プランターできゅうりの栽培。育て方を最初から収穫まで紹介

プランターで育てやすい夏野菜の代表、きゅうりの育て方について紹介します。

まずは家庭菜園初心者の方にオススメなのが、ある程度成長した苗を購入してプランターに植える方法です。

園芸店やホームセンターで手軽に購入出来るきゅうりの苗ですが、選ぶ時のポイントをご覧ください。苗を選ぶときは、葉に注目です。

次にプランターと土の準備について紹介します。
準備が出来ましたら植え付けていきましょう。手順を確認してください。

きゅうりは成長が早く、どんどん枝を伸ばしていきます。そこで必要な支柱のたて方や、誘引や整枝の作業についても紹介します。

水やりや肥料のこと、収穫までの育て方をご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プランターで野菜の栽培。11月に種蒔きが出来る野菜の種類

野菜が美味しい季節は夏だけではありません。 夏が過ぎ、11月でもプランターで育てる事が出来る野菜が...

おいしいナスを自分で栽培!育て方のポイントや畑作りについて

家庭菜園初心者の方でもナスやトマトは育てやすい野菜として知られています。しかし育て方を間違ってしまう...

ポトスの鉢に穴がない?穴がない鉢を使って上手に育てる方法

ポトスは育てやすい観葉植物として人気があり、プレゼントとしていただくことも!しかしプレゼント用の鉢は...

ナスをプランターで栽培!支柱の立て方やコツ・栽培方法を解説

ナスをプランターで栽培するとき、今までナス栽培の経験がない人は、どのように植え付けや支柱を立てれば良...

家庭菜園の畑でナスの栽培。育て方と畑の準備や収穫まで

家庭菜園でナスを育てる場合、日本の気候では育てやすい野菜になります。是非ナスを育ててみましょう。 ...

家庭菜園のナスの収穫の時期と大きさやタイミングを紹介

家庭菜園で育った楽しみなナスの収穫。ナスの収穫にはコツがあります。 まずは収穫の時期やタイミングに...

家庭菜園のきゅうりが黄色くなる理由と収穫の時期と食べる方法

家庭菜園ではどんな野菜を育てていますか? 夏にぐんぐん生育するのが楽しみな野菜といえば、きゅうりが...

家庭菜園のほうれん草の種まきの時期やまき方や栽培方法のコツ

スーパーの野菜コーナーにいつもある野菜の中にほうれん草があります。ほうれん草は夏の時期を除くと一年を...

家庭菜園の大根の生育に欠かせない肥料の事。追肥のやり方

大根は初心者でも家庭菜園で育てやすい野菜とされていますが、良い大根を作るコツがあります。 大根栽培...

家庭菜園のナスに必要な更新剪定について。必要な訳とやり方

家庭菜園のナスの収穫の時期は地域にもよりますが、6月中旬~10月上旬とされています。 そしてたくさ...

家庭菜園のナスにつく虫の種類と駆除の方法と予防策を紹介

収穫が楽しみな家庭菜園のナス。よく見ると葉や茎に虫がついている事があります。 屋外で栽培するので虫...

家庭菜園のピーマンの芽かきのやり方とポイントと収穫まで

家庭菜園でピーマンを育てている場合は、ある程度成長した時点でわき芽かきという作業が必要になります。 ...

家庭菜園で冬に種まき出来る野菜は意外とある。その種類と育て方

夏野菜の時期が過ぎても、美味しい旬の野菜が食べたいと思うことはありませんか? 家庭菜園で冬は種...

ナス栽培中の葉っぱの整え方と、葉っぱが丸くなった時の対処法

マイホームの購入と同時に家庭菜園を始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。 家庭菜園ではどんな...

家庭菜園で枝豆を育てよう!種まきや発芽後の管理・ポイント解説

家庭菜園で種まきから、枝豆を育てて見たいと考えている人もいるのではないでしょうか。 ですが、実際に...

スポンサーリンク

きゅうりのプランターでの育て方。初心者にオススメな苗の選び方

プランターで野菜を育てたい方、初心者の方に豆知識を紹介したいと思います。

お店でよくみかけるきゅうりをプランターで育ててみたい方、いますよね。きゅうりは初心者にもオススメなので、手軽に始められるプランターになります。

そこでまず、どんなきゅうりの苗を選べばプランターで栽培するのに失敗しないのか、紹介していきます。

葉っぱをよくみてみる

あまり触ってはいけませんが、葉の緑の色が濃くて、厚さにも深みがあるものを選びます。また、子葉が枯れているもの、虫がついていると、やはり弱ってしまうので、虫がついていないものを選んでいきます。葉っぱに勢いがあるものも良いのものになります。

きゅうりをプランターで育てる場合のプランターや土のこと

初心者にも勧めることができるきゅうり。プランターで育てる時ですが、プランターや土について、詳細を知っておいた方が、あとで「失敗したな」という事態にはなりません。

  • プランター
    大体、土が45L入るものがお勧めになります。苗をいくつ植えるかにもよりますが、2つ苗を植えるのであれば、感覚を60cm位開ける必要があります。

  • 野菜用の土で十分対応可能です。
  • 植える場所
    日当たりが良い所、また、風通しも良い所です。乾燥が苦手な野菜になります。風通しが悪い所はきゅうりは苦手なので、プランターも日当たりが良く、風通しも良い所を選んで置いていきましょう。

きゅうりの育て方。プランターへの植え付けの手順

きゅうりに興味を持っていて、プランターで育てたいと思っている方。植え付けの手順をしっかり覚えて、きゅうりをプランターで元気に育てていきましょう。ここで失敗すると、枯れてしまうこともあります。下記で手順を紹介するので、適切な植え付けの手順をを習得していきましょう。

きゅうりのプランターでの育て方の手順

プランターにネットに入れた鉢底石を入れていきます。鉢底石を入れる理由ですが、水はけが良くなり、きゅうりを病気から守ることができます。

鉢底石の上に土を入れていきます。どの位の深さかというと、プランターの縁から3cm位下まで入れます。

寒さが心配な場合ですが、ビニールなどを使って、寒さからきゅうりを守ってあげます。
植え付ける前の苗には水をたっぷりと入れておきます。植える時は、土をほって、そこに苗を入れていきます。そして、水やりを十分にします。

きゅうりの支柱や整枝や水やりなどの育て方のポイント

きゅうりですが、植え付けた後は、支柱や整枝が必要になります。加えて、その時期も水やりもどの程度必要になってくるかも、ここで一緒に学んであなたが育てる時の予備知識として頭に保存していって下さい。

植え付けた後ですが、支柱をして、きゅうりを支えてあげます。一般的には3本たてて支柱をしていくので、3本の支柱をたてて、上の部分を紐で縛っていきます。

そして、苗を誘引していきます。

整枝についてですが、きゅうりでも背の低い部分(プランターからみて30cm位の所)のこづるを取る作業になります。それより上の箇所ですが、1-2節で切っていきます。

水やりについて

乾燥が続く時期は、朝か夕方、どちらかに水やりをします。

きゅうりの病害虫対策や収穫の仕方

きゅうりをプランターで育てていくなら、虫からの攻撃には注意しなくてはいけません。

どの野菜を育てる上でも、虫からも攻撃は常に駆除していくことが、健康な野菜を育てる秘訣になってきます。また、収獲の時期も誤ってしまうと、きゅうりの美味しさを逃してしまいます。

  • 虫について
    あぶらむしとウリハムシは気をつけたい虫になります。見つけたら(毒を持っているといけないので)ゴム手袋をはめて駆除すること、また、殺虫剤を使って取り除いていきます。
  • 収獲の目安は1週間
    収獲の最善な時期は花が咲いて、大体1週間位になります。その時期ですが、成長も早いので、常に大きさをチェックして、「このサイズがベスト」と思ったら、収獲することをお勧めします。あまり放っておくと、大きすぎになってしまいます。

初心者におすすめなきゅうりの品種について

初心者にも簡単に栽培できるおすすめなきゅうりの栽培。その中でも「これは初心者にもお勧めできますよ」という品種について紹介していきます。

  • フリーダム
    実が沢山できるのが魅力的なものになります。味にも甘さがあるので、みずみずしさと甘さをきゅうりに求めている方はフリーダムを選んでみましょう。
  • よしなり
    病気に強い品種です。初めは病気になりにくいきゅうりの品種に慣れて、自信をつけていくのもプランターとして成長できると思います。

簡単ではありますが、プランターをきゅうりで育てる際、どんな点に注意したら良いのか、失敗しない為の秘訣を紹介してきました。参考になるものはありましたか?苗の選び方であったり、土のこと、日当たりや風通しなど、もしかしたら、他の観葉植物や家庭菜園を育てている方にとっては、「他のものとあまり変わりはないんだね」と感じるものもあったかもしれません。そうであったとしても、きゅうりにはきゅうりなりの初心者におすすめな品種があるので、その品種を選んでまずは自信をつけてみても良いと思います。自信がつくと、野菜を育てるのも楽しくなりますからね。