観葉植物を鉢カバーしている時の水やりの方法について

観葉植物を鉢カバーでおめかししている時の、正しい水やりの仕方について、ご紹介いたします。

ちなみに、鉢と鉢カバーの違いをご存知ですか?

今回は、鉢カバーに入っている観葉植物への水やりの仕方についてご紹介いたします。

長年育てている観葉植物も、鉢カバーで雰囲気を変えることができます。

その場合、鉢と受け皿で育てる時のような水のやり方では、根腐れを起こしてしまうかもしれません。

鉢カバーをしている観葉植物への、水のやり方についてご紹介いたします。
また、鉢カバーの選び方についても合わせて御覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ガジュマルの挿し木の方法!詳しい手順と挿し木後の楽しみ方

観葉植物としても人気の高いガジュマル。挿し木という方法で増やすこともできます。ガジュマルを剪定して出...

観葉植物の育て方【ゴムの木】生命力の代名詞を育てよう

観葉植物の育て方について。 生命力の代名詞『ゴムの木』をあなたの部屋に迎えてみませんか? ...

観葉植物で人気のモンステラの花言葉と飾りたい場所を紹介

花には花言葉がありますが、観葉植物にも花言葉があります。 観葉植物を置く場合に花言葉を調べて飾って...

ユーカリ・ポポラスの基本の育て方。枯らさないためのコツ

ユーカリ・ポポラスは可愛らしい葉が印象的な植物で、室内の観葉植物としても、屋外のシンボルツリーとして...

観葉植物の虫の正体は?白いコナカイガラムシの駆除・予防方法

観葉植物を見ると、白い綿のような虫を発見!それは、「コナカイガラムシ」という害虫の可能性があります。...

ストックの花の切り戻し方法と育てる上での注意点について解説

秋まき一年草として知られるストック。たくさん花が咲いて枯れてしまうとさみしく感じてしまいますが、切り...

観葉植物をプレゼントする時は迷惑にならないものを選ぼう

お祝いや贈り物として観葉植物をプレゼントする時は、相手の迷惑にならないものを選ぶのがポイントです。 ...

観葉植物の植え替えのタイミングは?鉢の選び方や植え替え方法

観葉植物をお部屋のインテリアとして置いている人もいますよね。観葉植物を上手に育てるには、状態を見て鉢...

観葉植物「幸福の木」の葉が茶色になる原因と正しい対処法

プレゼントとしてもらった観葉植物の幸福の木(マッサンゲアナ)。比較的育てやすいと聞いたものの、葉が茶...

観葉植物のガジュマルにつきやすい虫と駆除・予防方法を解説

観葉植物のガジュマルは、初心者でも育てやすく、インテリアとしても人気の高い観葉植物です。 虫が...

観葉植物は風水効果がある?金運が上がると言われている観葉植物

観葉植物は金運をアップさせてくれる効果があると言われていますが、どんなものがいいのでしょうか?風水的...

人工の観葉植物や造花から得られる風水効果について説明します

運気をアップさせる風水効果があると言われている観葉植物ですが、手入れのことを考えると人工の観葉植物や...

観葉植物の植え替えを冬にやってはいけないワケ。適した時期とは

すくすくと育った観葉植物。何年も経つと大きくなったと成長を感じることでしょう。 我が家の観葉植...

観葉植物の水やりで冬の季節に注意したい事。回数や時間や温度

温かい時はあまり気にならなかった観葉植物の水やりも、冬の時期になり気温や室温が下がってくるとどうした...

フィカス・ウンベラータの剪定方法と注意点。挿し木の方法も

室内のインテリアグリーンとして人気の観葉植物、フィカス・ウンベラータ。 剪定しないで放っておくとぐ...

スポンサーリンク

観葉植物を鉢カバーに入れている時の水やりについて

観葉植物を育てていると、鉢を変えなくていけない時期もありますよね。そんな時ですが、鉢カバーというものが存在し、そのカバーをつけてあげることで観葉植物の雰囲気も変わってきます。

でも、その鉢カバーですが、水やりをする時に気をつけなくてはいけない点があります。ここでは、その注意点を紹介したいと思います。

まず、土の表面が乾いたら水をあげます。その際ですが、鉢カバーをしていると、どのくらいの量の水やりをしたのか、わからなくなってしまいます。また、水をあげすぎてしまう傾向もあります。そうすると、根が腐ってしまいます。そのリスクを防ぐ為、鉢カバーを一旦、とってから水やりをした方が良いと思います。その際ですが、ポットの底の部分は、よく水を切った状態にしてから、鉢カバーを鉢に戻してあげましょう。カバーに水を湿られて置くと、その水が原因で、根が腐ってしまうからです。

また、大きな鉢だと鉢カバーを取る時に倒してしまう可能性があります。その為、大きさとしては、小さいサイズ、中位のサイズがオススメになります。鉢のサイズに注意をして水やりをしていって下さい。

観葉植物の鉢カバーに水やりで溜まった水はどうしたらいいの?

観葉植物は、インテリアのことも考えて鉢カバーをつけて水やりをする時に、どうすれば良いのか、注意点を先程はみてきました。

その観葉植物の鉢カバーに溜まった水はどうしたら良いのか、その方法について紹介していきたいと思います。

鉢カバーを使用している場合ですが、そのままにしておくと、根が腐ってしまいますので、水やりをしたら、溜まった水は捨てて下さい。

受け皿に溜まっている水が原因で、根が腐ってしまう恐れがある。その為、受け皿にある水は、捨てた方が良いです。「この位の水の量が受け皿にあった方がいいのかな?」と思うこともあるかもしれませんが、要りませんし、根が腐る元となり、あなたが大切にしている観葉植物の元気がなくなる可能性があります。その為、受け皿に溜まった水は捨てて、根の部分に余計な負担をかけない状態にしてあげましょう。

観葉植物を育てる!鉢と鉢カバーの違いについて。水やりの方法が違います

観葉植物を育てるとなると、おしゃれの一貫で鉢カバーをすることを考えることもあると思いますが、鉢カバーをする時の水やりの方法、注意点についてこれまで見てきています。

観葉植物を育てるにあたって、その鉢と鉢カバーですが、一体どんな違いがあり、水やりの方法ともなると、どんな違いが出てくるのでしょうか。

まず、鉢ですが、鉢は、観葉植物であったり、花や草を植えるための鉢になります。別名をプランターとも呼ばれています。底には穴が空いていますが、それは水やりをするときの水抜きになります。その水抜きの為に、受け皿が必要になります。

鉢カバーは、その鉢をすっぽりと入れることができたり、インテリアにも利用できたり、デザインカバーとしても利用できるものになります。鉢と違って、底に穴がありません。そこが鉢とは違った点になっています。

観葉植物を鉢カバーで飾る。素敵なインテリアとしての鉢カバー

鉢と鉢カバーがありますが、上記ではその違いと水やりの方法が違って来るため、その違いを簡単に説明してきました。

その観葉植物の鉢カバーは、素敵なインテリアの一つにもなってきます。その鉢カバーは、本などで勉強することもできると思います。

インターネットでも勉強することができるので、どんなインテリアが良いのか、本やインターネットで勉強して、共通点を見つけること、また、どんなものが自分の部屋にピッタリなのか、選んでみましょう。

自分の部屋に合わせた形で買うことも一つの選択になります。ポイントとしては、既にある家具に合わせて買うことです。

値段の安いものを買って、どんなものが自分の部屋に合うのか、コーディネートしていってはいかがでしょうか。家具の色に合わせて、鉢カバーを購入するのも、良いコーディネートをするポイントになってきます。

いつもの観葉植物を鉢カバーでイメージチェンジ!

観葉植物を育てるためには、鉢や鉢カバーが必要になります。その鉢カバーを使って、部屋の雰囲気であったり、鉢のイメージを変えていきましょう。

ただ単に鉢があると生き生きしたイメージはその場にできあがるとは思いますが、それ以上の雰囲気づくりにはなりませんよね。そういった場合は、鉢カバーをつけて、イメージを変えることができます。

鉢カバーがあるのとないのでは、雰囲気が変わってきます。それは、雑誌であったり、インターネットでも同じ情報を得ることができます。

色も様々なものがありますが、自分の好きな色であったり、自分の部屋に合ったものを購入して、部屋の雰囲気を変えていきましょう。鉢カバーをかけるのはそんなに手間もかかりませんから、自分が「これいいな」と思ったものを購入して、部屋の雰囲気を変えてみたら良いと思います。

置き場所を変えるだけでも、雰囲気が変わりますが、鉢カバーでも雰囲気は変わります。購入する際には、サイズを計って買えば、「え、サイズが違う!」なんてこともなくなってきますよね。

あなたが変わりたいと思っているイメージはありますか?それに近い感じの鉢カバーを購入してみたら、あなたのイメージに近い部屋に変わっていくと思います。

是非あなたの部屋の雰囲気を観葉植物、鉢、鉢カバーで変えていって下さい。