TAG

剪定

よく育つ観葉植物のカポックに必要な剪定や挿し木についてご紹介

観葉植物のカポックは丈夫で育ちやすい植物として人気です。ぐんぐんと成長をするので、カポックを育てるには剪定が必要不可欠です。 ここではカポックの剪定方法について、また剪定した後の枝を挿し木で増やす方法について、ご紹介をいたします。 挿し木で上手にカポックが育ったら、お友達にプレゼントをしてみませんか?前向きな花言葉があるカポックはプレゼントにもおすすめです。

失敗しないユッカ(観葉植物) の剪定方法と挿し木の仕方について

観葉植物のユッカは青年の木とも呼ばれ、育てやすいという特徴から、おうちのインテリアとして室内に置いている方もたくさんいらっしゃいます。 そこでユッカが大きく育った時の剪定方法について、ここでは紹介をしていきます。 普段の剪定方法はもちろん、切り戻しの方法、剪定した枝の挿し木の仕方についても紹介をいたしますので、ユッカの剪定に役立ててください。

オリーブルッカの剪定に適した時期と剪定の手順

オリーブのルッカは実を付けやすく、大きく育てばシンボルツリーとしても存在感のある木です。大きくなってくると、見た目だけでなく、病害虫の予防のためにも剪定が必要になります。初めて剪定をするという場合には、どの枝を切れば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか? そこで、オリーブルッカの剪定に適した時期や、剪定の方法をご紹介します。また、剪定した枝を使って、挿し木として増やすこともできます。

シマトネリコは花が迷惑?常緑樹だからと放っておいてはダメ

シマトネリコの花が落ちて近所に迷惑をかけてしまっているのでは…?掃除をしてはいるけれど、風の強い日や雨が降った後などは花が落ちて散らかってしまうこともありますよね。 緑を楽しむために植えているのであれば、花を咲かせないように育てるのはどうでしょうか。 シマトネリコの花を咲かせない方法、剪定の仕方などを紹介します。

シンボルツリーのアオダモは虫がつくこともある。被害と対処法

シンボルツリーにはどんな木を植えていますか? 色々な種類やタイプがあって迷ってしまいますが、アオダモは虫がつかないと言われていますのでシンボルツリーとして選ぶ方もいらっしゃるでしょう。 まずはアオダモの特徴について確認してみましょう。 虫がつかないといわれますが、屋外なので全くつかないということは無いようです。 どんな虫がつくのか、その被害や対処法を紹介します。 また虫の他にもデメリットがありますが、どんな事が挙げられるのでしょうか。 シンボルツリーを植える時に気を付けたいポイントがありますのでご覧ください。 他にも育て方や、大きくなった場合の剪定のやり方や時期についてもご紹介します。

シンボルツリーのもみじで失敗したと思う事と植える場合の注意点

庭や玄関先にシンボルツリーを植えているご家庭もありますが、お住まいの顔ともいえるシンボルツリーにはどんな木を植えていますか? もみじも人気ですが、もみじの楽しみといえばなんといっても紅葉が綺麗なところではないでしょうか。 そんなもみじをシンボルツリーとして植えていて、失敗したと感じるのはどんな事なのでしょう。 まずはもみじの注意点は虫がつくことです。 他にはやはり落ち葉が多いこと。庭のあちこちに落ち葉が飛んでしまい、掃除が大変だといいます。 またもみじには剪定も必要なのですが、剪定は木にとても負担がかかるのでやり方を間違わないように注意しましょう。 剪定の時期ややり方を紹介します。

家庭菜園のナスの収穫の時期と大きさやタイミングを紹介

家庭菜園で育った楽しみなナスの収穫。ナスの収穫にはコツがあります。 まずは収穫の時期やタイミングについて紹介します。花が咲いてからはいつころが収穫のタイミングなのでしょう。 また一番最初に咲く花、「一番花」はナス栽培で重要だといいます。詳しくみてみましょう。 大きくなってから収穫したいと思ってしまいますが、ちょうど良い大きさというのがあります。なすの品種ごとの大きさの目安も紹介します。 また秋ナスの収穫も楽しみですね。秋ナス収穫の為に必要な更新剪定のやり方についてもご覧ください。 ナスは家庭菜園で作る野菜の中でも人気が高い野菜です。この方法で美味しいナスを収穫してください。

シンボルツリーの鉢植えを玄関に置く場合の注意点とおすすめな木

玄関先に鉢植えのシンボルツリーを置きたいけれど、どんな鉢植えが良いのかと悩んでしまいますね。 玄関はその家の顔とも言えます。鉢植えのシンボルツリー選びはその後の育てやすさや落ちた葉っぱの事なども考えて置くといいでしょう。 まずは実がなるのも楽しみな、人気のオリーブの木を紹介します。 置き場所や水やりなどの手入れ方法も併せてご覧ください。 他におすすめな鉢植えのシンボルツリーの種類や育て方も紹介しますので、参考になれば幸いです。 鉢植えのシンボルツリーの場合は、水やりが重要になってきます。以下の記事から確認してみてください。

家庭菜園のナスに必要な更新剪定について。必要な訳とやり方

家庭菜園のナスの収穫の時期は地域にもよりますが、6月中旬~10月上旬とされています。 そしてたくさん実がなったナスの苗が7月ころになると「なり疲れ」をおこします。 そこで必要な、更新剪定という作業があります。更新剪定とは新しい芽を出すために枝を切る作業なのですが、やり方や手順を紹介します。 ばっさりと枝を切ったり根切りをしたりするので枯れてしまわないかと心配になってしまいますが、更新剪定の後もしっかりと育っていきますので安心して行ってみてください。 また更新剪定をしなくても良い場合もありますのでご覧ください。 他にもなすの連作障害やコンパニオンプランツについて紹介しますので、なす栽培の参考にしてみてください。

ガジュマルの挿し木の方法!詳しい手順と挿し木後の楽しみ方

観葉植物としても人気の高いガジュマル。挿し木という方法で増やすこともできます。ガジュマルを剪定して出た枝を捨てるのではなく、挿し木で増やしてみてはいかがでしょうか。 ガジュマルは増やすのが比較的簡単な観葉植物です。挿し木の方法もとても簡単ですので、興味のある方は是非試してみてください。 ここでは、ガジュマルの挿し木の方法についてご紹介します。剪定から発根、挿し木や植替など、増やす手順をご紹介しますので、参考にしてくださいね。 選定した枝は捨てずに挿し木で増やすことで、家の中にたくさん緑を置くことができますよ。