【ナスの育て方】一番花は摘む?摘まない?ナスの摘花について

家庭菜園初心者の方にもおすすめとされているナス。お庭やプランターで育てている方も多いのではないでしょうか?順調に育ってきて花をつけたら、実がなるまではもう少し!そう思ってしまいますよね。

しかしナスの育て方として一番花は摘んだほうが良い、摘まないほうが良いなど、意見が分かれるところです。

そこでナスの一番花は摘むか摘まないか、その判断方法や、その後の実の付け方についてもご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

家庭菜園のきゅうりが黄色くなる理由と収穫の時期と食べる方法

家庭菜園ではどんな野菜を育てていますか? 夏にぐんぐん生育するのが楽しみな野菜といえば、きゅうりが...

ポトスの鉢に穴がない?穴がない鉢を使って上手に育てる方法

ポトスは育てやすい観葉植物として人気があり、プレゼントとしていただくことも!しかしプレゼント用の鉢は...

ナスの育て方は水やりがポイント!美味しいナスの栽培方法

家庭菜園のナスを地植えで育てるときは水やりにコツがあります。ナスは水を切らさないようにすることが育て...

落ち葉掃除に便利な道具。効率的に落ち葉を集める方法

秋になると大量の落ち葉に、毎年お困りの方も多いと思います。落ち葉が落ち着くまで何度も掃除をしなければ...

家庭菜園の大葉につく虫の駆除方法と寄せ付けない為の工夫

大葉は家庭菜園で作る野菜の中でも簡単に育てることができ、たくさん葉をつけるのでオススメな野菜です。 ...

ナスの栽培方法や育て方などについてご紹介

家庭菜園をしようと思った時に、ナスは美味しくて栄養もあるので、人気の野菜のひとつです。 しかし、き...

家庭菜園の土の深さは何センチあればいいのか紹介。耕し方も確認

野菜は収穫したてが一番美味しいと思いませんか?家庭菜園で色々な野菜を育ててみましょう。 まずは...

家庭菜園の玉ねぎに追肥をする方法やタイミング・育て方を解説

家庭菜園で玉ねぎを育てている人の中には、初めて玉ねぎを育てている人もいるのではないでしょうか。 ...

家庭菜園のほうれん草の種まきの時期やまき方や栽培方法のコツ

スーパーの野菜コーナーにいつもある野菜の中にほうれん草があります。ほうれん草は夏の時期を除くと一年を...

家庭菜園のブロッコリーにつく虫の取り方やつかない為の防止策

家庭菜園でブロッコリーを栽培してる場合に、虫がついていることはあるでしょう。 家庭菜園なので当...

ナスをプランターで栽培!支柱の立て方やコツ・栽培方法を解説

ナスをプランターで栽培するとき、今までナス栽培の経験がない人は、どのように植え付けや支柱を立てれば良...

家庭菜園のピーマンの芽かきのやり方とポイントと収穫まで

家庭菜園でピーマンを育てている場合は、ある程度成長した時点でわき芽かきという作業が必要になります。 ...

家庭菜園のサツマイモが甘くない時に出来る事と甘くなる育て方

そのまま食べても料理にもしても、お菓子にしても美味しいみんな大好きサツマイモ。 家庭菜園でサツ...

ナス栽培中の葉っぱの整え方と、葉っぱが丸くなった時の対処法

マイホームの購入と同時に家庭菜園を始める方もいらっしゃるのではないでしょうか。 家庭菜園ではどんな...

家庭菜園のトマトの支柱の立て方で簡単な方法と頑丈な立て方

家庭菜園でトマトを育てる場合には、支柱が必ず必要です。 支柱が無いとトマトは雨や風ですぐに倒れてし...

スポンサーリンク

ナスの育て方!一番花を摘む理由について

ナスの育て方 一番花を摘む編

家庭菜園でナスを育てる時は、一番花を摘むことをオススメします。
家庭菜園初心者の方は特にです。

なぜ、ナスの一番花を摘まなければならないのか。
それは、花に栄養がいく分を、これからナスの実をつける株の方に栄養を行き渡らせるためです。栄養あちらこちらと分散するよりは1つの方に集中的に送った方が、良い実ができるからです。家庭菜園初心者はまだ家庭菜園のノウハウが分かっていないので、最初は一番花を摘む育て方でナスを育てる方が無難ですね。

様々な育て方がありますがまずは無難な育て方でナスを無事に育て自信をつけていきましょう。

紫色が鮮やかなナスの花はとても魅力的で、観賞用としてとっておきたい方もいるでしょうが、このようにナスの草勢によっては摘んだ方がよい場合もあることを覚えておいてください。

逆に、ナスの一番花は摘まない方が良い、そんな場合もあります。

こうなると初心者にとっては非常にややこしいですね。

一番花を摘まない育て方は以下をご覧くさい。

ナスの一番花を摘まない育て方

ナスの育て方 一番花を摘まない編

ナスの一番花を摘むのは、その分の栄養を小さい株の方に回して成長を促すためであります。

ですが、ナスの一番花を摘まない方が良いという説もあります。
なぜなら、ナスの成長過程で栄養成長と生殖成長がありますが、栄養成長は枝や葉の成長を促し、花を咲かせ実をならすのは生殖成長です。
その花を取ってしまうと、栄養成長ばかり栄養が傾き、枝や葉ばかり茂ってしまうことがあるのです。
それを抑えるためにも一番花はすぐに摘まなくても良いのです。
一番花を摘まないのはナスの苗のバランスをとるためですね。

ただ、ナスの一番花は咲いてすぐに摘まなくても、ある程度したら摘むことをオススメします。

ずっとそのままにしておくと、それこそ花を咲かすために栄養は多く取られ、小さい株が育ちにくいからです。

いずれは一番花を摘むほうが良いですが、すぐにとるかどうかは草勢の勢いによって判断した方が良いでしょう。

家庭菜園が慣れてくるとこのような成長のバランスを意識しながら育てられるのではないかと思います。

ナスの育て方は状態を確認して一番花、一番果を摘むことが必要

ナスの育て方に悩んだら…

ナスの花で確認

ナスの花の中心にある雄しべと雌しべを観察してください。

雌しべより雄しべが長い状態であればナスの苗の状態は良い状態と言えます。
またこれは受粉が上手くいくというサインでもあります。

これが雄しべの方が長いまたは同じ長さであれば、実がならないか固いナスに仕上がってしまうか、どちらかということがわかります。

株の勢いを確認

葉や枝の生え方や勢いがあまりないと感じたら、一番花を摘んで、そちらに栄養を送った方が良いでしょう。

一番花を摘むか摘まないかで悩んだらナスの花や草勢の状態を確認して判断しましょう。
一番花を摘んだり、追肥したり、水分不足または水のあげすぎなど何らかの対策が必要です。

ナスの育て方は一番花の処理と同じ様に整枝も重要

ナスの育て方 整枝編

ナスの苗を倒れないように整枝すること。
整枝はナスを立派に育てるためには重要です。

ナスがある程度成長してくると枝が何本かに分かれます。
そうなると一本の整枝では足りないので3本仕立てにしましょう。

主枝となる仕立てを真ん中に立て、後の日本は交差するようにバッテンに支柱し、ビニール紐や麻ひもでナスの枝を固定します。

整枝でナスの苗の良い状態をキープし、全体に日光が当たるようにします。

そうすることで、ナスは何度も花を咲かせ実をつけ長期収穫ができるのです。
整枝をして葉や茎を育てながら、花を咲かせ同時に実はなるよう工夫していきましょう。
長期収穫の場合は追肥も忘れずに行ってくださいね。

ナスの収穫を期待するなら追肥も忘れずに

ナスの収穫を期待するなら、追肥、水やりをしっかり行いましょう。

  • 追肥
    一番花を摘む時期に2週間程度の感覚で追肥をします。
    感覚は2週間程度が目安となりますが、苗の成長具合や状態に応じて調整してください。
    元気がない場合には少し早めに、元気がある場合は少し感覚が長くても大丈夫ですよ。
  • 水やり
    夏の乾燥はナスにとって大敵です。
    高い気温が続くと朝に水をあげてもすぐに乾燥状態になってしまいますね。
    ワラを敷いて地温の温度をやわらげたり、うね間に水やりをするなど対策をとりましょう。
ナスは家庭菜園初心者でも育てやすい野菜です。
ナスの育て方についてしっかり調べ、美味しいナスを育ててください。
最初はプランターで育てると扱いやすいですよ。
一番花の扱い、草勢の状態、追肥、水やり、整枝、などナスの育て方のポイントを頭にいれて美味しいナスに仕上げることを目標にしてみてください。

家庭菜園に自信がつくと、もっと多くの野菜を育てられ、家庭菜園の知恵もついてくるでしょう。