ナスをプランターで栽培!支柱の立て方やコツ・栽培方法を解説

ナスをプランターで栽培するとき、今までナス栽培の経験がない人は、どのように植え付けや支柱を立てれば良いかわからないものです。

せっかくナスの栽培に挑戦するのですから、美味しいナスを作りたいと考えますよね。

ここでは、プランターでナスを栽培するときのナスの植え付けや支柱の立て方・栽培方法についてお伝えします。どのように栽培すればいいのかを知って、初心者でも上手にナスを栽培しましょう。

自分で作った野菜は格別です。収穫の頃には、食卓に美味しいナス料理を並べてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家庭菜園のピーマンの芽かきのやり方とポイントと収穫まで

家庭菜園でピーマンを育てている場合は、ある程度成長した時点でわき芽かきという作業が必要になります。 ...

ナスの育て方は水やりがポイント!美味しいナスの栽培方法

家庭菜園のナスを地植えで育てるときは水やりにコツがあります。ナスは水を切らさないようにすることが育て...

家庭菜園の大根の生育に欠かせない肥料の事。追肥のやり方

大根は初心者でも家庭菜園で育てやすい野菜とされていますが、良い大根を作るコツがあります。 大根栽培...

ナスの栽培で気を付けたい虫の種類と駆除方法【家庭菜園初心者】

家庭菜園でも人気のナスですが、栽培する時にはどのような虫が付きやすいのでしょうか? そこで、ナスに...

家庭菜園で育ったブロッコリーの収穫の大事なタイミングとやり方

スーパーの野菜コーナーで見かけるブロッコリー。産地を見ると日本はもちろん、海外のブロッコリーまで並ん...

家庭菜園のピーマンに発生する害虫の種類と駆除の仕方と予防法

家庭菜園で育てやすい野菜にピーマンがあります。子供にとっては好き嫌いがはっきり別れてしまうでしょうが...

プランターの花が枯れる原因と対処法と元気に花を育てるコツ

花を育ててみたいと思ったら、プランターで育てることで手軽にガーデニングが楽しめます。ですがプランター...

ポトスの鉢に穴がない?穴がない鉢を使って上手に育てる方法

ポトスは育てやすい観葉植物として人気があり、プレゼントとしていただくことも!しかしプレゼント用の鉢は...

家庭菜園の白菜につく害虫の防ぎ方と白菜と一緒に植えたい野菜

家庭菜園ではどんな野菜を育てていますか? 白菜やキャベツなどの葉物も家庭菜園で育てることができ...

エアプランツの元気な育て方。大きく育ったら株分けしよう

エアプランツは葉の部分から空気中の水分を吸収して育ちます。 土がいらないので、育てやすく人気があり...

プランターでサツマイモの栽培は意外に簡単。苗選びや栽培方法

ベランダなどで手軽に出来るプランター栽培が人気ですが、どんな野菜が栽培出来るのでしょう。 実はサツ...

家庭菜園のナスに必要な更新剪定について。必要な訳とやり方

家庭菜園のナスの収穫の時期は地域にもよりますが、6月中旬~10月上旬とされています。 そしてたくさ...

ナスの栽培方法や育て方などについてご紹介

家庭菜園をしようと思った時に、ナスは美味しくて栄養もあるので、人気の野菜のひとつです。 しかし、き...

家庭菜園のほうれん草の種まきの時期やまき方や栽培方法のコツ

スーパーの野菜コーナーにいつもある野菜の中にほうれん草があります。ほうれん草は夏の時期を除くと一年を...

家庭菜園のいちごを甘くする方法。甘いいちごを育てるコツ

家庭菜園でいちごを栽培。いちごが赤く色付き、待ちに待った収穫で食べてみると思ったよりも甘くないという...

スポンサーリンク

ナスを栽培しよう!植え付けの方法

無農薬の野菜を食べられて食育にも一役買ってくれる家庭菜園は、とても人気がありますよね。大人にも子供にも好かれるナスは、家庭菜園の中でも人気が高い野菜です。
プランターで育てることもできるので、ベランダ菜園にも向いていますよ。

ナスはタネからではなく、苗を植え付けるのが一般的です。

タネから栽培することも可能ですが、なれるまでは断然苗の方が失敗がありません。

ナスは温かい気温を好み、28~30度が生育適温と言われます。
ですから 植え付けも暖かくなってくるゴールデンウィーク頃が一般的です。
寒冷地の場合には、それよりも約1ヶ月位遅く、5月下旬から6月上旬あたりが良いでしょう。

また、日当たりも大好きですから、日光のたくさん当たり風通しも良い場所で栽培しましょう。

プランターは、幅・深さともに30cm以上の大きめサイズがおすすめです。
株間は30cmほど必要になりますから、60cm幅のプランターで2株が目安です。
育てたい株数に合わせてプランターを選んでくださいね。

他に必要なものは、鉢底石と土です。
土は野菜用の培養土を用意するのが手軽でおすすめですよ。

プランターに植え付ける時のポイントは、ポットのまま水に沈めてしっかりと水を吸わせてから植え付けること。
新しい土に根が馴染むまでは、苗を乾燥させないのが成功の秘訣です。

プランターでナス栽培するときの支柱の立て方

プランターで育てるナス栽培では、他にもう一つ必要なものがあります。

それは支柱です。

苗用の細く短い支柱もありますが、はじめから長い支柱を用意する方が手間がかからずおすすめです。
成長期にはぐんぐん伸びてきますから、120~150cmくらいで用意すると良いでしょう。
最終的にはもっと支柱を立てることになりますが、植え付け後は1苗につき1本だけでOKです。

ただし、長方形の大きなプランターに2株植える場合には、いろいろな支柱の組み方ができるので、はじめから長いものではなく短い支柱でも良いでしょう。

支柱は、苗の根を痛め無いように、ポットサイズ分くらい離れた場所に立てます。
麻ひもを使って誘引しますが、きつく縛ると茎を痛めてしまいます。
「8の字」になるように緩めに括り、支柱側で結びます。

日が暮れると気温が下がるうちは、寒さ対策として寒冷紗で包むのがおすすめです。

プランターのナス栽培で支柱を組むタイミングについて

プランターでナスの栽培をする時も、苗の支柱は1本だけではありません。

1苗につき3本必要になります。

なぜなら、一般的に3本仕立てにして育てるのが一般的です。
3本仕立てというのは、主茎の他に一番花のすぐ下の脇芽2本を伸ばして育てる方法です。
ですから、一番花がついたら支柱を追加しましょう。
左右の脇芽を支えることができるように「Vの字」になるように2本支柱を追加します。

3本仕立てではなく、脇芽1本だけを残す2本仕立てにすることも出来ますよ。
栽培スペース的にコンパクトにまとめたい時には、こちら方が良いかもしれません。
2本したての場合は追加する支柱は1本でOKです。

プランターに2株植えている場合には、いくつかの組み方から選べます。
2本の縦の支柱に横1本の支柱で組む交差型、縦3~4本、横3~4本の支柱で組む交差型、合掌屋根のような形に組む合掌型、四角い家の様な形に組むハウス型があります。
プランターの設置場所に合わせて、選ぶと良いでしょう。

プランターでナス栽培・支柱を立てるメリット

プランターでナスを栽培する時には、支柱を立てるのが一般的です。

支柱は茎を誘引するために使いますが、他にもメリットがあります。

  • まず、支柱に誘引することで風通しが良くなります。
    風通しは、病気や害虫予防に効果的ですし、もし発生した場合でも対処がしやすくなります。
  • もう一つのメリットは日当たりです。
    茎を広げるよう誘引できますから、それぞれの茎や葉っぱへの日当たりも良くなります。
    美味しいナスの為には、たくさんの太陽光が必要になります。
  • 最後のメリットは、収穫のしやすさです。
    茎や葉っぱがに邪魔されにくいので、収穫も簡単に行えます。
    食育も兼ねて家庭菜園する場合、お子様にお手伝いしてもらうので、こういった点はとても重要になりますよね。

美味しいナスの栽培方法・水やりと追肥について

美味しいナスを育てる為に欠かせないものは、水やりと追肥です。

ナスの果実を思い出して頂けるとわかりますが、たくさんの水を必要とする植物です。
ナスは太陽が大好きなので日当たりの良い場所で育てますが、乾燥は大敵となります。
水不足が深刻になると株が弱って、果実や収穫量に影響が出てしまいます。

しかし、水を好むからといって常に土が湿っている状態も根腐れの原因となるのでNGです。

水やりの秘訣は、こまめな観察です。
ナスからの「水が欲しい!」というサインを見逃さないようにしましょう。

ナスの葉が下向きになっていたり、少ししんなりしているなら、それはナスからのサインです。

水やり同様に重要なお世話が追肥です。

ナスは栄養をたくさん必要とする野菜で、一度でも栄養不足になるととたんに株が弱って収穫に影響してしまいます。

追肥は植え付けの1ヶ月後からスタートして、2週間に1度のペースで行います。
肥料は液肥でも固形でもOKですよ。

美味しいナスのためには、たっぷりの肥料と適正な水やりが重要です。