【花言葉】バラは色によって違う意味!青いバラの花言葉の変化

女性へのプレゼントにバラを贈りたいと思うことがあると思います。

ここで注意したいのが、バラは色や本数によって、意味が変わってくるという、ちょっと変わった花言葉を持つ花です。
中でも青いバラは、今と昔の花言葉が変わったという経緯を持ちます。

青いバラの花言葉の歴史と、バラを贈る際のポイントなどご紹介します。

好みの色で選ぶというのが基本だと思いますが、花言葉もちょっと意識してみるとおもしろいですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

花言葉にありがとうの意味がある冬の花・花で感謝を伝えよう

花には「花言葉」があります。照れくさくてなかなか感謝の気持ちを伝えることができずにいた人は、「ありが...

花言葉がありがとうという秋の花。感謝を伝える場面にピッタリ

秋が咲き頃・見頃という花もあります。秋のイベントや記念日や特別な日に、秋の花を贈るのも素敵ですね。 ...

花言葉でありがとうを伝える。卒業の時に贈りたいおすすめの花

「卒業」は誰もが通る途。新しい未来に向けた希望がある反面、親しい友人との別れやお世話になった先生との...

花言葉の意味。希望や勇気の意味を持つ花を色別でも紹介します

これから新しい環境に踏み出すという家族や友人知人やお世話になった方々に、花束やアレンジフラワーなどの...

花言葉が片思いという切ない意味のある花を贈って気持ちを伝えて

女性が男性に花を贈る機会はあまりないかもしれませんが、卒業式や会えなくなるという時に気になる人にお花...

花言葉で感謝・尊敬の意味のある花。色のイメージ通りな花言葉

「感謝」や「尊敬」の気持ちを伝えたい相手は誰ですか? やはりお世話になった両親や先生ではないでしょ...

花言葉の意味を知りたい!バラの花言葉・紫のバラを解説

大切な人にバラの花を贈ろうと考えている人もいますよね。バラの花言葉は、色や本数・部位によってもその意...

花言葉で贈る「希望」や「成功」の気持ち。花言葉で応援する花

新しい出発を迎えるシーンで、友人やお世話になった方へ贈りたい花のプレゼント。 「希望」や「成功...

花言葉の意味。バラの花束がピンクの場合の色や本数による違い

女性の多くは花が好きで、花束を贈られると嬉しいものです。 花の中でもバラが好きという女性もいま...

花言葉は何?バラの花言葉は色でも違う!黄色バラの花言葉

花には「花言葉」というものがあります。好きな人やお友達に黄色いバラをプレゼントしようと考えている人も...

花言葉が別れ・旅立ちの意味を持つ花を大切な人へ贈りましょう

旅立ちの季節「春」は別れが寂しい反面、これからの未来へ向かって羽ばたいていくという大きな希望もありま...

花言葉を教えて!恋愛で怖い花言葉を持つ花と花言葉を紹介

美しく咲く花には、色々な花言葉があります。感謝や友情・愛情の花言葉を持つ花もあれば、恋愛の怖い花言葉...

花言葉が「愛してる・永遠」という素敵な意味をもつ可憐な花

永遠の愛を誓いたい時といえば、結婚式などの特別なシーンがあると思います。 大切なパートナーに永遠の...

花言葉で感謝・愛の意味がある花束にすると映える花の種類5選

結婚記念日やバースデーなどの記念日に、お花を渡すことが出来たらとても素敵だと思います。 「あり...

花言葉で伝えるありがとうという感謝の気持ち。花の種類と色

「ありがとう」という言葉は伝えていますか? 感謝の気持ちを伝えたい場面で、花束と一緒に感謝の気...

スポンサーリンク

青のバラの花言葉、元々は「不可能」

咲いてて魅了される花の1つとしては「バラ」があります。
バラは小さい頃から誰しもが感動できるほどの素晴らしい花の1つとしても有名ですが、たくさんの種類と色が存在していますよね。
大きくくくると「バラ」の花言葉は「愛」とよく知られていますが、色や種類によっては様々な花言葉が存在していますので、今回はその中でも妖艶な「青いバラ」について検証してみたいと思います。

そもそもバラといえば赤いイメージが一般的ですが、青いバラという種類は人の手によって誕生したものと言われています。
しかもその研究者は日本人とも言われており、自然界では存在しない青いバラの花言葉は「不可能」などマイナスなイメージのものでした。ですが、遺伝子の組み換えにより青いバラを存在させたと当時とても話題になったと言われています。

花言葉も不可能から「夢かなう」と存在そのものを表された表現の言葉にかわったのです。
遺伝子組換えにより成功した青いバラと共に日本で誕生したのは青いカーネーションの存在です。
カーネーションも赤やピンクなど明るいイメージ色の花ですよね。
この青色カーネーションも実際存在していない、自然界にはなかった色なのです。

そう考えると、勤勉で真面目と言われている日本人の手で開発された青い花は、わたしたち日本人の誇れる技術とも言えるのだと思います。

青いバラができるようになった今の花言葉は

わたしたち日本人が、苦難の果てにようやくたどり着いた青いバラの開発によって、今の花言葉になるまでの歴史をもう少し詳しく紹介したいと思います。

長い間、青と言えば朝顔やあじさいなどが連想されていました。
それと同時期にもバラに青色を出すために色々と検証を重ねてはいたものの、どうしても赤い色をどんどん抜いていき「青に近い色」という色にしか、たどり着くことができなかったのです。

どうにかして青いバラを開発できないものだろうかと考えた日本人が着手したのが、まさに遺伝子組換えにより色を作るという研究です。
そこでオーストラリアの企業と日本の企業が共同で青いバラの開発を始め、1996年、パンジーの青色遺伝子を組み込むことで青色のバラの色素を作ることに成功したのです。

2009年には一般の販売も開始され、その妖艶な青いバラはまたたく間に世界中へと広がったのです。
年月から考えても、そんなに昔ではない青いバラの誕生は世界をひっくり返すくらいの驚きと大成功とも言えるでしょう。

そういった功績からも考えられるように、「不可能」だった青いバラの誕生によって、「夢かなう」というポジティブな花言葉に変化していったのかもしれませんね。
日本では別の花言葉も存在しており、その花言葉は「奇跡」ともされています。
青い静寂なイメージのバラの見た目からは連想されないであろうこの「奇跡」の花言葉は先代の日本人が人生をかけて開発した「奇跡」の誕生だったのかもしれませんね。

バラは贈る本数によっても意味が違う!青いバラにおすすめなのは?

花言葉を理解し、言葉を含めた上でバラをプレゼントするといったロマンチックな人はたくさんいると思いますが、そもそもバラは贈る本数によっても意味がかわってくるということを知っていましたか?
ここからは、本数で変わってくるバラの贈る時の状況など少し紹介したいと思います。

  • 一本・・・一目惚れ
  • 二本・・・この世界は2人だけ
  • 三本・・・告白
  • 四本・・・死ぬまで気持ちは変わらない

など少し例に出してみましたが、本数が多くなればなるほど、重たい気持ちの現われにもなるようにも思いますね。
花言葉から考えてみると、本数によっては勘違いされやすいという状況にもなりかねないので注意しなくてはいけません。

例えば100本のバラの花言葉だと「100%の愛」という意味で、365本の花言葉は「毎日あなたが恋しい」となるようです。
365本もバラをプレゼントするという行為だけでも、自分がもらった立場なら恐縮に思ってしまったり、少し重荷にも感じてしまうことも考えられますよね。

更に細かくお伝えしますと色によっても花言葉があり、青いバラに適した相手もいます。それは職場なら「退社する人」だったり学校なら「卒業する先輩」などが例にあげられます。
こういう意味の花言葉なら、バラも気軽に渡せそうなイメージですね。

ただ、青い静寂なバラをプレゼントするという意味を知ってる人は男性は特に少ないとも思いますし、一般的には明るい色の花をプレゼントするイメージが強いので、渡すときには花言葉が絡んでいる話しを伝えるのも1つかもしれませんね。

バラの花言葉は色によってもさまざま

では、他の色のバラの花言葉も紹介してみたいと思います。

  • 赤・・・情熱やあなたを愛しています。
    これはストレートに情熱の赤というイメージですね。
  • 白・・・純潔、清純
    清楚というイメージでしょうか。白色は穏やかなイメージでもあります。
  • 黄色・・・友情、愛の告白
    友情なのか、告白なのか、少し難しい花言葉ですね。勘違いされても嫌なら本数で考えるなんて方法も良いかもしれません。
  • 紫色・・・気品、尊敬
    これは愛情とは少し違うような気もしますが、清楚なイメージの紫色にはぴったりかもしれません。

まだまだ色によってバラの花言葉は違ってきますが、そもそもバラの名称は棘がある「茨」からきているとも言われているので、やはり注意して渡さなくてはいけないようですね。

恋人や彼氏に想いを伝えるためにバラを用いることは問題ないのかもしれませんが、職場の上司や友だちなどにプレゼントする時は、単に花束として色々な花が混ざっているなら深く考える人はあまりいないと思いますが、バラだけ大量にもらった場合、意味を考えてしまいますよね?
お互いが、気持ちよく送れてもらえる状態を考えてわたして下さいね。

バラをプレゼントする場合のスタイル

上記で、本数や色によって花言葉は違うと説明しましたが、美しいバラの花をプレゼントしたい!と考えている人にお伝えすると、場所や相手、シチュエーションによっても向き不向きがありますので、そこを紹介します。

  • バラのアレンジギフト
    バラをプレゼントする上で多いのがフラワーギフトです。
    やはりバラは豪華なイメージにもなりますので、贈ること自体はとってもオススメです。フラワーギフトとして適しているのは、誕生日や結婚記念日、または新築のお祝いでも適していると言われています。
  • 困った時はバラの花束を
    久しぶりに会う彼女に何か手土産を持っていきたいけど、何が喜ぶのかわからないなんて状況にピッタリなのが、バラの花束です。
    わたし個人的なイメージですが、バラといえばロマンチストなんてところを連想してしまいますが、どんな女性も花束をもらって喜ばない人はなかなかいないと思います。
    そんな中でも情熱を表すバラの花束をプレゼントされた彼女は、より彼からの愛情を受け取ることができるはずです。

たくさんの花言葉を持つバラを、是非上手に活用し、素晴らしい思い出となるシチュエーションに活かして見て下さいね。