家庭菜園のトマトの水やり頻度を確認。環境に合わせた水やり頻度

トマトは家庭菜園での中でも育てやすく人気があります。
家庭菜園で野菜を育てる場合の大事なことの一つに水やりがあります。

今回は家庭で育てるトマト栽培での水やり頻度について詳しくみていきましょう。

トマトを鉢やプランターで育てている方もいることでしょう。
地植えの場合は水やりの心配はそれほど必要ありませんが、プランター栽培の場合は水やりに注意しましょう。

頻度や与える量について紹介します。また早く大きくなって欲しいからといって水をやりすぎるのもいけません。
やってしまいがちな水やりについても確認しておきましょう。

トマトは苗から育てる方が育てやすいのですが、苗選びにもポイントがありますので今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家庭菜園の大葉につく虫の駆除方法と寄せ付けない為の工夫

大葉は家庭菜園で作る野菜の中でも簡単に育てることができ、たくさん葉をつけるのでオススメな野菜です。 ...

家庭菜園のピーマンに発生する害虫の種類と駆除の仕方と予防法

家庭菜園で育てやすい野菜にピーマンがあります。子供にとっては好き嫌いがはっきり別れてしまうでしょうが...

ナスの栽培で気を付けたい虫の種類と駆除方法【家庭菜園初心者】

家庭菜園でも人気のナスですが、栽培する時にはどのような虫が付きやすいのでしょうか? そこで、ナスに...

家庭菜園の大根の保存方法の種類とやり方を紹介。長持ちの方法

家庭菜園で大根がたくさん収穫出来た場合の保存の仕方を紹介します。 冬は大根が美味しい時期ですが...

プランターで栽培するトマトの土は野菜栽培用の土がおすすめな訳

トマトを毎日、たくさん食べたいという方は是非トマトを育ててみましょう。 プランターで作るトマト...

【ナスの育て方】初心者でもできるプランター栽培で育てる方法

ナスはよく食卓にも上がる野菜で、いろいろな調理方法がありますよね。ナスは家庭菜園でも人気の野菜で、プ...

家庭菜園の土の再生方法を紹介。詳しい手順と消毒のやり方

家庭菜園で一度使った古い土の処分はどうしていますか? 次に作物を育てる場合は新しい土に変えるの...

家庭菜園でミニトマト栽培。初心者なら苗から育てるのがオススメ

家庭菜園が初心者という方におすすめな野菜の一つにミニトマトがあります。 ミニトマトは種から育て...

家庭菜園のかぼちゃの収穫のタイミングと時期と甘くなるコツ

成長するとぐんぐんとツルを伸ばしていくかぼちゃ。どこまでも伸びていきますが、かぼちゃの収穫のタイミン...

家庭菜園でいちごをプランターで育てる場合の準備と栽培のコツ

いちごは家庭菜園でも育てることが出来、プランターでも十分育ちます。 プランター栽培なら広い場所も必...

家庭菜園で育ったブロッコリーの収穫の大事なタイミングとやり方

スーパーの野菜コーナーで見かけるブロッコリー。産地を見ると日本はもちろん、海外のブロッコリーまで並ん...

家庭菜園の大根が辛いのには訳がある。解決策と甘い大根の育て方

待ちに待った家庭菜園の大根の収穫。楽しみして食べてみたら大根が辛いと思うことはありませんか。 ...

【ナスの育て方】一番花は摘む?摘まない?ナスの摘花について

家庭菜園初心者の方にもおすすめとされているナス。お庭やプランターで育てている方も多いのではないでしょ...

おいしいナスを自分で栽培!育て方のポイントや畑作りについて

家庭菜園初心者の方でもナスやトマトは育てやすい野菜として知られています。しかし育て方を間違ってしまう...

家庭菜園でオクラはプランター栽培出来る。準備する物や栽培方法

夏の時期は家庭菜園がぐんぐん育ち楽しみな時期でもあります。夏野菜の中のオクラも家庭菜園で育てることが...

スポンサーリンク

家庭菜園でトマトをプランターで育てる場合の水やり頻度について

お店で野菜を買うのも良いけれど、家庭菜園でトマトを育てて食べるのも、食卓が明るくなって良いと感じている方、いらっしゃいませんか?

家庭菜園を楽しむのも、良い趣味になると思います。けれど、家庭菜園を楽しむには水やり頻度が気になりますよね。トマトの水の頻度はどうしたら良いのでしょうか。

  • 地植えの場合
    水やりは必要ありません。雨が降ったりするのもありますし、また、トマトは乾燥に強いので、地植えの場合は水やりを気にする必要はありません。
  • 苗から育てる場合
    最初の大体2周間目位までは、水やりは必要になります。苗の状態を観察して、水やりをしていきましょう。土が乾いたら、水を十分に与えていきます。
  • 鉢植えの場合
    土が乾いたら水をあげていきましょう。湿っている状態の場合は、水やりをする必要はありません。返って、根腐れが心配されます。

家庭菜園のトマトの水やり頻度とやってはいけない水のやり方

家庭菜園でトマトを育てていると、絶対成功させて、美味しいものを食べてみたいと思いませんか?その為には、まず、トマトを健康に育てなくてはなりません。

家庭菜園のトマトの水やり頻度と避けたい水やりの頻度とは

毎日水やりをすることは控える

上記でも説明させて頂きましたが、トマトは乾燥に強いので、水をあまりやりすぎてしまうと、返って、根腐れであったり、病気にかかってしまいます。それを避けるためにも、水やりの頻度ですが、毎日は避けていきましょう。

何日間に1回という考え方も間違え

「それじゃ、3日間に1回」など頻度を決めてもあまりトマトにはよくありません。というのも、温度も関連し、気温が高いと、水も暖かくなってしまい、すぐに乾燥してしまう可能性もあるからです。気候も考えて水やりをしなくてはいけません。

土の状態(乾燥している)も間違え

半分あっている考え方にはなりますが、土の表面だけではなく、中の状態も考えなくてはいけません。ですので、「土が乾いているな」と思っても、土の中の部分はどうなっているのだろう、とそこまで考えて水やりをしていきましょう。

家庭菜園のトマトの水やり頻度はプランターの大きさに合わせて

家庭菜園のトマトの水やりですが、その水やりの頻度、プランターの大きさに合わせてやることが適切なトマトの育て方になります。

トマトを元気に育てるのに、大切なのは、プランターのサイズになってきます。サイズが大きすぎても、小さすぎてもトマトは元気に成長してくれません。その為、家庭菜園でトマトを育てる際ですが、プランターのサイズには気をつけながら購入していきましょう。

また、その際のプランターですが、穴がついているものを購入しましょう。穴がある方が、不要な水が出ていくことができ、根腐れを防ぐことができます。根が元気な状態だと、根で十分呼吸することができるので、トマトも元気に成長することができます。

実はトマトの根は縦に伸びるタイプなので、できれば、プランターは奥が深いものが好ましいです。お店にいけば、お勧めのものがあるとは思いますが、なるべく奥が深いものを選んでいきましょう。

トマトを苗から育てる場合の選び方

トマトを家庭菜園で育ててみたいと考えている方、苗から育てて見ようと思っていますか?その場合ですが、苗にも選び方があります。

  • 葉っぱの色に注目する
    深い緑をしているものを選んでいきましょう。葉っぱの色でそのトマトの苗がどのような状態なのか、確認することができます。黄色のものや、いかにも病気そうな色をしているものは選ばずに、元気そうな深い緑色をしているものを選んで購入するようにしていきましょう。
  • 花が咲きかけている
    状態として、花が咲きそうなものを選ぶのも良いと思います。これからより多くの花をつけれる可能性があるものですから、その「元気さ」を持っている苗を選んで買っていきましょう。

地植えでのトマト栽培の場合の水やりについて

自分で育てたトマトを食べてみたい、家庭菜園に興味がある方いますよね。どんな植え方でトマトを栽培しようと思っていますか?地植えでトマトの家庭菜園に挑戦してみましょう。

地植えトマトのメリット

上記でも少し説明しましたが、トマトを地植えで栽培するとなると、基本的に水やりをする必要はありません。雨が降る時もありますし、また、トマト事態が乾燥を好むので、それほど水やりの心配がない野菜になります。

水やりの頻度が気になる方は、トマトの家庭菜園を、地植えするのも心配事が減って良いと思います。どうせトマトを育てるのなら、あまり水やりの必要のない方法で育てたいと思いますよね。是非、地植えで試してみて下さい。

家庭菜園でトマトを育てる場合ですが、水やりの頻度が気になると思います。基本的にはトマトは乾燥を好むので、それほど気にする必要はありませんが、野菜を育てるとなると、やはり「水やりはどうしたらいいの?」と心配になってしまいます。

特に地植えの場合は、水やりをする必要がないので、家庭菜園でトマトを育てたい方には、お勧めの方法になってきます。プランターで育てることを考えている方は、穴が空いている事、また、プランターの深さに注意して下さいね。