家庭菜園でオクラはプランター栽培出来る。準備する物や栽培方法

夏の時期は家庭菜園がぐんぐん育ち楽しみな時期でもあります。夏野菜の中のオクラも家庭菜園で育てることが出来ます。

テレビ番組などでも健康食材としてもよく紹介されている、オクラをプランターで育ててみましょう。
プランター栽培なら広い土地やたくさんの土を用意する必要もなく、手軽に始めることができます。

まずはオクラ栽培に必要なプランター選びや、用意する土について紹介します。

オクラは種から育てる方法と、苗を購入して苗から育てる方法があります。育てやすい方法を選ぶことができます。

オクラが元気に育つように、水やりや肥料についての情報もお届けします。
また栽培に欠かせない、支柱の立て方やわき芽のかきか方も確認しておきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

庭の掃除を業者に頼むメリットと上手な業者選びのポイント

働く女性が増えて、庭の手入れもなかなかできないという方も多いと思います。毎日の仕事や家事に追われ、時...

家庭菜園の大根の生育に欠かせない肥料の事。追肥のやり方

大根は初心者でも家庭菜園で育てやすい野菜とされていますが、良い大根を作るコツがあります。 大根栽培...

家庭菜園のブロッコリーにつく虫の取り方やつかない為の防止策

家庭菜園でブロッコリーを栽培してる場合に、虫がついていることはあるでしょう。 家庭菜園なので当...

家庭菜園の枝豆の育て方のポイント。土作りや間引や摘芯など

穫れたての野菜は新鮮で水々しくとても美味しいものですが、中でも家庭菜園で作る枝豆の味は格別ではないで...

家庭菜園のレタスが苦いワケ。対策と収穫のタイミングを紹介

楽しみにしていた家庭菜園のレタスの収穫。いざ食べてみるとレタスが苦いということはあります。 な...

プランター栽培のトマトに追肥をする目安と追肥の手順・注意点

マンションなど、畑のないご家庭ではプランターでトマトを栽培している人もいます。初めてトマトを栽培する...

落ち葉掃除に便利な道具。効率的に落ち葉を集める方法

秋になると大量の落ち葉に、毎年お困りの方も多いと思います。落ち葉が落ち着くまで何度も掃除をしなければ...

プランターできゅうりの栽培。育て方を最初から収穫まで紹介

プランターで育てやすい夏野菜の代表、きゅうりの育て方について紹介します。 まずは家庭菜園初心者...

プランターの花が枯れる原因と対処法と元気に花を育てるコツ

花を育ててみたいと思ったら、プランターで育てることで手軽にガーデニングが楽しめます。ですがプランター...

家庭菜園のバジルの収穫について。収穫量を増やすポイント

パスタやピザなどのイタリアンには欠かせないバジルを、家庭菜園で栽培している方も多いと思います。 ...

家庭菜園のしその育て方の流れと元気に育てるポイントや増やし方

家庭菜園を始めたいと思った時に、どんな野菜を育ててみたいと思いますか? 最初はやはり育てやすい...

家庭菜園のほうれん草の種まきの時期やまき方や栽培方法のコツ

スーパーの野菜コーナーにいつもある野菜の中にほうれん草があります。ほうれん草は夏の時期を除くと一年を...

家庭菜園のトマトの支柱の立て方で簡単な方法と頑丈な立て方

家庭菜園でトマトを育てる場合には、支柱が必ず必要です。 支柱が無いとトマトは雨や風ですぐに倒れてし...

家庭菜園のトマトの皮が固い理由と、解決策を一気に紹介

お宅の家庭菜園ではどんな野菜を育てていますか? やはりトマトは人気が高い野菜だと思います。 ...

家庭菜園の虫には酢が効く。手作りのスプレーの作り方と使い方

家庭菜園の作物に虫がついてしまうことはよくありますが、みなさんこの虫対策はどうしていますか? ...

スポンサーリンク

オクラを家庭菜園しよう。プランター栽培のプランターや土について

お友達も家庭菜園で野菜を育てているから、私もやってみたい。そんな思いで、家庭菜園に取り組む方、いらっしゃいますよね。

オクラはおかずの材料としても、体にも良いので、主婦の方、家族の方にも好まれます。そのオクラですが、プランターでも育てることができます。

その際にどんなプランターや土が必要になってくるのか、あなたは知ってますか?

  • 高さのあるものを用意する
    オクラの根は割と深く伸びていきます。また、背丈も長く成長していきますので、プランターとしては、ポットサイズなら直径30cm、高さは30cm以上、横長プランターでも同じようなサイズのものを用意していきます。

  • 鉢底石が必要になります。土や野菜専用のもので十分対応できます。市販のものを使用していきましょう。

オクラの家庭菜園。種から植える方法や苗から植えるプランター栽培のやり方

オクラを家庭菜園で育てたい時には、種から苗に植える方法や苗から植えるプランター栽培の方法についても、ここで一緒に学んでいきましょう。

  • 種からプランターに植える方法
    時期としては、春頃が良いと思います。その時期になったら、用意しているプランターに種を蒔いていきます。日当りの良い場所で育てていって下さいね。
    蒔く時期ですがオクラが熱さには強いので、ある程度種まきが遅れても対応は可能です。ただ、収獲の量には影響が出てくるので、なるべく遅れずに蒔いていきましょう。
  • 苗からプランターに植える方法
    苗の植え付けですが、温かい時期、5月を目処にしていきます。苗と苗の間の間隔ですが、15-20cmにして下さい。
    植え付けをした後ですが、根が乾燥しないように、たっぷりと水を与えていきます。

プランターでの家庭菜園のオクラの水やりと肥料について

オクラを家庭菜園で育てる時ですが、水やりと肥料についてもよく知っておかないと、収獲に影響してきます。

  • 発芽するまでは水やりはかかさずに
    発芽するまでの時期にオクラはとてもエネルギーを必要とします。その為、水やりはたっぷりとしていきましょう。
    土が乾いているなと感じたら、水やりをしていって下さい。
    ただ、苗の場合は、根腐れを引き起こしますので、水やりはほどほどにしましょう。
  • 肥料について
    実がついたタイミングで肥料を加えていきます。2-3週間に1回の割合で、オクラに適している肥料をあげていきます。
    液体のものであれば、10日に一回の割合で根元にあげていきます。
    定期的に肥料をあげることで多くの収獲を期待できます。背丈が高くなった時、実が付き始めたら、肥料を与えていきましょう。

家庭菜園のオクラの支柱の立て方とわき芽のかきかた

オクラはスムーズに成長していくと、今度は支柱が必要になります。
茎の根元から生えてくるわき芽についても触れておくので、支柱とわき芽をよく観察して収獲していきましょう。

  • 背丈が30cmになったら、支柱を立てる
    オクラがそこまで成長していくと、自分自身だけで立つことができなくなり、支柱という支えが必要になってきます。
    大体、1.5Mのものを用意して、たてていきます。
    その際に強くしますぎてしまうとオクラの方が負けてしまうので、縛る時は、緩めにしていきましょう。
  • わき芽のかきかた
    わき芽をきちんととっておかないと、栄養がそこにいってしまい、肝心な実が栄養不足になってしまいます。
    茎から芽がでてい時には、放置せずに、すぐにとってしまいましょう。

家庭菜園の楽しみな収穫。オクラの収穫のポイント

肥料や水やりにも十分に注意し愛情を注ぎながら育ててきた、オクラの収穫の時期はとても楽しみですよね。オクラを収獲するにも、ポイントがあります。

では早速ご紹介していきたいと思います。

オクラの収穫はサイズが決め手となる!

他の野菜と少し違う点になると思いますが、オクラに関していえば、まだ未熟かな?と思うタイミングで収獲していきます。
オクラは15cm位まで成長します。考えてみれば、そんな大きなオクラをお店でみたことがないと思います。

食べごろなのは、あくまでも7cm位なので、その位のサイズで収獲してしまいます。また、花が咲いてから、大体1週間程度が収獲の時期の目安になります。
お花は1日で落ちてしまうので、そのタイミングで収獲しても大丈夫そうです。

収獲する際は、時期とサイズがカギとなります。あまり大きくなりすぎない時期に収獲してしまいましょう。

家庭菜園でオクラを栽培する際に、プランターのサイズであったり、水やりの頻度、肥料はどの位の頻度ですれば良いのか、収獲の時期はいつ頃なのか、細かにみてきましたが、あなたの参考になるものはありましたか?
オクラを収獲する際には、サイズが重要になってきます。あまり大きくなりすぎない時期に収獲して、美味しく食べてしまいましょう。また、実に必要な栄養がいく為にも、わき芽はきちんととって、実に必要な栄養素を送るようにしてあげて下さい。これで、あなたのオクラは美味しいものになっていくと思います。