TAG

作り方

おしゃれな花壇の作り方と花の選び方【ガーデニング初心者】

庭におしゃれな花壇を作りたいと思う時には、業者に頼む方法もありますが、自分でも可愛らしい花壇を作ることができます。 そこで、ガーデニング初心者でもできる、おしゃれな花壇の作り方や、花壇に植えるお花の選び方をご紹介します。 花壇に植えるお花は、自分の好きな花という基準だけで選ぶのはNGです。いろいろな条件を考えて、その中から好きな花を選んでみましょう。

家庭菜園の肥料を手作りしよう。生ゴミの他にも利用出来る物

家庭菜園の肥料にはどんなタイプの肥料をお使いですか? 家庭菜園に良いところは無農薬だったり、肥料の種類だったり使った物がわかる点もあります。 そこで肥料を手作りしたいと考える方も多いでしょう。 大きさにもよりますが是非家庭菜園の肥料を手作りして、安心出来る作物を育ててみてください。 今回は、家庭で作ることが出来る肥料になる材料を紹介します。 家庭から出る生ごみはもちろん、捨ててしまうような身近な物も肥料になります。 その作り方をご覧ください。 手作り肥料といえばコンポストもよく聞きます。コンポストに入れても良い物や入れてはいけない物、使い方も確認しておきましょう。

家庭菜園の水やり方法。旅行中でも安心な工夫とやり方

楽しみな旅行でも、心配なことの一つに家庭菜園の水やりがあげられます。 せっかく育っている家庭菜園の作物を、枯らしてしまいたくはないでしょう。 そこで今回は旅行中の家庭菜園の水やりの方法について紹介していきます。 まずは畑や庭の場合は大きな心配はいりませんが、土に出来る工夫についてご覧ください。 またお金を掛けずに、ペットボトルを使った水やりの道具を自作してみるのはいかがでしょう。 ペットボトルなら簡単に手に入りますし、作り方も難しいことはありませんので時間があれば是非作ってみてください。 冷凍庫に保冷剤はありますか?保冷剤も意外な使い方がありますので紹介します。 プランターの場合に出来る対策も併せて参考にしてみてください。

家庭菜園の土の深さは何センチあればいいのか紹介。耕し方も確認

野菜は収穫したてが一番美味しいと思いませんか?家庭菜園で色々な野菜を育ててみましょう。 まずは重要な土作りですが、どのくらいまで土の深さがあったら十分なのでしょうか。 今回は家庭菜園の場合の土の深さについて詳しくみていきましょう。 必要とされている一般的な土の深さは20~25㎝。土を耕す時の道具や、耕し方のコツややり方も紹介します。 よく土を耕すといいますが、土を耕すことに意味はあるのでしょうか?その意味も知っておきましょう。 また野菜作りに重要な土には土の酸度が生育に関係してきます。土の酸度や適した野菜も紹介しますので参考にしてみてください。 この方法で美味しい野菜の収穫が楽しみですね。

ハーブを使ったリースの作り方を紹介。インテリア以外の効果も

リースといえば、花や木のみを使ったタイプが多く見られるかもしれませんが、ハーブ を使ったリースも注目を集めています。 リースからハーブの香りがするのも素敵ですし、虫除けの効果も期待できるといいます。 ここではハーブを使ったリースの作り方を紹介します。 リースは大きいもの、小さいものなどお好みの大きさで作ることが出来ます。まずは簡単に出来るミニサイズのリースの作り方をみてみましょう。 虫よけ効果が高いと言われるローズマリーやユーカリなど、ハーブリースに適したハーブの種類や、飾り方も参考にしてみてください。 素敵なインテリアと虫よけ効果とハーブの香りが楽しめるハーブリースはおすすめです。

水草に必要なカリウムを自作!カリウムの作り方と使用方法を解説

水草を元気に育てるには、色々な条件や栄養素が必要になりますが、カリウムも必要な栄養素の一つです。 水草に必要なカリウムは自作することができますので、カリウム不足が疑われた時は自分で作ってみるのもおすすめです。 ここでは、水草に必要なカリウムを自作する方法についてお伝えします。どんな道具が必要か、作り方の手順はどうなのかなど、詳しい内容をご紹介しますので、参考にしてみてください。 また、カリウムを作る時の注意点や取り扱い方法についても併せてご紹介します。そちらもチェックして、上手に水草を育てましょう。 生き生きした水草にして、アクアリウムを楽しんでくださいね。

庭木の植え方。良い土の条件や作り方や作業のコツを紹介

自宅の庭に木を植える時の、庭木の植え方や土のことについて紹介したいと思います。 まずは庭木に適した土とはどんな土なのでしょう。 良い土の条件とは、空気や水が確保されるかどうかということ。 土には堆肥や腐葉土を使うと良いといいます。 早速植え方をみていきましょう。 土を掘って植えた後の水やりにもポイントがありました。また事前に準備しておくとよいものも紹介します。 また庭木を購入した場合はポットや根巻き布などに入っていますが、それぞれの場合についても紹介します。 木には落葉広葉樹や常緑広葉樹といった種類がありますが、最適な植える時期についても確認しておきましょう。

家庭菜園の肥料に米ぬかが使える。作り方とメリットと注意点

お米を精米するときに出る米ぬかですが、家庭菜園などの肥料になることをご存知でしょうか。 米のとぎ汁や米ぬかには栄養成分が含まれているといいますが、肥料としても使えるのです。 今回は米ぬか肥料についてスポットを当ててみました。 早速米ぬか肥料の作り方や準備するものについて紹介します。 また米ぬか肥料にはどんなメリットがあるのでしょう。 栄養成分が多い、肥料過多になりにくいなど多くのメリットがありました。 メリットばかりでは無い部分、虫がわくことなどのデメリットもありますので確認しておきましょう。 また米ぬか肥料に虫がわいてしまった時の対処法も紹介しますので是非参考にしてみてください。

ハーブをプランターで育てる場合の土の事。オススメの土や配合

ハーブはどこで育てていますか? 室内用の鉢で手軽に栽培したり、地植えで広く栽培することもあります。 プランターでの栽培は収穫量も増え、広い場所もいらないので育てやすい方法ではないでしょうか。 ここでは栽培しやすいプランターで、ハーブを育てる場合の土のことについてスポットを当てて紹介します。 土には酸性やアルカリ性があるといいますが、ハーブの栽培にあうのはどちらの土なのでしょうか。 早速ハーブにオススメな土の作り方をお届けします。 赤玉土や腐葉土などをブレンドして作る場合の配合や、初心者さんや忙しい方にオススメなハーブの土がありました。 オリジナルの土を作ってみるのも楽しい作業です。

テラリウムを水槽で作る場合のレイアウトとおすすめグッズの紹介

室内でも自然を感じることが出来るテラリウムが人気です。 小型の物から水槽を使ったテラリウムもありますが、大きな水槽の場合は色々なレイアウトが楽しめると思います。 初めてでよくわからない場合は、市販のテラリウムセットを使うと便利でしょう。 ここでは水槽でテラリウムを作る場合のレイアウトや、作り方やポイントを紹介します。またテラリウムの水槽の中に入れたい植物やアイテムも参考にしてみてください。 大きめの水槽なら植物の他に生き物の飼育も出来ます。 あなただけのオリジナルテラリウムを楽しんでください。