観葉植物をインテリアとしてリビングにセンス良く飾る方法

リビングに余計な物を置きたくないという方でも、観葉植物ならお部屋のインテリアになりますし、飾り方によってはとても素敵なインテリアになってくれます。

リビングに置く観葉植物はセンスよく飾りたいものですね。

そこで飾り方やレイアウトのコツをご紹介していきます。
まずは大・中・小のサイズ別の飾り方をみてみましょう。

リビングのどこに置いたらいいの?というお悩みもありますね。
観葉植物を置くおすすめな場所も紹介します。

アパートやマンションでも人気が高い、上から吊るすタイプもインテリアとして素敵です。
併せて読みたいリビングでの観葉植物の育て方のポイントもご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物の植え替え方法!鉢の大きさと植え替えて順・注意点

観葉植物を育てているとき、鉢を大きくして植え替えを行う必要があります。ですが、度のタイミングで植え替...

観葉植物ウンベラータの育て方。水やりのポイントや剪定のコツ

種類の多い観葉植物の中でも、ハート型の葉っぱが人気のウンベラータ。自宅で育てる方も多いですが、その姿...

エアプランツの育て方。冬の時期、室内で育てる時のポイント

エアプランツは土がいらないので、育てるのは意外と簡単です。 ですが心配なのは気温が下がってしまう冬...

観葉植物のウンベラータに素敵なアクセント、曲がりをつける方法

観葉植物のウンベラータは、まっすぐと伸びているものもありますが、園芸店て並んでいるものは曲がりがある...

観葉植物ガジュマルの植え替え目安と方法・植え替え後の管理方法

観葉植物のガジュマルを元気に長く育てるには、適切なタイミングと時期に植え替えをする必要があります。ガ...

観葉植物の鉢カバーで陶器タイプを使う場合のメリットと注意点

観葉植物の鉢はどんなタイプをお使いですか? 鉢カバーを使うことでインテリア性がアップしたり、素...

ガジュマルは冬の管理を間違えると枯れることも!正しい管理方法

はじめてガジュマルを育てる人に注意していただきたいことの一つに、冬の管理の仕方があります。管理方法を...

ベンジャミンの観葉植物の剪定方法や注意点、枯れた場合の対処法

観葉植物の中でも人気が高いベンジャミンですが、ベンジャミンは剪定をすることで美しさを保つことができま...

観葉植物のおすすめ。おしゃれを演出してくれる植物と飾り方

おしゃれな空間作りに観葉植物は欠かせない存在。観葉植物があるだけでお部屋の雰囲気は変わます。 ...

観葉植物【カポック】の挿し木のポイントと育て方について

観葉植物のカポックを増やしたいときには挿し木がおすすめですが、この挿し木をするときにはどんなことに気...

観葉植物フィカス・ウンベラータは大きな葉が魅力、育て方のコツ

インテリアのひとつとして観葉植物は人気ですが、中でもフィカス・ウンベラータはとても人気があります。 ...

【ポトス】観葉植物の育て方!好む環境や水やり・基本の栽培方法

観葉植物の中でも人気が高いポトス。家に観葉植物を置きたいと考えている人の中には、ポトスを置くことを検...

観葉植物を置いて風水運を玄関から呼び込もう。おすすめを紹介

風水のことを考えて観葉植物を飾る方も多いと思います。 リビングに飾るだけではなく、風水を意識し...

パキラの植え替え時期の目安と植え替え方法・正しい管理方法

観葉植物のパキラは、植え替えをすることで大きく育てることができます。 パキラがどのような状態に...

観葉植物を室内に置きたい!虫がつかない観葉植物をご紹介

室内で観葉植物を育てている場合に、気になるのが観葉植物につく小さな虫ですね。 気を付けていても...

スポンサーリンク

リビングのインテリアとして飾りたい観葉植物の大きさ別の飾り方

趣味で観葉植物を育てている方ですが、観葉植物も上手な家のインテリアにならないかな?と置き場に悩むこともありますよね。特に、リビングに置きたいとは思っているけど、リビングはリビングであっても、どこら辺が調度良いのか、知りたい!という悩みを持っている方もいると思います。

その悩みの答えですが、ずばり、「観葉植物の大きさ」によっても違ってくると思います。

小さい観葉植物をリビングのインテリアにする場合

台の上、飾り棚の上を利用する、雑貨とコーディネートしてみる、などがセンスの良い飾り方になります。

中位の観葉植物をリビングのインテリアにする場合

置き場としては、サイドテーブルの上であれば、良いインテリアになります

大きい観葉植物をリビングのインテリアにする場合

部屋の角が最適になってきます。大きな観葉植物も日光に当たらなくていけないので、角あたりが最適になりますね。

観葉植物をリビングのインテリアとして飾るならこんな場所

観葉植物を上手に育ててはいるけど、部屋のインテリアとしてみると、イマイチしっくり来ない。そんな方ですが、少し観葉植物を置く位置を変えて見ませんか。同じリビングに置くにしろ、雰囲気が変わってきます。

観葉植物をリビングのインテリアにしたいなら

  • 何も置いてない場所に置く
    お部屋の中で何も置かれていないスポットはありませんか?そんな少し「寂しいな」と思えるスポットに観葉植物を置くと、部屋がより生き生きとしてきます。その際のポイントですが、人が通らない場所を選びましょう。人が通るともなると、邪魔になってしまいます。
  • 部屋のコーナー
    先程、大型の観葉植物は部屋の角に置くと良いという風に紹介しましたが、大きさは「大きい観葉植物」にこだわる必要はありません。小さいものでも、中くらいのものでも対応は可能ですので、置いてみて下さい。
  • 家具の横
    おしゃれにしたい場合ですが、家具の横におくと中々のインテリアになります。今、家具の横に観葉植物が置かれていないようでしたら、ちょっと移動してはいかがですか?

インテリアとして観葉植物をリビングに飾る場合は鉢のデザインも重要

せっかく観葉植物を枯らさずに大切に育てているのに、置く場所が違うだけで、部屋の雰囲気がぱっとしないとなると、少し物足りない感が残ってしまいます。

「ここに置くと良いよ」とうアドバイスを上記では説明してきましたが、プラスとして、観葉植物ともなると、鉢のデザインも考慮してみると、部屋のインテリアになってきます。

例えばあなたの部屋は洋風でしたら、洋風のものを選び、和風でしたら、和風のものを選んでいきましょう。部屋が洋風なのに、和風の鉢を選んでしまいますと、やはりミスマッチになってしまいます。その為、部屋の雰囲気にあったものを選ぶことも一つの重要な要素になってきます。

また、私の部屋は洋風でもないし、和風でもないという方がいましたが、そういう方は部屋のメインの色がどんな感じなのか考えてみましょう。例えばホワイト系でしたら、反対に色があるものを選んでみると、部屋の雰囲気が変わってきて、良いインテリアになってきます。

リビングに観葉植物をハンギングプランターで飾るとオシャレなインテリアが完成

リビングに観葉植物を置いて良いインテリアにしていきたい。観葉植物だけでは物足りので、何か役立つアイテムはないかな?そんな疑問を持っていませんか?

「ハンギングプランター」って聴いたことがありますか?あぁ、天井から吊るすやつ?と思う方もいらっしゃると思います。

観葉植物をインテリアとしておしゃれに飾るハンギングプランター

リビングを観葉植物でよりインテリアっぽく、センス良く飾りたいのであれば、ハンギングプランターを使うことも一つの選択肢だと考えるべきだと思います。

リビングの中で置き場所を変えると、確かに部屋の雰囲気が変わり、よりセンスがよくなった!っと感じると思いますが、少し飾り道具を使って、より部屋に観葉植物の活力を導入してみてはいかがでしょうか。

沢山小さな観葉植物を育てていて、並べていたとしても、ハンギングプランターで天井から2つ位の観葉植物を飾ってみたら、またお部屋、リビングが違う感じに変化していきます。

リビングに「何かもう少し足りないな」と感じている人には、ハンギングプランターの利用でより賢く観葉植物を育てることをオススメします。

リビングに置く観葉植物の気を付けたいこと

観葉植物はどんな点に注意して飾りを工夫して行けばよいのでしょうか。2つの点を紹介していきたいと思います。

  • 温度調整
    大体の観葉植物ですが、冬は寒い所は苦手になります。リビングの中でも、寒い所にずっと置き続けると枯れる可能性があるので、特に冬の時期は置き場所には注意しましょう。少し暖かい所がベストになります。
  • 日光
    いくらインテリアとはいえ、観葉植物も成長するには、日光は必要になります。日が当たらない所だと、枯れてしまうので、日光が当たる場所を選びましょう。

リビングに観葉植物を置いていても、置き場所一つでインテリアが変わってきます。良い置き場所について説明してきましたが、是非あなたのリビングで試してお部屋の雰囲気を変えていって下さい。鉢であったり、ハンギングプランターなどの道具もオススメになってきます。あなたのお部屋のリビング、より良いインテリアにして下さいね。