観葉植物のコンシンネの挿し木のやり方についてご紹介

観葉植物の中でも、ドラセナのコンシンネは、育てやすく見た目のおしゃれさから人気の高い植物です。
また、挿し木すれば増やすことも出来ますので、同じ植物好きな友達に分けてあげたり、自分の家の中をコンシンネでいっぱいにすることも可能です。
そんなコンシンネの挿し木は、具体的にはどのようにすれば良いのでしょうか。
ここでは、そのやり方についてのアレコレをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

観葉植物の虫対策!土からコバエが発生した時の対策と予防方法

家に置いている観葉植物からコバエが発生すると、とても嫌な気持ちになりますよね。家の中をブンブン飛び回...

観葉植物の土に虫わかないようにする方法!土の選び方と対処法

観葉植物の土から虫がわきてしまうことがあります。家の中に虫がいると、快適な生活ができませんよね。 ...

観葉植物の水やりの頻度に決まりは無い。水やりのタイミングとは

観葉植物を枯らしてしまうことの原因に水やりがあります。 友人宅の観葉植物はよく枯れているので聞...

よく育つ観葉植物のカポックに必要な剪定や挿し木についてご紹介

観葉植物のカポックは丈夫で育ちやすい植物として人気です。ぐんぐんと成長をするので、カポックを育てるに...

観葉植物の人気者達の紹介。玄関の日差しに合わせて置きましょう

観葉植物をリビングに飾るお家はありますが、玄関にも観葉植物があったら素敵ですね。 玄関に日差しは入...

エアプランツのおしゃれで可愛い飾り方!百均を使ったアイデア

土を使わなくても育てられるエアプランツは、おしゃれなインテリアとしても人気です。飾り方もいろいろな方...

観葉植物は室内の日陰でも育つ、日陰が好きで育てやすいオススメ

観葉植物といえば、常に日光が当たっていないと育たないと思っていませんか? 観葉植物の中には日の光が...

観葉植物の大型タイプを置いておしゃれな空間を演出。その飾り方

リビングにアクセントをつけてくれる大型の観葉植物。 インテリアとしてもおしゃれな観葉植物は何を...

パキラの植え替え時期の目安と植え替え方法・正しい管理方法

観葉植物のパキラは、植え替えをすることで大きく育てることができます。 パキラがどのような状態に...

観葉植物のパキラの育て方とは?基本的な置き場所や水のあげ方

室内で育てやすい観葉植物のパキラ、どんなお部屋の雰囲気にも合わせやすいので候補のひとつにしている人は...

造花の観葉植物は100均がおすすめ!おしゃれアイデアを紹介

造花の観葉植物は100均でも種類が豊富で好みのものを手軽に選ぶことができます。 自分で少し手を加え...

観葉植物を癒やしのインテリアに。北欧インテリアに合うグリーン

北欧風のインテリアは女性を中心に人気ですよね。大人の女性にも取り入れやすく、シックな色合いの中に、鮮...

観葉植物の土でおすすめな専用タイプの土と配合の仕方について

室内に観葉植物を置く場合に気になるのが、土と土につく虫ではないでしょうka. 私も最初は何でも...

モンステラの株分け方法!実際の手順と注意点・育て方を解説

インテリアとしても人気の高い観葉植物のモンステラは、株分けをすることで増やすことができます。ですが、...

観葉植物の水やりで冬の季節に注意したい事。回数や時間や温度

温かい時はあまり気にならなかった観葉植物の水やりも、冬の時期になり気温や室温が下がってくるとどうした...

スポンサーリンク

観葉植物のコンシンネの挿し木を行うのに向いてる時期と必要な道具とは

ドラセナ・コンシンネは生命力がとても強いので挿し木をしておくと根が出てきて新しい株へと生長します。

成功率は高い方ですが、挿し木をする時期が悪いと殆ど成功しません。挿し木は5月から6月の間が最もよく成功します。コンシンネは熱帯で育つ植物なので、日本では夏の間に生長して冬の間には殆ど生長しません。生長しない時期に挿し木をしても根が生えてこない確立が高くなるのです。

5月から6月は温かくなりコンシンネの挿し木に最適

5月から6月は温かくなりコンシンネが元気に生長を始めた時期で、根が出てから生長する期間もまだ多く残されているので挿し木に最適な時期となるのです。

挿し木をするには親株から挿し木にする部分を切り取る必要があります。親株が生長すると剪定が必要となるので、剪定した茎を利用すると親株から勿体無い思いをして切り取ることにならないのでおすすめします。
幹から新芽が出てある程度伸びてきたら根元から切り取ります。

鉢が小さくなると植え替えをする必要がありますが、その時期に最適なのも5月から6月の間です。

ゴールデンウィークもあり気候が暖かくなり外での活動が気持ちくなる季節です。園芸店へ足を運び新しい鉢や土を購入し、植え替えと剪定、挿し木をしてみるのもよいでしょう。

我が家では冬の間は鉢を家の中に置き、夏の間は外に出しています。ゴールデンウィークはお出掛けもしますが1日は鉢の世話をする日として確保し、家の中の鉢を全て外に出して植え替えが必要な鉢は植え替えを行います。剪定や株分けしたものを新しい鉢で育てるので、一気に鉢の数が増え賑やかになります。
挿し木に使用する土は庭の土でも良いのですが、市販されている挿し木用の土を利用すると雑菌が沸いて腐ってしまったり水はけが悪くて腐ってしまうという失敗を減らすことができ、成功率が高くなるでしょう。

観葉植物のコンシンネを挿し木には、こんな方法があります

コンシンネの挿し木には、いくつかの方法があります。

  • 最も簡単にできるのが、切り取った茎の下の方の葉を取り1~2枚だけ残し、切り口を斜めに切って「挿し穂」を作って土に挿す方法です。
    挿し穂を水に浸けて置くと根が出てきます。これを「水挿し」と呼びます。水差しはハイドロカルチャーにしたい場合に最適な方法です。
  • 茎が長い場合は「茎伏せ」を行うと多数に増やすことができます。茎に付いている全ての葉を取り、5cm程度の長さで切り分けます。その茎を土の上に寝せて置き、押し込んで3分の2程度まで埋めます。芽が出てきて植え替える時は、立ててしまわずに寝せた状態のまま植えます。
  • 「管挿し」は思い切りの必要な方法です。コンシンネの幹を上と下に真っ二つに切り分けます。葉を1~2枚だけ残して取り除き、土に挿します。下の幹だけになった部分はそのままにしておくと新芽が出てきます。これはコンシンネをこれ以上大きくしたくない場合や、幹から出る新芽を挿し木にして沢山増やしたい時に行います。

観葉植物のコンシンネの挿し木を水差しした場合は

剪定等で切った枝を水に挿しておくと根が出てきます。

透明なガラス瓶など中が見える容器に入れて枝から根が出る様子を観察します。枝がポコッと盛り上がり根が出てくる様子を見ていると、植物の生命力の強さを感じ「生きている」ことを再認識させられます。
根がある程度で揃った枝はハイドロボールを入れた容器に植えてハイドロカルチャーにすることができます。
ハイドロボールと根腐れ防止剤、培養液だけで育てることができるので、土いじりがあまり好きではない方におすすめです。水が無くなったら入れるだけで世話も簡単なので、ちょっとした贈り物としても喜ばれるでしょう。

鉢で育てるのをメインとして、剪定した枝をハイドロカルチャーにして屋内のあちこちに飾るのもよいでしょう。土を使用せず、鉢受け皿も不要なので様々な場所に飾ることができます。容器も専用のものではなくグラスやガラスのプリンカップなどを利用することができます。
キッチンや食卓テーブル、洗面台やトイレ、壁に取り付けて飾るのもよいでしょう。

コンシンネを元気に育てるためには

コンシンネは日当たりを好むので、よく日の当たる明るい場所に置きましょう。

しかし、真夏の強い日差しが長時間当たると葉焼けして色が変わってしまう場合があるので、あまりに強い日差しは簾などで遮ってあげましょう。
水は土の表面が乾くまではあげないようにしましょう。ただし冬の間は殆ど生長しないので水をあげる量を減らします。土の表面が乾いてから更に5日程度経過してからあげるようにしましょう。気温が5度以下になると枯れてしまうので、冬の間は室内に置いて温度管理に気をつけましょう。
茎や葉が込み合ってきたら空気の流れが悪くなり病気や虫が付きやすくなります。剪定してすっきりとした状態を保ちましょう。

コンシンネに元気がない時の原因と対処方法

コンシンネの葉がしおれていたり葉が枯れるなど元気が無い場合には、日照や水をあげる量が適切であるのかを確認しましょう。

鉢受けの皿に水を溜めた状態では鉢内の土がジメジメして根腐れを起こしてしまいます。水をあげた後には捨てましょう。

病気や虫が付いていても弱るので、葉の裏表や茎を見て異常がないか確認しましょう。

空気の流れの悪い場所に置いておくと病気になったり虫がつくことがあります。患部が少ない場合には、病気の場合には悪くなった葉を取り除きます。虫が付いている場合には、ハダニやアブラムシは濡らしたティッシュなどで拭き取り、カイガラムシは割り箸でつまんで取るかブラシで擦り落とします。範囲が広い場合には病気も虫も適した薬剤で対処します。
早く見つけると範囲が狭く簡単に対処できるので、早期発見できるように毎日様子を見てあげることが大切です。病気や虫は葉が乾燥しすぎると付くので、霧吹きで葉に水をかけてあげると予防となります。
屋内に置いていると葉に埃が積もるので、濡れタオルで拭いて掃除をしながら様子をみてあげるとよいでしょう。