プランターのミニトマトの水やりの量と頻度と掛け方のポイント

ちょっとしたスペースがあればほとんどの野菜を作る事が出来るプランターでの家庭菜園。
中でも人気が高いのがミニトマトではないでしょうか。

ミニトマトは育てるのが簡単といっても、初心者の方がわかないことの一つに水やりがあると思います。

水やりは毎日行った方がいいと思っている方もいるでしょうが、水やりは毎日行ってはいけません。なぜなのか理由をご覧ください。

では水やりはどうしたら良いのでしょうか。
それはプランターの大きさが関係してきます。プランターの大きさを確認して水やりを行いましょう。ミニトマト栽培におすすめなプランターを紹介します。

水の掛けかたや、頻度や時間帯についても確認しておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家庭菜園のかぼちゃの収穫のタイミングと時期と甘くなるコツ

成長するとぐんぐんとツルを伸ばしていくかぼちゃ。どこまでも伸びていきますが、かぼちゃの収穫のタイミン...

家庭菜園のきゅうりが曲がる原因と曲がらないきゅうりの作り方

家庭菜園のきゅうりは成長が早く数日で大きくなります。 成長したきゅうりが曲がっている、家庭菜園のほ...

ポトスの鉢に穴がない?穴がない鉢を使って上手に育てる方法

ポトスは育てやすい観葉植物として人気があり、プレゼントとしていただくことも!しかしプレゼント用の鉢は...

家庭菜園のトマトの水やり頻度を確認。環境に合わせた水やり頻度

トマトは家庭菜園での中でも育てやすく人気があります。 家庭菜園で野菜を育てる場合の大事なことの一つ...

家庭菜園のいちごを甘くする方法。甘いいちごを育てるコツ

家庭菜園でいちごを栽培。いちごが赤く色付き、待ちに待った収穫で食べてみると思ったよりも甘くないという...

プランターに生えたきのこの対策方法を紹介。きのこの正体とは

大事に育てていたプランターをよく見たらある日突然きのこが生えていたということはありませんか? ...

家庭菜園のトマトの支柱の立て方で簡単な方法と頑丈な立て方

家庭菜園でトマトを育てる場合には、支柱が必ず必要です。 支柱が無いとトマトは雨や風ですぐに倒れてし...

家庭菜園の肥料に米ぬかが使える。作り方とメリットと注意点

お米を精米するときに出る米ぬかですが、家庭菜園などの肥料になることをご存知でしょうか。 米のとぎ汁...

ナスを種から栽培しよう!プランターでナスを栽培する方法

ナスを種から育てることは少し難易度の高い栽培方法です。自宅のベランダなどで、ナスをプランター栽培する...

家庭菜園でバジルをプランター栽培。初心者には苗がオススメ

バジルはどこで手に入れていますか?お店で購入する方がほとんどでしょうか。 バジルは家庭菜園でも...

家庭菜園の人参の保存方法とおすすめな長期保存のやり方

家庭菜園で収穫した人参の保存の仕方はどんな方法があるのでしょう。 収穫したての人参には土がついてい...

おいしいナスを自分で栽培!育て方のポイントや畑作りについて

家庭菜園初心者の方でもナスやトマトは育てやすい野菜として知られています。しかし育て方を間違ってしまう...

天日干しのやり方と米の脱穀・精米方法!米が美味しくなる理由

天日干しをした米はとっても美味しいことから、最近では天日干しの米が見直されてきています。 自分...

プランター栽培のきゅうりが枯れる原因と対策・ポイントを解説

プランターで育てているきゅうりが枯れることに頭を悩ませてる人もいるのではないでしょうか。きゅうりを育...

プランターの花が枯れる原因と対処法と元気に花を育てるコツ

花を育ててみたいと思ったら、プランターで育てることで手軽にガーデニングが楽しめます。ですがプランター...

スポンサーリンク

ミニトマトの水やりはプランターの大きさに合わせて

ミニトマトを、プランターで自分で育ててみたいと思っている方。育てるには、水やりとプランターの大きさのことについて知っておいた方が、栽培するのに失敗せずに済みます。簡単に説明していきますので、参考にして下さい。

  • 水やりは基本、乾いた時にする
    土が乾いた状態で水やりをするのが適切なタイミングになります。毎日水やりをしたり、何日に一回などの頻度ではなく、とりあえずは土の状態を確認します。
  • 葉の状態もみる
    葉っぱに元気がないようであれば、水が足りない証拠です。土の状態と葉っぱの状態、両方チェックして水やりをしていきます。
  • プランターは丸型で深いものを選ぶ
    ミニトマトには、丸型で底の深いものが基本、適切になります。ホームセンターなどにいったら、様々な種類のものがあると思いますが、丸型で深いものを選びます。

プランターのミニトマトへの水やりのコツ

ミニトマトをプランターで育てる時は、水やりについて配慮する必要があります。どんなことに注意していけばよいのでしょうか。

  • 土の状態を確かめる
    上記でも触れていますが、乾いた状態で水やりをするのが、ベストなタイミングになります。その為、水やりをする時は、土の状態を目や少し指で触って確かめてみると良いと思います。
  • 葉っぱの状態もみる
    これも先程説明していますが、葉っぱの状態も確認してみます。少し「元気がないかな」という状態が逆に良いタイミングになります。ミニトマトは乾燥を好むので、あまり水をやりすぎると根腐れを起こす危険があります。「乾燥」することを頭に入れて、育てて下さい。
  • たっぷりと水やりをする
    いざ水やりするとなると、土全体に水をやる必要があります。根まで水が行くような感覚で水やりをしていきます。

プランターでのミニトマト栽培の水やりの頻度について

ミニトマトをプランターで栽培する時、とにかく面倒なのが、「水やり」になると思います。ミニトマトは上記でも説明していますが、乾燥を好む野菜なので、あまり水やりをしてしまうと、根腐れを起こして、病気になる可能性もある野菜です。

  • あまり気にすぎる必要はない野菜です
    ミニトマトは水やりに関していえば、あまり心配の要らない野菜になります。先程も触れていますが、乾燥が好きなので、毎日水やりをする必要はありません。
    ただ、だからといって、乾燥した日が続くといくらなんでも水やりをする必要があります。天気が良い日が3-4日続いた場合は、さすがに水やりをしましょう。
  • やりすぎると、実の大きさと、味が落ちる
    ミニトマトに水をやりすぎると、ミニトマトの実の大きさが大きくなりすぎたり、また、ミニトマトの味が落ちてしまいます。やりすぎは禁物です。「土が乾いたら水やりをしよう」位の気持ちでいましょう。

プランターのミニトマトの水やりは午前中がおすすめ

ミニトマトは、乾燥を好むので、プランターで育てる時も、あまり水やりをする必要はない野菜になります。ですが、土が乾いたり葉っぱに元気がない時は、やはり水やりをしていきます。

その水やりをするなら午前中をお勧めします。その理由は、ミニトマトが光合成をする前に十分なエネルギーがあると、苗事態も健康になりますし、味も良いものができてきます。

時間帯としては、9-10時がお勧めですが、その時間帯は働いていて水やりをすることができないという方もいますよね。そんな方は早朝でも問題ありません。10時以降になると日も出てしまうので、なるべく早めに水やりをして、他の自分がやるべきことに集中するのが、あなたの生活のリズムも崩さずに済む方法かと思います。

夕方の水やりも悪くはありませんが、やはり朝の方が良いです。理由は上記でも説明している通り、その後に光合成があるからです。するなら、朝に水やりを済ませてしまいましょう。

ミニトマト栽培初心者さんが失敗しやすいポイント

様々なことに挑戦してみたい方。ミニトマトをプランターで栽培するなんて、素敵なことにチャレンジしてみませんか?
挑戦するのなら、成功したいですよね。その為にも、失敗しやすいポイントを前もって知っておきましょう。

  • わき芽かきをする
    茎の根元に生えている小さな芽をとることです。理由は、その部分に栄養が行ってしまうと、肝心な実や芽に栄養が行き届かなくなってしまいます。
    育てたい部分に集中して栄養を与える。これが、わき芽をとる理由になります。
  • 摘心をする
    この作業は、ある程度の大きさになったら、茎の頂点を切っていく作業になります。大きくなりすぎても良い実は育ちません。ある程度になったら、大きさを調整していく。それが、摘心という作業になります。

プランターでミニトマトを栽培する際、水やりの頻度が大切になります。乾燥を好む野菜ですので、やりすぎては根腐れになり、美味しいミニトマトを収獲することができません。サインとしては、土の状態が乾いていること、また、葉っぱの状態があまり元気ではない時にするのがコツになってきます。プラスアルファの情報で、午前中の方が水やりに適していることもわかりました。適切な時間に水やりをして、元気なものを育てていって下さい。