エアプランツの元気な育て方。大きく育ったら株分けしよう

エアプランツは葉の部分から空気中の水分を吸収して育ちます。
土がいらないので、育てやすく人気がありますね。

また水やりがいらないと思っている方も多いようですが、植物なので水は必要というよりも水が大好きです。

100均でも色々な種類をみかけますが、どこで購入したエアプランツでも大きく成長します。
まずは基本の育て方を紹介します。
そして大きくなったら株分けをしましょう。

エアプランツも株分けが出来るのです。こちらでやり方を確認してください。

銀葉種・緑葉種などの種類や特徴についてもチェックしておきましょう。
また元気に育てる育て方も参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家庭菜園でバジルをプランター栽培。初心者には苗がオススメ

バジルはどこで手に入れていますか?お店で購入する方がほとんどでしょうか。 バジルは家庭菜園でも...

家庭菜園の水やり方法。旅行中でも安心な工夫とやり方

楽しみな旅行でも、心配なことの一つに家庭菜園の水やりがあげられます。 せっかく育っている家庭菜...

プランターで栽培するトマトの土は野菜栽培用の土がおすすめな訳

トマトを毎日、たくさん食べたいという方は是非トマトを育ててみましょう。 プランターで作るトマト...

家庭菜園のじゃがいもの収穫の時期とタイミングと収穫方法を紹介

家庭菜園ではどんな野菜を育てていますか? 葉物や根菜類など色々あると思いますが、家庭菜園初心者でも...

家庭菜園でトウモロコシ栽培。種まきのやり方と美味しく作るコツ

家庭菜園の夏の時期の楽しみな野菜にトウモロコシがあります。 トウモロコシはもぎたて、茹でたてが一番...

家庭菜園で育ったブロッコリーの収穫の大事なタイミングとやり方

スーパーの野菜コーナーで見かけるブロッコリー。産地を見ると日本はもちろん、海外のブロッコリーまで並ん...

家庭菜園のサツマイモが甘くない時に出来る事と甘くなる育て方

そのまま食べても料理にもしても、お菓子にしても美味しいみんな大好きサツマイモ。 家庭菜園でサツ...

家庭菜園の大根が辛いのには訳がある。解決策と甘い大根の育て方

待ちに待った家庭菜園の大根の収穫。楽しみして食べてみたら大根が辛いと思うことはありませんか。 ...

ナスの栽培で必要な切り戻しのやり方と時期と更新剪定について

収穫が待ち遠しい家庭菜園。どんな野菜を栽培していますか? ナスの栽培は難しいイメージがあるでし...

家庭菜園の枝豆の育て方のポイント。土作りや間引や摘芯など

穫れたての野菜は新鮮で水々しくとても美味しいものですが、中でも家庭菜園で作る枝豆の味は格別ではないで...

家庭菜園のオクラにつく虫の種類と駆除方法と対策について

家庭菜園の収穫が楽しみなオクラ。気がつくとオクラに虫がついていたということはありませんか? 家...

家庭菜園のナスの収穫の時期と大きさやタイミングを紹介

家庭菜園で育った楽しみなナスの収穫。ナスの収穫にはコツがあります。 まずは収穫の時期やタイミングに...

家庭菜園のスイカの食べごろの見極め方。音や見た目での判断方法

順調に育った家庭菜園のスイカの収穫がとても楽しみではないでしょうか。 ですが、よくわからないのが収...

家庭菜園の大根の保存方法の種類とやり方を紹介。長持ちの方法

家庭菜園で大根がたくさん収穫出来た場合の保存の仕方を紹介します。 冬は大根が美味しい時期ですが...

家庭菜園のピーマンの芽かきのやり方とポイントと収穫まで

家庭菜園でピーマンを育てている場合は、ある程度成長した時点でわき芽かきという作業が必要になります。 ...

スポンサーリンク

百均のエアプランツでも大きくなる?エアプランツの育て方

観葉植物のエアプラントは、メンテナンスが簡単と言われているので購入してみたいと思う方もいらっしゃいますよね。

エアプランツは、土が要らないことで有名ですが、育て方として、どうやったら大きく成長していけるのか、大きく育つ育て方についてここでは見ていきたいと思います。

100均でもエアプランツが売られているので購入して見ようと思う人もいますよね。100均のエアプランツでも、大きく成長してくれるのかどうか、疑問に思うと思います。

答えからいうと、100均でもちゃんと成長してくれるので、侮れません。100均のエアプランツであっても、成長してくれます。

ただ、ちゃんとした方法で育てる事が大前提になってきますので、水やり、風に当てること、日光に当てることなど、エアプランツが成長する環境には置いてあげて下さいね。

エアプランツの育て方のステップ。大きくなったら株分けしよう

他の観葉植物と違って、土を使う手間が省けるので人気なエアプランツ。「私も育ててみたい!」と思う方も多くいると思います。上手にエアプランツを育てていくと、大きくなって、今度は「株分け」という作業が大切になってきます。

あなたが大切にしているエアプンツをより大きく成長させる為に、ここで株分けについて一緒に学んでいきましょう。

エアプランツを上手に育て大きくなったら、3-10月頃に株分けをしてあげると良いと思います。

エアプランツというのは、繁殖する観葉植物なので、上手に成長してくると、株分けをすることができます。

それが、エアプランツを育てる上での一つの楽しみと言えるかもしれませんね。水やりであったり、適切な肥料を与え続けたら、今度はよりステップアップをして、株分けをして繁殖させてみる。それが、エアプランツを楽しんで大きく成長させる一つのステップになってくると思います。

大きくなったエアプランツの株分けのやり方

エアプランツも水やりや日光など、適切な方法で育てていくと、大きく成長してくれる、育てている側からすると、「育てがいがある」観葉植物の一つになってきます。

繁殖もするそんなエアプランツですが、繁殖方法も「株分け」という方法があります。折角大きく成長したエアプランツ、もっと増やす為にも、「株分け」の作業を学んでもっと増やして行きましょう。

エアプランツの株分けの方法

お花を咲かせるエアプランツは、そのお花が枯れる頃に「子株」ができます。その子株を使ってエアプランツを増やしていきます。

まず、お花を咲かせなくてはいけないので、お花を咲かせる為に、お水だけではなく、肥料を与えておいた方が良いと思います。「ちょっと手間がかかるな」と感じても、そこが子株を作る鍵となってきます。

子株ができたら、温かい時期に株分けをして下さい。子株をとったら、そのまま鉢植えに移すなど、作業は簡単になってきます。雨が降っている季節であれば、そのまま根を出してくれます。

エアプランツの種類と水やりなどの育て方

あなたが興味があり、「大きく育てたいな、成長させたいな」と思っているエアプランツは、意外と種類が多い観葉植物になります。

どんな種類のエアプランツがあるのか、ここで少し一緒にみていきましょう。大まかに2種類みていきたいと思います。

  • 銀葉種
    よく「白い毛」で覆われているエアプランツと描写されていますが、少し違った角度からみると、外見は銀色の毛が特徴なエアプランツになります。
    乾燥に強いことで有名ではあります。エアプランツは、「それでもちゃんと水をやらなきゃいけない」という先入観があるかもしれませんが、銀葉種に関していうと、あまり水を上げてしまうと、根腐れが心配される観葉植物になってきます。
  • 緑葉種
    名前の通り、銀葉種から比べると外見の色は「緑」が強調されているエアプランツになります。また、銀葉種とは違って、お水は大好きで、明るい環境は苦手なエアプランツになります。その為、お水に関してしっかりあげた方が良いエアプランツになってきます。

エアプランツの元気な育て方

観葉植物の中でも、土が要らないエアプランツを是非大きく育ててみたい。そう思ってエアプランツを購入する方もいます。

購入する前に、どんな方法をすると、エアプランツが大きく成長していくのか、やるべきこと、逆にやらない方が良いことを知りたいなって思う人もいますよね。

エアプランツを元気に育てるには環境も大切になってきます。どんな環境かというと、日光、風通し、そしてお水になります。

日光が好きで風通しが良い場所となると、外で育てるにも適している観葉植物になります。ただ、温度も関係してくるので、冬はあまりオススメできません。冬に関しては、室内で成長させた方が枯れにくいと思います。

また、エアプランツは色んな飾り方があるので、容器に入れて楽しむ場合もあると思います。しかし、上記でも説明していますが、風通しもエアプランツを元気に育てるには重要な要素になってきます。

上手に育てて成長しているエアプランツですが、増えて、飾るとしても、風通しであったり、日光のことも考えてエアプランツを飾ってあげて下さいね。これが、エアプランツを大きくさせ、枯らせないコツになってきます。