ポトスの鉢に穴がない?穴がない鉢を使って上手に育てる方法

ポトスは育てやすい観葉植物として人気があり、プレゼントとしていただくことも!しかしプレゼント用の鉢はデザインが可愛くても、穴がないなど、使い勝手に不安を感じる場合も。

そこでポトスは穴がない鉢でも育てることができるのか?不安な点や、育て方についてご紹介をいたします。

ポトスを穴のない鉢で育てるには、ポイントがあります。しっかりとポイントを確認し、長くポトスを楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家庭菜園のナスの収穫の時期と大きさやタイミングを紹介

家庭菜園で育った楽しみなナスの収穫。ナスの収穫にはコツがあります。 まずは収穫の時期やタイミングに...

家庭菜園でバジルをプランター栽培。初心者には苗がオススメ

バジルはどこで手に入れていますか?お店で購入する方がほとんどでしょうか。 バジルは家庭菜園でも...

ナスをプランターで栽培!支柱の立て方やコツ・栽培方法を解説

ナスをプランターで栽培するとき、今までナス栽培の経験がない人は、どのように植え付けや支柱を立てれば良...

家庭菜園のバジルの収穫について。収穫量を増やすポイント

パスタやピザなどのイタリアンには欠かせないバジルを、家庭菜園で栽培している方も多いと思います。 ...

家庭菜園の畑でナスの栽培。育て方と畑の準備や収穫まで

家庭菜園でナスを育てる場合、日本の気候では育てやすい野菜になります。是非ナスを育ててみましょう。 ...

家庭菜園の大根が辛いのには訳がある。解決策と甘い大根の育て方

待ちに待った家庭菜園の大根の収穫。楽しみして食べてみたら大根が辛いと思うことはありませんか。 ...

落ち葉掃除に便利な道具。効率的に落ち葉を集める方法

秋になると大量の落ち葉に、毎年お困りの方も多いと思います。落ち葉が落ち着くまで何度も掃除をしなければ...

プランター栽培のきゅうりが枯れる原因と対策・ポイントを解説

プランターで育てているきゅうりが枯れることに頭を悩ませてる人もいるのではないでしょうか。きゅうりを育...

家庭菜園のナスに必要な更新剪定について。必要な訳とやり方

家庭菜園のナスの収穫の時期は地域にもよりますが、6月中旬~10月上旬とされています。 そしてたくさ...

プランターでサツマイモの栽培は意外に簡単。苗選びや栽培方法

ベランダなどで手軽に出来るプランター栽培が人気ですが、どんな野菜が栽培出来るのでしょう。 実はサツ...

家庭菜園のきゅうりが黄色くなる理由と収穫の時期と食べる方法

家庭菜園ではどんな野菜を育てていますか? 夏にぐんぐん生育するのが楽しみな野菜といえば、きゅうりが...

ナスを種から栽培しよう!プランターでナスを栽培する方法

ナスを種から育てることは少し難易度の高い栽培方法です。自宅のベランダなどで、ナスをプランター栽培する...

家庭菜園の大根の保存方法の種類とやり方を紹介。長持ちの方法

家庭菜園で大根がたくさん収穫出来た場合の保存の仕方を紹介します。 冬は大根が美味しい時期ですが...

ナスの栽培で気を付けたい虫の種類と駆除方法【家庭菜園初心者】

家庭菜園でも人気のナスですが、栽培する時にはどのような虫が付きやすいのでしょうか? そこで、ナスに...

プランターで栽培するトマトの土は野菜栽培用の土がおすすめな訳

トマトを毎日、たくさん食べたいという方は是非トマトを育ててみましょう。 プランターで作るトマト...

スポンサーリンク

ポトスは穴がない鉢で育てても大丈夫?観葉植物の根腐れについて

ポトスを植える鉢は、サイズさえ合えばいろいろなものを代用することが出来ます。
しかし中にはポトスを植えるのに適さない入れ物があり、それが「穴がない鉢」です。

理由は穴がないことで水はけが悪くなり、鉢の底に水が溜まったままの状態になるため、ポトスの根が常に水に浸かった状態になって根腐れを起こし、ポトスの元気がなくなってしまうからです。
根腐れにすぐに気づいて対応できればよいのですが、そのままの状態で育てていると、ポトスが回復できなくなり、ポトスの株自体がダメになってしまうことも…。

ポトスを穴がない鉢で育てている方は、今すぐ正しい方法で植え替えを行って、ポトスを根腐れの危険から守ってあげてくださいね。

ポトスに穴がない鉢を使いたい場合は、鉢カバーとして使用がおすすめ

ポトスを植える鉢に、「何が何でも穴がない鉢を使いたい!」という方もいるでしょう。私も、100均で見つけた可愛いデザインの鉢には穴がなく、どうしてもそれを使ってポトスを植えたい!ということがありましたので、その気持ちはよくわかります。

穴がない鉢をポトスの鉢に使いたい場合には「鉢カバー」としてその鉢を使うのがおすすめです。

穴がない鉢を外側にして、内側に穴が空いた鉢に植えたポトスを入れることで、外から見たときには穴がない鉢が見えるので、お気に入りの鉢を諦めずに済みます。

鉢カバーとして穴がない鉢を使うことで、内側の穴がある鉢からハケた水が穴がない鉢に溜まるようになるので、根腐れの心配がなくなります。

水やりの後で、穴がない鉢に溜まった水を捨ててあげるだけでお手入れは完了しますので、ポトスを穴がない可愛い鉢で土植えで育てたい!という方には鉢カバーとしての使い方をおすすめさせていただきます。

穴がない鉢でポトスを育てるならハイドロカルチャー

穴がない鉢でポトスを育てる方法に、「鉢カバー」として使う方法を紹介しましたが、それ以外にも方法があり、その方法を「ハイドロカルチャー」と言います。

ハイドロカルチャーなら穴がない鉢でポトスを育てることが可能

ハイドロカルチャーは、土の代わりにハイドロボールを使うことで、根が水に浸って根腐れを起こす心配が少なくなるので、始めから穴がない鉢にポトスを植えてしまってOK!
ガラスなどの容器を使うことによって、おしゃれにポトスを植えることができるので、鉢カバーとしての使い方があまりお好きでない方は、ぜひ一度ハイドロカルチャーに挑戦してみると良いでしょう。

ただし、ハイドロカルチャーで育てたポトスは大きくなりにくく、「小さく買ったポトスを大きく育てたい」「ポトスが成長したら挿し木を楽しみたい」という方には、なかなか成長が遅く満足できない結果になるかもしれませんので、「おしゃれなインテリア」として楽しみたいのか、「成長」を楽しみたいのかによって、ポトスの鉢選びを変えてみましょう。

ハイドロカルチャーでポトスを育てる方法

穴がない鉢をポトスの植え替えに使いたい時には、ハイドロカルチャーがおすすめですが、ここでは、そのやり方について紹介していきたいと思います。

  1. まずは、ポトスを従来の鉢から取り出して根の周りの土を払い落とし、流水で洗いながら根についた泥を全て落としましょう。
  2. 穴がない鉢には、根腐れ防止剤またはイオン交換樹脂栄養剤を入れてから、鉢の底にひとまず少量のハイドロボールを入れてください。
  3. 根を綺麗にしたポトスを、新しい鉢の中央に添えたら、根の周りにハイドロボールを流し込みながら鉢の縁まで埋めて、完成!
植え替え終了後は、鉢全体の4分の1程度まで水を入れておけば、ハイドロボールが水を吸水しながら根の保湿もしてくれるので、ハイドロボールが乾いたタイミングで水やりを繰り返すだけで、日々のお世話も簡単です。

土を使って育てた場合の穴がない鉢を使ってポトスに水やりをする方法

穴がない鉢でポトスを育てるのにおすすめの方法として「鉢カバー」と「ハイドロカルチャー」の2つを紹介しましたが、決して穴がない鉢でポトスを土植えで育てることは出来ないと言っているわけではありません。手間はかかりますが、穴がない鉢で育てているポトスを根腐れから守りながら水やりをすることは可能なので、「穴がない鉢に直接ポトスを土植えしたい」という強い思いがある方は、手間が掛かっても下記の方法で水やりを行ってみてください。

穴がない鉢に植えたポトスに水やりをする方法

  1. 鉢からポトスの苗を取り出す
  2. 1に水をやる
  3. 余分な水分が流れ出たのを確認してから穴がない鉢の中にポトスを戻す

いちいち手間にはなりますが、鉢からポトスを取り出して、屋外または水回りを利用して水やりをし、苗を元に戻せば、穴がない鉢の中でもポトスは根腐れを起こさずに元気に成長します。
しかし、毎回水やりの度に苗を取り出していてはせっかく根付いた根を崩してしまうかもしれませんし、毎回手間がかかるので、植え替えの際にでも、穴が空いたお気に入りのデザインの鉢を見つけられたら良いですね。