花言葉の意味。バラの花束がピンクの場合の色や本数による違い

女性の多くは花が好きで、花束を贈られると嬉しいものです。

花の中でもバラが好きという女性もいますし、バラの色でも赤やピンク、黄色やオレンジ、青や紫などがありとてもカラフルですね。

その色によってバラの持つイメージが変わってきますが、それぞれの花言葉も違ってきます。

バラ全体の花言葉は「愛」「幸福」などですが、ここではピンクのバラの花言葉について詳しくみていきましょう。

ピンクのバラの花言葉、ピンクの色の濃さによっても違いがありました。またバラの本数にも意味があったのです。

大切な方へ贈る大切な花束。花言葉を知ってあなたの気持ちを伝えることができます。
ピンクのバラの花束をもらうと、きっと幸せな気持ちになれるでしょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

花言葉が「感謝」という意味の春の花や贈り方のポイントを紹介

春は別れの季節でもあります。友人や家族など大切な人との別れ。 離れてしまうからこそ、感謝の気持ちを...

花言葉の意味。希望や勇気の意味を持つ花を色別でも紹介します

これから新しい環境に踏み出すという家族や友人知人やお世話になった方々に、花束やアレンジフラワーなどの...

花言葉が片思いという切ない意味のある花を贈って気持ちを伝えて

女性が男性に花を贈る機会はあまりないかもしれませんが、卒業式や会えなくなるという時に気になる人にお花...

花言葉を教えて!恋愛で怖い花言葉を持つ花と花言葉を紹介

美しく咲く花には、色々な花言葉があります。感謝や友情・愛情の花言葉を持つ花もあれば、恋愛の怖い花言葉...

花言葉で恋愛の片想いを表す花。微妙な気持ちを花言葉で表現

片想いや両思い、初恋や失恋など花には色々な恋愛の花言葉があります。 今回は切ない片想いという花...

花言葉でありがとう・さようならの意味を持つ花や選び方の紹介

記念日やイベントにあわせて花を贈る習慣がありますが、ほとんどの花には花言葉があります。 贈る花...

花言葉で友情・感謝の花を調べて大切な友人に贈るおすすめの花

大切な友人に贈りたい花。花言葉を調べて花束と一緒に「友情」と「感謝」の気持ちを伝えることができますね...

花言葉がありがとうという秋の花。感謝を伝える場面にピッタリ

秋が咲き頃・見頃という花もあります。秋のイベントや記念日や特別な日に、秋の花を贈るのも素敵ですね。 ...

花言葉で伝えたい!別れやさよならを連想させる花の種類を紹介

花には「花言葉」というものがあります。愛する人やお世話になった人に贈るイメージの強い花ですが、花の持...

花言葉で愛を伝える。バラでも白いバラの持つ意味と注意する事

愛の告白、プレゼントなどで男性が花を贈る時に気をつけたいのが花が持つ花言葉です。 一つの花にいくつ...

花言葉で感謝・愛の意味がある花束にすると映える花の種類5選

結婚記念日やバースデーなどの記念日に、お花を渡すことが出来たらとても素敵だと思います。 「あり...

花言葉が「愛してる・永遠」という素敵な意味をもつ可憐な花

永遠の愛を誓いたい時といえば、結婚式などの特別なシーンがあると思います。 大切なパートナーに永遠の...

【花言葉】バラは色によって違う意味!青いバラの花言葉の変化

女性へのプレゼントにバラを贈りたいと思うことがあると思います。 ここで注意したいのが、バラは色...

花言葉でありがとうを伝える。卒業の時に贈りたいおすすめの花

「卒業」は誰もが通る途。新しい未来に向けた希望がある反面、親しい友人との別れやお世話になった先生との...

花言葉にありがとうの意味がある冬の花・花で感謝を伝えよう

花には「花言葉」があります。照れくさくてなかなか感謝の気持ちを伝えることができずにいた人は、「ありが...

スポンサーリンク

ピンクのバラはどんなイメージですか?花言葉を紹介します

何か特別な日であったり、誕生日、クリスマス、退職する日、お花をあげる機会って年に何回かあると思います。そんな時、お花をあげる側としては、日頃からの感謝の気持ちであったり、自分の気持ちを花言葉に表したお花を贈りたいっと考えている方もいらっしゃると思います。

花の中でもピンクのバラともなると、どんなイメージを持ちますか?

ピンクのバラにはどんな花言葉が隠されているのでしょうか。

ここでは、ピンクのバラに隠されている花言葉について紹介していきたいと思います。

まず、花言葉からいくと、バラには、「愛」「幸福」といった意味があります。それが、ピンクのバラともなると、どんな意味合いを持つのでしょうか。

ピンクの花言葉ですが、しとやかである、温かい心、上品、気品がある、などの意味合いがあるようです。女性らしい言葉の意味が含まれているようですね。

ピンクの色のイメージとしては、優しい、開放感、安らぎなど柔らかなイメージがピンクにはあるようです。やはり、女性らしい雰囲気を醸し出してくれてますよね。

そのピンクの持っている「女性」らしさを人となったイメージともなると、少し年上であり、先輩、母親、年配の女性を指すようです。あなたの周りに「それじゃ、この人がピッタリ」っと思う方がいて、日頃からの感謝の気持ちを示したいと思っているのなら、その方にピンクのバラはピッタリではないでしょうか。「優しいイメージがあるから、ピンクのバラの色を贈ってみたの」など、一言添えてピンクのバラを贈ってあげると、送られた人も一段と喜んでくれるのではないでしょうか。

薄いピンク・濃いピンクなど色によって違ってくる花言葉

ピンクのバラともなると、年上の女性、気品があり、温かい心を示す花言葉が存在することがわかりましたよね。

でも、実はそのピンクのバラですが、色によっても花言葉の意味が違ってきます。薄いピンクと濃いピンクでは花言葉の意味が違ってくるので、ここではその違いについて紹介していきたいと思います。

バラの色、ピンクはピンクでも花言葉は違う

  • さくら色:誇り
  • かわいいピンク:その人がかわいい
  • 結婚式の雑誌に出てくるようなピンク:その人を愛している
  • 暗いピンク:感謝の気持ち

になります。あなたの気持ちに合わせて、ピンクの色を選んでプレゼントして上げるとよいのではないでしょうか。ピンクのバラは大抵誰にでも喜ばれます。でも赤は苦手!っと思う人もピンクだったら躊躇しないと思います。バラも色で好みが別れることもあると思いますが、かわいいピンクの花をあなたの憧れの先輩や同僚になど、イメージにピッタリな方にプレゼントしてあげると良いと思います。受け取った方も、「私ってかわいいイメージがあるのかな?」と幸せな気持ちになると思います。

ピンクのバラの花言葉にあったシチュエーションとは

ピンクのバラ。そのピンクの色の度合いで花言葉も変わってくることがわかりましたよね。

そんなピンクのバラの花言葉の意味をしった今、どんなシチュエーションで肝心なピンクのバラを送ることができるのでしょうか。ピンクのバラを送ることができる、「状況」について考えていきたいと思います。

まず、ピンクのバラにある花言葉から考えて、ピンクのバラは女性に送る花だと考えられています。

そんな女性、年齢に関係なく、女性に送るシチュエーションを考えるともなると、職場、大学のゼミ、先輩、同僚に気軽に送ることができる、色んな状況に対応できるお花だと思います。

何となくお花をプレゼントしてみようかな、であったり、色んなキッカケでお花をプレゼントする機会があるのでしたら、ピンクのバラを選んでみたらいかがでしょうか。また、赤はちょっとと思っても、ピンクだったら気軽に家族にも送れる花ではないでしょうか。

赤のバラともなるとより「愛」を強調したバラになるので、それと比べると、ピンクのバラは穏やかな意味を持っていますよね。女友達などに気軽にプレゼントできるお花だと言えます。

バラは本数によっても花言葉が違ってきます

ピンクのバラをどうしった状況でプレゼントすることができるのか。年齢に関係なく、年上、同い年の女性にプレゼントすることができる、可愛げのある意味を持っているピンクのバラであることがわかりました。

そのバラなのですが、色の濃さだけではなく、本数によっても花言葉が違ってきます。ここでは、バラの本数によって、花言葉の意味がどんな風に違ってくるのか、紹介していきたいと思います。

ここでは、1本から7本までの本数に絞って、それぞれの本数に違った花言葉について見ていきます。

  • 「1本」一目惚れ、あなたしか見えない
  • 「2本」この世界はあなたと私、二人だけ
  • 「3本」あなたを愛しています。告白
  • 「4本」死ぬまで私の気持ちには変わりはありません
  • 「5本」あなたに出会えて、心から嬉しい
  • 「6本」私はあなたに夢中である。互いに愛しあいましょう。
  • 「7本」秘密な愛

上記からもわかるように、本数によっても花言葉は変わってきます。あなたがピンクのバラを上げる相手に特別な感情があるのでしたら、上記のように、本数も花言葉に関連してきます。日頃からの気持ち、例えば、職場の先輩であっても、「あなたに出会えて心から嬉しい」を示す5本のバラを送ると、送られた側もあなたの感謝の気持ちを汲み取って貰えると思います。友人同士であっても、5本に秘められた花言葉は使えますよね。

ピンクのバラを自分で買うのもありです

バラには、色別の花言葉がありますが、本数にも花言葉が違ってくるので、あなたの気持ちを素直に表現した本数のピンクのバラを送ることで、より受け取る側の方にあなたの素直な気持ちが伝わるのではないかという点について先程は説明してきました。

そんなピンクノバラですが、自分の為に購入することもできます。ピンクのバラを友達や職場、家族の為に買うのではなく、その「ピンク」に与えられた心理効果を利用して、自分の気持ちを落ち着かせることもできるのです。

ピンクという色ですが、心を落ち着かせる作用がある色である為、実は刑務所の壁に使われています。壁をピンクにしただけで、刑務所内の問題の数が減ったという報告があります。

花言葉でもみてきましたが、ピンクといえば、「温かい心」というのもありますよね。リラックスできる、攻撃したい気持ちを和らげることができる、そんな効果がピンクには含まれていると考えられています。

どうも最近自分がイライラしている、そんな風に感じている方ですが、ピンクのバラを自分の為に購入してみるのも、自分へのご褒美になって良いのではないでしょうか。自分の気持ちを落ち着かせるのに、一役買ってくれそうな感じがしますよね。

また、家族の中に平安がない、そんな風に感じているのなら、リビングの真ん中にピンクのバラを飾ってみるのも良いかもしれませんよね。

色の効果も利用して、あなたの家庭や自分の部屋に落ち着いた雰囲気をピンクのバラが一役かってくれます。