TAG

葉挿し

多肉植物の葉挿しで発芽・初根までにかかる期間とやり方を解説

多肉植物をこれから増やしたいと考えている人もいますよね。多肉植物は、種類によっては葉挿しという方法で増やすことができます。葉挿しで増やすのはとても簡単なので、初心者の人でも増やしやすいです。 ですが、葉挿しで増やしたことがない人は、どのくらいの期間で芽や根が生えてくるのかわからないものです。なかなか出てこないと、もしかして失敗したのではないかと不安になってしまいます。 ここでは、葉挿しで多肉植物を増やす時に、発芽・初根までにかかる期間の目安についてご紹介します。 なかなか芽や根が出てこない時の育て方のポイントについてもご紹介しますので、そちらも併せて確認してみてくださいね。 コツを掴んで上手に多肉植物を増やしましょう。

多肉植物の花うららは特に女性に人気。育て方を詳しく紹介

多肉植物の「花うらら」という品種がその見た目から人気集めています。 ネーミングがぴったりな花うららは、全体がバラが咲いているかのように見え育てている女性も多いそうです。 花うららをひと目みると、つい育ててみたいと思うことでしょう。 そんな可憐な姿をした花うららの育て方についてご紹介していきます。 まずは多肉植物にとって大事な水やり、元気に育てる為の必要な肥料についてなどをお届けします。 花うららはその名のとおりうららかな日差しが大好き。置き場所についても確認してください。 そしてよくわからないのが土の事ではないでしょうか。おすすめの土についても紹介します。 元気に育っている花うららを増やす方法もありました。

多肉植物の育て方に問題あり?伸びた観葉植物の救済方法を紹介

多肉植物が元気に育っていると思っていたら、ヒョロヒョロとなんだか伸びすぎていると感じていませんか? 育て方に問題があるのでしょうか。 多肉植物が「伸びた」「伸び過ぎてしまう」ということはあるのです。これを「徒長」といいますが、どうしてこのような状態になるのでしょうか。 ここでは徒長の原因を紹介します。 日照不足が原因、水の量が問題などいくつかの原因とその対策方法をお届けします。 また伸びてしまった多肉植物を元の大きさに戻す方法があります。 カットの仕方やカットした部分を挿し木や葉挿しという方法で増やす手順や必要なものもご紹介します。 カットした部分を使って多肉植物を増やすことが出来ますので、是非挑戦してみたい方法です。

多肉植物の増やし方!葉挿しで増やす手順と成功させるポイント

多肉植物を増やしたいという時にはいろいろな方法がありますが、葉挿しで増やす方法もよく使う方法です。 お世話をしている時に取れてしまった葉も、捨てずに葉挿し用に取っておくのがおすすめです。 葉挿しでの増やし方の手順や、上手に成功させるポイントをご紹介します。 初めて行う方は、ちょっと難しいのかなと思う方も多いと思いますが、実はそれほど難しくはないので、初心者の方でも挑戦しやすい方法です。

多肉植物を葉挿しで増やそう!植え替え方法やコツ・ポイント解説

多肉植物を増やしたいと考えている人は、葉挿しという方法で多肉植物を増やす方法を試してみてください。葉挿しは、気が付かないうちに落ちてしまった多肉植物の葉を利用して行うこともできます。 ここでは、多肉植物を葉挿しで増やす植え替えについてご紹介します。自分で簡単にすることができますので、ご自宅の多肉植物で試してみてくださいね。 また、上手に発芽・初根させるポイントや、うまくいかない時のコツについてもご紹介しますので、そちらも確認してうまく育ててみましょう。 多肉植物の中には、葉挿しで増やしやすい種類の物があります。初心者の人は、そういった多肉植物を使って挑戦してみるのもおすすめですよ。

多肉植物の葉挿しは冬でも大丈夫な方法と気をつけたいこと

取れてしまった多肉植物の葉を何枚も捨てることができずにとっている人もいるようで、葉挿しをしたいけれど冬の時期でも大丈夫?と心配になってしまいますね。 まずは葉挿しに最適な時期や温度や天気などの、葉挿しに関するQ&Aをご紹介します。 実際に冬に葉挿ししたという体験談も紹介しますが、気になる結果はどうなったのでしょう。 また寒冷地での冬の葉挿しは大丈夫?という不安もあります。冬の時期の過ごし方も御覧ください。 葉挿しがうまくいかないという場合もあるでしょう。 どんなことが原因なのかと解決策もご案内します。 冬に葉挿しをする場合に、是非参考にしてみてください。この方法で元気に冬が越せるでしょう。

多肉植物の葉挿しの置き場所。根が出る前と出た後の置き場所

多肉植物を増やすのに葉挿しという方法がありますが、詳しくご存知でしょうか? 落ちてしまった葉っぱを置くだけという話をよく聞きますが、本当にそうなのでしょうか。 葉挿しで根が出るまでは、日に当てたほうが良い?などの疑問にお答えします。 根が出る前、出てからの置き場所についても紹介します。 葉挿しの時に葉は土の上に乗せるだけという事、根が出た後は土はどうすると良いのかということも確認してください。 葉挿しがうまくいかないこともありますが原因はなんでしょう。 葉挿しのやり方のポイントや、向いている種類も併せてお届けします。

多肉植物の増やし方3つと水やりの失敗しないタイミングとは

多肉植物がいくつもあると癒やされますね。 今ある多肉植物を色々な方法で、仲間を増やすことが出来るのをご存知ですか? ここでは多肉植物の増やし方、「葉挿し」「挿し木」などの方法、その時の水やりについて詳しく解説していきます。 多肉植物の葉っぱがぽろっと取れてしまうことがあると思いますが、捨てないでください。 その葉を使って仲間を増やすことが出来ます。詳しい増やし方や準備するものを紹介します。 また「挿し木」という方法を使うと良い場合もあります。挿し木のやり方や向いている種類をご確認ください。 この時植物なので水をあげたくなってしまいますが、ちょっと待ってください。 水やりのタイミングを間違えると失敗してしまいます。多肉植物を増やす時の水やりについても紹介します。

多肉植物の葉挿しでよくある失敗を紹介。対策ややり方を再確認

多肉植物を育てているとたくさん仲間を増やしてみたくなりますね。 増やす方法に葉挿しがありますが、うまくいかない、芽がなかなか出て来ないという場合もあると思います。 葉挿しが失敗してしまったのは何が原因だったのでしょうか。 まず考えられるのは多肉植物にとって大事な水のこと。水のやり方を紹介します。 他には葉挿しの時期や置く場所が失敗の原因ということもあります。 こちらで解決策を確認してください。 また葉挿しに向いている種類もありますので、この種類なら上手くいくかもしれませんね。 葉挿しのやり方も再確認して、発芽を待ちましょう。 発芽したあとはお好きな鉢に入れ、仲間をたくさん増やしてあげましょう。

多肉植物・セダムの増やし方は2つの方法。向いている種類とは

セダムは丈夫なので多肉植物の中でも育てやすく、人気がある種類ですね。 育てやすいので増やすのも割と簡単に出来ます。 早速セダムの増やし方について紹介していきます。 増やし方の方法は、「葉挿し」と「挿し木」の2通りあります。 それぞれのやり方をみていきましょう。 セダムにはとても多くの種類がありますが、葉挿しに向いている種類・挿し木に向いている種類もありますので参考にしてみてください。 子株が増えたら寄せ植えにするのもいいですね。 増やす時の注意点と、寄せ植えにする場合の注意点も確認してください。 この方法で子株をどんどん増やして楽しんでください。