アンスリウムの花を長く楽しむには花が変色してきた時がポイント

アンスリウムは葉と花部分のコントラストが鮮やかで美しい花です。花が咲き始めたらできるだけ長く楽しみたいと思いますよね。

アンスリウムの花を長く楽しむためには、花の変色がポイントとなります。

ここではアンスリウムの花の変色について、変色した場合の対処方法についてご紹介をいたします。初めてアンスリウムを育てる方は花の位置を間違えてしまっていることもあるので、確認をして花がら摘みを行うようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サンスベリアスタッキーは偽物が多い?本物の見分け方について

観葉植物のサンスベリアのスタッキー!よく園芸店で見かける植物だと思っていましたが、実は本物ではないこ...

観葉植物の土に虫わかないようにする方法!土の選び方と対処法

観葉植物の土から虫がわきてしまうことがあります。家の中に虫がいると、快適な生活ができませんよね。 ...

観葉植物ウンベラータの挿し木に適した時期と元気に増える手順

ウンベラータは、大きなハート型の葉が人気の観葉植物です。ウンベラータを増やしたいという時には、挿し木...

鉢の受け皿が必要な場合といらない場合について。選び方も紹介

観葉植物などの鉢を飾る場合には受け皿は必要なのでしょうか。 観葉植物の鉢植えを購入したり、インテリ...

観葉植物の人気者達の紹介。玄関の日差しに合わせて置きましょう

観葉植物をリビングに飾るお家はありますが、玄関にも観葉植物があったら素敵ですね。 玄関に日差しは入...

観葉植物でオシャレなリビングを演出。印象的な葉の観葉植物を

観葉植物って、いろいろな種類がありますよね? どんな種類の観葉植物を、リビングのインテリアとして飾...

観葉植物パキラの植え替え方法、手順や新しい鉢やタイミング

観葉植物の中でも人気が高いパキラは、大型サイズからテーブルや棚の上に飾ることが出来るサイズの物まで幅...

観葉植物の人気で育てやすい5選を紹介。その強さと育て方のコツ

観葉植物を置きたくてもうまく育てる自信が無い、すぐに枯らしてしまうのが心配という方にぴったりな育てや...

エアプランツの育て方【水やり】ミスティングとソーキング

エアプランツの育て方はとっても簡単!と言われていますが、生き物ですから、勝手に育ったり増えたり元気に...

観葉植物を室内で育てる時の虫対策と虫が発生しにくい観葉植物

観葉植物を室内で育てるときのお悩みの一つに、観葉植物に発生してしまう「虫」があります。 家の中...

パキラが根腐れしてる?冬に起こるパキラのトラブルと対処方法

大事に育てていたパキラの様子がおかしい、もしかすると根腐れを起こしているかも知れないという場合、夏場...

観葉植物の大型タイプを置いておしゃれな空間を演出。その飾り方

リビングにアクセントをつけてくれる大型の観葉植物。 インテリアとしてもおしゃれな観葉植物は何を...

観葉植物のおしゃれな造花の飾り方や人気のタイプを紹介

観葉植物を置きたくても、忙しくてなかなかお世話をする時間が無いという人にオススメなのが、生ではなく造...

観葉植物を室内に置きたい!虫がつかない観葉植物をご紹介

室内で観葉植物を育てている場合に、気になるのが観葉植物につく小さな虫ですね。 気を付けていても...

観葉植物に虫がわくのは土が原因の場合。土の問題を解決します

観葉植物に虫がわくことでお悩みではありませんか。 その嫌な虫は土が原因かもしれません。どんな土...

スポンサーリンク

アンスリウムの花が変色し始めたら花殻摘みの時期

きっとあなたはアンスリウムという赤く、立派なお花に興味を持っていますよね。このアンスリウムという花、花の色が変わる季節があります。その時期がきたら、花殻摘みをする時期です。

アンスリウムのお花が咲く時期は夏から秋

アンスリウムは美しい花を夏から秋まで咲かせます。この期間はアンスリウムの花が満開になり、お花を楽しむことができます。ですが、その花も緑色に変わります。変わったら、花殻摘みの時期に入ります。

花殻摘みをすることで栄養が全体に行き渡るようになる

花殻摘みの目的は、咲いている花を取ることにより、他の部分に栄養が行きやすくするためです。そのまま花殻摘みをしないと、実の部分に栄養が行かなくなり、根本である株の部分が弱まります。それを避けるために花殻摘みをして、株を強めます。

株が強くなれば、新しい花も咲きやすくなります。株に必要なエネルギーを残すために、花殻摘みが必要と言えます。

綺麗に咲いていても摘まなくちゃならないんですね。

アンスリウムの花が変色したら行う花殻摘み!その効果とは

アンスリウムだけではなく、他の種類のお花にも同じことは言えると思いますが、花殻摘みをすることによって、アンスリウムに様々なメリットがあるんです。

アンスリウムの花が変色したら行う花殻摘みのメリット

そのメリット、効果なんですが、新しいお花が咲きやすくなるんです。「このお花、ちょっと元気がないな」だとか、「枯れてきたな」と目で感じたら、そのお花、根本から切って下さい。その部分に余計が栄養素が行っているので、それを新しいお花を咲かせるために使うのです。アンスリウムのお花は1ヶ月とわりと花が咲いてから枯れるまで時間が持つお花です。もう充分お花を満喫させてもらった、お疲れ様という気持ちも込めて、元気が無い花は切って、また別の新しいお花を楽しんで下さい。

その際、すぐに根本が切れる道具を使って下さい。あまり切れないものを使うとアンスリウムには負担になります。元気な状態を保つためにも、切れ味の良いものを使用して下さい。

また不必要な部分を切ることにより、全体的なバランスを取れるメリットもあります。やっぱり花殻摘みは必要なんですね。

アンスリウムの花の位置は間違っていない?肉穂花序と仏炎苞

あまりよく知られていないかもしれませんが、アンスリウムはサトイモと関係があります。分類としては、アンスリウムはサトイモ科に属しています。

そして、アンスリウムを育てて、そのお花を楽しみたいと思っている方に一つアドバイスをしたいと思います。それは、アンスリウムは、仏炎苞、花びらを楽しむ観葉植物として知られていることです。聞き慣れない言葉かもしれませんが、お花は肉穂花序と仏炎苞という部分に分かれます。アンスリウムは、この仏炎苞という部分を楽しむ観葉植物になり、肉穂花序ではないので、注意して下さい。

どちらにしろ、お花事態はとても美しいものです。赤が有名ではありますが、他にも白や黒も存在します。いくつかの色があるので、あなたが最も好きな色を選んで育てて下さい。

また、花殻摘みですが、この仏炎苞の色が少し元気がない、枯れたと判断できる時にします。その時期が花殻摘みには適切になります。

アンスリウムの葉が変色する場合について

アンスリウムの花が変わって、緑色に変化したら、それは花殻摘みをする時期です。

育てるうちに、お花ではなく、葉っぱの色が変わっていることに気づいたりします。

葉っぱの色が変わっていたら、元気がない証拠

アンスリウムは日光がないと元気には育ちません。葉っぱの色が変わっているのなら、その原因の一つは、日光に当たる時間が少ないからです。日光が当たらない場所に置いているのなら、場所を移動して、アンスリウムが日光浴をしやすくして下さい。また、活力剤で必要な栄養を与えることも可能です。

逆に日光に当たりすぎでも枯れてしまいます。その場合は逆に少し日差しが弱いところに移動させて下さい。

水分も多い

日光以外でも水やりの量が多くて葉っぱが枯れることがあります。その場合は水やりを控えて、乾燥させるためにも日光にあてて下さい。鉢で育てている場合は、根が腐っているかもしれません。その部分を取って、元気にさせることも可能です。

アンスリウムの花を咲かせるには葉の成長がポイント

アンスリウムを育てていて、お花を咲かせないと不安になりますよね。

葉っぱはたくさんついていますか?

アンスリウムは葉っぱが沢山つかないと、お花も咲きません。お花が咲かない、お花を楽しめない状態にいるのなら、その前の段階、葉っぱがつかない原因があなたのアンスリウムにはあります。

もしかしたら、根詰まりしているのかもしれません。これまでグングン成長して、ずっとお花を楽しんでいましたか?だとすると、根も成長して、葉っぱを出すほどの元気がないのだと思います。鉢をより大きなサイズに変えて下さい。

もしくは、葉っぱを出す元気がない、肥料がないという可能性もあります。葉っぱを出す元気がないのなら、お花も咲きません。肥料を与えて、まずは葉っぱをつけて下さい。

アンスリウムは力強く赤い花を咲かせてくれるのに有名な花です。この花の色が変わり始めたら、花殻摘みをする時期です。そうすることにより、株により栄養が行きやすくなり、新しい花を次々と咲かせてくれます。花が咲かない時は、葉っぱがついているか確認して下さい。葉っぱがついていないのなら、何か、栄養素が足りていない証拠です。