モンステラの気根が出てきたら挿し木に挑戦してみましょう

モンステラを増やしたいのであれば、気根が出てきたときが挿し木のタイミングとなります。

生命力の強いモンステラですが、挿し木を成功させるにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。ポイントは土と挿し木の選び方です。

おすすめな挿し木の時期や方法を紹介します。モンステラを切るときや植えるときは、樹液に触らないよう気をつけましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物の育て方。パキラの置き場所や水やりや元気に育てるコツ

観葉植物の中でもパキラは育てやすく、人気があります。 日が当たる場所を好みますが、あまり日が当...

観葉植物の育て方【ガジュマル】上手に栽培できる基本的な育て方

自宅に観葉植物を置いて育てたいと考えている人もいますよね。ガジュマルは、大きなものから小さなものまで...

エアプランツの育て方【水やり】ミスティングとソーキング

エアプランツの育て方はとっても簡単!と言われていますが、生き物ですから、勝手に育ったり増えたり元気に...

観葉植物の土にわいてしまった虫対策のやり方と防止方法

観葉植物の周りを小さな虫が飛んでいるのをみたことはありませんか? 残念ながら観葉植物の土に虫がわい...

観葉植物を飾る場合にオススメな小さいタイプや飾り方を紹介

室内に観葉植物があると部屋の中も華やかになりますし、気分も癒やされますね。 インテリアとして置...

観葉植物モンステラの剪定は意外に簡単。やり方と注意点を確認

観葉植物の「モンステラ」はテーブルに上に置ける小さいタイプのものから、リビングに置くインテリアとして...

観葉植物をインテリアに。大型でもリビングに適した種類とは

観葉植物で大型のものと言えば、一般的には150センチ以上のものを指します。 大型の観葉植物で代...

室内の観葉植物にカビが発生してしまう原因とカビの除去方法

室内で観葉植物を育てていると、土に白っぽいフサフサとしたものを目にしたことはありませんか?それは、カ...

観葉植物につくコバエの発生原因についてと対処法も紹介

室内に観葉植物を置いている時に困ってしまうのが、コバエ問題ではないでしょうか。 いつの間にか発...

観葉植物を室内に置きたい!虫がつかない観葉植物をご紹介

室内で観葉植物を育てている場合に、気になるのが観葉植物につく小さな虫ですね。 気を付けていても...

観葉植物と風水の関係。リビングに置きたい種類とその効果とは

観葉植物との関係も深い「風水」は気になりますね。 リビングに置きたい観葉植物。せっかく置くなら...

サンスベリアスタッキーは偽物が多い?本物の見分け方について

観葉植物のサンスベリアのスタッキー!よく園芸店で見かける植物だと思っていましたが、実は本物ではないこ...

ポトスの植え替え時期はいつがいい?ポトスの育て方について

ポトスを植え替えするのに適している時期はいつなのでしょうか? 観葉植物を植え替えは鉢が小さくな...

観葉植物で運気アップ!育てやすい風水的にもおすすめの観葉植物

家の中に観葉植物を置いて、運気をアップさせたいと考えている人もいますよね。風水では、観葉植物を置くこ...

観葉植物の鉢カバーで陶器タイプを使う場合のメリットと注意点

観葉植物の鉢はどんなタイプをお使いですか? 鉢カバーを使うことでインテリア性がアップしたり、素...

スポンサーリンク

モンステラに気根が出たら挿し木のチャンス!

モンステラは成長すると気根が出てきます。

気根とは?
葉の付けの根辺りから伸びてくる茶色い根のような部分の事です。

気根は土に入るとそのまま根になる

空気中にある間は空気中の水分を吸い取ったり、反対に水分を発散したりします。

気根はどんどんと伸びて周囲のものに巻きついたりしてモンステラが生息域を広げていく足がかりとなります。

挿し木は気根がある部分を利用すると成功率があがる

但し挿し木を行う時期が重要

モンステラがよく成長する暖かい季節に行うようにします。

モンステラは熱帯の植物なので日本では冬季間は休眠します。春になり暖かくなると目覚めて成長を始めるので、5月から7月頃までが最も良い時期となります。

熱帯の植物とはいえ暑すぎると元気がなくなるので、8月は避けた方が良いでしょう。8月になってしまった場合には反対に暑さが引くのを待ち、9月に行うことをおすすめします。

モンステラは冬季の休眠期間には殆ど成長しない

挿し木をしても新しい根が伸びてこなくて失敗してしまう可能性が高くなります。

10月になってしまった場合には、無理をしないで翌年に行うことをおすすめします。

気根があると根付きやすいのでそのままにしておくとよいのですが、伸びすぎた気根は植木鉢には入りません。

モンステラは生命力の強い植物なので、ある程度気根を切ってしまっても大丈夫です。そのため気根の長すぎる部分は切っておいても問題ありません。

モンステラの気根の部分を挿し木にする方法

挿し木は、植物の茎や葉などを直接土に植えて増やす方法です。モンステラは挿し木がよく根付きやすい植物なので、種から植えて育てるのよりも早くて簡単なため殆どが挿し木で増やされています。

挿し木を行って増やしたい場合には、気根が出てきたときには切らずに残しておきましょう。
  • 全体のバランスを見て不要な部分を気根ごと切り取ります。
  • 葉が多く付いている場合には2枚程度残して切ってしまいます。

沢山増やしたい場合には、葉の付け根の茎の部分で気根が生えている部分、または盛り上がっていて気根が生えてくる部分ごとに切り分けます。

気根を水に付けておくと気根から根が出てきます。

モンステラの気根を挿し木として土に植えてみましょう

植木鉢に土を入れて挿し木をしてみましょう。

  1. 植木鉢の底石を敷き、土を入れます。土は挿し木用の土が最適ですが、観葉植物用の土でも大丈夫です。
  2. 気根が張っていたり事前に水に浸けておいて根が出ている場合には最初土を少なめに入れてモンステラを真っ直ぐと置いてから土をかけていきます。
  3. 土に刺す部分が真っ直ぐだったり小さい場合には鉢に土を入れてから割り箸などで調度入る程度の穴を開けて挿すとよいでしょう。
  4. 気根は多少切っても大丈夫なので、鉢につっかえてしまう部分がある場合には切り落として入れましょう。

モンステラを外に置く場合

鉢の底にネットを敷いておくとワラジムシなどの虫が入るのを防ぐことができます。

また、モンステラを切ると汁が出ますが、それは触らないようにしましょう。

有害な成分が含まれているのでかゆくなったり炎症を起こしてしまう場合があります。手袋を履いて作業を行うようにしましょう。

モンステラの挿し木をした後の育て方

挿し木をした後は安静にしておきましょう。

モンステラは明るい日陰で育てる

また、風が当たると乾燥して枯れたり倒れてしまうので風が当たらない場所を選ぶか、大きなものを置いてガードしてあげましょう。

まだ根がないうちは水を吸うことができないので水をあげすぎると腐ってしまいます。

そのため水は最低限に土を湿らせる程度に与えます。その代わり葉全体に霧吹きで水をかけてあげましょう。4週間程度で根がある程度出るので、そうしたら根から水や栄養を吸えるので通常通りに管理します。

挿し木を行う時に土に埋める部分にミズゴケを巻きつけておくとより成功率が上がります。

一ヶ月程度経過して根がしっかりと成長してきたら、ワンサイズ大きな鉢に植え替えてあげましょう。
その場合は根に負担をかけないように鉢の土ごと取り出して崩さないようにして新しい鉢に入れます。

モンステラの挿し木を成功させるポイント

モンステラは気根が出る植物なので、気根が付いている部分を挿し木すると非常に成功率が高くなります。反対に言うと、気根が付いていない部分は成功しづらくなります。
気根は水中や土中に入るとすぐに根が出てくるので、モンステラを増やしたいと考えている場合には気根をうまく育てることが大切です。

気根は株が大きくなると自然と出てくる

それを待って挿し木を行うとよいでしょう。

挿し木を行った後の置き場所と水のあげ方が重要

 

風の当たらない日陰に置く事が大切

挿し木を行ったばかりの時は赤ちゃんのようなもので、大人では耐えられる日差しや風に耐える事ができません。

水やリに不安がある場合

土が乾燥しないように水をあげる必要がありますが、土が常にじめじめしていると腐ってしまう場合があります。
根に適度な水分が行き渡るようにするには、土の表面が乾いたら水が鉢の底から浸み出る程度あげましょう。

気根など土に埋める部分に水を含ませたミズゴケを巻きつけておくとことをおすすめします。植え替える際にはミズゴケを取ると細い根まで切れてしまうので、ミズゴケはそのままにしておきます。