TAG

ポトスの鉢に穴がない?穴がない鉢を使って上手に育てる方法

ポトスは育てやすい観葉植物として人気があり、プレゼントとしていただくことも!しかしプレゼント用の鉢はデザインが可愛くても、穴がないなど、使い勝手に不安を感じる場合も。 そこでポトスは穴がない鉢でも育てることができるのか?不安な点や、育て方についてご紹介をいたします。 ポトスを穴のない鉢で育てるには、ポイントがあります。しっかりとポイントを確認し、長くポトスを楽しみましょう。

鉢の受け皿が必要な場合といらない場合について。選び方も紹介

観葉植物などの鉢を飾る場合には受け皿は必要なのでしょうか。 観葉植物の鉢植えを購入したり、インテリア性の高いオシャレな植木鉢を購入した場合に受け皿がついてくる事もあると思います。 ですが受け皿が必要ない場合もあります。屋外に置かれた植木鉢の場合は特に必要としませんが、室内に置く場合はあると便利なこともあります。 どんな場面やどんな人が鉢の受け皿があると良いのでしょう。詳しくみていきましょう。 また受け皿を使う場合には以下の点に注意して使ってください。 観葉植物やお花を飾る鉢には色々な大きさやタイプがあり、それに合った受け皿もあります。選ぶ時のポイントも紹介します。

鉢の大きさを表す号について。直径や土の量や向いている植物

買ってきた苗を新しい鉢に入れたり、サイズが小さくなった鉢の植え替えしようと思った時に、よくわからないのが鉢の大きさを表す「号」という呼び方ではないでしょうか。 鉢の1号・2号とはどのくらいの大きさを示しているのでしょう。 鉢には直径が大きいものや高さが高いものなど様々な形をした鉢がありますが、どの部分を基準にしているのかを紹介します。 鉢の大きさも重要なポイントです。鉢の大きさや土の量の目安・その鉢に向いている植物なども併せて確認してください。 また浅い鉢や深い鉢で呼び方が違ってきますし、テラコッタ鉢や陶器鉢など鉢の素材も色々ですのでチェックしてみてください。

観葉植物の鉢植えで人気の種類!初心者でも育てやすい品種

観葉植物にはたくさんの種類があり、鉢植えで何か欲しいと思っても、どれを選べがいいか悩んでしまいますよね。 そこで、初心者にも育てやすく、人気のある代表的な種類をご紹介します。 観葉植物はお部屋のインテリアとしても楽しむ人が増えています。お部屋の中にグリーンがあると、見た目にもおしゃれになりますし、リラックスできる空間にもなります。

観葉植物の鉢カバーで陶器タイプを使う場合のメリットと注意点

観葉植物の鉢はどんなタイプをお使いですか? 鉢カバーを使うことでインテリア性がアップしたり、素材が違うだけで室内のイメージががらりと変わります。 様々な素材が使われていますが、ここでは陶器の鉢カバーに注目してみましょう。 陶器の鉢カバーのおすすめポイントはコーティングされているので水漏れの心配がないという事。 その他のメリットもありますが、注意点もあります。 陶器の鉢カバーについて詳しくみていきましょう。 陶器の鉢カバーは色や大きさ・形などおしゃれなものがたくさんあります。 シーン別で使い分けると良さそうですね。 また床に置く場合に傷を付けない工夫も紹介します。 観葉植物を置く場は転倒にも気をつけましょう。置き方のコツも参考にしてみてください。

多肉植物を入れる鉢に穴がないと困ったあなたへ贈る解決法

雑貨屋や小物屋で見つけたおしゃれな鉢に、観葉植物を植えたら素敵なインテリアになりますね。 つい色々なところに飾りたくなってしまいます。 中には鉢の底に穴がない物もありますし、かわいい鉢の多くは穴なしの場合が多いと思いませんか? 鉢に穴がない場合、中に入れる多肉植物が心配になってしまいますが大丈夫なのでしょうか。 まずは鉢に穴がないことのデメリットを紹介します。 でもまだ諦めないでください。ここでは穴がない鉢でも大丈夫な対策方法を紹介します。 この方法で多肉植物を安心して育てることができます。 多肉植物をいれる鉢にもこだわりたいあなたにぴったりではないでしょうか。

多肉植物の植え替えで失敗する理由と失敗しない植え替え方法

多肉植物は成長に合わせて植え替えをする必要があります。この時、ただ単に植え替えをすれば良いというわけではありません。 植え替えをする時、正しい知識を知らないままで植え替えをすると、多肉植物を枯らして失敗してしまうこともあります。 ここでは、多肉植物の植え替えをする時に失敗してしまう理由と、正しい植え替えの方法についてご紹介します。 上手に植え替えをすることができれば、多肉植物を元気に育てることができますよ。 知識があれば失敗も少なくなりますので、植替えをする前にこれからご紹介する内容を確認してみてくださいね。

サボテンの水やりで夏はたっぷりは間違い。最適な回数と時間

サボテンの水やりは季節によって回数や時間帯に注意が必要になります。 なぜならサボテンには生育期や休眠期という時期があるからです。 その時期に合わせた水やりをしましょう。特に気を付けたいのが夏の季節ではないでしょうか。 まずは夏の水やりの回数や最適な時間帯についてご紹介します。 また夏だからといって水のやり過ぎには注意してください。サボテンが枯れてしまう原因になってしまいます。 サボテンを育てているのは屋外ですか?屋内ですか? その環境によって育て方は変わって来ますので、違いも併せてご覧ください。 また水やりがしやすい鉢がありました。鉢選びのポイントも紹介します。

観葉植物の鉢について。大型タイプの場合の鉢や鉢カバーの選び方

大型の観葉植物が室内にあるととてもインパクトがあり、素敵なインテリアにもなりますね。 存在感抜群の大型観葉植物は、入れてある鉢も当然大きい物になります。 大きい分重量感があるので掃除の時の移動も大変でしょう。 そこでおすすめな鉢や鉢カバーについての情報をお届けします。 観葉植物の鉢には、底に穴がある植木鉢スタイルと鉢カバーを使うスタイルの使い方があります。 お好みの鉢に移す場合の鉢の選び方や、鉢カバーを使うことのメリット・デメリットを紹介します。 室内に置くなら鉢カバーを使い、屋外の場合は植木鉢を使うと便利でしょう。

観葉植物をおしゃれなインテリアに!室内に置く鉢選びのポイント

室内で育てる観葉植物は、その植物と鉢もお部屋のインテリアの一つになります。 お部屋の雰囲気をよりおしゃれに見せたいという場合には、鉢選びにもこだわるとよりスタイリッシュになりますよね。 そこで、鉢の選び方や素材の特徴、室内に置くのにおすすめの鉢などをご紹介します。 鉢が変わるだけでも、その場所の雰囲気が大きく変わることもあります。鉢をお気に入りの物に変えると、お世話もより楽しくなるはずです。