観葉植物の水やりの頻度に決まりは無い。水やりのタイミングとは

観葉植物を枯らしてしまうことの原因に水やりがあります。

友人宅の観葉植物はよく枯れているので聞いてみたところ、毎日水やりをしていると聞き驚きました。

水やりは難しいものなのかもしれませんが、慣れていくと元気に育っていきます。

そこで水やりの頻度について知りたいと思いますよね。
頻度は何日に一回水をあげるという決まりはないのです。

それではよくわからない思いますので、水やりのタイミングを紹介します。
タイミングを掴んだら水やりの方法も確認しておきましょう。
この時の注意点もあります。

また毎日観察することで、葉っぱが教えてくれることがありますよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物フィカス・ウンベラータは大きな葉が魅力、育て方のコツ

インテリアのひとつとして観葉植物は人気ですが、中でもフィカス・ウンベラータはとても人気があります。 ...

観葉植物をインテリアとしてリビングにセンス良く飾る方法

リビングに余計な物を置きたくないという方でも、観葉植物ならお部屋のインテリアになりますし、飾り方によ...

観葉植物の水やりで冬の季節に注意したい事。回数や時間や温度

温かい時はあまり気にならなかった観葉植物の水やりも、冬の時期になり気温や室温が下がってくるとどうした...

観葉植物を飾る場合にオススメな小さいタイプや飾り方を紹介

室内に観葉植物があると部屋の中も華やかになりますし、気分も癒やされますね。 インテリアとして置...

モンステラ・デリシオーサの育て方。元気に育てるポイント

観葉植物のモンステラは、お部屋のインテリアとしても人気の植物です。モンステラの仲間にもいろいろな種類...

観葉植物の虫対策!土からコバエが発生した時の対策と予防方法

家に置いている観葉植物からコバエが発生すると、とても嫌な気持ちになりますよね。家の中をブンブン飛び回...

観葉植物モンステラの剪定は意外に簡単。やり方と注意点を確認

観葉植物の「モンステラ」はテーブルに上に置ける小さいタイプのものから、リビングに置くインテリアとして...

観葉植物の鉢カバーで陶器タイプを使う場合のメリットと注意点

観葉植物の鉢はどんなタイプをお使いですか? 鉢カバーを使うことでインテリア性がアップしたり、素...

室内の観葉植物にカビが発生してしまう原因とカビの除去方法

室内で観葉植物を育てていると、土に白っぽいフサフサとしたものを目にしたことはありませんか?それは、カ...

失敗しないユッカ(観葉植物) の剪定方法と挿し木の仕方について

観葉植物のユッカは青年の木とも呼ばれ、育てやすいという特徴から、おうちのインテリアとして室内に置いて...

ガジュマルを育てよう。冬の水やりで注意することとは

ガジュマルは生命力の強い植物です。 春と夏、そして秋と冬の水やり方法を間違えなければ、のびのび...

観葉植物の人気者達の紹介。玄関の日差しに合わせて置きましょう

観葉植物をリビングに飾るお家はありますが、玄関にも観葉植物があったら素敵ですね。 玄関に日差しは入...

観葉植物「幸福の木」の葉が茶色になる原因と正しい対処法

プレゼントとしてもらった観葉植物の幸福の木(マッサンゲアナ)。比較的育てやすいと聞いたものの、葉が茶...

観葉植物の入った鉢が穴なしの場合の育て方。水やりや鉢カバー

買ったばかりの観葉植物は、黒や緑色のプラスチックの簡単な容器に入っています。 そのまま売られている...

観葉植物パキラの植え替え方法、手順や新しい鉢やタイミング

観葉植物の中でも人気が高いパキラは、大型サイズからテーブルや棚の上に飾ることが出来るサイズの物まで幅...

スポンサーリンク

観葉植物の水やりの頻度は?土が乾いたら水やりします

お部屋にグリーンがあると、パッと華やぎますし、何より癒やされますよね。
観葉植物は比較的育てやすいものが多いのですが、枯らしてしまったという話もよく聞きますよね。

観葉植物が枯れてしまう場合の原因として多いのが、「水やり」です。
簡単そうな水やりですが、適切でなければ、元気がなくなったり枯れてしまったりします。
なんとなく毎朝水やりしているというような方は、危険かもしれません。

水やりの基本

「土が乾いたら水やりする」と聞いたことはあるかもしれません。
しかし、正確には、「土がカラカラに乾いたら、たっぷりと水を与える」が好ましいです。

土の表面が乾いただけでも慌てて水やりする人がいますが、それでは与え過ぎです。
根腐れの原因になってしまうのでやめましょう。

土の中までしっかり乾いてからあげるのがベストです。

始めのうちは竹串などを挿して、湿り具合を手で確かめるのがもっとも確実です。
慣れてきたら、土の色や鉢の重さでも判断できるようになるでしょう。

観葉植物の水やりの頻度がわかったらやり方を確認しましょう

先ほどご紹介したように水やりの基本は、「土がカラカラに乾いたら、たっぷりと水を与える。」です。

土がカラカラに乾いた時が、水やりのベストタイミングです。

では、どの様に水を与えるのかご存知ですか?その答えは、「たっぷりと水を与える」です。

水やりの「たっぷり」は、鉢底の穴から水が出てくるくらい

土全体に水を行き渡らせたいので、一箇所だけではなく、全体にかけてくださいね。
しっかりと土が乾燥していると、たくさんの水が必要になりますから、驚かれる方もいるかも知れません。
水の量が少ないと土の下の方の根には水が当たらず、水枯れしてしてしまいますから、底穴から流れ出るまでたっぷりと与えてください。

観葉植物にたっぷり水を与える理由

水やりには水分補給だけではなく、鉢の中に溜まっているガスを押し出すという役割もあります。
土の中には根が排出したガスが溜まっているので、それを水圧で押し出して新鮮な空気を送り込むのです。
そのためにも、たっぷりの水が必要になります。

浅い水受けでは溢れてしまうので、深い水受けや容器を用意してその中で行ったり、ベランダや庭など、濡れても良い場所で行いましょう。

水やり後は1時間程度水切りしてから、元の場所へ戻します。

観葉植物の鉢の大きさで水やりの頻度は違います

観葉植物は様々な大きさのものがありますよね。
植物のサイズに合わせて、鉢の大きさも異なります。

水やりのベストタイミングは「土がカラカラに乾いた状態」ですから、鉢の大きさによって水やり頻度は変わります。

大きな鉢よりも小さな鉢の方が、土の量が少ないので乾きやすいですよね。
反対に大きな鉢では土の量が多いので、乾きにくくなります。

また、お使いの土の保水性・排水性・通気性などによっても、土の乾く速さに違いが出てくるでしょう。

土の乾きに影響を与えるのは、鉢の大きさ土の機能だけではありません。

観葉植物を育てている環境によっても、土の乾く速度が異なります。
乾燥している室内や日当たりの良い場所に鉢を置いていると、土は乾きやすいので水やり頻度は多くなります。

観葉植物に水やりをしたら受け皿の水は捨ててください

水やりでは、水やりのタイミングや量が重要視されがちですが、水やり後にも注意が必要です。

水やりする時にはたっぷりと水を与えるので、底穴から水が出てきますよね。
流れてきた水は受け皿に溜まると思います。

観葉植物の受け皿に溜まった水は余分な水

「乾燥したら吸い上げるかも」とそのままにする方もいますが、これはおすすめできません。

受け皿に水が溜まったままの状態では、土がずっとジメジメとした状態になりますから、根はうまく呼吸することが出来ず、根腐れの原因となってしまいます。

また、カビや病気などの原因にもなるので、受け皿の水は必ず捨てるようにしましょう。

水やり後、水切りした場合でも水が出てくることがありますから、受け皿に水が溜まったら、その都度捨てるようにしましょう。

毎日観葉植物の葉っぱを観察してタイミングをみつけましょう

ここまで水やりについてご説明してきましたが、観葉植物を育てる時には、水やりだけではなく、観葉植物自体にも目を向けて欲しいと思います。

毎日葉っぱの状態を観察していると、観葉植物の調子がわかるようになってきます。
土が乾燥してきて、水を欲しそうにしている時には、葉が少し萎れたようになりますし、十分足りている時には、ピンッと張りのある葉っぱをしていると思います。

葉っぱの状態を毎日観察していると、水やりのタイミングが掴みやすくなりますよ。

毎日観察して、可愛がってあげてくださいね。

観葉植物の水やりの他に葉水もあげてください

観葉植物の水やり方法は、ジョウロでたっぷりと与える方法の他に「葉水」という方法があります。

観葉植物への葉水は霧吹きで葉っぱに水をかける方法

多くの観葉植物は熱帯湿潤地帯に自生していた植物ですから、葉水で湿度調整をしてあげましょう。
葉っぱに潤いを与えるだけでなく、病害虫を予防する効果も期待できます。

葉水は、観葉植物へのストレスを軽減するために、毎日決まった時間帯に行うのがおすすめです。
葉水をする時には、葉っぱだけではなく幹へも霧吹きしてあげると良いでしょう。
より、自生していた環境に近づけることが出来ます。

ここまで、水やりについて説明してきましたが、ポイントは以下の3つです。

水やりポイント

  • 土がカラカラに乾いたらたっぷりと与えること
  • 受け皿の水は捨てること
  • 葉水は毎日同じ時間帯に行うこと

これらを意識して上手に水やりを行って、元気な観葉植物を育てましょう。