観葉植物ドラセナを挿し木で増やす方法と失敗しないためのコツ

観葉植物のドラセナは鮮やかな葉の色がきれいな人気の植物です。今、育てているドラセナを増やしてみたいという場合には、挿し木をするのがおすすめです。
そこで、ドラセナを挿し木で増やす方法をご紹介します。挿し木には適した時期がありますが、手順通りに行えば、初心者の方でも増やすことができます。
また、枯れてきて、元気のないドラセナを、挿し木で復活させる方法もあります。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物の水やり過ぎは根腐れの原因に!早めにできる対処法

観葉植物を初めて育てるという方は、水枯れを心配して、土が乾く前に水やりをしてしまうという方も多いと思...

フィカス・ウンベラータの剪定方法と注意点。挿し木の方法も

室内のインテリアグリーンとして人気の観葉植物、フィカス・ウンベラータ。 剪定しないで放っておくとぐ...

ひまわりの花粉の落とし方!家庭でできる方法や注意点を紹介

ひまわりの花粉がうっかり服についてしまったときは、落とし方に注意しなければなりません。 うっかり安...

観葉植物の水やりに基本の道具と留守中でも困らないアイテム

観葉植物を育てるのにまず必要なものは、水やりに使う道具ですよね。 ジョウロはあるから大丈夫と思...

シマトネリコは花が迷惑?常緑樹だからと放っておいてはダメ

シマトネリコの花が落ちて近所に迷惑をかけてしまっているのでは…?掃除をしてはいるけれど、風の強い日や...

観葉植物の土にカビが生えても慌てない。この対処法で解決

ふと見ると観葉植物の土にカビが生えている!とてもショックなことですが実はよくある光景なのです。 ...

リビングに緑豊かな観葉植物を!大型の植物を選ぶ場合の注意点

インテリアの雑誌などで大型の観葉植物が置かれているリビングを見ると、素敵だと思う人も多いでしょう。 ...

よく育つ観葉植物のカポックに必要な剪定や挿し木についてご紹介

観葉植物のカポックは丈夫で育ちやすい植物として人気です。ぐんぐんと成長をするので、カポックを育てるに...

観葉植物で風水の結婚運を呼び込んでくれる種類と置き場所とは

観葉植物と風水の不思議な関係。観葉植物を置くことで様々な風水効果があるとされていますが、ここでは「結...

観葉植物のパキラが枯れる原因は色々。それぞれの対処法とは

パキラとても丈夫で育てやすいので観葉植物の中でも人気があります。 贈り物としても喜ばれ、大切に...

観葉植物の入った鉢が穴なしの場合の育て方。水やりや鉢カバー

買ったばかりの観葉植物は、黒や緑色のプラスチックの簡単な容器に入っています。 そのまま売られている...

【観葉植物モンステラ】風水のパワーを効果的にする飾り方

風水では、観葉植物は効果の高いものとされています。 中でもモンステラは特に風水の効果を期待できる植...

観葉植物・サンスベリアを葉挿しで増やす方法とその後の管理方法

観葉植物の中でも人気があるサンスベリア。増やして他の部屋にも飾りたい人におすすめの方法が「葉挿し」で...

観葉植物の植え替え方法・ハイドロボールのメリットとデメリット

観葉植物の土の臭いや発生する虫に頭を悩ませている人もいますよね。そのようなお悩みは、観葉植物を土から...

幹に特徴があるガジュマル!鉢植えの育て方や注意点について

ガジュマルはよく沖縄で見かける植物で、ぷっくりとした幹が特徴的です。鉢植えが園芸店やホームセンターな...

スポンサーリンク

観葉植物のドラセナの挿し木に適した時期

ドラセナは挿し木で増やすことができ、生命力が強いので比較的成功しやすいです。

挿し木は5月から6月に行うと最も成功しやすい

ドラセナは熱帯で育つ植物なので、日本で栽培していると冬の間は寒く殆ど生長しません。休眠している状態となり、その期間に挿し木をしてもまず成功しません。

温かくなり生長を始めた時期で、挿し木をした後にも生長する期間が充分にある5月から6月が最適な時期となるのです。

また、真夏の暑さでは挿し木した部分が腐りやすくなるので、暑くなる前までに行うようにしましょう。

観葉植物ドラセナの挿し木に必要なものと土の選び方

挿し木を行うには、挿し木をする鉢やプランターと土が必要です。

土は庭の土を利用すると雑菌などが原因で腐りやすくなるので、市販されている挿し木用の土を使用することをおすすめします。

挿し木する部分を切るのに、切れの良いハサミを用意します。ハサミは雑菌が切り口に付かないように熱湯をかけて消毒しておくとよいでしょう。

また、ドラセナの汁が皮膚に付くとかゆくなったり炎症を起こす場合があるので、肌が強くない方は園芸用の手袋をはめることをおすすめします。

観葉植物ドラセナの挿し木の手順とコツ

ドラセナの親株から挿し木をする部分を切り取ります。

親株のバランスを見て、剪定を兼ねて切り取るとよい

剪定は親株へのダメージを少なくするために切り口はできるだけ小さくなるように、枝に対して垂直に切ります。挿し木にする部分は根が出やすくなるように切断面を斜めに切り大きくします。できるだけ細胞を潰さないようにスパッと切りましょう。あとは土に挿すだけです。

土に挿した後は水が底からしみ出るくらいたっぷりとかけて、日当たりの強い場所を避けた場所に置きます。風が当たる場所も避けましょう。

土の表面が乾いたら水をあげます。水をあげすぎると腐ってしまうので、あげすぎないように注意しましょう。

また、根が出てしっかりと付くまでの間は肥料をあげてはいけません。しっかりと根付くまでは肥料を吸収できないので、元気が出るどころか生長の妨げとなってしまいます。

ドラセナは管挿しや茎伏せでも増やすことができる

ドラセナを増やす方法は、剪定した茎を土に挿す方法以外にもあります。

5cm程度に切って横に寝せて土に軽く埋める「茎伏せ」

茎伏せを行う場合には、切り口は茎に対して垂直に切ります。つまり、剪定したままの状態でよいのです。土の上に寝せて置き、3分の1程度出た状態になるように土に押し込みます。水をあげる際には勢いよくかけると茎が移動してしまうので、ジョウロで静かにかけましょう。

親株の太い幹を切断して行う「管挿し」

この方法ではドラセナをまっぷたつに切るので、かなり思い切りが必要です。幹が長い場合には8cm程度の長さで切り分けてより多く増やすことができます。切った真ん中の部分では葉が付いていないので上下を間違わないように印を付けてから切るとよいでしょう。葉がついている最上部は数枚だけ残して取ります。土に半分程度埋めて、水をたっぷりとかけます。親株の幹からは新芽が沢山出てくるので、それを取って挿し木して更に増やす事もできます。

枯れたドラセナを挿し木で復活させる方法

ドラセナが枯れてしまっても諦めないで下さい。

ドラセナは非常に生命力が強いので、枝や葉、根に健常な部分がある場合にはそれを土に埋めておくと復活させることが出来る場合が往々にしてあります。

我が家でも根腐れしてしまったことがありますが。健常な茎を切り取り挿し木して復活させることができました。

葉が全て落ちてしまっても根や幹の様子が変わらないようで、寒さなどで葉が落ちただけでまた葉が出てくる場合があります。幹や葉が枯れてしまっても根が生きていれば、上部をぶっつりと切断するとまた新芽が出てきます。反対に根が駄目になってしまっても幹や葉が生きている場合には、その部分を切って挿し木します。
剪定して庭に放置しておいた枝が気がついたら根が出ていたりとかなり生命力が強いので、諦めずにとりあえずは挿し木したりと復活を試みてみましょう。

特に5月から7月頃までは生命力が溢れる時期なので望みが大きくなります。

風通しが悪いと病気になったり虫が付きやすくなります。これらは早期発見して対処する事により重症化することを防げるので、日頃から葉や茎の状態をよく見るようにしておきましょう。葉に埃がつもるので、濡れタオルで拭き取り健康状態を確認する習慣をつけることをおすすめします。

ドラセナは熱帯の植物なので寒さは苦手

夏の間は外に出してあげるとよく生長するので外に置く事をおすすめします。室内に置く場合には日の入る明るい部屋に置きましょう。外での越冬は難しいので、夏の間外に出した場合には冬になる前に忘れずに室内に移動させましょう。

室内でも5度よりも気温が低い場所では寒さに耐え切れず枯れてしまう場合があるので、できるだけ暖かい場所に置いてあげましょう。

特に夜間の気温の低下に注意が必要です。また、窓際に置く場合には窓からの冷気の直撃を受けないようにカーテンや毛布で冷気を防いであげましょう。