家庭菜園のレタスが苦いワケ。対策と収穫のタイミングを紹介

楽しみにしていた家庭菜園のレタスの収穫。いざ食べてみるとレタスが苦いということはあります。

なぜレタスが苦くなってしまったのでしょうか。栽培の課程に苦くなる原因がありました。

今回は家庭菜園のレタスが苦いことの原因とその対処法を紹介します。
生で食べることが多いレタスなどの葉物野菜は、苦味を感じやすいといいます。

また栽培の途中で栄養や水が不足することが原因になっている場合もあります。

収穫には丁度よいタイミングというものがあり、タイミングを逃すと苦くなってしまいます。
タイミングを逃してしまった場合の対処法も紹介します。

収穫した苦いレタスの苦味を減らす方法やレシピもご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家庭菜園の枝豆の収穫の時期や日数の目安。収穫の仕方とその後

家庭菜園で穫れた枝豆は、冷凍の枝豆とは違った甘みや豆の味が強く感じられ家庭菜園ならではの楽しみがある...

家庭菜園の土の深さは何センチあればいいのか紹介。耕し方も確認

野菜は収穫したてが一番美味しいと思いませんか?家庭菜園で色々な野菜を育ててみましょう。 まずは...

家庭菜園のトマトの皮が固い理由と、解決策を一気に紹介

お宅の家庭菜園ではどんな野菜を育てていますか? やはりトマトは人気が高い野菜だと思います。 ...

家庭菜園で虫除け効果のあるハーブを栽培しよう。ハーブの種類

ハーブには料理や香りを楽しむことの他に、素晴らしい効果があることをご存知でしょうか。 ハーブの中に...

家庭菜園のじゃがいもの収穫の時期とタイミングと収穫方法を紹介

家庭菜園ではどんな野菜を育てていますか? 葉物や根菜類など色々あると思いますが、家庭菜園初心者でも...

家庭菜園のナスに必要な更新剪定について。必要な訳とやり方

家庭菜園のナスの収穫の時期は地域にもよりますが、6月中旬~10月上旬とされています。 そしてたくさ...

家庭菜園のかぼちゃの収穫のタイミングと時期と甘くなるコツ

成長するとぐんぐんとツルを伸ばしていくかぼちゃ。どこまでも伸びていきますが、かぼちゃの収穫のタイミン...

家庭菜園でトウモロコシ栽培。種まきのやり方と美味しく作るコツ

家庭菜園の夏の時期の楽しみな野菜にトウモロコシがあります。 トウモロコシはもぎたて、茹でたてが一番...

家庭菜園の枝豆の育て方のポイント。土作りや間引や摘芯など

穫れたての野菜は新鮮で水々しくとても美味しいものですが、中でも家庭菜園で作る枝豆の味は格別ではないで...

プランターに生えたきのこの対策方法を紹介。きのこの正体とは

大事に育てていたプランターをよく見たらある日突然きのこが生えていたということはありませんか? ...

家庭菜園でナスの栽培。プランターでもすくすく育つ育て方の紹介

家庭菜園では色々な野菜を栽培することが出来ます。 庭がなくても、ベランダやちょとしたスペースで手軽...

家庭菜園でバジルをプランター栽培。初心者には苗がオススメ

バジルはどこで手に入れていますか?お店で購入する方がほとんどでしょうか。 バジルは家庭菜園でも...

家庭菜園の肥料を手作りしよう。生ゴミの他にも利用出来る物

家庭菜園の肥料にはどんなタイプの肥料をお使いですか? 家庭菜園に良いところは無農薬だったり、肥料の...

家庭菜園のトマトの支柱の立て方で簡単な方法と頑丈な立て方

家庭菜園でトマトを育てる場合には、支柱が必ず必要です。 支柱が無いとトマトは雨や風ですぐに倒れてし...

家庭菜園でしそ栽培。プランターでも元気にたくさん収穫するコツ

料理の名脇役の「しそ」は家庭菜園でも栽培できます。またプランターでもぐんぐん育ちますので是非育ててみ...

スポンサーリンク

家庭菜園の野菜が苦い。レタスは苦味を感じやすい野菜

家庭菜園で野菜を育てている方は自分が育てているものを、美味しく食べたいと願いながら育てています。でも、レタスを育てている方の中には「このレタス苦い」と思いながら食べている人もいると思います。

実際にレタスは元々苦味を感じやすい野菜なので、レタス野菜から苦味を無くすのは難しいと思います。

他の野菜でも、苦くなる原因は、食べごろの時期を過ぎてしまっていたり、育てている時に、栄養不足や水不足が原因で苦味を感じたり、野菜ならではの味を感じられなくなるようです。

家庭菜園で野菜を育てる際ですが、水の量をコントロールして、水の量を加減していくと良いと思います。また、害虫から必要な栄養を取られてしまうと、やはり味も衰えます。日頃から家庭菜園で育てているレタスが虫からの攻撃から守られているかどうか確認することも、レタスなどの野菜の味を保つのに役立つケアになります。食べごろの時期を見逃さないことも家庭菜園を美味しく食べるのには大切な要素になります。

家庭菜園のレタスが苦い原因2つ

家庭菜園で育てたレタスが苦くてショックを受けている方、その原因を知りたいと思ってますよね。どんな事が具体的な原因で自分が育てている家庭菜園のレタスが苦くなっているのか、その原因を2つ紹介していきます。

家庭菜園のレタスが苦いのは必要な栄養や水の量が足りていないから

上記でも少し触れてはいますが、家庭菜園で成長したレタスですが、理想的な味を形成するのに必要な栄養素が足りてなかったり、水の量が足りないと中々味の方もついてきません。

野菜は土からも栄養を得ているので、土の作り方を変えてみても、あなたが望む味に近づくことができると思います。

虫から栄養素をとられると家庭菜園のレタスが苦くなる

これも、上記で説明してきますが、虫が野菜から栄養素をとっていくので、虫からの攻撃から守ってあげることで、レタスの苦味を抑えることができます。もし、虫が目立つようなら、薬などを使って虫退治をしていきましょう。

家庭菜園のレタスが苦いのはとう立ちが原因の場合と対策について

「とう立ち」という言葉を聞いたことがありますか?その意味ですが、野菜を長く放っておくとなる現象で、そうしていくことで味が落ちる、あなたが苦手な「野菜の苦味」が出てきてしまうのです。

家庭菜園でレタスを育てて食べて苦い場合は、「とう立ち」が原因の場合があります。

その対策ですが、植え付け後、大体2周間程経った時ですが、肥料を根元に与えるとで解決されていきます。

追加する肥料ですが、2周間に1回位の割合で与えていくと良いようです。家庭菜園で育てている野菜には肥料を与えることで問題が解決されていくようです。必要が栄養素があると、良い成長に繋がるようですね。

ただし、時期についてはやはり注意が必要になります。食べごろのサインを見逃してしまうと、味に関してやはり落ちてしまいますので、肥料を使っても時期には注意しましょう。

家庭菜園で苦くないレタスの収穫方法と苦味を減らす方法

家庭菜園で苦くないレタスを収穫するには、適切な方法があり、またあなたができれば避けたい「苦味」も減らしていく方法というものもあります。

レタスの苦味が少なくなる収穫の時間帯

レタスを収穫する時間帯ですが、糖分が最も高いのが、夜の時間帯なので、この時間帯に収穫すると、良いようです。その為、収穫するのは朝や昼ではなく夜にして、糖分が多いレタスを収穫していきましょう。この時間に収穫をすると、甘みの度合いが高いものになります。
収穫するのであれば、夜にしましょう。

レタスの苦味の減らし方

食べる前に、40-50度のお湯に10分程つけると、レタスの苦味は取れていくようです。食べる前にお湯につけるのもレタスの苦味を少なくする方法になります。湯に浸すことにより、葉っぱの状態もパリっとするので、歯ごたえも変わってきます。あなたが家庭菜園で育てたレタス、これでより美味しく食べることができます。あなたが家庭菜園で育てたレタス、これでより美味しく食べることができますよ。

苦いレタスは味付けでカバーしよう

家庭菜園で育てて食べる苦いレタスですが、もう既に苦い状態なのでしたら、調理方法を変えることで、その苦さをカバーすることができます。

  • ドレッシングを使用していく
    元々、野菜はドレッシングをつけて美味しく食べることができます。お勧めは中華風胡麻和えになりますが、あなたが好きなドレッシングをつけて食べると、レタスの苦味を消すことができます。ドレッシングを使用して美味しくたべて見ませんか?
  • 水と少量を洗う時に使う
    レタスを洗う時ですが、水と少量の酢を混ぜで、浸すと苦さを少しは抑えることができるようです。その後にドレッシングをかければ、より美味しく食べることができます。

 

家庭菜園で育てているレタスの苦さが悩みの方いますよね。その苦さの原因、どうやって回避することができるのか、また、調理方法はどのようにすれば、苦いレタスをそのまま食べることができるのか、上記の記事で紹介してきました。参考になるものはありましたか?肥料をあげたり、また水やりの量も関連してきます。育てる時点、また適切な収穫の時期も見分ける必要がありますから、日頃からレタスを観察する必要も出てきます。適切な時期にレタスを収穫して、なるべく甘いレタスを食べて下さいね。良い食卓になっていきますように。