鉢植えの植え替えと根切りのやり方や、コツについて

鉢植えの植物は、しばらく育てていると、植え替えが必要になることがあります。
場合によっては、それと同時に根切りも行うこともあります。
そういった場合、いつ、どのように行えば良いのでしょうか。
ここでは、植え替えや根切り行うのにふさわしいタイミングや時期、必要な道具ややり方などについてご紹介しますので、観葉植物を育てている方は、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パキラの植え替えを失敗しないためのルールと植え替えの手順

パキラはお部屋のインテリアとしても人気で、よく目にする観葉植物です。植物は育てていくうちに、植え替え...

モンステラの植え替え方法!合う用土の種類と手順・管理方法

観葉植物のモンステラは、成長に合わせて植え替えをする必要があります。このとき、植え替えに関する知識が...

花の水やりどうしよう…旅行前に行いたい花の水やりと管理方法

旅行で家を留守にする間、花の水やりをどうしよう、花が枯れてしまうのではと不安になるのではないでしょう...

鉢の大きさを表す号について。直径や土の量や向いている植物

買ってきた苗を新しい鉢に入れたり、サイズが小さくなった鉢の植え替えしようと思った時に、よくわからない...

ブルースターの花の育て方・基本的な育て方を知って上手に栽培

ブルースターの花は「オキシペタラム」とも呼ばれる花で、病気にもかかりにくい綺麗な空色の花です。品種に...

モンステラの支柱は100均で揃う。立て方と茎と支柱の結び方

モンステラは丈夫な観葉植物なのでとても育てやすく、数年で大きく葉を伸ばしていきます。 大きくなった...

ドラセナ・コンシンネの基本的な育て方と水やりや管理の方法

ドラセナ・コンシンネは折り曲がった幹と細く長く伸びる葉が魅力の観葉植物です。葉っぱの色も綺麗なので、...

多年草の花の紹介。春に咲く花の種類や育て方や役割ごとの植え方

多年草は同じ株から何年も何年も花を咲かせ続けますので、ガーデニングをする場合には是非植えたい花ではな...

ガーベラの花束を長持ちさせるコツ!しおれずに長く楽しむ方法

花束によく使われる花の一つに、ガーベラがあります。華やかで目を引くその花の姿は、花束などのフラワーギ...

鉢カバーを手作りしたい!おしゃれな空間を楽しむアイデアを紹介

観葉植物の鉢にカバーをするだけで、植物やお部屋の印象を変えることができます。 鉢カバーの手作りは簡...

ポトスの水栽培の方法葉が黄色くなってしまうときの対処方法

ポトスの水栽培をしたら葉っぱが黄色くなってしまった…こんなときはどうしたらいいのでしょうか。 ...

おしゃれな花壇の作り方と花の選び方【ガーデニング初心者】

庭におしゃれな花壇を作りたいと思う時には、業者に頼む方法もありますが、自分でも可愛らしい花壇を作るこ...

ポトスを支柱を使って育てる方法、つるの巻き方についてもご紹介

ポトスは育てやすいがゆえに、いつの間にかつるが伸びすぎて、困ってしまうことがあります。 そんな...

パキラの挿し木で売っているような三つ編みパキラを作ろう

パキラの剪定時にカットした枝を挿し木にする方が、少なくはないと思います。 実はその挿し木を使っ...

花の水やりが心配?これで留守中の草花を乾燥から守れます

家族みんなで旅行に出掛ける、一人暮らしで長期の出張などで家を留守にする場合など、おうちで花を育ててい...

スポンサーリンク

鉢植えを植え替えたり、根切りをするのに適切なタイミングや時期とは

植え替えのタイミング

  • 根がは鉢の底穴からはみ出している時
  • 水やりをした水が土になじまない時
  • 観葉植物を購入してから2年程経過している時

植え替えの時期

観葉植物の成長が盛んな5~9月の間

毎年春に観葉植物や鉢の底をチェックすると植え替えや根切りに適したタイミングや時期を逃すことはないでしょう。

植え替えや根切りは根のためにしていることですが、根の負担も大きいです。
そのため、観葉植物が活発に活動する時期を待って植え替えや根切りをした方が良いのです。

人間も免疫が弱っている時に更に体の負担がかかるようなことは避けますよね。
観葉植物も同じです。観葉植物が休息期に入る冬の植え替えや根切りはさけましょう。元気を狙って回復を早めるようにしてあげると良いですよ。

観葉植物が好きでも根の仕組みや特徴をわからない人も多いです。
恥ずかしながら私自身もそうでした。
観葉植物が好きでこれまでいくつも買っては何個もダメにしていました。

このように植物の生命を無駄にしないよう、適切なタイミングや方法で植え替えや根切りを行いましょう。

観葉植物を長生きさせたいなら、ぜひこのイミングや時期を逃さないように注意してください。

鉢植えの植え替えや根切りをする時に必要なものは

今使っている鉢よりも1回り大きい鉢
大きすぎる鉢は根腐れを起こしやすくなりますので必ず丁度よいサイズの鉢を用意してください。

鉢底石

必ずしも必要というわけではありませんがあったほうが観葉植物を長生きさせることができます。
土に通気性出すこと、水溜りをなくすことが鉢底石を使うメリットです。

観葉植物専用の土

複数の土や肥料を混合してオリジナルの土を作る方もいますが、初心者の方には難しいです。
ホームセンターなどにある専用の土を使うと気軽に植え替え根切りができますよ。

支柱

観葉植物が1メートルを超えたり安定しないなら支柱で支えてあげましょう。

その他
スコップ、軍手などがあると便利です。

鉢植えの植え替えや根切りのやり方についてご紹介

植え替え方法

  1. 土を乾燥させる
  2. 根の土を落とす
    古い土にはもう栄養がないため根と根に挟まった土もできるだけ落とす
  3. 根腐れを落としている部分や元気がない根を切り落とす
  4. 鉢底石を敷き土を少し入れる
  5. 鉢の高さより少し下の位置に観葉植物が来るように土をいれて固定していく
  6. 支柱する場合は支柱を立てて紐で固定する
  7. 最後に変色したり、枯れている葉があば葉を取る

根切り方法

  1. 根切りのやり方は植え替えの工程3の次に根を切り落とします。
  2. 根3分の1程度下を切り落とします。
    最初は躊躇してしまいますが、バッサリいってしまって構いません。
  3. 株が複数ある場合は株を分けてから1つづつ切り落としましょう。

植え替えも根切りも根が乾燥しないよう素早く行ってくださいね。

鉢植えの植物を「大きくしたくない」、「鉢を変えたくない」という時は

観葉植物は好みの大きさがあります。
頑張ってどんどん大きく成長させたい方もいれば、今のままの大きさで保ちたいという方もいます。

観葉植物の大きさを保つためには、植替えの時に大きく広がった葉や、中途半端に伸びた根をカットすると良いでしょう。

また鉢も今のまま使いたいのであれば、親株と子株を分けます。
そして使う株だけ植え替えをしていきます。
こうすることでそのままの大きさの鉢を使い続けることができます。

株が1つしかない場合は、元気な根を残し切り落とせる根を切り落としていくと良いでしょう。

植え替えや根切りをするのは鉢に根がパンパンに詰まると根が酸素不足になるからです。
なのでそのままの鉢を使いたいなら、根をカットする、株を分ける、無駄に広がった葉をカットするなど工夫が必要です。

鉢を植え替えるタイミングで、栽培方法を切り替えてみるのもおすすめ

植え替えや根切りをするタイミングは、栽培方法を切り替えられるタイミングでもあります。

観葉植物を育てて慣れていくと、もっとこのようにしたい、あのようにしたいと欲が出てきませんか。
インテリアとしてもっと魅力ある土を使わない栽培。
土を使うよりも透明感や清潔感があってオシャレですよね。

もし栽培方法を切り替えたいなら、植え替えや根切りのタイミングで一緒にやってしまいましょう。

そうすることで観葉植物の負担を抑えることができます。

観葉植物そのものの栽培方法を変えても構わないですが、観葉植物がある程度の大きさになると難しいですよね。

株分けや剪定をした観葉植物を水挿しやハイドロボールで育ててみる

観葉植物を買わずに増やすことができます。

「買わず増やす」それこそが観葉植物の醍醐味でもあります。
増やすための剪定や育て方を調べて正しい方法で行ってくださいね。
まずは、植え替えや根切りの仕方をマスターしてから、剪定のステップに進みましょう。