ドライフラワーを使った素敵なアクセサリーの作り方と必要な物

花が好きな女性は多いでしょう。ドライフラワーならアクセサリーに使えます。
そこで今回はドライフラワーを使ったアクセサリーの種類やその作り方を紹介します。

人気を集めているのがレジンを使ったアクセサリーです。最近は百円ショップなどでも手軽に購入出来ます。

ドライフラワーとレジンの組み合わせはとても素敵。早速作り方や、必要な道具やあると便利な道具も紹介します。
レジンの取り扱いの注意点も確認しておきましょう。

またピアスやイヤリングの他に、ネックレスやヘアゴムやバレッタなどにしてみるのも素敵です。

好きなドライフラワーを使って、あなただけの特別なアクセサリーを作ってみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ドライフラワーのカビの取り方についてとリメイクする方法

大切な花束や、思い出のブーケなどドライフラワーにしてとっておいたり飾っている方もいることでしょう。 ...

ドライフラワーを使ったキャンドルの作り方。基本形やアレンジも

おしゃれなお店や素敵な雑貨店などで、ドライフラワーが入ったキャンドルを見かけることがあります。 キ...

ドライフラワーに向いている紫陽花の種類と特徴。作り方も紹介

飾ってある花が枯れてしまったので捨ててしまうのは気が引ける。 綺麗に咲いた生の紫陽花をそのまま飾り...

ドライフラワーのバラが黒くなる訳と赤いドライフラワーの作り方

バラの花をドライフラワーにしたら、黒くなるという経験はありませんか? 赤い色のバラをドライフラ...

ドライフラワーのかすみ草の着色の色々な方法を紹介します

生花やドライフラワーとしても人気が高いかすみ草ですが、ピンクや黄色や水色などのかすみ草のドライフラワ...

ドライフラワーの作り方!グリセリン使った方法を詳しくご紹介

ドライフラワーの作り方は4種類あり、グリセリンを使った方法もその1つです。 ドラックストアで手...

ドライフラワーでユーカリの爽やかな匂いを持続。作り方や飾り方

ユーカリといえばコアラの主食というイメージがあります。 ユーカリには「シルバーダラー」「ユーカリ ...

ドライフラワーの臭いの原因と臭わない作り方や対処法を紹介

ドライフラワーは乾燥しているので臭いはしないと思いますし、臭いがしたとしても「花の良い香りがするので...

ドライフラワーのバラを瓶詰めで作る方法とおしゃれな飾り方

バラの花束が手元にあったらいつまでも大切にしたい、長く楽しみたいと思うことでしょう。 長く楽しむ方...

ドライフラワーを簡単に作る!シリカゲルや電子レンジで作る方法

ドライフラワーを作るのは時間がかかると思っている人もいるのではないでしょうか。ですが、シリカゲルや電...

スポンサーリンク

ドライフラワーとレジンで作るアクセサリーが人気。作り方を紹介

美しいお花は見ているだけで癒やされますよね。
お花が好きなら、アクセサリーにして身につけてみませんか?

最近ではハンドメイドがとても流行っているので、100円ショップなどでも簡単に材料を揃えることができますよ。
なかでもレジンのアクセサリーはいろいろな物を封じ込めることが出来るので、人気のアクセサリーです。

お花を使ったレジンアクセサリーを作るときには、ドライフラワーを用意してくださいね。
お店で選んでも良いですし、お好みのお花を自分でドライフラワーにして使うこともできます。

一番始めは、もっとも基本となるソフトモールドを使った方法をご紹介しましょう。

ドライフラワーを使ったレジンのアクセサリーパーツ

材料

  • ソフトモールド
  • レジン液
  • UVライト
  • 爪楊枝

作り方

  1. ソフトモールドにレンジ液を1/3程度流し入れて、一度硬化させます。
  2. 硬化したらドライフラワーを入れて、レジン液を流し入れます。
  3. 爪楊枝などを使ってドライフラワーの隅々までレジン液を行き渡らせます。
  4. 気泡を抜き、しっかりと硬化させます。
  5. ソフトモールドから出来上がったレジンを取り出して完成です。

できあ上がったレジンパーツをアクセサリーに加工します。
ピアスなら、ピンバイスでレジンに穴を空けて、丸カンを使ってピアス金具とレジンをつなげるだけで完成です。
お好みのビーズなどと一緒にレジンパーツをつなげても可愛いでしょう。

UVレジン液は太陽光でも硬化しますが、UVライトを用意すると天候に関係なく、一定の時間で硬化させることが出来るのでとても便利です。

基本のレジン液は透明ですが、顔料を使って色をつけることも可能ですよ。
白い顔料にカラフルなドライフラワーの花びらだけを混ぜると、乳白色の可愛らしいアクセサリーパーツになります。

アイディア次第でオリジナリティ溢れる可愛いアクセサリーを簡単に作れるのが、レジンの素敵なところです。

人気のレジンでアクセサリーを作る為に必要な道具

ドライフラワーを使って、レジンアクセサリーを作る時には必要な道具があります。

まず、必ず必要なのがUVレジン液です。
この液が硬化することでアクセサリーパーツになります。

UVレジン液を硬化させるためには紫外線が必要です。
安定した作品作りをしたいなら、UVライトも用意しましょう。

レジンをきれいに仕上げるためには、気泡を残さないことが重要ですから、爪楊枝や竹串などを用意しましょう。

先程はソフトモールドを使ったアクセサリーパーツの作り方をご紹介しましたが、ミール皿などを使ってドライフラワーを封じ込めることもできます。
レジンはいろいろな材料を使えるところも魅力の一つです。

また、顔料で色をつけてキャンディーのように仕上げたり、接着剤としてレジンを使うこともできます。

レジンで出来上がったパーツは、ピアスやイヤリング、ネックレス、ブレスレット、ヘアゴム、キーホルダーなど様々なアクセサリーに加工することができます。

作りたいアクセサリーの金具を用意してくださいね。
また、ニッパーやヤットコなどの工具類も必要になります。

ソフトモールドでアクセサリーパーツを作った場合には、バリをとるためのヤスリや穴を開ける為のピンバイスなども用意しましょう。

ここまでご紹介したものの殆どは、100円ショップで購入することができます。
とりあえずチャレンジしてみたいという方には、手頃な価格で揃えることが出来るのでおすすめです。

レジンのアクセサリーの作り方や取り扱いの注意

ドライフラワーをレジンに封じ込めてアクセサリーを作ると、とても美しい仕上がりになりますよね?
カチコチに封じ込められていますから、ずっと同じ見た目のままだと思われている方が多いです。

しかし、レジンでコーティングしても、実は少しずつ花は色褪せていきます。
生花を使わないのは、色褪せが早くカビなどが生える可能性があるからです。

そのため、レジンでお花を封じ込めるときには、しっかりと乾燥させたドライフラワーを使いましょう。
干して乾燥させたドライフラワーはアンティークな美しさがありますが、シリカゲルを使ってドライフラワーにするプリザーブドフラワーは、生花のような美しさがあります。

ただし、ドライフラワーやプリザーブドフラワーを使っても、色褪せしないわけではありません。
自然の花を使う限りは避けては通れない道ですが、しっかりと処理した花を使えば、長く楽しむことができますよ。

また、長持ちさせるためには保管方法も重要です。
日光があたらず、高温にならない場所で保管しましょう。

ドライフラワー使ったガラスドームピアスの作り方も紹介

最近のハンドメイドブームのおかげで、手芸店などに行くと様々な素材が売られていますね。
その中でも、ドライフラワーを使ってアクセサリーを作るときにおすすめしたいのが、ガラスドームです。

小さなガラスの瓶に、ドライフラワーを封じ込めるピアスの作り方をご紹介しましょう。

ドライフラワー使ったガラスドームピアス

材料

  • ガラスドーム
  • ドライフラワー
  • ピアスパーツ
  • 花座(ガラスドームの蓋になるようなサイズ)
  • 接着剤

作り方

  1. ピアス金具に花座を取り付けます。
  2. ガラスドームの中にドライフラワーを入れます。
  3. ガラスドームに花座を接着します。

ドライフラワーは中で動かないほどたくさん入れるのがおすすめです。
少量の場合や、ドームの中で決まった位置に配置したい場合には、レジンを流し込んで硬化すると良いでしょう。
また、花座が花の空いているタイプの場合も、隙間から埃などが入らないように、レジンで蓋をするのがおすすめです。

ドライフラワーのネックレスも素敵

ドライフラワーはネックレスにしても素敵ですよ。

これまでご紹介したようにレジンで封じ込めてネックレスパーツを作るなら、大きめに作ってネックレスにするのも素敵ですが、お花入のビーズの様なパーツを作ってつなげても、とても可愛いですよ。

また、ガラスドームを使うなら、レジンで封じ込めるよりもドライフラワーとビーズを入れて花座で蓋をするだけの方がおすすめです。
動く度にドライフラワーとビーズも揺れ、様々な姿を楽しむことができます。
また、ビーズを入れておくと、光があたった時にとても綺麗ですから、ぜひ一緒に入れてみてくださいね。
ガラスドームは丸いものが多いですが、ハート型などもありますよ。
お好みの形を探してみるのも楽しいでしょう。

ピアスやイヤリングの場合には、かすみ草などの小さなお花や花びらだけしか使えませんが、ネックレスなら少し大きめのお花を使うこともできますよね。

ドライフラワーとレジンを使ったヘアゴムやクリップやバレッタ

最後にご紹介したいのは、ヘアアクセサリーです。
ピアスやイヤリング、ネックレスは普段あまりつけないという方でも、ヘアアクセサリーなら使いやすいですよね。
お花のヘアゴムなどは色味に気をつければ、洋服を選ばず意外と使いやすいアクセサリーです。
使いやすいので、プレゼントにもおすすめですよ。

ドライフラワーを使ったレジンのヘアゴム

レジンパーツはお好みの方法で作ってくださいね。
ヘアゴムなので、少し大きめのサイズが良いでしょう。

レジンで作ったパーツをヘアゴムにするために必要なパーツをご紹介しましょう。

  • ヘアゴム
  • ヘアゴム用留め具パーツ
  • ヒキモノ
  • 接着剤

ヘアゴムは輪ではなく細長い物を用意しましょう。
ヘアゴム用留め具パーツはゴムを通してレジンと接着できるパーツです。
プラスチックや金属で出来たものなどいろいろありますから、お好みのものを用意してくださいね。
ヒキモノはゴムの結び目を隠すパーツです。

ヘアゴム用留め具パーツに適度な長さに切ったへゴムを通して結び、ヒキモノで結び目を隠します。
最後に、レジンパーツとヘアゴム用留め具パーツを接着して完成です。

ドライフラワーを使ったレジンのバレッタ

バレッタはヘアゴムよりも簡単で、バレッタに接着剤を使ってパーツを固定するだけです。
ドライフラワー入りの大きなレジンパーツを作るか、小さなパーツを並べてバレッタにしましょう。

グルーガンを使うと直ぐに固まるのでおすすめです。

ドライフラワーをいろいろな方法で封じ込めて、素敵なアクセサリーにしてくださいね。