観葉植物の植え替え方法!鉢の大きさと植え替えて順・注意点

観葉植物を育てているとき、鉢を大きくして植え替えを行う必要があります。ですが、度のタイミングで植え替えを行えばよいかの知識がなければ、適したタイミングで植え替えができないものです。

観葉植物の植え替えをするときは、鉢と観葉植物のバランスを見て、適したサイズの鉢に植え替えを行う必要があります。

植え替えのタイミングと方法・鉢の選び方・注意点についてチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サンスベリアスタッキーに新芽が!植え替えや株分けについて

サンスベリアスタッキーという観葉植物をご存知ですか?葉がまっすぐにツンツンと育つ姿がとくちょうてきな...

観葉植物【モンステラ】の植え替え方法やポイントを紹介します

特徴的な葉っぱの観葉植物、モンステラが最近元気がないような…。そんなときは植え替えのタイミングかもし...

エアプランツの飾り方。流木に飾るやり方とオブジェの様な飾り方

エアプランツはどんな飾り方をしていますか? エアプランツを様々な飾り方で楽しむ人が増えています。 ...

ガジュマルの挿し木の方法!詳しい手順と挿し木後の楽しみ方

観葉植物としても人気の高いガジュマル。挿し木という方法で増やすこともできます。ガジュマルを剪定して出...

観葉植物ガジュマルの育て方。季節に合わせたお世話のポイント

ガジュマルは太く、ぷっくりとした幹が特徴の観葉植物です。その可愛らしい姿が人気で、自分の家でも育てて...

観葉植物ドラセナを挿し木で増やす方法と失敗しないためのコツ

観葉植物のドラセナは鮮やかな葉の色がきれいな人気の植物です。今、育てているドラセナを増やしてみたいと...

観葉植物の植え替えを冬にやってはいけないワケ。適した時期とは

すくすくと育った観葉植物。何年も経つと大きくなったと成長を感じることでしょう。 我が家の観葉植...

室内の植木の土にカビが発生!原因と対処法を知って上手に栽培

室内で育てている植木の土にカビが発生してしまうと、そのカビをそのまま放置しても良いのか、それとも取り...

観葉植物の種類で大型タイプのものと特徴をイメージ別で紹介

お気にいりのインテリアで揃えたリビングに、観葉植物があるといいですね。 大型の観葉植物を置くと...

観葉植物パキラの植え替え方法、手順や新しい鉢やタイミング

観葉植物の中でも人気が高いパキラは、大型サイズからテーブルや棚の上に飾ることが出来るサイズの物まで幅...

ガジュマルの根が白いことや白い物の正体と対処法を紹介

幹の部分や根っこの部分に特徴があるガジュマルですが、育てやすいこともあり人気の観葉植物でもあります。...

観葉植物【造花 】をインテリアとして置くときのポイント

部屋に観葉植物を起きたいけれど、お世話や虫が出るのは嫌という人におすすめなのが造花の観葉植物です。 ...

観葉植物のフェイクには消臭効果がある物も。その効果とは

部屋にグリーンを置きたいと思っても世話が大変だったり、育て方がよくわからないという方に人気なのがフェ...

ポトスタワーの作り方。植え替えのコツや支柱の上手な使い方

観葉植物のポトスは丈夫な植物で、室内のインテリアとしても人気です。成長が盛んで、どんどんと成長してい...

ポトスの植え替え時期はいつがいい?ポトスの育て方について

ポトスを植え替えするのに適している時期はいつなのでしょうか? 観葉植物を植え替えは鉢が小さくな...

スポンサーリンク

観葉植物を植え替えるタイミングは鉢とのバランスを見てチェック

観葉植物と鉢とのバランスをチェックしてみましょう。

  • 根が鉢の下からでてきている
  • 土の表面から根が浮き上がっている
  • 鉢に比べ観葉植物が大きい

このような場合は観葉植物の植え替えのタイミングです。

このような傾向がなくても観葉植物は成長し、土の中に根でいっぱいになります。

水やりをしているのに水が土になかなか染み込んでいかない。
これもまた植え替えが必要なタイミングと言えます。

そのままにしてしまうと土の中で吸収する栄養分が不足してしまい、栄養不足となり枯れはじめてしまいます。

購入して2年程経過している場合は無条件に植え替えをしてください

植え替えは少々手間がかかりますが。観葉植物を育ててる以上仕方がありません。
それに年に何回もというわけではなく数年に1度です。

この植え替えを怠らず、丁度よいタイミングを見計らい、観葉植物を大切に育てていきましょう。

その観葉植物が最も盛んに成長する時期に合わせて植え替えをすると植え替え時にかかる負担からの回復も早くて安心ですよ。

観葉植物の植え替えをするときはワンサイズ上の鉢を選ぼう

観葉植物の植え替えをする時、今使っている鉢よりワンサイズ大きいものにするのはなぜ?
大きすぎてしまうと、根が水分を吸収しきれないため、常に湿っている状態になってしまうから。
その上から水やりを行うと更に根は乾燥しきれなく、やがて根腐れをしてしまうのです。観葉植物は乾燥し過ぎにも弱いですが、常に湿っている状態もまた苦手です。
見た目のバランスや根腐れ防止のため、植え替えに使用する鉢はワンサイズ大きめということを覚えておきましょう。
私はこれを知らずに、観葉植物の植え替えに大きめの鉢を使ってしまいました。
今後も植え替えが必要なら最初から大きいサイズの方が鉢を購入する手間が省けると安易な考えでした。
しかし、それが仇となり返ってきてしまいました。徐々に観葉植物が元気がなくなり、やがて枯れ始めてしまいました。
どうにか回復させようと水やりを小まめに行ってしまっていたのも、また枯れる原因でした。水やりばするほど湿った状態になり根腐れを起こしていたのです。その観葉植物は回復の見込みなく枯れ果てて終わってしまいましたが、数年かけて育てたのでショックもありました。
観葉植物は購入するのは簡単ですが、育てるには知識がまだまだ足りなかったと痛感する出来事でした。

みなさんもこのようなことがないよう気をつけてくださいね。

観葉植物の植え替え方法・新しい鉢に植え替える手順

基本の植え替え方

1.観葉植物を鉢から出し根に絡まっている土をほぐします

根と根の間についている土も取れる範囲でほぐしてください。
※根を傷つけてしまわないよう注意

2.ワンサイズ大きめの鉢の底に鉢底石を敷きます

これは通気性や水はけをよくするための工夫です。

3.観葉植物を入れで高さや位置をきめます

位置は中心にくるように、高さは鉢より少し下に土がくるように。
観葉植物の下や上、周りに土を入れて高さや位置を定めましょう。

根と根の間にも隙間なく土をいれるために棒で軽くつついて満遍なく土をいれます。

※観葉植物用の土を使うなら、すでに肥料が含まれているので追加する必要はないです。

4.土の表面に赤玉石や軽石など飾り石を敷くとなお良い

土の表面の乾燥防止や見た目もより一層おしゃれになります。

観葉植物を植え替えた後の管理方法

観葉植物は植え替えをしたら、それで終わりではありません。
植え替え後の正しい管理を知っておかなければ、せっかくの植え替えも水の泡となります。

植え替え後は日陰に置く

植え替え時に与える負担は、観葉植物にとって大きいものとなります。
すぐに太陽に当ててしまうと観葉植物は光合成を行おうと活発に活動しようとします。
負担が大きい時にエネルギーを使うとエネルギー不足となる反って元気がなくなります。

植え替え後は少し落ち着かせ体力を回復させるために日陰におきましょう。

落ち着いたら元の場所に戻してあげてください。

植え替え後の水やりの頻度

観葉植物の植え替え後は根が土にまだ馴染んでいません。
そのため、根が本来の力を発揮できていないので、水やりを控えます。

その期間は2週間程度を目安にしてください。
土の表面が乾いてきたら水やりOKのサインです。

観葉植物を新しい鉢に植え替えるときの注意点

植え替えは新しい土を使用する

古い土は土本来の栄養がすでに失われています。
新しい土を使用し、その土はできるだけ早く使いきるようにしましょう。

植え替え時期

観葉植物は基本的に冬の寒さに耐えようと休息期間に入ります。
その期間に植え替えを行ってしまうとエネルギー不足となり植え替え時にかかる負担に勝つことができないことがあります。

観葉植物が最も盛んに活動や成長を行うのは春から夏にかけてです。
その時期ですと観葉植物の回復も早い傾向にあります。
植え替え時に万が一多少根に傷をつけてしまっても、心配なく成長します。

鉢の大きさはワンサイズ上

観葉植物と鉢のバランス、根腐れ防止のために、観葉植物のサイズにあった鉢を使いましょう。