観葉植物を室内で飾る場合は鉢選びも重要。インテリアに合った鉢

観葉植物が室内にあると、おしゃれだったり癒やしの空間になりますね。

またインテリアにマッチした観葉植物や鉢だと、一層素敵なお部屋になるでしょう。

室内に置く場合にはどんなタイプの鉢が良いのでしょうか。
そんな疑問にお答えします。

まずは室内に置ける鉢のタイプ、プラスチックやテラコッタなどの鉢の種類やそのメリットをご覧ください。

鉢は大きい物はがいい?小さい物がいい?メリットやデメリットも参考になるでしょう。
観葉植物を飾る場所や飾り方のコツ、インテリアに合った鉢のタイプもご紹介します。

観葉植物を入れる鉢も大きな役割を持ち、観葉植物やインテリア全体を魅力的に演出してくれます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物の大型でも育てやすい種類と飾り方や育て方を紹介

リビングや玄関に大型の観葉植物を置いてインテリアとしても楽しみたいけれど、枯れてしまうのが心配ですね...

観葉植物ウンベラータに元気がない原因・虫や病気の対策を紹介

自宅で育てている観葉植物のウンベラータに元気がない・枯れてきたなどのトラブルが起きた時は、虫や病気が...

観葉植物【造花 】をインテリアとして置くときのポイント

部屋に観葉植物を起きたいけれど、お世話や虫が出るのは嫌という人におすすめなのが造花の観葉植物です。 ...

観葉植物の水やり方法・旅行で1週間家を空ける時の水やり方法

1週間程度の旅行を計画したとき、自宅で観葉植物を育てている人は、その間の水やりをどうしたらいいのか悩...

パキラの編み込みが枯れるのはなぜ?枯れる原因と対処法

観葉植物のパキラの中には、茎が編み込みされているおしゃれなパキラもありますが、気付くと根が枯れること...

パキラが根腐れしてる?冬に起こるパキラのトラブルと対処方法

大事に育てていたパキラの様子がおかしい、もしかすると根腐れを起こしているかも知れないという場合、夏場...

観葉植物ユッカの植え替えが必要なタイミングと植え替え方法

観葉植物のユッカは成長が盛んな植物です。今の鉢のままでは窮屈で、元気に育てなくなってしまいそうな時に...

室内の観葉植物にカビが発生してしまう原因とカビの除去方法

室内で観葉植物を育てていると、土に白っぽいフサフサとしたものを目にしたことはありませんか?それは、カ...

モンステラ・デリシオーサの育て方。元気に育てるポイント

観葉植物のモンステラは、お部屋のインテリアとしても人気の植物です。モンステラの仲間にもいろいろな種類...

観葉植物の人気者達の紹介。玄関の日差しに合わせて置きましょう

観葉植物をリビングに飾るお家はありますが、玄関にも観葉植物があったら素敵ですね。 玄関に日差しは入...

観葉植物「セローム」の植え替え方法と植え替え後のケアについて

観葉植物のセロームを植え替えするときにはどのように行えばいいのでしょうか? 元気のない観葉植物...

観葉植物をインテリアに!大型で室内に置く初心者向きの観葉植物

室内のインテリアとして、大型の観葉植物を置きたいと考えている人もいますよね。 ですが、今まで観葉植...

エアプランツの飾り方。壁に飾るだけでおしゃれな空間の完成

エアプランツをさり気なく飾るとスタイリッシュなインテリアになります。 開いたスペースに置くだけ...

ホヤを増やして楽しもう!植物の増やし方とホヤの管理方法

植物のホヤを育てている人の中には、ホヤを増やして楽しみたいと考えている人もいるのではないでしょうか。...

ストレリチアとオーガスタの違いは?見分け方をご紹介

ストレリチアとオーガスタは見た目がそっくりで、どちらなのか見分けがつかず困ってしまいます。 し...

スポンサーリンク

室内に置く観葉植物の鉢はどんなタイプでも置けますが、注意点もあります

観葉植物が手元にある場合、室内で育てるときの適切な鉢ってどんなものがあるの?そんな疑問がある方っていますよね。

そんな疑問を持っている方々の為に、室内で観葉植物を育てるときは、どんな鉢がオススメになってくるのか、ここでみてみたいと思います。

どんな鉢でも大丈夫といえば大丈夫になります。しかし、大きな鉢を使用すると、重くなってしまうので、鉢というよりも、床を傷つけることになると思います。部屋の他の部分を傷つけないように、鉢のサイズには、注意して下さい。

どんなタイプの鉢でも、室内に置けますが、鉢は通気性の良いもの、水持ちが良いものがオススメになってきます。陶器鉢、表面がコーティングされているものは、通気性もよく、水持ちも良いものとなっているのでオススメになります。金属素材のものは、家の中でも存在感を出せるものとなってきます。

室内に置きたい観葉植物の鉢の種類とメリットを紹介

室内で育てることができる観葉植物には、どんなものがあるのか、また、どんな観葉植物が初心者にはオススメになるのか、悩むことがあります。また、鉢には「どんな種類のものがあるのかな?」と思ってしまいますよね。

どんな種類の鉢の種類がオススメになり、その鉢を利用するメリットを紹介していきたいと思います。

鉢の種類としては、プラスチック、素焼き鉢、テラコッタ鉢と3種類あります。それぞれにメリットがありますので、紹介していきます。

  • プラスチック鉢
    なんといっても、軽いのがメリットです。この「軽い」ことを上手に利用して、飾りとしては、「ハンキング」することができるのもメリットだと思います。また、形や色、サイズも豊富などで、選択肢も色々ありますよね。
  • 素焼き鉢
    鉢の中でも人気なものになってきます。小さな穴があるため、排水性が良いこと、通気性が良いことが素焼き鉢のメリットになります。根腐れしないので、枯れにくいこと、また、乾燥しやすい為、乾燥に適している観葉植物に向いています。
  • テラコッタ鉢
    人気な理由ですが、デザインとサイズが豊富なことが理由だと思います。水持ちが良いこともメリットと言えます。

観葉植物を室内に置く時の鉢の大きさに関すること

室内で観葉植物を鉢で育てるときは、鉢の大きさも関連してきます。適切なサイズを使用して、あなたがこれから可愛がる観葉植物を上手に育てていきましょう。

その為に、鉢が大きい時と小さい時で、どんなメリットが存在するのか、一緒にチェックしていきましょう。

鉢が大きい時は観葉植物も大きくなる

  • 根にスペースがあるので、大きく育つことができる
  • 水やりをする時、保水量があるので、水やりの間隔をあけることができる

デメリットとしては、鉢が大きい分、土の量が増えて、重くなります。

鉢が小さいと観葉植物の移動が簡単

  • 場所が狭くても観葉植物を育てることができる
  • 観葉植物をそれ以上あまり成長させたくない時には有効
  • 鉢が小さいと、土の量も少ないですし、重さがないので、移動が簡単になる

デメリットは、根が育たないので、株は大きくなりません。また、水をこまめに与える必要があります。

室内に置く観葉植物の鉢は雰囲気にあわせて

室内に観葉植物を置くとき、鉢はインテリアにもなりますし、雰囲気を作り出してくるので、大切なアイテムになってくると思います。観葉植物が一つあるだけでも、その場の雰囲気が変わってきますし、部屋の雰囲気を変えてくれる観葉植物を入れる鉢だって、部屋のチャームポイントになりますよね。

そんなチャームポイントになる観葉植物の鉢はどんなものを選んでいけば良いのでしょうか。

観葉植物の鉢を購入する前に心に刻んでおいた方が良い事ですが、いくらオシャレで可愛い観葉植物を購入して、素晴らしい鉢を選んだとしても、お部屋の雰囲気に合っていないと、お部屋全体がオシャレな雰囲気にはならないと思います。

観葉植物の鉢を購入する時にポイントになるのは、お部屋がどんな感じなのか思い浮かべて、それに合うものを購入すると良いと思います。

お部屋が洋風でしたら、洋風の鉢が合うでしょうし、和風でしたら、和風のものが似合うと思います。白っぽいお部屋でしたら、白い感じの鉢がオススメになってくるので、あなたの部屋の雰囲気に合ったものを購入すると、お部屋と観葉植物、鉢にまとまった感が出てくると思います。

お部屋のインテリア別で相性が良い鉢を紹介

これまでどんな鉢が観葉植物を育てるのに合っていくのか、みてきました。

観葉植物の鉢を選ぶときには、あなたが持っている観葉植物に合わせた鉢で、あなたの部屋にあった鉢を選ぶ必要がありますよね。そこで気になるのがあなたの部屋にはどんな鉢が合うのかということではないでしょうか?

あなたの部屋は、どんなインテリアになっていますか?ここで数点紹介していくので、あなたのインテリアに合った鉢を選んで、より素敵なお部屋にしていって下さいね。

  • シンプルモダン
    そのようなスタイルのお部屋にシンプルな陶器、金属製の鉢、シルバーの鉢が似合います。
  • シックモダン
    シンプルモダンと同じ方向性になるので、シンプルモダンと同じ鉢の種類を選びます。
  • 和モダン
    焼き物の鉢、盆栽鉢も相性が合います。
  • ナチュラルスタイル
    自然を強調したスタイルなので、鉢カバーもシンプルなホワイトやアイボリーを使っていきましょう。