TAG

時期

失敗しないユッカ(観葉植物) の剪定方法と挿し木の仕方について

観葉植物のユッカは青年の木とも呼ばれ、育てやすいという特徴から、おうちのインテリアとして室内に置いている方もたくさんいらっしゃいます。 そこでユッカが大きく育った時の剪定方法について、ここでは紹介をしていきます。 普段の剪定方法はもちろん、切り戻しの方法、剪定した枝の挿し木の仕方についても紹介をいたしますので、ユッカの剪定に役立ててください。

オリーブルッカの剪定に適した時期と剪定の手順

オリーブのルッカは実を付けやすく、大きく育てばシンボルツリーとしても存在感のある木です。大きくなってくると、見た目だけでなく、病害虫の予防のためにも剪定が必要になります。初めて剪定をするという場合には、どの枝を切れば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか? そこで、オリーブルッカの剪定に適した時期や、剪定の方法をご紹介します。また、剪定した枝を使って、挿し木として増やすこともできます。

ポトスの植え替え時期はいつがいい?ポトスの育て方について

ポトスを植え替えするのに適している時期はいつなのでしょうか? 観葉植物を植え替えは鉢が小さくなったタイミングがベストなのではなく、植物が元気なときに行い負担をかけないようにすることが大切です。 ポトスにとって丁度よい植え替えの時期やタイミングを紹介します。 植え替え方のコツや植え替えた後に気をつけることなども参考にしてみてください。

家庭菜園の玉ねぎに追肥をする方法やタイミング・育て方を解説

家庭菜園で玉ねぎを育てている人の中には、初めて玉ねぎを育てている人もいるのではないでしょうか。 玉ねぎの追肥についての知識がなく、どんなタイミングで追肥をすればいいのかわからない人もいることでしょう。 ここでは、玉ねぎに追肥をする方法やタイミングについてお伝えします。どんなふうに追肥をすれば良いのかを知って、上手に玉ねぎを栽培しましょう。 また、ありがちなトラブルや対処法、収穫方法についてもご紹介しますので、こちらも併せて参考にしてみてください。

シンボルツリーのもみじで失敗したと思う事と植える場合の注意点

庭や玄関先にシンボルツリーを植えているご家庭もありますが、お住まいの顔ともいえるシンボルツリーにはどんな木を植えていますか? もみじも人気ですが、もみじの楽しみといえばなんといっても紅葉が綺麗なところではないでしょうか。 そんなもみじをシンボルツリーとして植えていて、失敗したと感じるのはどんな事なのでしょう。 まずはもみじの注意点は虫がつくことです。 他にはやはり落ち葉が多いこと。庭のあちこちに落ち葉が飛んでしまい、掃除が大変だといいます。 またもみじには剪定も必要なのですが、剪定は木にとても負担がかかるのでやり方を間違わないように注意しましょう。 剪定の時期ややり方を紹介します。

家庭菜園のナスにつく虫の種類と駆除の方法と予防策を紹介

収穫が楽しみな家庭菜園のナス。よく見ると葉や茎に虫がついている事があります。 屋外で栽培するので虫がつくのは仕方がないのですが出来るだけ虫がつくのは避けたいと思うでしょう。 ナスにはどんな種類の虫がつきやすいのでしょう。 また虫がついたナスにはどんな被害が出てしまうのでしょう。 葉が食べられてしまったり、養分を吸い取られてしまいますので、ナスの生育に影響が出てしまったり、病気になったりしますので見つけ次第駆除しましょう。 虫がついた場合の対処法や予防法を紹介します。 虫の被害から家庭菜園のナスを守り、立派で新鮮な野菜がたくさん収穫出来ると良いですね。

家庭菜園のスイカの食べごろの見極め方。音や見た目での判断方法

順調に育った家庭菜園のスイカの収穫がとても楽しみではないでしょうか。 ですが、よくわからないのが収穫のタイミングです。早過ぎるのも遅過ぎるのも心配ですね。 せっかくなら甘くて美味しいスイカが食べたいものです。 そこで今回は家庭菜園のスイカの食べごろはいつなのか、その時期と見極め方を紹介します。 まずは収穫日数の目安についてご覧ください。 美味しいスイカの見分け方といって思いつく方法といえば、スイカを叩いてみる方法ではないでしょうか。 音ではよくわからないという場合は、スイカをじっくり観察してみましょう。 ひげや葉っぱなどで食べごろを確認してみてください。 スイカに収穫の時間帯についても紹介します。

プランターで野菜の栽培。11月に種蒔きが出来る野菜の種類

野菜が美味しい季節は夏だけではありません。 夏が過ぎ、11月でもプランターで育てる事が出来る野菜があります。 ここでは11月頃に種まきが出来る野菜の種類と栽培方法を紹介します。 まずは寒さに強く、収穫までの期間も短いプランター栽培におすすめな野菜「ルッコラ」の育て方をご覧ください。 11月ころに種まきが出来てプランター栽培出来る葉物野菜は他にもあります。 ミニ白菜やリーフレタスもおすすめです。 サヤエンドウやスナップエンドウも育てることが出来ます。とれたての野菜を新鮮な状態で味わうことが出来ます。 また11月ころに収穫が出来る定番の食卓に欠かせない野菜もご覧ください。

家庭菜園のナスに必要な更新剪定について。必要な訳とやり方

家庭菜園のナスの収穫の時期は地域にもよりますが、6月中旬~10月上旬とされています。 そしてたくさん実がなったナスの苗が7月ころになると「なり疲れ」をおこします。 そこで必要な、更新剪定という作業があります。更新剪定とは新しい芽を出すために枝を切る作業なのですが、やり方や手順を紹介します。 ばっさりと枝を切ったり根切りをしたりするので枯れてしまわないかと心配になってしまいますが、更新剪定の後もしっかりと育っていきますので安心して行ってみてください。 また更新剪定をしなくても良い場合もありますのでご覧ください。 他にもなすの連作障害やコンパニオンプランツについて紹介しますので、なす栽培の参考にしてみてください。

家庭菜園のサツマイモが甘くない時に出来る事と甘くなる育て方

そのまま食べても料理にもしても、お菓子にしても美味しいみんな大好きサツマイモ。 家庭菜園でサツマイモを育てて、甘くてホクホクのサツマイモを早く味わいたいと収穫を楽しみにしている方もいるでしょう。 ところがせっかく収穫出来た家庭菜園のサツマイモが、残念ながら甘くないという残念なことはありませんか? サツマイモが甘くないことの原因はなんでしょう。 まずは収穫時期について確認してみましょう。またサツマイモは収穫したすぐよりも、その後の保存によって追熟させることで甘みが増すといいます。 その方法を紹介します。 サツマイモを栽培するのに適した場所や、甘い品種や栽培中の甘くなるひと手間についても併せてお読みください。