは違って、オブジェのような形が特徴になります。乾燥に弱く、明るい場所で育ちやすい観葉植物になります。
  • ザミフォーリア
    葉は厚く光沢があり、大きく育つと、インパクトが強い観葉植物になります。乾燥には強い観葉植物になります。

大型観葉植物は存在感抜群。おしゃれインテリアにおすすめ

観葉植物の中でも、鉢に入ったもので、インテリアに効果的な観葉植物を3つ先程、紹介してきました。

観葉植物の中でも、「大型観葉植物」というものが存在しますが、その存在感は抜群であり、インテリアにもお勧めになってきます。

ここでは、そんな存在感がバッチリな大型観葉植物を3つ紹介していきたいと思います。

  • ユッカ
    場所をあまり取らないので、マンションにでもおける余裕がある大型観葉植物になります。
  • フィカス・ウンベラータ
    葉っぱに女性らしさがあるイメージの観葉植物になります。あるだけで心にゆとりができるインテリアになります。
  • シルクジャスミン
    葉だけではなく、花も楽しみたい人にはお勧めの大型観葉植物になります。甘い匂いも楽しむことができます。

観葉植物をハンギングで飾るとおしゃれな空間に。育て方のポイントも

観葉植物を家で楽しみたい、部屋を少しでもおしゃれにしたい、そんな方々のために、色んな種類の観葉植物を紹介してきました。

そんな観葉植物ですが、「ハンキング」という上からつり下げる形だと、おしゃれな空間を作ることができます。観葉植物でよりお部屋をおしゃれにしたい方にはお勧めな形になりますよね。

家具が茶系だと、観葉植物の緑で心をなごませることもできると思います。また、観葉植物を集めて、一つの棚に並べるのもおしゃれですよね。

そんな観葉植物の育て方ですが、ポイントがあります。

基本的に観葉植物ですが、「日光」が好きです。季節に応じて管理方法も異なってきますが、基本は日光が当たる場所に観葉植物を置いていきましょう。

観葉植物の飾り方を大きさ別で紹介

部屋にあると、私達の心を和ませてくれたり、忙しい生活の中で「自然」のパワーを与えてくれる観葉植物ですが、部屋をよりおしゃれにするには、ハンキングであったり、観葉植物を集めて一つの棚に並べることも部屋がおしゃれになることを上記ではみてきましたよね。

そんな観葉植物ですが、飾り方について、大きさ別で紹介していきたいと思います。

大きな観葉植物のおしゃれでおすすめの飾り方

置き場所としては、部屋のコーナーに置いてあげると、存在感があります。プラス、日光があたる場所が良いです。

中位のサイズの観葉植物の場合

大きさの差をつける為に、大きな観葉植物の反対側に置いてあげること、また、部屋の中に寂しそうな空間があるのなら、その空間に置いてあげると、その場所が生き生きしてきます。

少し部屋の雰囲気を変えたいなっと言う時に、気軽に置くことができるサイズになります。

小さな観葉植物の場合

あまり床においてしまうと、視線に映らないので、目で見える範囲の場所に置いてあげましょう。小さな観葉植物ともなると、水をあげなくてはいけないので、水をあげやすい位置におくことも世話をする上では便利になると思います。